メイン

2006年4月30日

TWは程よい辛さのタイカレーでお終い

20060430c-takenokothai.jpg


 長い道のりでしたがようやくこの時を迎えることができました。このタイカレーでようやくTW(Takenoko Week)を終えました。長かった・・・
 あの日、あの商品棚で微笑んでいた熊本産の筍。それを手に取って挑戦しようとしたあの時から、このTWは始まったのです。若竹煮までは良かった。それから更なる巨大な筍の出現。一時は、水煮した筍が4つのジップロックコンテナ大に詰め込まれ冷蔵庫に入っていました。途中鶏ハムの誘惑に負けたこともありました。牛すじも煮込み過ぎました。しかし、最後までなんとか頑張りました。そして今日、ついにお別れです。さようなら筍!さようならTW!!
 
20060430c-takenokothai02.jpg
玄米で食べました。


<材料>
 筍、ピーマン、人参、茄子、玉ねぎ、舞茸、エリンギ、にんにく、生姜、
 ヨーグルト、砂糖、ナンプラー、カルダモン、レッドカレーペースト、
 ローリエ、鶏ハムの茹でてできたスープ

 肉類、魚介類を入れずに野菜だけで作りました。水ではなくて鶏ハムを茹でてできたスープを入れました。ちょっと、ピーマンや茄子を入れるタイミングを間違えて、鮮やかな色に成りませんでした。残念。でも今回は恐ろしく辛くはなく、程よい辛さに仕上がりました。エリンギのプリプリ感が良かったです。
 あ〜やっと筍無くなりました〜♪



TWなのに鶏ハムを作りましたが何か!?

20060427torihammon.jpg


 TWを苦しみながら過ごしていた私に安らぎを与えてくれたもの。それは鶏ハム。何だか大袈裟ですね(^^i)
 AKKO DELIさんの美味しそうな鶏ハムに目を惹かれ作りました。作り方は、AKKOさんも参考になさったaiai@cafeさんのレシピを参考にしました。これ、簡単だけど凄い美味しいです!断然お薦め!!茹で鶏じゃなくて、本当にハムですね。もっときれいに切ったり盛りつけできれば良かったんですが・・・まあ美味しそうな写真は、aiai@cafeさんやAKKO DELIさんでご覧になって下さい(^^)


20060430torihammon.jpg
ちょっとごつく切ってしまいました。写真も暗い・・・


<材料>
 鶏ムネ肉、タイム、マジョラム、セージ、ローリエ、黒胡椒、にんにく、
 岩塩、蜂蜜


<作り方>
 aiai@cafeさんの「超簡単手作り鶏ハム」をご覧下さい!
 AKKO DELIさんの美味しそうな鶏ハムも素晴しい!
 



塩味の牛すじ煮込み過ぎ

20060429takenokogyusuji.jpg


 行きつけの立ち飲み屋さんが、秋まで牛すじやモツ煮込みをメニューから外してしまったので、煮込み欠乏状態。どうしても美味しい牛すじ煮込み、それも塩味を食べたい。そんな牛すじモードの私の目に飛び込んできたのは、"半額シール"が貼られていた牛すじ。速攻で籠に入れました。
 しかし、素人、完全に失敗しました。煮込み過ぎました。どうも煮込みは煮込み過ぎてしまいます。赤身肉の部分は完全にとろとろに溶けてしまい、縮むと思って大きめに切ってしまったすじが硬いという最悪の結果。大失敗でした。煮込みは難しいです。
 あっ、今日は筍じゃないんだと思ったそこのあなた様!甘いですね。この煮込みにもしっかり筍を入れてありますよ。筍の中心の空間ができてる所を入れてあります。だってまだTWなんだもん。
 ところで、写真の左下のお椀についている水。とっても拭きたくなってます。



パンチェッタのパスタTWバージョン

20060429p-takenokopepe.jpg


 みなさんTWエンジョイしてますか〜!?そろそろ辛いです・・・(TT)しかし、食べ物を捨てるのは嫌いなもので、食べ続けるしかない!!という訳で、昨日のお昼は筍のパスタに挑戦してみました。
 自家製のパンチェッタを使って、オイルソースのペペロンチーノ風にしました。筍の歯触りがあるのですが、香りはオリーブオイルやにんにくに負けてしまいました。青椒肉絲のように切った方が良かったかもしれません。にんにくは潰して入れて、途中で引き上げた方がいいかも。パンチェッタを焼く上で焼き過ぎてしまいます。弱い火でじっくり焼けば大丈夫ですけれど。カリカリのパンチェッタにするなら、別で一度焼いた方がいいと思います。


<材料>
 筍、パンチェッタ(ハーブ塩豚)、きぬさや、にんにく、オリーブオイル、
 唐辛子、塩、胡椒、スパゲッティーニ


<作り方>
 1 パンチェッタは水に漬けて塩抜きしておきます。
  きぬさやは事前に塩を入れたお湯で茹でておきました。
 2 にんにくをオリーブオイルでじっくり火を通し香りを移します。
 3 唐辛子を加えます。
 4 小さめに切ったパンチェッタを加えて、温度が上がらないように火を通します。
  カリカリが好みならピュアオイルで別のフライパンで焼くといいのでは!?
 5 パンチェッタに火が通ったら筍(水煮済み)を加えて軽く炒めます。
  軽く炒めたら火を止めておきます。
 6 パスタがアルデンテ手前に茹だったら、再び火をつけてフライパンに移します。
 7 茹で汁をスプーンで加えて、パンチェッタの塩気で足りなかったら、
  塩を足します。胡椒を加えて、よく混ぜてフィニート!



2006年4月29日

筍と野菜の卵スープ

20060428takenokoyasaisoup.jpg


 いったい何時無くなるのか筍は・・・怒濤の筍づくしです。昨日は青椒肉絲を食べた後に、友人のワインバーのオープニングに行って来ました。目覚めるとまた半分昨日の服装のままで寝てました。少し二日酔い気味です。GWのスタートも筍料理。筍と家にあった野菜を入れたスープです。しかし、彩りも味も今ひとつでした。何か塩が突っ張っちゃって、もう少し甘みが欲しい気がしました。
 気を取り直して連休を楽しみます!


<材料>
 筍、玉ねぎ、長ねぎ、人参、舞茸、きぬさや、にんにく、生姜、卵、
 鶏ガラスープ、塩、胡椒、日本酒



TWは青椒肉絲を食べましょう!

20060428chinjyaorousu.jpg


 GW始まりましたね。私はTW(筍ウィーク)です。無くなりそうにありません(TT)
 という訳で青椒肉絲。作り方は中華の達人れいほうさんの青椒肉絲のレシピを参考にしました。これは美味しい!お薦めです!!豚ブロック肉に頭が行ってしまい"もも"と"バラ"を間違えたり、赤ピーマンが無かったので抜きで作ったりしましたし、れいほうさんのように美しくできませんでしたが、この味付け超美味しい!少し濃いめになりましたが、これはご飯がすすみます!!白葱とにんにくの小匙1が効いてます。次回は、完全にレシピ通りで挑戦してみます。


<作り方>
 青椒肉絲のレシピ:れいほうさんの玲舫's Blog!を参考にして下さい。


<反省点・疑問>
 ・もも肉とバラ肉を間違えた
 ・材料の量が少なかった
 ・炒め過ぎたかも
 ・素揚げに使った油はどうすれば・・・


<青椒肉絲なブログ>
 YUKAの美味しいレシピさん:YUKAさんも絶賛のれいほうさんの青椒肉絲!
 定食屋さんの簡単料理さん:さっぱりアレンジの青椒肉絲も美味しそう!



2006年4月28日

筍入り豚キムチ

20060428takenokobutakimuchi.jpg


 筍三昧です。昨日の筍ご飯のおかずも筍料理。筍入り豚キムチ。実はこれ作り方がわかりません。ごま油で豚肉を炒めて、にんにくと玉ねぎとキムチを加えて炒める。水煮した筍を加えて、紹興酒と醤油を少し加えて、最後にニラを加えて完成。でも何となく違うんです。キムチの量が少なかったのでしょうか!?わかりません。この料理は・・・



2006年4月27日

初挑戦の筍ご飯はちと味足らず

20060427takenokogohan.jpg


 近所の友人の所に筍が大量に到着、私のところにもお裾分けを頂きました。更に筍ご飯を食べたいというリクエストが出て、一番暇そうな私が調理当番になってしまいました。意外と忙しいのに(TT)それに、筍ご飯作ったことないんですけど・・・レシピは、友人のレシピそのままで。と言っても分量を教えてくれず終いです。あんたのセンスしだいよ!と某奥様に言われました・・・
 それで結果です。やはり我が家の醤油は濃いですね。2段仕込みの醤油を使っているからですね。完成イメージは花さんの筍ご飯だったんですが、全然色が濃くなっちゃいました。筍に味がのらなかったようです。全体的に薄味になってしまい、炊きあがってから塩を振りました。炊き込みご飯は味付けが難しい。失敗してばかりです。
 今回は水加減はOK!少なめで成功。しかし、筍を美味しそうに切るのが苦手で、ごつくなっちゃってセンスの無さがもろに出てしまいました。木の芽も2枚しか残ってなくて、申し訳程度です。
 先ほど近所のBarでみんなで食べてきました。やはり筍の味の染み込みが薄いこと、ご飯の味付けとしての甘みが少ないことを指摘されました。一応初挑戦としては合格だそうです。
 これからまた筍料理を作ります。しばらく筍、筍、筍です・・・


<材料>
 筍、お米、出汁(鰹)、醤油、酒、みりん、砂糖、塩、昆布



続きを読む



 1  |  2  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac