メイン

2006年9月 2日

福蘭の餃子

20060901fukurangyouza.jpg


 サザンの歌にもなっているキラー通りにある中華料理屋さんですが、先輩方が美味いから行こうということで行ってみました。本当は冷蔵庫整理をしなければいけないのに・・・でもここはいつも混んでいる人気店です。結構期待して行きました。

 揚げ餃子がラードと一緒にやって来ます。相当食いしん坊の私ですが、これは辛い。20代半ばには親指程度の小振りの餃子ながら50〜60個食べれた大食漢の私が、箸が進みませんでした。シュウマイの方があっさりしていていいです。後から出て来たタンメンが妙にあっさり美味しく感じます。

 ここの餃子は、多分好き嫌いが分かれる餃子です。ただ、にんにくがたっぷり効いていて翌日は元気に目覚めると先輩方は絶賛です。しかし、私の得意分野ではありません。基本的に揚げ餃子は大好物ではない。揚げたのならむしろサモサとかの方が好み。水餃子か焼き餃子ならバクバク食べられるんですけどね。でも一度福蘭に行ってみて下さい。はまる人ははまってますよ〜


20060901fukuranshuumai.jpg



2006年8月17日

お盆休み終了 鰻とトマト蕎麦と花火

20060812unagikawakami02.jpg


 お盆休みは昨日の神宮外苑花火で終了しました。全く料理は作りませんでした。外食と親の料理を楽しみました。上の写真は、前から地元の友人が食べさせたいと言っていた。小千谷のかわかみさんのジャンボうな重です。こちらはもともと山古志村で営業なさっていたそうなのですが、地震で被害を受けたために、現在の小千谷のお店で営業を再開されたようです。何でも臭みないうなぎに仕上げるように、常時湧き水を使ってうなぎを泳がせて、身を引き締めているそうです。土曜日に関東風の(白焼→蒸し→タレ焼)ものを頂き、昨日帰京する前にまた行って関西風の蒸さずに焼いたものを頂きました。私の好みとしては、関西風です。身がぷりっとしてよりジューシーに感じます。蒸したものは柔らかいのですが、水っぽく感じてしまいます。関西風はこってりしている分、タレが辛めの方が好みです。

 別の日に大地の芸術祭で、女子レスリングの合宿を時々する十日町の六箇という所で作品を見てきました。トマトに関する作品の展示がされていました。やっぱりトマトというと赤なんですね。私は、トマトというと色んな形のものを思い浮かべるのですが・・・
 それよりも「とまと蕎麦」というのが気になりました。何でもトマトを練り込んだ蕎麦だそうです。確かに赤い蕎麦なんです。しかし、それほどトマトを感じませんでした。公民館を改造したお店で出されていたのですが、その雰囲気が何だかのんびりしていてとても良かったです。

 そして昨日は、お盆休み最終日。神宮外苑花火大会でした。昨年に引き続き友人のビルの屋上で見させてもらいました。最高のロケーションです。他にも屋上で見ている人が沢山いて、それも何だか不思議な光景でした。しかし、花火の撮影は難しいです。まともに撮れませんでした。

 え〜と明日は、ちゃんと料理します。たぶん・・・


20060812unagikawakami03.jpg
ジャンボうな重:大きな鰻の下にもう一枚


20060814n-tomatosoba.jpg
トマト蕎麦:確かにほんのりトマト色ですが・・・

 うなぎ料理 かわかみ
  小千谷市千谷2136-1
  Tel:0258-82-7762
  定休日:月曜


 とまと蕎麦 六箇公民館
  十日町市六箇



続きを読む

2006年8月14日

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006

060814_141417_M.jpg


 実家に帰省中ですが、十日町市一帯で大地の芸術祭-越後妻有アートトリエンナーレ2006-というものが開催中とのことで、何ヶ所か行ってみました。40の国と地域の約200組のアーティストが参加しています。夏休みのご予定がまだの方は是非、行ってみて、自然とアートを一緒に楽しんでみて下さい!
 あっまたレシピじゃない・・・

  大地の芸術祭の公式ホームページ:http://www.echigo-tsumari.jp/



2006年8月13日

帰省中

 実家に帰って来ました。母から子どもの頃に使ったコップを見せられて、「持って帰る!?」と聞かれました。あっまたレシピじゃない(^^i)


2006年8月 9日

自炊しない男 はしご酒

20060808iwagaki.jpg


 今週、冷蔵庫に何も入っていないのですが、未だに買い物にも出掛けていない私でございます。昨日は17:00過ぎにようやく蕎麦屋で昼食をとれたので、そのまま一杯引っ掛けて帰ろうと思い。立ち飲み屋さんにふらっと入って、蛸刺しを塩とかぼすで食べていたら、電話が入り打ち合せをすることになり、原宿の先輩の事務所へ行きました。
 打ち合せが終わって、先輩の行くぞ!の号令のもと名前を忘れてしまったのですが、とんちゃん通りにある外から見るとお店が分かれているけど、実は中で繋がっている面白いイタリアンレストランで前菜やサラダをつまみながら白ワインを飲んで、ホヤ貝のリゾットを食べました。もう一軒行くぞと最後はとんちゃん通りの仲やさんというお店に連れて行ってもらって、特大の岩牡蠣を頂きました。まさに海のミルクでした。
 今晩もこれからいとこがご飯食べようということで、出掛けます。夜帰ったら、玄米を炊く準備をしようと思うのですが、果たしてできるのか・・・


20060808takosashi.jpg
蛸刺しをかぼすを絞って塩で食べました。


20060808hoyarisotto.jpg
ホヤ貝のリゾット



2006年8月 7日

ちたけつけ蕎麦

20060806n-chitaketsukemen01.jpg


 基本的には、蕎麦はもり蕎麦一本な私ですが、観光ということもあり、ちたけつけ蕎麦というものを頂きました。「ちたけ」というのは「乳茸」と書くそうなのですが、福島と栃木の県境辺りでよく食べられる茸だそうです。ちたけそのものの食感などよりも、いい出汁が出るのが特長だそうです。けんちん汁風の茄子や筍などが入った醤油味の美味しいつけ汁でした。
 以上で、今回の旅の食事のログは終了です。旅行に行く度に思いますが、各地域や地方で本当にバラエティに富んだ食材や料理が沢山あります。我が国の食文化の多様性と風土の豊かさをつくづく感じました。そして、自然の恩恵を感じた旅となりました。


20060806n-titaketsukemen02.jpg
ちたけのつけ汁のアップ



続きを読む

キャンプ飯

20060805jarkchicken.jpg


 戻って参りました。福島県奥会津への小旅行は、とても天候がよく充実した3日間でした。久しぶりにキャンプをして、自転車に乗って、飲んで、食べて温泉に入ってと楽しく過ごすことができました。
 じつはそれほど食事の写真を撮っていなかったのですが、少し紹介させて頂きます。と言っても、初日の夜は時間も遅かったので、ラーメンを食べました。二日目の朝は冷麦。夜は、豚汁と仲間が漬け込んできたジャークチキンとピザ。他にはお裾分け頂いたヤマメやイワナの薫製と鶏肉の薫製。他のお客さんが作られたカレーなどを頂きながら、宴会してました。釣り名人が居て、ヤマメやイワナを朝から20匹も釣って来て、他のキャンパーの方々にもお裾分けされていました。美味しかったです!


20060805smokeiwanayamame.jpg
ヤマメやイワナの薫製


20060805smokechicken.jpg
スモークチキン



続きを読む

2006年8月 5日

裁ち蕎麦

060805n-tachisoba.jpg


山びこ山荘


以下8月7日追記
20060805hattou.jpg
はっとう


 檜枝岐辺りは、「裁ち蕎麦」と呼ばれる蕎麦が有名だそうです。裁ち蕎麦というのは、布を裁断するようにして包丁で蕎麦を切るところから名づけられたそうです。手打ちの10割蕎麦だそうです。美味しいお蕎麦ですが、少し柔らかめのお蕎麦です。もう少しコシとキレが欲しいなと思いました。
 追記として写真を掲載したのは、「はっとう」という蕎麦粉を練って作ったあっさりした甘い一品です。私にはこちらが印象に残りました。そばがきのようなものをイメージしていました。甘い味つけと聞いていたので、ちょっとどうなの!?と思っていたのですが、とてもあっさりした甘さで美味しかったです。






Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac