メイン

2009年3月13日

タンドリー風ポークグリルと白玉ねぎ

20090313tandorifupork.jpg


 前のチキンを漬け込んだソース?スパイス入りヨーグルト?に豚肉を漬け込んでもいいじゃないか!と思いやってみました。スペアリブ用の骨付き豚肉を丸一日漬け込んで、魚焼きグリルで焼きました。ありです!なかなか美味しいです。こうなると何でも試してみたくなりますね。いつかタンドールを手に入れたらいろいろやってみたいです。


20090313shirotamanegi.jpg


 白玉ねぎというのを発見しました。玉ねぎって白じゃなかったっけ??と思ったのですが、外側を覆っている部分が白いということなのでしょうか!?よく使っている玉ねぎに比べて柔らかかったです。新玉ねぎとは違うんだと思うんですが、白玉ねぎ、よくわかりません。酢と塩と胡椒で和えて付け合わせにしました。



続きを読む

2009年3月11日

ササミと手羽元のタンドリーチキン風に菜の花添えて

20090310tandorichiken.jpg


 毎日更新とか言いながら早速・・・

 Anyway!インドのラジャスタンへ旅行に行った先輩からスパイスをもらいました。らくだ祭りの時期に行くと最高らしいです。もらったのは、既にいろんなスパイスがミックスされているガラムマサラ的なものでしたが、ガラムマサラだよとは言われてないんです。まあミックススパイスということにしておきます。これを使って、タンドリーチキン風の焼鳥!?グリルドチキン!?を作りました。

 正式には、タンドリーチキンとはタンドールという竃で焼くチキンのことのはず。今回は、魚焼きグリルで焼いたのでタンドリーチキン風としておきました。インド料理愛好家の中にはこの辺りの定義をきっちりとするように要求する人もいます。ちなみにナンはそのタンドールで焼いたパンです。そして、いつかは自宅にタンドールとピザ竃が欲しい!

 インド料理屋さんには、タンドールの竃の所がガラス張りになっていて、ナンとかタンドリーチキンを焼いているインド人やネパール人の店員さんがいるお店が結構あります。あれは蕎麦屋やうどん屋さんの手打ちをする作業スペースをガラス張りにしているインド料理バージョンって感じでしょうか!?焼いている職人さんは、妙にニコニコしているタイプとニコリともしないんだけど店内に視線を強烈に送ってくるタイプの大きく二つに分かれるような気がします。


 Anyway!!簡単にできて美味しいので夕食やパーティにお奨めなのです。鶏1羽や半身では多いので、いつも手羽元で作っているんですが、今回はササミも使ってみましたが、ササミもありですね。当然もも肉でも美味しいです。
 じっくり弱火で焼くと柔らかく焼き上げる事ができます。特に手羽元はジューシーに仕上がります。今回はちょっと焦げ過ぎ・・・・・でも、ヨーグルトすげぇ〜!本当に柔らかいです!!写真がいまいち美味しそうでないのが悔しいです。



続きを読む

2009年2月18日

ココナッツ風味ポテトカリー

20090210c-potatococo.jpg


 南インドにこんなカリーがあるのかは知らないのですが、ジャガイモメインでココナッツとカレーリーフを使って南インド風に作りました。自分、ジャガイモが入っているカレーが好きです!!

 日本のカレーってジャガイモが入っているイメージというか先入観がありますし、カレーは野菜を沢山煮込むものという印象を持っている方も多いのではないでしょうか!?しかし、インド料理店で食べるチキンカリーやマトンカリーにジャガイモが入っているのに出会ったことは記憶にありません。軽々しく断言できませんが、恐らくインドのカレーはチキンカリーならチキン、マトンカリーならマトンをそれぞれメインにした調理法であって、日本のカレーとは概念が異なると自分は思っています。と言いながら適当に閃き直感調理で作りました。今回、カレーリーフは乾燥かレーリーフを使用。



続きを読む

2008年11月20日

Cafe de MoMoのバターチキン

20081120c-cafemomobutterch.jpg 以前にも紹介したCafe de MoMoのバターチキンです。ビーフも美味しいけど、バターチキンもナイス!最近ネットでもお店の情報が結構出ているようです。



続きを読む

2008年10月16日

簡単な玉ねぎのピクルス

20081016onionlemmon.jpg


 元カレー屋さんから教えてもらった簡単な玉ねぎのピクルスです。玉ねぎをカットして、塩少々、レモンの絞り汁、胡椒をジップロックなどに入れて暫く漬け込むだけのものです。超簡単なんですが、上手くできると、カレーやスパイシーな料理の付け合わせにぴったりのピクルスになります。いつも分量が適当なので上手くできる時とそうでない時があるんです。



続きを読む

2008年10月10日

ジャガイモと大根のカリー

20081010c-daikonpotato.jpg


 ポテトと大根のカレーというタイトルにしようと思ったのですが、日本語と英語カタカナ表記の混在はどうなのよ!?とかつまらんことを考えていまして、結局適当なネーミングにしました。そういえば、J-Popの歌って、とても日本語と英語が混じっています。

 Anyway!随分前に作ったジャガイモと大根に更に大きな甘長唐辛子を使ったカレーです。スパイスを適当にアレンジして作りました。ただ、玉ねぎはこの時はすり下ろして使いました。



続きを読む

2008年9月12日

カボチャとオクラのカレー

20080912c-kabochaokura.jpg


 カレーペーストとカボチャをもらったので、オクラと併せてカレーを作ってみました。ペーストがあるので、スパイスを何回か入れるのが省かれるだけですが、少しだけ簡単になったかもしれません。赤唐辛子を追加して辛さアップ!
 カボチャの甘みと辛さがいい感じでした。さらっというよりもこってりな仕上がりになったカレーでした。

 もらったペーストはネスレ製。昔はネッスルと言っていたような気がします。



続きを読む

2008年7月 9日

バーンモントオンリーのチキンカレー

20080709c-chickenbarmont01.jpgのサムネール画像


 20歳位の頃、大学の同級生の作るカレーがとても美味しかったんです。秘訣は、1)肉を塩胡椒してしばらく置いてから炒めてから加える、2)トマト缶を入れる、3)バーモントカレー+ジャワカレーとルーを2つ使う、という3つでした。それ以来、「バーモント+ジャワ」は、私のカレールーの基本になりました。他にも、S&Bのディナーカレーとかいろいろ混ぜて作ってみましたが、当時の私はスパイスという大人の階段をまだ上り切っていなかったためか、S&Bは何だか粉っぽく感じてダメでした。

 しかし!今回は、何となく久々にバーモントオンリーで作ってみました。既に大人の階段を上っているので辛さが少々足りないと予想し、赤唐辛子だけ別途加えて作ってみました。
 う〜んやっぱり美味しい。ヒデキ感激です!私はバーモントというとやっぱり西城秀樹です。東もその後出てましたが、やっぱりヒデキの印象が強いです。しかし、ヒデキよりも前にCMもあったんですね。いしだあゆみが出ていたみたいです。結構歴史があります。イチローも出ていたらしいけど覚えてません。


20080709c-barmont.jpgのサムネール画像
パッケージもきっと昔と違うのでしょう!



続きを読む




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac