メイン

2007年5月29日

ばぶお麺 極太適当麺

20070526n-babuomen_futo.jpg


 突然、小麦粉を捏ねたくなることがあります。先週末がそれでした。捏ねた先にイメージしたのは、先日の棊子麺(きしめん)。無謀かなと思いつつ作ってみました。それでもってできたのが、きしめんらしからぬこ〜んな太〜い麺です。どんだけ〜
 茹でると膨らむんですね。う〜ん小麦粉料理は奥が深い!まあもともと適当に作っていますから。計量もせずに強力粉と塩と水で作っています。きしめんと言うのが憚られたし適当系なので「ばぶお麺」ということにしました。でもこの太さでも割と美味しかったです。きしめんタイプも成功したように見えます。生パスタのいい練習になったかも。使った道具も餃子の皮を作るようの短い麺棒だけです。麺打ちセットなんかありません。これでも一応自家製麺!?
 ちなみにこの麺は生醤油で小ねぎと鰹節をトッピングにして食べました。


20070526n-babuomen_futo02.jpg
きしめんではない(とは言えない)


20070526n-babuomen_kishi.jpg
何となくきしめんに見えてきません!?
違う味でと思って、ポン酢にしました。



続きを読む

2007年5月26日

棊子麺

20070524n-kishimen.jpg


 どうも一昨日の深夜から昨日にかけて、Internet Explorerで本文やコメンントが見られないという状態だったようで、折角いらして頂いた皆様には失礼致しました。仕事をしているエンジニアの友人に連絡して無理矢理仕事を止めて、cssなどのデータを送って原因をつきとめてもらい修正しました。自分のブラウザーでは見れていたので、IEでの動作確認をしていなかったのもミスでした。大変失礼致しました。

 「棊子麺」。きしめんってこう書くってご存知でした!?私は知りませんでした。友人からもらった「芝安」の乾麺を頂きました。つゆ付きなので楽ちんです。きしめんというと鰹節なイメージがあるので、鰹節を入れました。美味しかったのですが、あっという間に無くなりました。丼は相変わらずのラーメン丼ですが・・・
 ちなみに「しばあん」と読むと思ったら、「しばやす」でした。この「芝安」のメーカーさんの丸信製粉という会社は、パン用の小麦粉でも名の知れた会社のようですね。他にもGRAMERCY NEWYORK(グラマシーニューヨーク)というブランドのお菓子屋さんを展開しているそうで、結構美味しいらしいですね。でもN.Y.に本店がある訳ではないらしいです。
 

<材料>
 棊子麺(芝安)、つゆ(芝安)、鰹節、小ねぎ



続きを読む

2007年5月20日

元祖麺屋原宿ばさらか とんこつラーメン

20070517n-basaraka.jpg


 先日、久々にとんこつラーメンを食べました。"元祖麺屋原宿ばさらか"その名の通りに原宿にあるラーメン屋さんです。でも九州の筑豊地方のラーメンです。食べたのはラーメンの白。赤もあります。思わず替玉をしてしまったのですがヘビーでした。紅しょうがをたっぷり入れて、替玉は高菜のトッピングを加えて食べました。一人で食べに来る女性も結構いるお店です。



2007年5月10日

鶏ハム研究隊レポート 4 塩抜きしなきゃ塩っぱいよ!!

20070507n-shiotorihammon.jpg


 ゴーヤーの日の前に鶏ハムを仕込んで食べました。鶏ハムの味をもっと際立たせたいというのも研究課題なのですが、続・いちびりパパとむぞらしかキッズのもじょもじょさんの所でラップを巻いて茹でるのを拝見したので、その方法にトライしました。これなら旨味が逃げなそうです。タコ糸じゃなくていいし。
 ただ、基本的にプラスティック系を茹でるのはちょっと怖いので、ラップの耐熱温度をよく確認してから180℃に耐えられるものをセレクトして茹でました。ラップは耐熱温度があって110℃のものや140℃など様々です。電子レンジにかける時も油を含むものは100℃を超えてラップが溶ける時があるのでご注意を!!
 それでもって鶏ハムの味は・・・パクっ!ん!?塩っぱい!!何で??あっ塩抜き忘れてた。ガーン・・・・(T_T)再挑戦ということですね。失敗しました。

 ちなみにラーメンはサッポロ一番の塩ラーメンでした。塩っぱい鶏チャーシューになってしまいました。写真が続きにあります。



続きを読む

2007年5月 6日

麻婆鶏麺 フォー・ガーの麻婆味

20070505n-marborpho.jpg


 連休も終わりですね。ということでゴールデンウィーク特別企画『世界の料理で旅気分シリーズ』もこれで最後です。最後は、なぜか越中国境。越中と言っても富山のことではありません。ベトナムと中国の意味です。つまり、また訳の分らないフュージョン料理なのです。
 深夜にテレビを見ていたら中国を旅する番組をやっていて、そこで辛い麺がとても美味しそうだったので、フォー(米麺)があったのでそれで作ってみました。ある材料で作ったら結果としてこうなってしまっただけなんです。つまり適当・・・
 ネーミングに悩みました「フォー・マーボーガー」「麻婆チキン麺」「麻婆チキンフォー」「麻婆フォー・ガー」「麻婆鶏フォー」う〜んどれも今ひとつです。「麻婆鶏麺」も何となく今ひとつ。まあいっか。
 随分と休んだので、私もいよいよ明日から仕事します!!


<材料>
 フォー(米麺)、鶏ムネ肉、長ねぎ、香菜(パクチー)、にんにく、
 生姜、豆板醤、甜麺醤、豆鼓、紹興酒、スープ(鶏だし)、醤油、
 鶏だし、サラダ油



続きを読む

2007年5月 2日

フォー・ガーのガー抜き 

20070430n-pho01.jpg


 ベトナム・タイ国境付近います(嘘)。なぜ!?それは、麺はベトナム製だけど味つけはナンプラーだから。ニョクマム(ヌクマム)を切らしてました。ということで『世界の料理で旅気分シリーズ』第7弾です。インド→中国→ベトナムって今ひとつ仲がよろしくないルートですね。
 もしかしたら、今頃私はベトナムに居て、「独身レシピ」ではなくて「ベトナムばぶお日記」でも書いていたかもしれません。というのは中東から帰国後、ベトナムのある小さな企業の買収を担当していて、買収が成立していたら恐らくしばらくは一年の大半をベトナムで過ごしていただろうからです。まあ残念ながら成立できませんでした。だから今ここにいるんですけどね。そして独身レシピがあります。
 ベトナムはオリジナルの文化とフランスの色が入り、更に共産主義で市場開放を進めている面白い国でした。日本や東アジアの国民性に近いものを感じ、また急激に発展する可能性を感じた国でした。クレバーとしたたかさを感じました。タイも良かったです。好きな国です。でも明らかにベトナムとタイは文化が違いました。ベトナムはフランスの統治下にあったし、アメリカに勝ったこと。一方タイは独立を維持して来た国であること。そんなことが関係しているのだろうと思います。

 Anyway!本題です。棒棒鶏を作ったスープを使って作ったナンプラー仕様だけどフォー・ガーのガー抜き。つまり鶏肉は無しのフォーを作りました。鶏肉は棒棒鶏に全部使いました。ニョクマムが無かったからナンプラーで!タイヌードルと言うべきかと思いましたが、使った麺のパッケージに"PHO"って書いてあったし、まあフォーですよ!!


20070430n-pho02.jpg
近所のスーパーで購入



続きを読む

2007年3月19日

稲庭半生うどん 京家(秋田県)

20070318n-inaniwaudon02.jpg


 田沢湖に旅行に行った友人からお土産で稲庭うどんをもらいました。細打ちの稲庭うどんも美味しい。もりうどん?ざるうどん?で頂きました。(蕎麦の場合は、海苔がのると「ざる」)
 このうどん長いんです。70〜80cm以上あるんじゃないかと思う程の長さです。折ることも考えましたが、長いものは縁起がいいと聞いていたのでそのまま茹でました。


20070318n-inaniwaudon01.jpg


稲庭手揉饂飩『稲庭半生うどん』
 株式会社京家:秋田県横手市
 ホームページ:http://www11.ocn.ne.jp/~kyouya/
        *音が出るページなので、会社でご覧になる方はご注意を!!



2007年3月18日

練る錬る蕎麦がき

20070317sobagaki.jpg


 蕎麦屋さんに行った時に時々蕎麦がきを注文します。今まで食べたことのある蕎麦がきは、写真のように練っただけのものもありますし、練った後に形を整えてお湯に浮べて出してくるお店もあります。私は練っただけのものがもっちりしていて好きです。先日蕎麦が送られて来た際に友人が蕎麦粉も同封してくれていました。お湯を沸かして蕎麦粉を入れたら、練るだけで完成!簡単です。
 ただ、蕎麦がきも美味しくて好きなんですが、やはり蕎麦の方が蕎麦がきよりも発展したというか、料理として完成された方向に進んでいるのかなと思います。

 どうもコメントがスムーズに表示されないようなことがあり、ご迷惑をお掛け致していることがあるかと存じます。サーバーやデータベースの問題かもしれません。重複した際にはこちらで削除致しますので、お気軽に引き続きコメント頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。






Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac