メイン

2012年11月14日

福扇 純米酒 無濾過生原酒

sake_20121111_fukusen.jpg


 長岡は脇野町のいい純米酒を作ると評判の河忠酒造のお酒、福扇の火入れの無濾過生原酒です。このお酒は、蔵内でもチャレンジとされているお酒らしいです。
 飲み口は、華やかめの香りとフルーティーさがあります。それらに満たされた後、ドンっと旨味がやって来ます。それらが抜けた後に、僅かに舌に苦味が残りました。美味いんですが、全体的に一つ一つの味わいが鋭く荒削りな印象。十分寝かせてあるお酒なんですが、正直、まだ若いという印象です。それぞれがしっかりと主張している分、もっと寝かせた方がまとまりが出て美味しくなりそうな気がしました。ただ、これだけ寝かせてあるので、もしかしたら自分の保存などに問題があったかもしれません。後々もう一度飲んでみたいと思います。そして、何本か買って保存して1年毎に飲んでみたいと思います。楽しみです!!



2009年8月18日

エチゴビールと大地の芸術祭

20090818a_echigobeer.jpg


 エチゴの地ビールメーカーのエチゴビールの3本です。左からピルスナー、ビアブロンド、スタウト。ますます味に磨きをかけて人気ビールメーカーになって欲しいです。先日エントリーを書きました大地の芸術祭に行った帰りの新幹線の中で飲みました。

 続きに大地の芸術祭の写真を少し載せました。作品数が多いので廻りきれません。



続きを読む

2009年8月 7日

生ビール顔

20090807nishida.jpg


いや〜蒸しますね〜。やっぱり夜はビアで決まりかな。
それにしてもインパクトあるな〜



2009年2月11日

屋久島の焼酎 三岳

20090211a_mitake.jpg


 屋久島、是非行ってみたい島です。今年は、幾つかの日本の島を巡りたいな〜と希望を持っています。実現するのかどうか!?

 そんな屋久島の芋焼酎「三岳」。人気の焼酎のようです。親戚が屋久島に旅行に行ってもらってきたそうです。親戚の家で飲みました。実は酔っぱらっていてお酒そのものの印象が曖昧なので、はっきり書くことができません。もう一度飲んでみることにします。
 



2008年6月 7日

久々のヒューガルデン・ブロンシュ

20080607a-hoagaarden.jpg


 昨日も今日も暑いです。暑いとやっぱり生ビールでしょ!日本のビールも美味しいけれど、久々にベルギーのHoegaarden Blanche(ヒューガルデン・ブロンシュ)をチョイス。瓶詰めのベルギービールも美味しいですが、このビールは生ビールが特に美味しいです。



2007年8月 6日

カレーリーフとメキシカン少々

20070806curryleaf.jpg


 南インド料理に欠かせないカレーリーフの苗を購入したので、週末に大きな鉢に植え替えてみました。乾燥ものばかり使っていましたが、これでいよいよ生のカレーリーフを使って南インド料理に挑戦することができます。元気に大っきくなるといいな〜


 以前にミントを水につけて根を生やそうとした試みは、失敗に終わってしまいました。1cm位まで根が伸びて来たのですが、ちょっと移動させようと思ったら切れてしまいました。バジルも時期を過ぎたようで、苗が見つかりません。イタリアンパセリは秋に植えようと思っています。ぼんやりしていたらあっという間に夏でした。
 続きにタコスパーティとテキーラの写真を1枚ずつ載せました。


20070806mariachigolden.jpg
MARIACHIのテキーラのGold
これが美味い!!



続きを読む

2007年6月24日

沖縄インスタントと久米仙

20070624n-okinawainstant.jpg


 鑑賞ウィークエンドにしようと思ってて、昨日は目黒区美術館に行って来ました。それで、今日もお台場に行ってグレゴリー・コルベールを観に行こうかと思ったんですが、昨日行った友達曰く、チケット30分待ち、入場1時間待ちということで、行くのを断念しました。並ぶのは苦手なんです。雨も降っているので、引きこもって朝から『王妃の館』〈下〉を読破。う〜ん相変わらずの浅田ワールドでした。

 Anyway!普段、コンビニはあまり使わないようにしているのですが、こんなものを見つけたので買いました。インスタントの沖縄そば。インスタントじゃなくて、沖縄で本場の沖縄そばを食べたいものです。
 久米仙は飲むため用ですが、いつか泡盛を使ってラフテーを作ってみたいということを考えています。



2007年3月25日

菊姫の純米酒と能登の地震

20070325a-kikuhime01.jpg


 今朝の能登沖の地震は被害がかなりあったようです。亡くなった方もいらっしゃいます。お悔やみを申し上げます。
 私の実家もかなり揺れたそうです。両親は地震がある度に中越地震を思い出して怖くなるようです。今でも玄関に一番近い部屋で寝ています。被災地では余震が続いているようです。特に年老いた方々が避難所や車で夜を越すのは大変です。被害がこれ以上増えないことを願うばかりです。私も微力ですが能登の商品を買って少し復興の協力をしようかと思います。
 
 菊姫も石川県の加賀のお酒です。地震の被害を受けていなければと願っております。
 これは純米酒です。前に紹介した山廃純米よりもさっぱりとしています。酒の濃さが少し薄いという感じでしょうか。もったいないかもしれませんが、燗酒にして一度飲んでみたい酒です。しかし、友人が2日で飲み干してしまいました。


20070325a-kikuhime02.jpg



2007年3月23日

北海道限定 北の職人

20070322a-kitanoshokuninbeer.jpg


 友達が北海道に旅行に行って来たということで、北海道限定の「北の職人」という麦芽100%ビールをお土産にくれました。やっぱり麦芽100%はビールの味が濃くて美味しいです。ビア最高!!こういう限定ビールって結構あるんですかね〜?新潟には「じょんのびビール」というのがあったような気がします。
 ところで地価が上がっているそうですね。表参道近辺が軒並みだそうです。表参道ヒルズの影響が大きいと言われていますね。私は表参道ヒルズは歩道に沿ってオープンエアなカフェやレストランをずらりと作るべきだったとしつこい程に思っています。



続きを読む

2007年3月 2日

菊姫 山廃純米

20070302a-kikuhimeyamahai.jpg


 この酒、湯飲み茶碗でぐいぐいと飲みたくなる酒です。酒呑みのためのどっしりとした太い酒の味を味わえます。杉樽のように感じる香りとぎゅっと旨味が詰まった酒です。米の味を感じるものの素朴過ぎず、かといって上品過ぎない。酒が米からできていることを感じながら、この酒はその米の旨味を細か過ぎない布で絞ったようなお酒です。しかし、これは米の絞り汁ではなく酒です。米からしっかり酒に昇華しています。やや黄みがかった色を帯び、嫌みの無い酸味もあります。華やかな芳香と淡麗といった類いの酒とは全く違う、どっしりとしたいい酒です。糠漬けか沢庵程度をつまみにして、語り合いながら酒を楽しんで一升瓶を空けてしまいたい。そんな酒呑みのための酒です。


菊姫 山廃純米
 原料米:兵庫県特A地区吉川町産 山田錦
 精米歩合:70%
 アルコール度:16〜17


菊姫合資会社
 石川県白山市鶴来新町
 http://www.kikuhime.co.jp/



2007年2月 9日

北翔 大吟醸 大洋酒造

20070208a-hokushou.jpg


 お酒を飲んでいません。飲んでる時は痛みを感じないのですが、飲んだ次の日どうも痛むことがわかり飲むのを止めました。じゃあ飲み続けろ!と言って先輩はビールを持って来ますが、それってアル中でしょ!?悪い先輩です(^^i)他にも友達は私の所に来て、私の冷蔵庫にある日本酒コレクションを飲んでいます。
 そんな訳で、日本酒紹介。新潟県村上市の大洋酒造の「北翔」の大吟醸です。大洋酒造と言えば「大洋盛」が看板のお酒ですが、この「北翔」は鑑評会用のお酒をベースとした限定のお酒だそうです。このお酒は、華やかで爽快な香りを放ち、口の中でぱっと広がり、切れよくキレていきます。個人的には常温で少し時間を置いて開かせてから甘みや米を探りたい気もしますが、食前酒のシャンパンに劣らない華やかな香りの良さとキレが、そこまで待たずに杯を重ねさせてしまうでしょう。ガンガン飲んでしまい、翌朝目が覚めたら食べた記憶の無いラーメンの写真が携帯に残っている可能性大です。



続きを読む

2007年1月17日

「夏子の酒」のモデル「亀の翁」

200701kamenoo.jpg


 これはご存知の方も多いかと思いますが、漫画「夏子の酒」のモデルとなった久須美酒造の「亀の翁」です。幻の酒米と言われた「亀の尾」を再び栽培することから始めて作ったというお酒です。その経緯はこちらをご覧下さい。
 この亀の翁は、一口飲んでその美味しさに唸る方も多いのではないかと思います。純米大吟醸ならでは香りの良さにまず惹かれます。そして、一口飲むとぱっと華やかさが広がります。それでいて、切れ口の鋭いお酒です。華やかなお酒という形容がとても似合っていると思います。大変素晴しいお酒ですが、個人的な好みとしては、米の力強さがもう少し欲しい気がしました。

 今日で、阪神大震災から12年ですね。災害の多い国ですが、災害に強い国(土木工事に頼るだけでなく)に、そして、被災者が再び活躍できるような国になって欲しいと思います。


亀の翁
 ・純米大吟醸
 ・日本酒度:+3
 ・アルコール度:16度以上17度未満
 ・酸度:1.3
 ・原料米:亀の尾 精米歩合:40%



2006年8月18日

ホントに氷結

20060818a-realhyoketsu.jpg


 生来のせっかちな性格のためか、体に悪いとわかってはいるのですがキンキンに冷えた飲み物も好きなためか、時々やってしまうのです。でも直ぐには飲めないんです。今日も暑かったですね〜



2006年7月21日

くどき上手 古代黒紫米

20060720a-kudoki-kokushi.jpg


 昨日は久々に飲んで3:20帰宅だというのに、また酒の話。ロゼワインのような色合いのこのお酒、実は日本酒、純米酒です。原料の米に古代黒紫米というもち米を使って作っているので、このような桜のようなピンクの色合いになっています。とても香りがたつお酒で、一瞬ワインのように思うほどのフルーティな香りです。飲み口は、最初に少し強めの甘みを感じます。その後に純米酒とはまた別の爽やかさと若干の苦みを感じます。縄文時代や弥生時代の人はこんなお酒を飲んだんだろうか!?と何となく思いを馳せてしまいます。しかし、個人的にはちょっと苦手かも。ちなみに古代黒紫米には、ポリフェノールが豊富に含まれているそうです。


くどき上手 古代黒紫米 純米酒
 原料米:山田錦(80%)
 原料米:黒米紫小町(20%)
 精米歩合:山田錦50%(麹)
 精米歩合:山田錦50%・紫小町95%(掛)
 日本酒度:±0
 酸度:1.3
 アルコール度:16〜17
 使用酵母:小川・KA


亀の井酒造
 山形県鶴岡市羽黒町



2006年7月 7日

和三盆糖のような上品な甘さのお酒 「村祐」

20060705a-murayuutae.jpg


 久々にお酒の紹介です。日本酒、特に新潟のお酒というと淡麗辛口というイメージが固定化しているように感じますが、実は新潟にもいろんなお酒があります。この「村祐」というお酒もその一つです。一口飲んでみると、まず甘い!という印象を持つでしょう。しかし、それでいてくどい甘さではなく、ふわっとしていて膨らみのあるさらりと流れて行く甘さ。ベタつかない甘さなのです。淡麗とは全く違う力強さというか腰の強さを持った酒でもあります。左党の酒のようなぐいぐいと酒自体を楽しめる味になっている純米吟醸酒です。
 和三盆糖という和菓子に使う高級で上質な甘さをイメージした酒質を追求して作られているそうです。良質な甘さを追求しているこの「村祐」は、新潟のお酒の価値観を変えるお酒の一つであると言えると思います。


「村祐」
 純米吟醸 無濾過本生清酒 米、米麹、アルコール度数16〜17度
 *これ以外の精米歩合や米の種類等のスペックは未公開です。


「村祐」が近所に置いていない方用
 リカーショップ越後屋:越後屋だけど神奈川の酒屋さん

 いとう酒店:千葉の酒屋さん

 地酒のサンマート:新潟は長岡の酒屋さん



2006年6月 2日

ボン・ヴー&セゾン・デュポン

Dupont02.jpg


 先日、onenoteさんがヒューガルデン・ホワイト(Hoegaarden White)というベルギービールを飲まれていらしたようなので、便乗してベルギービールの紹介です。ベルギービールはとても美味しいです。この時期は特にヒューガルデン・ブロンシュの生が美味しいのですが、生を飲んだ後にじっくりと瓶のビールを頂くのも格別なのです。
 左がボン・ヴー(Bons Voeux)というビール。ラベルに”Avec les Bons Voeux de la BRASSERIE DUPONT"「デュポン醸造所より幸福とともに」と書かれています。右がセゾン・デュポン(Saison Dupont)です。
 ベルギービールは瓶内でも発酵が進むそうです。だからお薦めは大瓶(750ml以上)だそうです。一人だと多過ぎるという人は、2人位で飲むのがいいかもしれません。アルコール度数が高めなので、お気をつけ下さい。日本のビールも美味しいですが、たまには美味しい料理をベルギービールで楽しむのもお薦めです!私の場合は、ベルギービールは、もっぱらベルギービールBarですけど・・・(^^i)
 更新してないで、やることやらないと!週末を迎えられない。Have a nice weekend!


ベルギービール
 ヒューガルデン・ホワイト(Hoegaarden White)

 ボン・ヴー(Bons Voeux)

 セゾン・デュポン(Saison Dupont)

ネットで買えるベルギービール
 ベルギービールJapan

 河内屋


<追記>
 日本では"Hoegaarden White"(ヒューガルデン・ホワイト)と売り出されているビール。私はいつも「ブロンシュ」と呼んでいるのですが、ベルギービール通の友人に聞いたら、元々は"Hoegaarden Blanche"と言われており、ベルギーでもやっぱり"Hoegaarden Bière Blanche"という銘柄だそうです。日本では、マーケティングの理由からか"Hoegaarden White"だそうです。"Blanche"は「白」という意味ですが、日本人にわかり易いように"White"を使ったのではと言ってました。ということで、私は通ぶって「ブロンシュ下さい!」と注文することにしました(^^)



2006年3月 3日

Citadelle シターデル

Citadelle.jpg


 度々コメントを頂いております某女将さんのページを拝見したら、なんとワンコインで焼肉食べてるエントリー!何だかどうしても対抗してお酒を飲みに行きたくなったので、↑にしようか→これにしようか迷っています。
 上の写真はフランスのジンでシターデル( or シタデル?)というお酒。素晴しいジンです。日本に入っている量は少ないですが、一度お試し下さい!!
 兎に角、行ってきま〜す♪



2006年2月11日

黒ホッピー

Bariki.jpg


 昨日は少しだけ飲みました。クロホッピーです。実に酔っぱらいます(TT)





 1  |  2  |  3  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac