メイン

2007年9月 7日

蒸し塩豚の春菊添え

20070907mushishiobuta.jpg


 しばらく前に作った料理です。これは先輩の最近の定番料理です。毎回とても美味しいので、ちょっと真似をしてみました。この時は浅漬けの塩豚で漬け込み5日間のものを食べました。蒸すことによって柔らかくジューシーに仕上がります。塩豚ならではの脂身の旨味が美味しく頂けます。これも飲ん兵衛班仕様かも。


 ヨッチャン南蛮という調味料で食べるのが美味しいのですが、自宅にはそれが無いのでかんずりか豆板醤で頂きます。今回はかんずりを切らしてしまったので豆板醤で頂きましたが、個人的にはかんずりがお薦め。かんずりとは新潟の妙高方面で作られる唐辛子を雪にさらして作る香辛調味料です。ところで、新井は合併して妙高市になっていたなんて知りませんでした。



続きを読む

2007年8月 9日

冬瓜連鍋湯という名のスープ

20070809s-touganshiobuta.jpg


 冬瓜というのは冬と書くんだけど夏の野菜だそうですね。でもあまり食べた記憶は無かったんです。糸瓜は結構食べていたんですけどね。ところが先日先輩のお家で頂いたら、美味しいじゃないですか!ほんのりある苦みが結構ナイス!美味しいことがわかったので、早速自分でも作ってみました。


 まずは以前から作ってみたかったれいほうさんの冬瓜連鍋湯というスープに挑戦しました。これは、れいほうさんの料理の中でも比較的工程が少なく作り易いレシピかもしれません。豚バラ肉は豚バラ肉の塩豚を使用して作ってみました。花椒が効いて美味しいスープでかつ、タレも楽しめる文字通り連鍋でございました。
 材料はあるものでれいほうさんの半量程度で作りました。



続きを読む

2007年7月25日

塩豚と木の子のクリームソースパスタ

20070725p-kinokocream.jpg


 暑いけど濃厚で行こう!きのことクリームソースのパスタは大好物です。これに塩豚を入れたものです。太いパスタフェットチェッレとの相性もなかなかナイス!今回はチーズはデンマークのサムソーとパルメジャーノ・レッジャーノを使ってみました。


 本日は母の誕生日でした。ボケ防止で趣味のお琴をするように言っているのですが、どうも父の世話でそれどころじゃないようです。元気で長生きして欲しいものです。
 さて、サッカーじゃね!頑張れ日本!!



続きを読む

2007年7月 6日

塩豚とレンズ豆の煮込み

20070704shiobutalentil.jpg


 一月ぶりの塩豚レシピです。塩豚とレンズ豆の煮込みを作ってみました。以前作った時は煮込み過ぎて散々の出来だったのですが、今回は前回の失敗をしないように注意して作りました。使ったレンズ豆もブラウンレンティルを使いました。写真にはレンズ豆があまり見えませんが、ちゃんと入っています。なかなか美味しくできました。

 塩豚はバラ肉を使ったのですが、脂が結構出ますので、肩ロースでもいいかもしれません。これはやっぱり赤ワインかベルギービールかドイツビールでしょうか!?この時期なら冷えた白ワインでも合いそうな気がします。



続きを読む

2007年6月 7日

浅漬けの塩豚焼き

20070606shiobutayaki.jpg


 普段は2〜4週間漬ける塩豚を1週間以内で食べてみました。使った塩も最近海塩を使っていたんですが、今回は岩塩を使ってみました。先輩が塩豚は絶対岩塩だ!と言っていたのです。塩の量も少なめにしましたので、調理する前に塩抜きせずに調理。胡椒もハーブも抜きの岩塩だけの塩豚です。

 調理方法は、先日のフォー・塩豚では茹でましたが、今回はシンプルにフライパンで焼いてみました。油は使わずにじっくり焼きました。塩豚が持っている脂が十分に出て来ます。レモンを絞ろうかとも考えましたが、大根おろしを添えました。この塩豚ナイス!熟成したものとは別の美味しさです。フォーの時も思ったのですが、フレッシュ感があるとでも言えばいいのでしょうか。それでいて結構旨味も出てます。しばらくこれでいくかもしれません。

 雨も上がったようで、すっかりいい天気!今日はこれから久々に西新宿へ。何食べるかな〜??


<材料>
 塩豚、大根、醤油、好きな酒



続きを読む

2007年6月 5日

フォー・塩豚

20070603n-phoshiobuta.jpg


 ベトナム語で豚肉って何て言うのか忘れました。浅漬けの塩豚を使ってフォーを作りました。休日のブランチ的な食事としてとてもナイス!麺もスープも"やまや"で売っている市販品を使用。スープは水を多めに入れて塩豚と生姜を茹でて、同封のスープの素とナンプラーを使って作りました。今回もニョクマムを切らし中。たっぷりのつまみ菜を入れて、辛さと酸っぱさで刺激的かつ爽やかに!!

 バッグありました。やはり馴染みのBarに置き忘れていたようです。空きっ腹に飲んでベロベロだったようです。あきまへん。


<材料>
 塩豚(浅漬け)・・・・・・・50〜100g
 つまみ菜・・・・・・・・・・好みの量
 パクチー・・・・・・・・・・好みの量
 青唐辛子・・・・・・・・・・1本
 赤唐辛子・・・・・・・・・・1本
 生姜・・・・・・・・・・・・薄切り(3mm厚)1枚
 レモン・・・・・・・・・・・1/2個
 ライスヌードル(市販)・・・1袋
 ナンプラー・・・・・・・・・適量



続きを読む

2007年4月15日

春キャベツとパンチェッタのパスタ

20070414p-panccetacabbege.jpg


 三重で地震があったようですね。被害が少なく済むことを祈っています。何だか日本列島は活動期ですね。
 春キャベツというとアンチョビのパスタが定番な感じがしますが、折角パンチェッタがあるからパンチェッタで作りました。パンチェッタから相当脂が出るので、油を使わずにパンチェッタを炒めて、最後の方で足りない分のオリーブオイルを加えました。


 ところでパンチェッタを作る独身男ってどうよ!?という意見がちらほら聞こえてきます。確かに凝り過ぎかもしれませんね(^^i)まあそれでも引かん人をみつけますって!!笑。本場イタリアの独身男ってパンチェッタ作るのかな??作んなそうだな〜


<材料>
 春キャベツ、パンチェッタ、にんにく、赤唐辛子、塩、胡椒、
 オリーブオイル、スパゲッティ(バリラ#5)



続きを読む

2007年4月12日

放り込むだけの独身男のパンチェッタスープ

20070411s-vegetorihammon.jpg


 面倒なので、兎に角野菜とパンチェッタを切って放り込むだけ。味つけもしない。パンチェッタの塩気と野菜の甘みのみで勝負!わざわざハーブを添えて塩漬けにしているパンチェッタなんだから、あまりごちゃごちゃ味つけしないで食べてみるのもいいかもしれません。ハーブも入れません。それでもかなり味が出ました。ただバラ肉はやっぱり脂が結構ありますね。 


<材料>
 パンチェッタ、じゃがいも、人参、玉ねぎ、キャベツ、胡椒



続きを読む



 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac