メイン

2006年7月12日

茹で塩豚の中華ソース 塩豚レシピ

20060712yudeshiobutachinese.jpg


 塩豚でもパンチェッタはやはりバラ肉がいいと思うのですが、とあるお店で頂いたとても美味しかった茹で塩豚は肩ロースでした。そんな訳で今回は肩ロースで塩豚を作りました。塩をたっぷりまぶして3週間程熟成させました。そして、今回はシンプルに茹でて、中華ソースで頂きました。中華ソースは玲舫's Blog!のれいほうさんのところで拝見して作った甜醤油を使って作りました。中華ソースは茹で豚とよく合いますね!
 ここで悩み。例えばこの料理は塩豚を使う必要があるんだろうか!?と考えてしまいました。塩豚に合う料理って何でしょう?生肉ではなくて、塩豚の方がいい料理って何でしょうね。


<材料>
 塩豚、トマト、レタス

<中華ソース>
 甜醤油:大1/2、醤油:大1/2、酢:小2/3、にんにく擦り下ろし:小1/2、
 生姜:小1/2


20060712hourensouohitashi.jpg
つけ合わせはホウレン草と油揚げのお浸し

 醤油と擦った生姜だけのシンプルな味。肉には野菜を一緒に!さ〜てこれからビール1杯だけ飲みに出掛けてきます!!きっと1杯だけ。たぶん・・・



2006年6月23日

塩豚と黒ひよこ豆の煮込みー塩豚レシピ

20060623shiobutablackchana.jpg


 今まで数多くの煮込み料理に失敗して来ましたが、今回は一番上手く出来ました。今回は、塩豚はパンチェッタ、ひよこ豆は黒ひよこ豆(ブラックチャナ)を使いました。ひよこ豆が煮崩れないように、一旦別で煮込んでおいて後で加えましたが要らない手間だったかもしれません。なぜなら、その後煮込んでも煮崩れませんでした。レンズ豆と違ってひよこ豆はそれほど煮崩れしないのかもしれません。旨味の決めては、玉ねぎかもしれません。煮込む程に甘みが増してきました。トマトはトマト缶ではなく、トマトソースの作り置きを使いました。実際は一晩置いた今朝の方が美味しかったです。水気ももう少し飛ばした方がいい気がします。



続きを読む

2006年5月19日

結構手間をかけて作ったラグー

20060517p-raguallabolognese.jpg


 実は塩豚を作り始めたのはラグー(Ragu)に入れたいと思ったからなんです。ようやく今回実現しました。しかも、一昨日の深夜に作ったりしてました(^^i)
 ラグーとはミートソースのことで、スッパゲッティボロネーゼやグラタンやラザニアのソースとして使われるそうです。今回は、牛ひき肉、豚ひき肉、鶏レバー、そしてパンチェッタを入れました。濃厚です。時間を置いた方が味が入ると聞いたので、味見以外では食べずに1日我慢。レジネッテというショートパスタがよくソースに絡みそうだったので、使ってみました。ラグーは、パスタを食べるという感覚よりも、ラグーを主に食べるという感覚で食べたい感じです。玉ねぎやセロリがしっかり効いています。今回は成功かもしれません。昨日の朝パスタにしました。


20060517reginette.jpg
Reginette


<材料>
 牛ひき肉・豚ひき肉:合わせて600g、パンチェッタ200g、鶏レバー:200g、
 玉ねぎ:3個、セロリ:3本、人参:2本、イタリアンパセリ:1束、
 トマト水煮:2缶、ローリエ:3枚、鶏スープ or 野菜スープ:150cc、
 トマトピューレ:大さじ2、赤ワイン:500cc、生クリーム:200cc、塩、胡椒



続きを読む

2006年5月14日

パンチェッタを茹でただけでも美味しい

20060513yudepanchetta.jpg


 昨晩のもう一品。鶏ハムと同じ仕込みをしたパンチェッタ。ハーブ数種類+にんにく+蜂蜜という方法です。サッカーのキリンカップをテレビで観ながら、グビグビとビアではなくて麦茶を飲みながらいただきました。パンチェッタの奥にぼやけて見える赤いのは、「かんずり」といって新潟の新井市の特産品です。唐辛子を雪にさらして柚子などと漬け込んだものですが、結構脂っこいものにも合います。鴨肉のすき焼きなどにつけて食べると美味しいですよ。
 肝心のパンチェッタはというと、蜂蜜の力なのか柔らかかったです。美味しいですよ。でも焼いた方が美味しいかなとも思うんですよね。それにしても、このお肉は赤いんですよ。最初は火が通っていないのかと思ったんです。しかし、ちょっと心配になって、少し切って再び茹でてみたのですが、直接お湯に触れてるところでも色が変わらないんです。だから茹で過ぎると堅くなると思って、思い切って食べてみました。お腹はなんともないです(^^)いったいこれは何なんでしょう??


20060513shiobutagaric.jpg
今回はほんのちょっとだけ


20060513kanzuri.jpg
かんずり

<材料>
 豚バラ肉ブロッック、セージ、タイム、マジョラム、ローリエ、黒胡椒、岩塩、蜂蜜

 ハーブ入れ過ぎかな〜とも思いました。



2006年5月 7日

そのまま焼いて美味しいパンチェッタ 塩豚レシピ

20060507panchettayaki.jpg


 最近、冷蔵庫のレギュラーと化したパンチェッタ。今日は、塩抜きして切ってフライパンで焼いただけです。それだけでも十分美味しいです。ビールかワインが欲しくなります。我慢して、そら豆ご飯で頂きました。
 ちょっと閉口なのは、やはり脂が多いことですね。調理が終わったら、熱いうちにフライパンを洗った方がいいですね。



2006年4月30日

パンチェッタのパスタTWバージョン

20060429p-takenokopepe.jpg


 みなさんTWエンジョイしてますか〜!?そろそろ辛いです・・・(TT)しかし、食べ物を捨てるのは嫌いなもので、食べ続けるしかない!!という訳で、昨日のお昼は筍のパスタに挑戦してみました。
 自家製のパンチェッタを使って、オイルソースのペペロンチーノ風にしました。筍の歯触りがあるのですが、香りはオリーブオイルやにんにくに負けてしまいました。青椒肉絲のように切った方が良かったかもしれません。にんにくは潰して入れて、途中で引き上げた方がいいかも。パンチェッタを焼く上で焼き過ぎてしまいます。弱い火でじっくり焼けば大丈夫ですけれど。カリカリのパンチェッタにするなら、別で一度焼いた方がいいと思います。


<材料>
 筍、パンチェッタ(ハーブ塩豚)、きぬさや、にんにく、オリーブオイル、
 唐辛子、塩、胡椒、スパゲッティーニ


<作り方>
 1 パンチェッタは水に漬けて塩抜きしておきます。
  きぬさやは事前に塩を入れたお湯で茹でておきました。
 2 にんにくをオリーブオイルでじっくり火を通し香りを移します。
 3 唐辛子を加えます。
 4 小さめに切ったパンチェッタを加えて、温度が上がらないように火を通します。
  カリカリが好みならピュアオイルで別のフライパンで焼くといいのでは!?
 5 パンチェッタに火が通ったら筍(水煮済み)を加えて軽く炒めます。
  軽く炒めたら火を止めておきます。
 6 パスタがアルデンテ手前に茹だったら、再び火をつけてフライパンに移します。
 7 茹で汁をスプーンで加えて、パンチェッタの塩気で足りなかったら、
  塩を足します。胡椒を加えて、よく混ぜてフィニート!



2006年4月 7日

塩豚とひよこ豆のビール煮ー塩豚レシピ

20060407shiobutahiyoko.jpg


 塩豚をビール煮にしようと思ったのは、YUKAの美味しいレシピさんで豚肉と大豆のビール煮というレシピを拝見して、これだっ!と思ったからです。以前にベルギービールBarでビール煮を頂いたことがあったので、味のイメージはできてました。家には自家製のパンチェッタとひよこ豆があったので、早速調理!使ったのはベルギービールのCHIMAYのトラピスト。そのまま飲んでも美味しいベルギービールですが、濃厚な味がこの料理に合うと思い使ってみました。
 ビール効果で、豚肉が短時間でとても柔らかく煮えました。この調理法は、以前の「豚肉を柔らかくする方法」のエントリーに追記しなければなりません。この料理、YUKAさんもおっしゃてますが、ビールのほろ苦さが効いている大人味です。ひよこ豆もはっきりした味が好きな人向けではないです。あっさりしていますが、ほくほくしていて美味しいです。私は一応大人なので、この味は好きです!

20060407chimay.jpg
CHIMAYはもちろん飲んでも美味しい!



続きを読む

2006年3月26日

パンチェッタ初挑戦

20060325shiobutaherb.jpg


 Pancettaは、パンチェッタだったり、パンチエッタだったり、塩豚の一種ですがハーブと一緒に塩漬けたものです。最初はただの塩豚にしようと思って仕込み始めていたのですが、女将さんからアドバイス頂きまして、塩豚とレンズ豆の煮込みで余ったマジョラムが豚肉と合うということで、パンチェッタに急遽変更!ありがとうございます。タイムも余っていたし、ドライのローズマリーがあったので一緒に使いました。今回はなぜかわからないんですが、塩水を作りそこに豚バラ肉をつけて1日ほど置いてから作りました。その後、水から出してクッキングシートで水気を取り、塩を振ってクッキングシートに包んでしばらく放っておきました。水気を切ったり再び塩をまぶして、細かくしたハーブもまぶして、ラップで包んでジップロックに包んで冷蔵庫に入れました。

 本来、水気を抜かないと悪くなってしまうのに、なぜか塩水につけてしまいました。その方が水が出て、塩が入ると思ったのです。でもそれは勘違いのような気がして来ました。ちょっと心配になってきました。早めに食べた方がいいかもしれません。


<他にも自家製パンチェッタを作ったみなさん>
 ぐうたら日記さん  :やっぱり1kgは迫力ありますね〜。
 紅式トマトの考察さん:トマトが美味しそうですね。
 taecoise.comさん  :更新が止まっているみたいですが、こちらを目指しました!
 A day in the life.さん:他のエントリーでローストしたものがありました。
            とても美味しそうです。


追記
<塩豚関連エントリー>
 塩豚・鶏ハムレシピのカテゴリー
 塩豚初挑戦
 塩豚第2弾 バラ肉編
 最近の自己流パンチェッタ





 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac