メイン

2007年3月14日

とみざわの生蕎麦 新潟県津南町

20070313n-tomizawa01.jpg


 また、地元の蕎麦好きの友人から生蕎麦が送られて来ました。何でもいつも行く蕎麦屋の味が変わったような気がするので、確かめてくれということで送られて来ました。実家から新幹線通勤していた頃に、週に1回は行っていたお気に入りの蕎麦屋さんの蕎麦です。こちらの蕎麦は、つなぎに山ごぼうと多分極少量の布海苔を使っている蕎麦です。田舎っぽい太めの蕎麦ですが、その分がつんと蕎麦の味が濃く味わえ、噛むと蕎麦のいい香りがする蕎麦でした。果たしてどう変わったのか??
 以前より蕎麦の香りが減ったように思えます。そして、布海苔の量が増えたのかコシが強くなって、滑らかになっていました。以前はコシと滑らかさよりも蕎麦粉の味が目立っていました。依然、私の好みの範囲ではありますが、かなり蕎麦の味が薄くなったような気がします。毎日高いレベルの蕎麦を打つことは難しいと思いますが、蕎麦の方向性を変えてきたのかもしれません。
 蕎麦も自分で茹でることができるようになって来ました。調子に乗り過ぎると痛くはなりますけれど。
 ところで、ばぶお家では蕎麦つゆのことを「したじ」と言います。漢字でどう書くのかはわかりません。


20070313n-tomizawa03.jpg
送られて来た包装には漢字で富沢と書いてあります。
うちの実家もそうですが、田舎は住所に細かい番地が書いてありません。



続きを読む

2007年2月24日

久々の蕎麦は旨い!!

20070224n-tsumaari.jpg


 「蕎麦6人前送ったから!」と電話が掛かってきました。超蕎麦好きな友人が、そろそろ蕎麦が切れる頃だろうと生蕎麦を送ってくれたのです。私が中東から帰国後2ヶ月程、実家から新幹線で通勤していた頃は、奴と毎週末蕎麦屋をはしごして食べていました。
 しかし、その美味しそうな蕎麦の写真をと思ったのですが、何とピンぼけ写真になってしまいました。そのため、↑の写真は送ってもらった蕎麦ではありません。別の蕎麦です。(> <)
 肝心の送ってもらった生蕎麦は下の写真です。こちらの蕎麦は可能な限りの少なめの布海苔などで繋いだ蕎麦です。黒いでしょ!江戸前の蕎麦と違って、田舎蕎麦という感じの無骨な蕎麦ですが、布海苔を使ったコシの強い蕎麦が多い中で、蕎麦粉を感じることができる蕎麦の一つです。無骨な蕎麦に見えますが、頻繁に通ってみると、作り手がいい蕎麦を打とうと微妙に調整しながら日々作っていることが感じられます。


 ちなみに↑の蕎麦は以前に紹介した妻有蕎麦です。これも乾麺ですが美味しいです。
 蕎麦は小説家を目指している友人と姉に来て茹でてもらって2回に分けて平らげました。元気だったら独り占めですが(^^)


20070224n-namasoba.jpg


<贈り物に一度お試しを!>
 妻有蕎麦の製造元の玉垣製麺所のページ
 妻有蕎麦の通販ページ

 妻有蕎麦の美味しい茹で方は、こちらをご覧下さい!



2007年1月20日

ここはお薦め!越後湯沢駅の立ち食い蕎麦

20070119n-yuzawaekisoba.jpg


 この時期、沢山のスキーヤーやボーダーの方々が新潟方面に行かれるかと思いますが、越後湯沢駅の中にある立ち食い蕎麦屋をお薦めします。こちらは、どの小嶋屋がやっているかはわかりませんが、小嶋屋が経営していると聞いています。麺が立ち食い蕎麦としてはとてもコシがあっていいです。舞茸天蕎麦がお薦めです。富山、石川、福井方面に、ほくほく線のはくたかで行かれる方は、ホームを出ずに食べられますので是非お試し下さい。



2007年1月 3日

人の年越しご飯

20070103kamosukiyaki.jpg


 少し具合いが良くなってきました。といっても痛み止め頼りであることは変わりありません。ということで料理できないので、今日からは過去の料理などでアップしていないものを出す以外にありません。ていうか更新しなければいいのかも・・・
 これは先輩が送って来た大晦日の先輩の料理・・・鴨のすき焼きと鴨南蛮蕎麦と思われる年越し蕎麦。鴨のスキヤキは「かんずり」で食べると鴨の濃厚な油と爽やかに柚子が利いたかんずりがとてもマッチして美味しいんです。他にもアボガド料理の写真を送って来た先輩とかいました。みんな美味しそうな料理を食べています。いいな〜


20070103s-kamonannbann.jpg
恐らく鴨南蛮



2006年12月26日

クリスマスのもう一つの真実

061225_062540_M.jpg


 クリスマスディナーも無しにクリスマスイヴナイトに突入し、4時半にケーキを食べた後に、最後に寄ったBarに集まった近所のBarマスター達と実は吉そばへ。そして、再び春菊天そば。大盛り無料キャンペーンでした。

 吉そばで春菊天そばのエントリー



2006年12月19日

吉そばで春菊天そば

20061219yoshisoba.jpg


 最近こんな朝食や昼ご飯も結構あります。意外と行ってしまう立ち食い蕎麦。女性にはちょっと入り難いかもしれないですね。吉そばに限らず春菊天蕎麦か山菜蕎麦をセレクトすることが多いです。ずるずるっと啜って5分位で出て行く。あっさりしたものです。でも立ち食い蕎麦って日本を代表するファストフードですよね。



2006年8月 7日

ちたけつけ蕎麦

20060806n-chitaketsukemen01.jpg


 基本的には、蕎麦はもり蕎麦一本な私ですが、観光ということもあり、ちたけつけ蕎麦というものを頂きました。「ちたけ」というのは「乳茸」と書くそうなのですが、福島と栃木の県境辺りでよく食べられる茸だそうです。ちたけそのものの食感などよりも、いい出汁が出るのが特長だそうです。けんちん汁風の茄子や筍などが入った醤油味の美味しいつけ汁でした。
 以上で、今回の旅の食事のログは終了です。旅行に行く度に思いますが、各地域や地方で本当にバラエティに富んだ食材や料理が沢山あります。我が国の食文化の多様性と風土の豊かさをつくづく感じました。そして、自然の恩恵を感じた旅となりました。


20060806n-titaketsukemen02.jpg
ちたけのつけ汁のアップ



続きを読む

2006年8月 5日

裁ち蕎麦

060805n-tachisoba.jpg


山びこ山荘


以下8月7日追記
20060805hattou.jpg
はっとう


 檜枝岐辺りは、「裁ち蕎麦」と呼ばれる蕎麦が有名だそうです。裁ち蕎麦というのは、布を裁断するようにして包丁で蕎麦を切るところから名づけられたそうです。手打ちの10割蕎麦だそうです。美味しいお蕎麦ですが、少し柔らかめのお蕎麦です。もう少しコシとキレが欲しいなと思いました。
 追記として写真を掲載したのは、「はっとう」という蕎麦粉を練って作ったあっさりした甘い一品です。私にはこちらが印象に残りました。そばがきのようなものをイメージしていました。甘い味つけと聞いていたので、ちょっとどうなの!?と思っていたのですが、とてもあっさりした甘さで美味しかったです。





 1  |  2  |  3  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac