メイン

2006年4月10日

青じそとトマトのパスタ

20060409p-shisotomato.jpg


 トマトのシンプルなパスタに、刻んだ青じそを載せただけのパスタです。いつもならバジルにするのですが、なぜか今回は青じそにしました。これはこれで爽やかな風味が加わって美味しいです。
 なぜか、青じそというとトンノスパゲティというイメージを昔から持っていました。ツナのトマトソースのパスタに青じそがかかっているものですが、これもとても美味しいです。今回はツナ無しで、青じそだけ。青じそが強すぎるかなとも思いましたが、結構いけます!まあ私が、香草好きだからかもしれませんが・・・(^ ^)
 今回はBuitoni(ブイトーニ)の1.6mmのパスタを使いました。De Ceccoよりもお湯に落ちていくというか、最初の段階で柔らかくなっていくのが遅いようです。パスタによって性質が全く異なるんですね。パスタの食べ比べもそのうちしてみます。お薦めのパスタがあったら是非、教えて下さいm(_ _)m

<材料>
 青じそ、トマト水煮缶、にんにく、赤唐辛子、オリーブオイル、スパゲッティーニ



2006年4月 8日

自家製パンチェッタでカルボナーラ

20060408p-carbonara.jpg


 旨い!いきなり自画自賛ですが、このカルボナーラは美味しいんです。今までそれほどカルボナーラって好きではなかったのですが、もうカルボナーラ大好きです!!コクのあるソース、キリッと効く黒胡椒(ブラックペッパー)、もっちりしたパスタ、カリカリのパンチェッタ、これホント美味しかった。写真が今ひとつなので、味が伝わっているか心配ですが・・・(^^
 「自家製のパンチェッタでカルボナーラを作る」実はこれ、パンチェッタ作りに挑戦した時の一つの目標でした。ようやくそれを達成することができました。パスタはDe Cecco(ディ チェコ)のNo.6、Fettuccelle(フェットチェッレ)。この選択もなかなか良かったです。生クリームを入れないのが本場の作り方という人もいるそうですが、美味しければ入れても入れなくてもOK!それよりもスプーン無しでパスタを食べることの方がきっとイタリア人には大切です。兎に角、また作りたいな〜。


<材料>
 自家製パンチェッタ、卵黄:2個、パルメジャーノレッジャーノ:30〜40g、
 オリーブオイル、塩、黒胡椒、フェットチェッレ



続きを読む

2006年4月 7日

エリンギと小松菜のアンチョビソースのパスタ

20060407p-eringikomatsuancho.jpg


 大好きなアンチョビソース。今日はエリンギと小松菜で作りました。トロトロになるまでアンチョビを炒めるのがお薦めです。アンチョビの味で統一されているところに、エリンギのプニプニした噛み応えのある食感と小松菜のシャキシャキ感がメリハリが効いていて、大好きな一品です。かぶの葉でも凄く合います。このソースには細いフェデリーニなどでもソースがよく絡んで美味しいです。


<材料>
 エリンギ、小松菜、アンチョビ、にんにく、唐辛子、オリーブオイル、胡椒



続きを読む

2006年4月 3日

ツナマヨのパスタ

20060403p-tunamayo.jpg


 昨日は花見でした。毎年恒例の大宴会で、昨日も70〜80人は来たと思います。私はキーマカリーとナンを焼いたのですが、写真を撮るのを忘れてました・・・エントリー作れず(T T)
 宴会の翌日、空腹であっても、相当の脱力感あり!そこで、簡単な手抜きパスタ。ツナと玉ねぎをマヨネーズで和えて、パスタと混ぜるだけのお手軽メニューです。これはロングパスタでもショートパスタでも結構美味しい。今日は貝の形をしたコンキリエを使いました。サイズは少しでかめのサイズ。これもよくソースと絡みます。玉ねぎは水に浸した方が辛みが無くなるのですが、何だか栄養も逃げてしまう気がして、いつも浸すか浸さないか迷ってしまいます。
 今日から新年度実際のスタートですが、そんな日にしてはシンプルな朝ご飯になりました!


材料
 ツナ缶、玉ねぎ、マヨネーズ、塩、胡椒、乾燥イタリアンパセリ


作り方
 1 玉ねぎをスライスして水に5分ほど浸したら、水気を切ります。
 2 水気を切った玉ねぎをみじん切りにします。
 3 ツナと玉ねぎをマヨネーズで和えて、塩、胡椒で味付けします。
 4 ゆで上がったパスタと混ぜて、盛りつけたらパセリを振ってフィニート!



2006年3月31日

朝からパスタ タイム入りのアラビアータ

20060331p-tomatotyme.jpg


 朝といえばパスタ。シンプルなアラビアータを作りました。タイムを1枝入れて爽やかな香り付けをしてみました。ホントはただ残ってただけなんですけどね。タイムは香りが移ったら取り除いてもOK!香りがいいのに辛いパスタになりました。
 今日はトマト強調のため、玉ねぎを入れずに生トマトとトマト缶のmix作戦。日本のトマトはなかなかパスタには合わないと感じてしまうんですよね。いい銘柄が手に入らないだけですかね!?どうしてもトマト缶のイタリアントマトの力強さが欲しくなってしまうんです。生トマトの方がフレッシュですけれどね!!紀伊国屋に行けばいいトマトあるんだろうけど高くて・・・
 今年度も終わりですね!春です!!



2006年3月30日

ズッキーニとツナのトマトソースパスタ

20060330p-zucchini.jpg


 zucchini=ズッキーニていうのは、それほど使わない野菜なんですけど、あの食感をたまに味わいたくなる野菜です。ところで、ズッキーニってキュウリじゃなくてカボチャの仲間なんですよね。実は今年に入るまで知りませんでした。キュウリに見えますよね〜。
 トマトソースかオイルのどちらか迷ったんですが、トマトソースに!朝パスタはトマトの酸味を感じてスタートした方が爽やかかなと思いました。ツナも少なめにして、新鮮なズッキーニとパプリカをメインで楽しむ感じ!
 

材料
 ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ、ツナ、にんにく、トマト缶、
 オリーブオイル、赤唐辛子、塩、胡椒


作り方
 1 オリーブオイルを引き、にんにくと赤唐辛子を入れてじっくり弱火にして
  香りを出す。
 2 ズッキーニ、赤黄パプリカを加えて軽く炒める。
 3 トマト缶とツナを加えて強火にして手早く火を通します。
  お好みでハーブを混ぜてもボーノ!
 4 塩、胡椒で味付けします。
 5 茹でたてのパスタを加えて手早く混ぜてフィニート!


参考Web Site
 正直通信:ズッキーニを始め野菜の情報盛り沢山!



2006年3月28日

チキンベジスープのパスタ

20060328p-vegchickensoup.jpg


 作り置きのスープ2日目。野菜が煮えてくたってして来ました。そこで、別にゆでたファルファーレを加えて、スープパスタに!パスタは、コンキリエやオレキエッテを使ったりもします。最終日なら直接鍋にパスタを放り込んじゃえばもっと簡単です。
 鶏肉と野菜のスープは、ヘルシーな感じがしますが、連続で食べると飽きてきて濃い味が欲しくなります。今朝は酸味がもっと欲しかったので、トマト缶を1缶更に加えました。



2006年3月25日

タコと小松菜のアンチョビクリームソースパスタ

20060325p-takoanchobicream.jpg


 今朝は昨晩使ったタコの残りをパスタに!アンチョビと生クリームの相性はなかなかgood!アンチョビの効いたクリーミーでこくのある味に、タコのプリプリと小松菜のシャキシャキが心地よしです。長い紐系のパスタではなく、今回はファルファーレにしました。ファルファーレは見た目の可愛らしさもあるけれど、つるっとしてモチっとした食感がいい。ショートパスタは、アルデンテではなく、クタクタにならない程度によくゆで上がっているものが好み。その方がモチっとした食感を楽しめる気がします。


材料
 タコ、小松菜:1房(株)、アンチョビ:4〜5枚、にんにく:1粒、
 玉ねぎ:1/8、オリーブオイル:適量、胡椒:適量、白ワイン:適量、
 塩:必要があれば、ファルファーレ:食べたい量



続きを読む




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac