メイン

2006年11月 8日

シチューの資料館を発見!

 先日のシチューのエントリーに関して、シチューのことを調べていたら、ハウス食品のWeb Siteの中にシチュー資料館なるものを発見しました。それによるとシチューは、どこの国の料理とはっきりできるものではなさそうです。

 ハウスのシチュー資料館
  ・戦前日本のシチュー事情
  ・シチューは西欧食文化の原点
  ・世界のシチュー案内



2006年11月 7日

野菜売り場で迷う

 最近野菜を買う時迷うんですよね。どの玉ねぎを買おうとか、どの人参を買おうとか。というのもスーパーに並ぶ野菜は、いろんな農法で栽培されたものなど様々な種類のものがあります。いったいどれがいい野菜やねん!?と迷うんです。

 以前から、虫がついた野菜は農薬を使っていないのでいいと思っています。ただ、実は化学肥料を使っていたり、過剰な肥料は投入されているケースでそういうことが起こることもあるそうです。農業をしている友人から、以下ののような話を聞いたことがあります。

 畑は雑草や周りを含め環境全体でバランスをとっている(一つの生態系)
 虫や小動物、バクテリアなど多くの生命の共存で成り立っている
      ↓
 雑草を刈り取ってしまう
 化学肥料を与える
 他から有機肥料を与える などなど
      ↓
 畑を取り巻く環境のバランスが崩れる
      ↓
 特定の虫などが増えたり枯れる = 健全でない畑の環境
      ↓
 健全でない環境で育った野菜 = 生命力に乏しい野菜


 どうやらこれは自然農という考え方だそうなのです。雑草などを含めてバランスのとれた環境で育った野菜は肥料を与えてなくても、瑞々しくて生命力に溢れる野菜になるということらしいです。確かにそうだな〜という気もします。一度、彼の農場で野菜を食べた野菜はとても美味しかったです。
 ただ、他にも農法に関しては、他にもいろんな考え方があるので、はっきりしたことがわかりません。それに、自然農で作ったものでもなくても美味しい野菜は沢山あります。安全で健康な野菜というのは、一体何なんでしょう??



2006年11月 1日

食に関する気になる話題

 昨日ニュースをチェックしていて、食事に関する気になる話題を見つけました。まずは「トランスファット」「トランス脂肪酸」。ケンタッキーフライドチキンなどでで使っている油が持っている成分のようです。「トランス脂肪酸」は、動脈硬化の原因となるコレステロールを増加させ、心臓病を招く可能性が指摘されているそうです。この言葉は以前に、chiblitsさんのところで初めて知りました。日本ではどうなんでしょうね。宣言はしても変更するのは何時になるんでしょうね。
 もう一つは、飲んだ後のラーメンの話。実は、飲んだ後にラーメンを食べたくなるのは、アルコールの分解のためフル回転する肝臓が必要としているためだと知ってはいました。まあ、しらふの時は、食べないつもりなのですが、酔うとね・・・・


 米KFC、トランス脂肪酸の使用を中止:CNN
 飲んだ後のラーメンが美味しい理由:Yahoo



2006年10月23日

中越地震からもう2年 味噌汁を飲める喜び

20061023s-mizunamisoginger.jpg


 風邪もよくなってきました。生姜を味噌汁に擦り入れて飲みました。

 中越地震から2年の月日が経ちました。当時、私は神宮前の別のオフィスで働いていました。大きな揺れを立て続けに感じたのですが、東京周辺の地震だとばかり思っていて、よもや自分の地元で起きている地震だとは思いもよりませんでした。
 翌朝から長野経由で実家に戻りましたが、家中のサッシが全部外れ、土壁の至る所に大きな亀裂が入り、家中の家具がひっくり返っていました。壁掛けの時計が5時56分で止まって動かなくなっていました。その日はもう片付ける気力すら出ず、同じように脱力した叔父の家で、倒れそうな家の隣にシートをひいて、余震が続く中、みんなで日本酒をかっくらっていました。もう破れかぶれで飲まずにはいられないという状況です。しばらく炊き出しや援助物資のお握りやパン、カップラーメンの食事でしたが、田舎は逞しくカセットコンロなどを使って、農家の人の差し入れの野菜を使って料理をしたりしていました。夜は余震が続いていたので、父母は学校に避難し、私と姉はしばらく車の中で寝ていました。
 その後、親戚やご近所と協力して何とか片付けをして、私は1週間でまた仕事に復帰しました。しかし、しばらくは度重なる余震に心身ともに疲れ切っていた両親が心配でした。少しの揺れでも不安で、しばらくは、玄関近くの部屋で寝ていたそうです。

 2年経った今、実家は、お風呂と洗面所を直し、壊れた食器棚の代わりに据え付けの食器棚を作りました。亀裂の入った土壁はそのままになっていますが、何とか平穏な生活を取り戻しています。お盆に実家に帰った際に、未だに仮設住宅に住んでいる人々がいることを知りました。そして、土砂崩れで塞がったままの道もあります。山古志村では、入り口に警備の人が立っていて入村を制限していました。
 震災は、初めて自分の身に降り掛かって来た災害というものでした。亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、多くの皆様のボランティアや励ましに改めて感謝し、今日またご飯が食べられることを喜んでいます。



2006年10月20日

「腹くっちぇ〜」=お腹いっぱい

200610n-morisoba.jpg


 私の田舎では、お腹いっぱいのことを「腹くっちぇ〜」と言います。今でもお腹いっぱいになると自然とこの言葉が出ます。「あ〜もう〜腹くっちぇ〜」
 あっ、ちなみに写真は本文とは全く関係ありません(^^)





 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac