メイン

2008年11月27日

イタリアンパセリだったらなお良かった例のパセリのサラダ

20081126tabbouleh.jpg 久々にTabbouleh(タッブーレ・タブーリ)を作りました。今回はよく料理の付け合わせに出てくるイガイガした粗いアフロヘア的なパセリを使い、Malikaのレシピで作りました。パセリは、実家で借りている畑で作っている無農薬栽培のものです。うちが借りていますが、親じゃなくて知人が作ってくれているんですけど。



20081126pasley.jpg パセリが畑にあるのを初めて見ました。この粗いアフロヘア的なパセリ。正式名称は知りません。調べてもおりません。
 このタイプのパセリは硬いので、なるべく細かくしようと親のかたきのように切りました。でもやっぱりTabboulehにはイタリアンパセリがいいです。特に食感にその違いがありますが、イタリアンパセリならば細かく切るにしても、それほど気合いを入れずに切れますし、葉っぱを食べている感覚が若干あるような気がします。たぶん・・・・最近、本場のTabboulehを最近食べてないから舌の記憶が怪しいのです。



続きを読む

2008年3月 6日

全粒粉入りばぶおパンで失敗ハンモス

20080306hummus01.jpg


 Hummus or Hommos(ハンモス・ホンモス)を食べたくなったので久々に作ってみました。中東に居た頃は毎日のように食べていました。今回は全粒粉を入れたばぶおパンで食べました。しかし、今回はちと上手にできませんでした。原因は自分の腕じゃなくて、道具のせいにしておきます。
 magic BULLETを使ったんですが、ちとパワー不足で回らない。そこで早めに茹で汁を投入したんですが、ちょっとそれが多過ぎて緩めの仕上がりになってしまいました。まだまだ上手に使いこなせていません。結局腕か・・・

 そんな訳で仕上がりも今ひとつで、上手にデコレーションもできませんでした。なので続きに現地の写真や過去に作った写真を載せておきます。一昨年のカタールで食べたものがめっちゃ美味しそうです。今年はレバノンとイエメンに行きたいです。


20080306hummmus.jpg
皿に盛ってオリーブオイルをかけただけ



続きを読む

2007年9月30日

ばぶおパンで久々のザーターとラブネ

20070930babuopan.jpg


 久々に"ばぶおパン"を焼きました。今回は強力粉+水+ヨーグルト+塩バージョン。薄焼きでフライパンで焼いて、以前にも紹介したザーター・ザータ(zartar)とラブネ(Labneh)という水切りヨーグルトで頂きました。
 中東に旅行に行きたい!!


20070930zartarpan.jpg
ザーター


20070930labnehpan.jpg
ラブネ



続きを読む

2007年9月14日

再びルービエ・ゼッ インゲンのトマト煮込み

20070914-roubiezet.jpg


 以前にモロッコいんげんで作ったRoubie Zet(ルービエ・ゼッ)ですが、やっぱりこのよく見かけるタイプのいんげんで作る方がが美味しいです。作業はたいしてないのですが、じっくりと弱火で長く火を通していんげんが柔らかくなるまで煮ることがポイントだと思います。なかなかアルコールが手に入らない中東とは違うので、白ワインを入れてみました。それと本来はラム肉などを入れて旨味を加えるそうですが、今回は顆粒のコンソメも入れて出汁としました。少しトマトが多めになりましたが、これはこれでありかなと思います。


 ふろっしゅさんやいろんな方の所で出ていましたムコ多糖症という難病について、ムコネット http://www.muconet.jp/のページを覗いてみて下さい。



続きを読む

2007年6月16日

ルービエ・ゼッ

20070615rubiezet.jpg


 これはRoubie Zet(ルービエ・ゼッ)という料理です。モロッコとアルジェリアのクォーターのMalikaのレシピです。モロッコいんげんを買ってみたので作ってみました。しかし、これはモロッコいんげんじゃなくて、普通のいんげんで作った方がいいかもしれません。ラム肉を入れるのが本来の作り方だそうです。


20060912m-rubie.zet.jpg
インパクトのあるMalikaのルービエ・ゼッ



続きを読む

2007年5月21日

ホンモス ひよこ豆のペースト

20070520hummus.jpg


 ホンモスとは中東では毎日のように食べられる代表的な料理でひよこ豆のペーストです。アラビア語はわからないので英語表記で書くと"Hummus"ですが、ホンモス、ハンモス、フムス、フンムス、ハモスなどと言われます。アラビア語は地方で訛りがあるからでしょうか!?なかなか日本語表記をするのは難しいです。私には「ホ」と「ハ」の中間位の音+「モス」に聞こえます。


 ブログをまだ始める前に作ったりしましたが、今日は久々に作りました。フードプロセッサやハンドミキサーが無かったので、わざわざ借りて来て作りました。それほど食べたかったのです。美味しいんですよ!
 タヒーニという胡麻のペーストを本場では使いますが、その辺の材料で作れるようにねり胡麻(白)を使いました。一口にホンモスと言ってもいろんな種類があります。中東やトルコ、エジプトなど広く食べられていて、いろんな種類と作り方があります。今回はクミンを効かせたシンプルなものにしました。


 中東ではこれをKhubzやPitaというアラビックパンで食べます。私はKhubzですくって食べることが多かったです。Khubzの写真などを続きに載せました。Khubzが無い私はもちろん!?ばぶおパンで食べました。ひよこ豆を水に浸していたらプチプチ音と音がして、お化けか虫!?と思ってビビったりして・・・



続きを読む

2007年4月30日

トルキッシュコーヒー

20070428trukishcoffee.jpg


 今日はトルコに来ました!(嘘)。『世界の料理で旅気分シリーズ』第4弾です。トルキッシュ・コーヒー(Turkish Coffe)です。日本語ではトルコ・コーヒ−と言うのかもしれません。中東の特に湾岸諸国の現地の人達は紅茶を飲むことが多いそうですが、仕事場でレバノン人やパレスチナ人は、トルキッシュ・コーヒーをよく飲んでいました。エスプレッソのもっと濃い感じで、フィルターを使わずに煮出して、粉が沈むのを待って上澄みを飲みます。
 コーヒー豆というか粉はレバノンCafe Najjarのものを昨年カタールに旅行した際に、メガマートで買って来ました。カルダモン入りのものもあります。
 ちなみにギリシャにも同じコーヒーがあるそうですが、ギリシャでTurkish Coffee!と言っても知らんぷりされるそうです。


20070428caffenajjar.jpg
奥がカルダモン入り。いずれも300〜400円位。



続きを読む

2007年4月26日

スズキレモン

20070423suzukilemmon.jpg


 煙の出ない魚焼きグリルか?炒飯パラパラ高カロリーコンロか?を迷って、炒飯を選んだ我が家には魚焼きグリルがありません。ということで魚を焼くのはもっぱらフライパンです。昨年カタールに行った時にMalikaが作ってくれた美味しいレモンソテーに挑戦してみました。


 使ったのはスズキ(鱸)の切り身。マリネして3時間位置いて、あとはフライパンで焼くだけの簡単なものです。スズキのくど過ぎない脂と旨味を爽やかなレモンの風味で楽しめます。玉ねぎの甘味が酸味の中でかえって引き立っているようです。もう少し暑くなってからぴったりの料理だったかもしれません。そしてやっぱ白ワインでしょ!!


 同じようにマリネして焼く料理は、たんぽぽさんが羊肉を、ユムユムさんが鶏肉をなさっているのを最近お見かけしました。



続きを読む



 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac