メイン

2008年6月29日

塩豚とキャベツとパクチーのパスタ

20080629p-shiobutapaxi.jpg


 以前作ったパスタです。相性のいい塩豚(パンチェッタ)とキャベツというコンビに、さっぱりと香菜を合わせてみました。タイ風にナンプラーとレモンとも思ったんですが、今回はそうせずに、アーリオ・オーリオにしました。
 にんにくの風味をオイルに入れたいと思うのですが、塩豚から結構な脂が出るのが悩ましい所です。そこでちょっと考えてみましたが、どれも何か違うような感じ。いったいどうすればいいんでしょう??



続きを読む

2008年5月 3日

パンチェッタとキャベツとトマトを蒸したん

20080503shiobutatomacabe.jpg


 連休は海に行く予定とあとは野球観戦。あとは部屋片付けをして引越の準備で終わりそうです。

 先日作った料理です。塩豚とキャベツを重ね合わせて無水で炊くという料理は、先輩宅でのホームパーティでよく食べさせてもらっていたので、自分でもやってみました。少しアレンジしてトマトも切って入れました。塩豚はタイムやローズマリーなどを使ったパンチェッタを使いました。パンチェッタの旨味とキャベツの甘味、トマトの甘味に近い酸味が出てなかなか美味しくできました。オリーブを入れようと思っていてすっかり忘れていました。



続きを読む

2008年4月21日

サンデー・モーニング・カルボナーラ

20080421p-carbonara.jpg


 タイトルを書きながら思ったんですが、最初の「サンデー」も「モーニング」も漫画雑誌の名前です。そういえば噂に聞いたんですが、モーニングに連載中の島耕作は、今度社長になるとかなったとか。

 Anyway!久々にカルボナーラが食べたくなったので、先週にパンチェッタを仕込んでおきました。日曜日の朝からカルボナーラと思いつつも決行致しました。今年も朝パスタ健在です。
 今回は全卵+卵黄バージョン。パスタはバリラのバヴェッテ。フライパンで作りました。タイム、オレガノ、ローズマリーで香りづけした自家製パンチェッタ(塩豚)を使用。久々のカルボナーラ、我ながらなかなか美味しくできました。


20080421p-carbo_pancce.jpg
今回はハーブ多めで香り重視、熟成5日間バージョン



続きを読む

2008年3月 4日

みもりの里の贈り物 その2 豚肉を浅漬け塩豚に

20080303mimori_buta.jpg


 みもりの里からいただいた豚肉を使った料理です。前回のホームパーティで食べ切れなかった分を先輩に塩を振ってもらって私が持ち帰って翌日と翌々日に食べたものです。塩豚と言っていいのかわかりませんが、まあ浅く漬けた塩豚ということにしておきます。

 まずは1日漬けたものをシンプルに茹で豚にしました。美味しい!味つけは無しでちょうどいい塩加減。柚子胡椒をつけましたが要りません。どうせつけるなら、私はかんずりの方が好みです。
 続きには焼肉を載せました。



続きを読む

2007年12月17日

塩ラムのステーキ

20071216shiolambsteak.jpg


 これはひっそりと終了したMWの最中に作った塩ラムのステーキです。塩ラムは今回はアルペンザルツ+アメリカ産のハーブが入った塩(名前を忘れました)を揉み込んで作ったものです。漬けたのは3日。もうシンプルにただ焼いただけです。なかなか美味しくできあがりました。個人的にはもう少しレアで攻めれば良かったと思います。まだまだ研究が必要です。
 つけ合わせは、水菜、蕪、人参です。


 イエ呑みママさんも塩ラムを作られました:塩ラム!DE呑みご飯〜♪



2007年11月25日

塩ラムのスパイシートマトスープ 無国籍風

20071125s-lambtomato.jpg


 先日の焼いた残りの塩ラムをスープにしました。当初は鍋にしようと思って土鍋で作りました。作っている途中で気が変わってトマト缶を投入して洋風なスープに。ついでにスパイスを少し効かせてみました。クスクスのようでクスクスに成りきれていないようなスープの完成です。結構美味しくできました。出汁はよく出てましたが、少し塩ラムの塩気だけだと足りず塩を一つまみ投入。白菜や長ねぎが入ったトマト入りスパイシーなスープで無国籍な料理になりました。これはこれでありじゃん!


 昨日は学校行って、友達のライブに招待で潜入し、ライブの打ち上げに参加してきました。学生とかが多い超激安居酒屋だったんですが、久々に一気コールを聞いて何だかとっても懐かしかったです。一気コールなかなか途切れませんでした。



続きを読む

2007年11月22日

塩ラム焼肉

20071121shilamb.jpg


 コストコで友人が89円/100gというオージーラムを1kg買って来てくれたのをお裾分けしてもらいました。ついでに塩と胡椒も振ってもらって、以前に先輩の家で食べた塩ラムにしてもらいお持ち帰り。漬けてから3日目の塩ラムですが、それをシンプルに焼いてみました。
 うっ美味い!塩ラムやっぱりいけますね〜。何で塩と胡椒をふってしばらく置いただけなのにこんなに美味しくなるのか??
 とりあえず試し焼きをしてみましたが、早々に本格的に挑戦してみたいと思います。



2007年10月12日

鶏ハム研究隊レポート 5

20071012torihamu.jpg


 激安スーパーの詰め放題やタイムサービスなどの争奪戦を勝ち抜ける自信はないですが、「上州鶏ムネ肉 65円/100g」という文字が目に飛び込んで来たら、もちろんダッシュです。4パックも買ってしまいました。一応「上州鶏」というブランドのようですが、あまりにも安過ぎてと思ってしまうのはなぜ!?
 ちなみに、先日、先輩(既婚者・フリーTVプロデューサー・家庭では買い物&料理主担当)と渋谷・新宿のスーパーでどこの豚バラ肉が安くて美味いか?という話題で激論を交わしましたが、何か?


 Anyway!久しぶりの鶏ハムです。今回は朝岡スパイスのCrystal Saltというドイツアルプス産の岩塩を使ってみました。しかし、岩塩をグリグリする装置がなく、岩塩を大きい結晶の粒のまま使ってしまいました。途中で別の塩を追加してみたのですが、なんだか甘塩に仕上がり。今回は2種類仕込んでみました。



続きを読む

2007年9月27日

塩豚とホウレン草と椎茸のソテー 塩豚レシピ

20070926shiobutahourensou02.jpg


 よくファミレスにあるホウレン草のソテーに椎茸と塩豚を加えたようなものです。埼玉に住んでいた時や大学生だった頃はかなりファミレスを利用しました。その時、何となくホウレン草のソテーを食べると健康になったような気がしたのです。
 使った塩豚は5日位漬けたもの。塩豚レシピもかなり増えてきました。


 ところで食べ物の写真って結構難しいです。上は自然光で撮ったもの、下は蛍光灯の灯で撮ったものです。どちらもデジカメのモードを変えて撮っていますが、光で見え方が全然違いますね。


20070926shiobutahourensou01.jpg



続きを読む

2007年9月 8日

塩豚と春菊とキャベツのパスタ

20070908p-shiobutashungiku.jpg


 今朝は、相変わらずの決定力不足サッカーを見て、もう少し利己的なFWが必要と思ったのでありました。そして、サッカーを見ながら、コメントを入れて頂くページのデザインをメインのページと同じデザインにする作業をしていました。しかし、なかなか上手く行きません。
 更に、今週末は祭りで神輿です。一応足袋、鯉口、股引きを出してみたけど、どう考えてもヘルニアでは担げない。去年は中東に行ってたので不参加だったから参加したい。でも担げないのはつまんないしな〜。う〜ん。


 Anyway!パスタの話です。塩豚と春菊とキャベツという冷蔵庫にある材料を使って作ったパスタです。アーリオ・オーリオに塩豚の旨味とトマトの果汁が混ざったソースに、春菊の爽やかさとキャベツの歯ごたえ、そして時々トマトの酸味が感じられるパスタです。



続きを読む

2007年9月 7日

蒸し塩豚の春菊添え

20070907mushishiobuta.jpg


 しばらく前に作った料理です。これは先輩の最近の定番料理です。毎回とても美味しいので、ちょっと真似をしてみました。この時は浅漬けの塩豚で漬け込み5日間のものを食べました。蒸すことによって柔らかくジューシーに仕上がります。塩豚ならではの脂身の旨味が美味しく頂けます。これも飲ん兵衛班仕様かも。


 ヨッチャン南蛮という調味料で食べるのが美味しいのですが、自宅にはそれが無いのでかんずりか豆板醤で頂きます。今回はかんずりを切らしてしまったので豆板醤で頂きましたが、個人的にはかんずりがお薦め。かんずりとは新潟の妙高方面で作られる唐辛子を雪にさらして作る香辛調味料です。ところで、新井は合併して妙高市になっていたなんて知りませんでした。



続きを読む

2007年8月 9日

冬瓜連鍋湯という名のスープ

20070809s-touganshiobuta.jpg


 冬瓜というのは冬と書くんだけど夏の野菜だそうですね。でもあまり食べた記憶は無かったんです。糸瓜は結構食べていたんですけどね。ところが先日先輩のお家で頂いたら、美味しいじゃないですか!ほんのりある苦みが結構ナイス!美味しいことがわかったので、早速自分でも作ってみました。


 まずは以前から作ってみたかったれいほうさんの冬瓜連鍋湯というスープに挑戦しました。これは、れいほうさんの料理の中でも比較的工程が少なく作り易いレシピかもしれません。豚バラ肉は豚バラ肉の塩豚を使用して作ってみました。花椒が効いて美味しいスープでかつ、タレも楽しめる文字通り連鍋でございました。
 材料はあるものでれいほうさんの半量程度で作りました。



続きを読む

2007年7月25日

塩豚と木の子のクリームソースパスタ

20070725p-kinokocream.jpg


 暑いけど濃厚で行こう!きのことクリームソースのパスタは大好物です。これに塩豚を入れたものです。太いパスタフェットチェッレとの相性もなかなかナイス!今回はチーズはデンマークのサムソーとパルメジャーノ・レッジャーノを使ってみました。


 本日は母の誕生日でした。ボケ防止で趣味のお琴をするように言っているのですが、どうも父の世話でそれどころじゃないようです。元気で長生きして欲しいものです。
 さて、サッカーじゃね!頑張れ日本!!



続きを読む

2007年7月 6日

塩豚とレンズ豆の煮込み

20070704shiobutalentil.jpg


 一月ぶりの塩豚レシピです。塩豚とレンズ豆の煮込みを作ってみました。以前作った時は煮込み過ぎて散々の出来だったのですが、今回は前回の失敗をしないように注意して作りました。使ったレンズ豆もブラウンレンティルを使いました。写真にはレンズ豆があまり見えませんが、ちゃんと入っています。なかなか美味しくできました。

 塩豚はバラ肉を使ったのですが、脂が結構出ますので、肩ロースでもいいかもしれません。これはやっぱり赤ワインかベルギービールかドイツビールでしょうか!?この時期なら冷えた白ワインでも合いそうな気がします。



続きを読む

2007年6月 7日

浅漬けの塩豚焼き

20070606shiobutayaki.jpg


 普段は2〜4週間漬ける塩豚を1週間以内で食べてみました。使った塩も最近海塩を使っていたんですが、今回は岩塩を使ってみました。先輩が塩豚は絶対岩塩だ!と言っていたのです。塩の量も少なめにしましたので、調理する前に塩抜きせずに調理。胡椒もハーブも抜きの岩塩だけの塩豚です。

 調理方法は、先日のフォー・塩豚では茹でましたが、今回はシンプルにフライパンで焼いてみました。油は使わずにじっくり焼きました。塩豚が持っている脂が十分に出て来ます。レモンを絞ろうかとも考えましたが、大根おろしを添えました。この塩豚ナイス!熟成したものとは別の美味しさです。フォーの時も思ったのですが、フレッシュ感があるとでも言えばいいのでしょうか。それでいて結構旨味も出てます。しばらくこれでいくかもしれません。

 雨も上がったようで、すっかりいい天気!今日はこれから久々に西新宿へ。何食べるかな〜??


<材料>
 塩豚、大根、醤油、好きな酒



続きを読む

2007年6月 5日

フォー・塩豚

20070603n-phoshiobuta.jpg


 ベトナム語で豚肉って何て言うのか忘れました。浅漬けの塩豚を使ってフォーを作りました。休日のブランチ的な食事としてとてもナイス!麺もスープも"やまや"で売っている市販品を使用。スープは水を多めに入れて塩豚と生姜を茹でて、同封のスープの素とナンプラーを使って作りました。今回もニョクマムを切らし中。たっぷりのつまみ菜を入れて、辛さと酸っぱさで刺激的かつ爽やかに!!

 バッグありました。やはり馴染みのBarに置き忘れていたようです。空きっ腹に飲んでベロベロだったようです。あきまへん。


<材料>
 塩豚(浅漬け)・・・・・・・50〜100g
 つまみ菜・・・・・・・・・・好みの量
 パクチー・・・・・・・・・・好みの量
 青唐辛子・・・・・・・・・・1本
 赤唐辛子・・・・・・・・・・1本
 生姜・・・・・・・・・・・・薄切り(3mm厚)1枚
 レモン・・・・・・・・・・・1/2個
 ライスヌードル(市販)・・・1袋
 ナンプラー・・・・・・・・・適量



続きを読む

2007年4月15日

春キャベツとパンチェッタのパスタ

20070414p-panccetacabbege.jpg


 三重で地震があったようですね。被害が少なく済むことを祈っています。何だか日本列島は活動期ですね。
 春キャベツというとアンチョビのパスタが定番な感じがしますが、折角パンチェッタがあるからパンチェッタで作りました。パンチェッタから相当脂が出るので、油を使わずにパンチェッタを炒めて、最後の方で足りない分のオリーブオイルを加えました。


 ところでパンチェッタを作る独身男ってどうよ!?という意見がちらほら聞こえてきます。確かに凝り過ぎかもしれませんね(^^i)まあそれでも引かん人をみつけますって!!笑。本場イタリアの独身男ってパンチェッタ作るのかな??作んなそうだな〜


<材料>
 春キャベツ、パンチェッタ、にんにく、赤唐辛子、塩、胡椒、
 オリーブオイル、スパゲッティ(バリラ#5)



続きを読む

2007年4月12日

放り込むだけの独身男のパンチェッタスープ

20070411s-vegetorihammon.jpg


 面倒なので、兎に角野菜とパンチェッタを切って放り込むだけ。味つけもしない。パンチェッタの塩気と野菜の甘みのみで勝負!わざわざハーブを添えて塩漬けにしているパンチェッタなんだから、あまりごちゃごちゃ味つけしないで食べてみるのもいいかもしれません。ハーブも入れません。それでもかなり味が出ました。ただバラ肉はやっぱり脂が結構ありますね。 


<材料>
 パンチェッタ、じゃがいも、人参、玉ねぎ、キャベツ、胡椒



続きを読む

2007年4月 8日

先月から今月にかけての自己流パンチェッタ

20070408pancceta.jpg


 久々にパンチェッタを作っています。パンチェッタとは塩漬け豚(塩豚)のことです。パンチェッタとかって言うと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、塩とハーブを擦り込んであとは放っておくだけ。いろいろケミカルなものも入らないし、結構美味しくできて安いです。カルボナーラなどにバッチリです!!

 今回は、フォークで何ヶ所か刺して、塩と胡椒をまぶして、ハーブを添え、あとは写真のようにバットに置いて冷蔵庫放置という方法で作ってみました。最近はこなみさんのアドバイスをもらってから、何にも巻かずに肉をそのままにして冷蔵庫で放置しています。これで約2週間弱です。ハーブの取扱いに迷うんですよね〜。

 さて、カルボナーラを食べるのがメインで作ったのですが、他に何作ろうかな〜と悩んでいます。あと1・2品は何か作れるでしょう。


<材料>
 豚バラ肉ブロック・・・・・・500g
 天然塩(岩塩がお薦め)・・・大さじ2
 胡椒・・・・・・・・・・・・小さじ1程度
 タイム・・・・・・・・・・・4本
 ローズマリー・・・・・・・・2〜4本
 セージ・・・・・・・・・・・4本
 ローリエ・・・・・・・・・・2〜4枚

 *ハーブはお好みで!



続きを読む

2007年3月31日

鶏ハム研究隊レポート 3

20070331toriham.jpg


 一時激しくブームだった鶏ハムを久々に作ってみました。作り方が、擦り込んで放っておくだけという手軽いものなので、ヘルニアの人間には向いています。あんまり考えずに作ったら、最初のレポートと近い作り方になっていました。何か劇的に美味しくなる作り方は無いんでしょうか??

 1:砂糖+塩+ハーブ+胡椒 →甘みがこちらの方があるようです
 2:蜂蜜+塩+ハーブ+胡椒 →甘みが軽く、甘みを感じて程なく消えます



続きを読む

2006年11月 8日

きのこ入り自家製パンチェッタのカルボナーラ

20061107p-carbonara.jpg


 早寝したからか、寒いからか分りませんがなぜか早起きしてしまいました。
 昨日は立冬だったし、夜に冷え込むという話だったので、鍋でも食べたいと思って買い物に行きました。なんか目玉の安いものが無いな〜と思っていたら、ハガキを提示したら全品10%OFFの文字が!あっそうだった。でっでもハガキ持ってない・・・悔しいので何も買わずに出てきました。うう〜(><)
 ということで家にあるもので何とかしようと思って、こなみのきまぐれ日記のこなみさんが美味しそうなカルボナーラを作っていたのを思い出し、私もカルボナーラを作りました。濃厚で美味しい。パンチェッタもナイス!最近何だかカルボナーラが好きになりました。以前は注文することなかったんですけどね。

<みんなのカルボナーラ>
 こなみのきまぐれ日記さん  ぷいぷいちゃんの料理修業さん:牛乳入りでベーコンたっぷり
 三十路独身OLの花嫁修業さん:美味しそうだけどお悩みのよう
 *カルボナーラのトラックバック大歓迎です!

<材料>
 黒胡椒、パンチェッタ、椎茸、パルメジャーノ・レッジャーノ、
 オリーブオイル、卵黄、塩、パスタ(今日はスパゲッティーニ)


<作り方&過去のカルボナーラ>
 自家製パンチェッタでカルボナーラ:フェットチェッレを使ってます
 きのこのカルボナーラパスタ:パンチェッタ抜き
 カルボナーラに生クリーム入れる派?入れない派?:生クリーム使用仕様
 ショートパスタでカルボナーラ:ショートパスタでもなかなか



2006年9月 6日

パンチェッタの紫蘇風味炒め

20060905panccettaitame.jpg


 なかなかパンチェッタを食べ終わらないパンチェッタ。あやうくPW(パンチェッタウィーク)に突入しそうな程、1kgは時間が掛かります。残りは禁じ手のカレーに入れる作戦をしてしまいました。折角のハーブの風味が・・・

 Anyway!残り野菜をそれぞれ入れて、強引に紫蘇風味の炒め物にしました。しかし、意外に美味しくできました。最初はパスタにしようと思ったのですが、この量にパスタでは多いと思い、パスタは抜きにしました。その代わりというか、カイワレも入れてしまいました。さ〜て荷造りをさっさとしなければいけません。


<材料>
 パンチェッタ、青紫蘇、ドライトマト、茄子、エリンギ、にんにく、
 赤唐辛子、カイワレ、塩、胡椒



続きを読む

2006年9月 4日

パンチェッタとゴーヤーと長いものアーリオ・オーリオ

20060904goryarpannagaimo.jpg


 やっぱりゴーヤーは美味しいのです。擦ってカレーに入れるのはNGですが、炒めればやっぱりナイス!折角のパンチェッタの風味を活かすべく、にんにくとオリーブオイルを使って炒めました。だからアーリオ・オーリオ。プチトマトとふわっと炒めた卵を入れてみました。以前作った、ゴーヤーとトマトのオイスター炒めと似ています。
 味としては、ゴーヤーチャンプルーがやっぱりゴーヤーにマッチしている気がします。それは鰹節とゴーヤーの相性が良いからかもしれません。ということから考えると、もしかしたらアンチョビを少し入れたらいいのでは!?と思いました。帰国してから挑戦してみます。冷蔵庫がんばって整理中!(昨日、野菜を買ってしまいましたが・・・)


<材料>
 パンチェッタ、ゴーヤー、長いも、プチトマト、卵、にんにく、オリーブオイル、
 塩、胡椒



続きを読む

2006年9月 3日

パンチェッタと網焼き野菜の塩胡椒オンリー

20060903panccetaveggril.jpg


 本当は、温泉卵を絡めて食べようと思った一品。温泉卵作りに失敗しました(TT)しかも、野菜を買ってしまったし、網焼きは意外と時間がかかるし・・・今ひとつ。しかし、パンチェッタは焼いただけだけど美味い!温泉卵と絡めていたらもっと良かったのに残念。しかも、まだまだ500gは残っています。


<材料>
 パンチェッタ、ゴーヤー、プチトマト、茄子、かぼちゃ、人参、長いも
 エリンギ、キャベツ、塩、胡椒


20060903basil.jpg
バジルも元気に成長中!



2006年9月 1日

パンチェッタのスープ

20060901s-panccetta.jpg


 来週から2週間ほど中東に行きます。ドバイ経由でヨルダン、カタールに行って来ます。そのため、冷蔵庫整理開始。一番悩んだのは熟成2週間程度のパンチェッタ。先日の停電のようなことがあった場合、帰国したらグレるどころか、ばぶお家一の悪になっている可能性があるので、さっさと食べてしまうことにしました。
 じゃが芋、人参、玉ねぎと一緒にパンチェッタをじっくり弱火で煮ました。パンチェッタから塩分が出るので殆ど塩を追加する必要無しでした。パンチェッタの旨味といろんなハーブがほんのり香ります。野菜の甘みもしっかり出てました。にんにくを入れても良かったかもしれません。


<材料>
 パンチェッタ(塩豚)、じゃが芋、人参、玉ねぎ、オクラ、白ワイン、塩、胡椒



続きを読む

2006年8月28日

鶏ハム研究隊レポート 2

20060827th-salherbhonewine.jpg


 久しぶりの鶏ハム研究です。何せ主食はカレーだから・・・
 今回は、塩、ハーブ、蜂蜜、そして白ワインを使ってみました。まず結論から、今ひとつまろみがありませんでした。何だか少し刺々しい味にできあがりました。不味くはないのですが、何かよそよそしいというか、やっぱり刺々しいんです。それに少し火が通り過ぎている気がします。
 私が考えるに刺々しい原因は、塩気が多かった、ワインがよくなかったの二つですが、果たしてどうなんでしょう!?もしかしたら塩抜きの時間が少なかったかもしれません。もう少し作ってみる必要がありそうです。



2006年8月27日

最近の自己流パンチェッタ

20060827recentpanccetta.jpg


 昨日はグレてしまいました。憂さ晴らしに飲みに出掛けてしまいましたが、途中から酒が美味しく感じられず、ウーロン茶を飲んでいました。何だかおかしい・・・しかも、今日も朝早くから目覚めているし・・・・

 今日もこれから朝ご飯の例のカレーと格闘する訳で、更新するネタにならないので、パンチェッタについてのエントリーを作りました。

 最近の塩豚は、いつもハーブと一緒に漬け込んでパンチェッタにしてしまっています。ピタッとシートとかいろいろ使ってみたのですが、最近は、バットの下に網!?のようなものを敷いてお肉が浮くようにして、そこにリードクッキングペーパーで巻いたお肉を入れて、冷蔵庫に入れておくという方式にしています。クッキングペーパーは最初は毎日交換して、1週間位経ったら、今度はクッキングパーパーで巻いたままジップロックに入れて保存するようにしています。正しい方法かどうかはわかりませんが、肉が持っている水分が腐敗のもとだと聞いたので、クッキングペーパーで水気を吸い取るようにしています。本当はピタッとシートがいいんでしょうけれど。

 とりあえず、理に適っているかはわかりませんが、最近こんなやり方で作っています。結構美味しくできているからいいのかな??ただ、ハーブの量がわかりません。今は、どかっと沢山入れてます。
 あと、中華の干し豚も作ってみたいのですが、ちょっと勇気がありません。冬になったら挑戦したいとも思っています。


<材料>
 豚バラ肉ブロック・・・・・1kg
 天然塩(岩塩)・・・・・・大さじ2〜3

 ハーブ各種(ローリエ、タイム、ローズマリー、胡椒、マジョラム、セージ、
 オレガノ、etcを好みの種類で)
 リードクッキングペーパー or ピタッとシート、ジップロック



続きを読む

2006年8月21日

レッドホットチリビーンズ

20060820redhotchilibeans.jpg


 一昨日のパーティにもう一品出そうとして間に合わなかったのがこれです。パンチェッタとチョリソを黒ひよこ豆(ブラックチャナ)と煮込みました。肉がバラバラホロホロになるくらいに8時間以上煮込みました。(レシピは1時間位でできる想定で書きました)結構美味しくできたので大満足!しかし、ちょっと量を多く作り過ぎました。冷凍保存は効くのでしょうか?


 今回は以前作った塩豚と黒ひよこ豆の煮込みに、チョリソとセロリとクローブを加えました。じゃが芋を入れても美味しいかもしれません。あと、ピタパンで食べても美味しい気がします。ところでエスニックのカテゴリーにこの料理は入れていいのでしょうか!?"ethnic"(エスニック)って「民族の、民族的」という意味ですが、この料理は何処の国の料理なのでしょう??自分で作っていてわかりません(^^i)


<材料>
 パンチェッタ・・・・300〜400g
 チョリソ・・・・・・100〜200g
 黒ひよこ豆・・・・・200〜400g
 玉ねぎ・・・・・・・1〜2個
 セロリ・・・・・・・3本
 人参・・・・・・・・1本
 にんにく・・・・・・1〜2かけ
 トマト缶・・・・・・1〜1.5缶
 塩・・・・・・・・・適量
 胡椒・・・・・・・・適量
 赤ワイン・・・・・・カップ1
 オリーブオイル・・・大さじ2

<スパイス>
 クミンシード・・・・小さじ1
 クローブ・・・・・・5〜6個
 ローレル・・・・・・2枚
 マジョラム・・・・・2〜3本
 タイム・・・・・・・2〜3本
 オレガノ・・・・・・2〜3本(乾燥:小さじ1)
 赤唐辛子・・・・・・3〜4本
 チリパウダー・・・・大さじ1(お好み)
 *量は実は結構適当なんです。ハーブはあるものでOK!



続きを読む

2006年8月19日

ショートパスタでカルボナーラ

20060818p-regicarbo.jpg


 フォークダンスde成子坂というお笑いさんがいます。ちょっとタイトルを考えてて思い出しました。関係ないですね。
 お盆中に東京で停電が起きたので、冷蔵庫が止まったのではないかと心配になったのですが、同じマンションの友人に連絡したところ問題ないということでした。冷蔵庫には日本酒とパンチェッタが入っていたのですが、パンチェッタが心配だったので早速食べました。今回のパスタはレジネッテ。たまにはショートパスタで食べたかったのです。
 それにしてもパンチェッタは脂がとても出ます。油を使わずにじっくりカリカリになるまで焼きましたが、相当脂が出たので、大半を捨てました。やはり煮豚より、焼いた方が豚肉の脂が出てきてヘルシーになるということがわかります。(ダイエットには焼き肉!?ー豚肉調理研究)とは言ってもカルボナーラは美味しい!以前は食べようと思わなかったのですが、最近やたらと好きなんですよね〜


<材料>
 自家製パンチェッタ、卵黄、パルメジャーノ・レッジャーノ、塩、黒胡椒、
 レジネッテ(パスタ)

<作り方>
 独身レシピ:自家製パンチェッタでカルボナーラ



2006年8月 8日

塩豚と分葱のクリームソースパスタ

20060804p-panchettanegicream.jpg


 まだ、先週の食事のレシピです。豆腐カリーは友人が遊びに来て平らげて行ったので、旅行の出発前日に無くなりました。そして、残ったのは生クリームと分葱。これはもうパスタしかないでしょう。分葱を使ったパスタというのは始めてでしたが、素麺や蕎麦に生クリームと冒険するよりも、パスタが安全かなということでの決断でした。まあ決断なんていっても、そんな大袈裟な話ではないですが・・・
 保存の効く塩豚、トマト缶、ツナ缶が選択肢に挙ったのですが、塩豚(パンチェッタ)を使って作ってみました。カロリー高い!玉ねぎがあったらもっと甘みが出たでしょうが、残念ながらありませんでした。パワーをつけて出発したのでした。


<材料>
 分葱、塩豚(パンチェッタ)、生クリーム、にんにく、塩、胡椒、白ワイン、
 パルメジャーノ・レッジャーノ、オリーブオイルまたはサラダ油、
 バヴェッテ(パスタ)



続きを読む

2006年7月29日

パンチェッタとキャベツとドライトマトの朝パスタ

20060728p-drytomatocabbe.jpg


 昨日の朝パスタ。今回は1kgを仕込んだパンチェッタがいい頃合いになったので、まずはパスタにしました。前の晩から塩抜きしておきました。後はキャベツとドライトマトというシンプルな組み合せ。アーリオ・オーリオで味つけしました。もう少し緑が鮮やかだと彩り的にはGoodでした。イタリアンパセリをふっても良かったかもしれません。味は、パンチェッタの旨味とにんにくの香りがキャベツとパスタによく絡みます。キャベツは歯ごたえもOK!ドライトマトの甘酸っぱさがアクセントになっています。なかなかナイス!
 パスタは、今回もバリラ。使ったのはBavette(バヴェッテ)というリングイーネのようなパスタです。バリラもなかなか美味しいですね。


20060728barillabavette.jpg
BarillaのBavette

<材料>
 パンチェッタ、キャベツ、ドライトマト、にんにく、赤唐辛子、塩、胡椒、
 白ワイン、エクストラバージンオリーブオイル、パスタ(バヴェッテ)



続きを読む

2006年7月12日

茹で塩豚の中華ソース 塩豚レシピ

20060712yudeshiobutachinese.jpg


 塩豚でもパンチェッタはやはりバラ肉がいいと思うのですが、とあるお店で頂いたとても美味しかった茹で塩豚は肩ロースでした。そんな訳で今回は肩ロースで塩豚を作りました。塩をたっぷりまぶして3週間程熟成させました。そして、今回はシンプルに茹でて、中華ソースで頂きました。中華ソースは玲舫's Blog!のれいほうさんのところで拝見して作った甜醤油を使って作りました。中華ソースは茹で豚とよく合いますね!
 ここで悩み。例えばこの料理は塩豚を使う必要があるんだろうか!?と考えてしまいました。塩豚に合う料理って何でしょう?生肉ではなくて、塩豚の方がいい料理って何でしょうね。


<材料>
 塩豚、トマト、レタス

<中華ソース>
 甜醤油:大1/2、醤油:大1/2、酢:小2/3、にんにく擦り下ろし:小1/2、
 生姜:小1/2


20060712hourensouohitashi.jpg
つけ合わせはホウレン草と油揚げのお浸し

 醤油と擦った生姜だけのシンプルな味。肉には野菜を一緒に!さ〜てこれからビール1杯だけ飲みに出掛けてきます!!きっと1杯だけ。たぶん・・・



2006年7月 9日

鶏皮とホウレン草の味噌汁

20060708s-torikawamiso.jpg


 金曜日のラーメン。がっつり来ました。正確には土曜日の未明なんですが・・・昨日は朝昼抜きでも大丈夫でした。
 鶏ハムを仕込みましたので、鶏の皮を使って味噌汁を作ってみました。煮干し出汁に鶏皮とじゃが芋を加えて基本の味にしました。鶏皮から結構脂が出てきます。少しこってりしてくるので、柚子などを加えて爽やかさを出しても良かったかもしれません。
 ここでホウレン草を使ったんですが、ホウレン草は煮るとお湯を緑にする位に色が出ますが、味噌汁に入れる時は下茹でして入れるべきなのでしょうか??今回はそのまま放り込みました。


<材料>
 鶏皮、ホウレン草、じゃが芋、人参、椎茸、豆腐、塩、砂糖、酒、味噌



2006年6月30日

鶏ハム研究隊レポート 1

20060628th-susaonly.jpg
1:砂糖+塩


 鶏ハム研究の途中経過を報告します。今回仕込んだのは次ぎの通り。今回はおかんへの道のokanさんのアドバイスを参考に砂糖を使ってみました。

  1:砂糖+塩
  2:砂糖+塩+酒
  3:はちみつ+塩+酒

 Impression
  1:砂糖+塩    :これ意外といけますね。シンプルで美味しい。
  2:砂糖+塩+酒  :1との違って酒の香りがします。そして少し軟らかいかも。
  3:はちみつ+塩+酒:それほどはちみつを感じませんでした。少なかったかも。

 わかったことは、ハーブやにんにくを入れなくてもしっとりとハムになるということ。ハーブやにんにくは香りと味を複雑にする効果なんでしょうか!?う〜んわからなくなって来ました。ただ、焼き鳥屋さんから聞いたのは、酒を入れろということだったのですが、酒を入れると香りが出ます。肉質や味の変化はそれほど気づきませんでした。う〜んもう一回作ってみる必要がありますね。


20060629th-susalsake.jpg
2:砂糖+塩+酒


20060628th-herbsasake.jpg
3:はちみつ+塩+酒



2006年6月23日

塩豚と黒ひよこ豆の煮込みー塩豚レシピ

20060623shiobutablackchana.jpg


 今まで数多くの煮込み料理に失敗して来ましたが、今回は一番上手く出来ました。今回は、塩豚はパンチェッタ、ひよこ豆は黒ひよこ豆(ブラックチャナ)を使いました。ひよこ豆が煮崩れないように、一旦別で煮込んでおいて後で加えましたが要らない手間だったかもしれません。なぜなら、その後煮込んでも煮崩れませんでした。レンズ豆と違ってひよこ豆はそれほど煮崩れしないのかもしれません。旨味の決めては、玉ねぎかもしれません。煮込む程に甘みが増してきました。トマトはトマト缶ではなく、トマトソースの作り置きを使いました。実際は一晩置いた今朝の方が美味しかったです。水気ももう少し飛ばした方がいい気がします。



続きを読む

2006年6月22日

鶏ハム研究中

20060620torihammon.jpg


 鶏ハムを研究しています。ハーブの種類や量、塩の種類や量、蜂蜜の量など。もちろんお肉も変えていろいろやっていますが、なかなかこれっというものができません。今の所、ハーブの量が多い方が美味しいかもしれない。蜂蜜は量が多過ぎると甘くなり過ぎてしまう。という2点は何となく合っているのかな!?という感じです。果たして、本当はどうなんでしょうね!?
 みなさんはどうやって作っていらっしゃるのでしょう??
 



2006年6月20日

鶏皮とクレソンのスープ

20060619s-torikawacress.jpg


 一昨日に鶏ハムを仕込んだので、漬け込まない鶏皮を長ねぎと生姜を入れてコトコトと煮込んでスープにしました。何となく買ったクレソンがそろそろグレそうだったので、クレソンを全部入れてしまえと放り込みました。クレソンはパセリなどのように彩りを添える使い方をされることが多い印象だったのですが、ちゃんと主役を張れますね。これも香草系でいいのでしょうか!?洋風春菊な感じです。
 スープはシンプルに塩、胡椒で味つけしました。甘みがもう少し欲しかったかなと思いました。玉ねぎスライスでも入れたら良かったのかもしれません。


<材料>
 鶏皮、クレソン、長ねぎ(青い部分)、生姜、椎茸、日本酒、塩、胡椒



続きを読む

2006年6月11日

鶏ハムGWバージョン

20060610gw-torihammon.jpg


 昨日は、同じマンションの友人の所で、最近誕生日を迎えた3人の合同誕生会。近頃はクラブ遊びなどを全くしなくなって、その分ホームパーティを楽しむことが多くなりました。私も今回は料理を何品か作りました。その一つがこの鶏ハムです。もちろんGW中なのでゴーヤーを使いました。(でもゴーヤー料理と言えるのか・・・)さっとお湯にくぐして氷水に浸しただけのゴーヤーをお皿に敷き詰めました。そして新たなる発見。少し時間が経ったためか、上に載っている鶏ハムの塩気がゴーヤーに少し染みて、ほんのり味がついてそのままゴーヤーを食べることができました。



2006年6月10日

GW炒飯 ゴーヤーと鶏ハムの炒飯

20060610gw-chaohan.jpg


 金曜日、近所の美人な友だちを誘って飲もうと久々に色気を出して誘ったばぶお、残念ながら「ごめんね〜今晩はもう約束があるの〜また誘ってね〜♪」とさらりとしたお断りで一発撃沈(TT)ということで昨晩はやけ酒でした。まあ当日誘ってすぐ飲める訳ないとは思ってはいましたけどね(^^i)ホントはやけ酒ではなかったのですが、少し飲んで来ました。(ちょっと強がり)そして家でサッカー観ました。今晩はイングランド戦。今月は寝不足必至ですね。
 今日は、友人3人の合同誕生会を同じマンションの友人の家で開催です。私も2品ほど持ち寄り予定なので、朝から始動。まずはパワーブレックファスト!ということでゴーヤー炒飯にしました。これは昔も作ったことがあるので、スムーズに作れました。チャーシュー代わりに鶏ハムを使いました。結構いけますよ。ご飯は、玄米。玄米とゴーヤーで元気でますね!!


<材料>
 ゴーヤー、鶏ハム、卵、長ねぎ、人参、椎茸、玄米、塩、醤油、胡椒


<ゴーヤー炒飯を作った方々>
 ハト的沖縄妄想日記さん:鮭フレーク入りですね。美味しそう!
 おきなわんカメの一日さん:またまた沖縄の人発見!スパム入り炒飯!?



2006年6月 4日

ワンプレートブレックファスト

20060604morningplate.jpg


 海外在住時はホテル住まいだったので、自炊など全くしませんでした。そして、もちろん朝食はパンでした。あれだけパンを食べた時期は、私の人生の中でありませんでした。今では、昼食でサンドウィッチをかじるか、ばぶおパンを焼いて食べるくらいしか食べることはありません。しかし、いつも拝見させて頂いているブロガーの皆様が、美味しそうなパンの写真をやたらと見せて下さるものですから、クラっとめまいがしてパン屋さんに迷い込んでしまいました(^^)
 キラー通りの外れの明治公園前にある「ブレトン」というお店でバケットを購入しました。バケットって切りづらいですね。潰れてしまって困りました。それにオーブントースターも無いし、やはり私には向いてません(TT)
 スライスしたパンの上に鶏ハムなどを載せたもの、アスパラのバターソテー、胡瓜スライス、半熟ゆで卵にしようとしたけれどゆでが足りず半熟どころか未熟になってしまった切り口がガタガタのゆで卵を一皿にしました。ちなみに今はカッコつけて「バケット」なんて言ってますが、昔は、フランスパン!フランスパン!って言っていたと思うのですが・・・それだけ日本で作られるフランスのパンの種類が増えたということでしょうか!?



続きを読む

2006年5月29日

鶏皮ハーブ焼き

20060529torikawayaki.jpg


 昨日の結婚パーティは、結局5軒のお店に行きましたが、かなりセーブしていたので、泥酔者になることもなく、きれいに飲みながらお祝いして帰って来ました。お店は都内のイタリアンのチェーン店だした。食事はそれなりでしたが、楽しく祝えたからOKです!4軒目に沖縄料理のお店に行ったんですが、ゴーヤーチャンプルーは、もしかしたら勝ったかも!と勝手に思いました(^^i)教えてもらったレシピで作った方が、本当に美味しかったんですよ!興味がある方は、ゴーヤー料理のカテゴリーを参照下さい。私とゴーヤー料理との日々を綴りました。
 ところで今日は「肉の日」です。鶏胸肉が48円/100gだったので思わず買ってしまいました。鶏ハムを仕込みました。それで、取り除いた皮をハーブをまぶして焼いて、塩味にしてみました。ビールに合う!と思ったのですが、我慢して今日はノン・アルコールにしました。完全につまみメニューなんですが・・・(^^)
 昔は、鶏皮も食べれませんでしたが、今は大好物です。


<材料>
 鶏皮、ハーブ各種、白ワイン又はお酒、塩、胡椒



2006年5月24日

塩味だけのベジスープ

20060524s-vegsaltonly.jpg


 平日に朝まで飲んでると流石にペースが崩れますね。自業自得なんですが・・・(^^i)少し内蔵に優しい料理ということで、ベジタルスープを作りました。鶏ハムを茹でたスープを使って、あとはベーコンの塩味に粟国の塩を加えて味つけは終了。炒めもせずに、砂糖やお酒も加えずに塩味だけにしました。沢山の野菜の様々な甘さが出て、ベーコンとミネラルたっぷりのまろやか塩の味がなかなか美味しかったです。カリフラワーを初めて茹でてみました。葉っぱも刻んで使ってしまいました。これは、きっと数日後にカレーになるのではないかと予想しています。
 メインは、オムライスでしたが結果は???


<材料>
 カリフラワー、大根、人参、ポテト、玉ねぎ、はぐらうり、オクラ、トマト
 ベーコン、塩、鶏ハムスープ


<作り方>
 1 鶏ハムスープに切った野菜を放り込んで煮るだけ。
 2 すぐ火が通る野菜は後で入れました。
 3 味つけは塩のみ。
 



2006年5月20日

穴あきパスタで作るアマトリチアーナ

20060520p-amatriciana.mzni01.jpg


 お昼はパスタで、自家製パンチェッタを使ったアマトリチアーナ(Amatriciana)にしました。実は昔、アマチャトリアーナだと思ってました(^^i)パンチェッタを使うパスタとしてはカルボナーラが有名ですが、トマトソースならこのアマトリチアーナが代表的と言えるかもしれませんね。オリーブオイルを少なめにして、パンチェッタから出る脂に含まれている旨みを新玉ねぎに吸わせ、パンチェッタと玉ねぎの甘みとトマトの酸味の絶妙なコラボレーションを楽しみました。
 今日は、穴あきのメッザーニを使ったんですが、本場ではブカティーニで作るらしいです。家には先日ブカティーニと間違えて買ってきたメッザーニしかなかったので、それを使いました。パスタに開いている穴にトマトソースが入って、パスタにたっぷりソースが絡みます。しかし、メッザーニはちょっと太くて、この長さだと食べにくいです。白シャツや出かける前は要注意です!


<材料>
 パンチェッタ、新玉ねぎ、タイム、トマト缶、オリーブオイル、塩、胡椒、
 赤唐辛子、メッザーニ(本当はブカティーニ)



続きを読む

2006年5月19日

結構手間をかけて作ったラグー

20060517p-raguallabolognese.jpg


 実は塩豚を作り始めたのはラグー(Ragu)に入れたいと思ったからなんです。ようやく今回実現しました。しかも、一昨日の深夜に作ったりしてました(^^i)
 ラグーとはミートソースのことで、スッパゲッティボロネーゼやグラタンやラザニアのソースとして使われるそうです。今回は、牛ひき肉、豚ひき肉、鶏レバー、そしてパンチェッタを入れました。濃厚です。時間を置いた方が味が入ると聞いたので、味見以外では食べずに1日我慢。レジネッテというショートパスタがよくソースに絡みそうだったので、使ってみました。ラグーは、パスタを食べるという感覚よりも、ラグーを主に食べるという感覚で食べたい感じです。玉ねぎやセロリがしっかり効いています。今回は成功かもしれません。昨日の朝パスタにしました。


20060517reginette.jpg
Reginette


<材料>
 牛ひき肉・豚ひき肉:合わせて600g、パンチェッタ200g、鶏レバー:200g、
 玉ねぎ:3個、セロリ:3本、人参:2本、イタリアンパセリ:1束、
 トマト水煮:2缶、ローリエ:3枚、鶏スープ or 野菜スープ:150cc、
 トマトピューレ:大さじ2、赤ワイン:500cc、生クリーム:200cc、塩、胡椒



続きを読む

2006年5月14日

パンチェッタを茹でただけでも美味しい

20060513yudepanchetta.jpg


 昨晩のもう一品。鶏ハムと同じ仕込みをしたパンチェッタ。ハーブ数種類+にんにく+蜂蜜という方法です。サッカーのキリンカップをテレビで観ながら、グビグビとビアではなくて麦茶を飲みながらいただきました。パンチェッタの奥にぼやけて見える赤いのは、「かんずり」といって新潟の新井市の特産品です。唐辛子を雪にさらして柚子などと漬け込んだものですが、結構脂っこいものにも合います。鴨肉のすき焼きなどにつけて食べると美味しいですよ。
 肝心のパンチェッタはというと、蜂蜜の力なのか柔らかかったです。美味しいですよ。でも焼いた方が美味しいかなとも思うんですよね。それにしても、このお肉は赤いんですよ。最初は火が通っていないのかと思ったんです。しかし、ちょっと心配になって、少し切って再び茹でてみたのですが、直接お湯に触れてるところでも色が変わらないんです。だから茹で過ぎると堅くなると思って、思い切って食べてみました。お腹はなんともないです(^^)いったいこれは何なんでしょう??


20060513shiobutagaric.jpg
今回はほんのちょっとだけ


20060513kanzuri.jpg
かんずり

<材料>
 豚バラ肉ブロッック、セージ、タイム、マジョラム、ローリエ、黒胡椒、岩塩、蜂蜜

 ハーブ入れ過ぎかな〜とも思いました。



2006年5月10日

鶏ハムリターンズ

20060510torihammonagain.jpg


 昨日は自炊さぼり。外飲みしました。気がついたら食べずに飲んでました。少し慌ただしい。
 今日は再び鶏ハム。最近、はまってます。前回より薄く切れてます。エントリーを書いていないけど、実は先日も作って、切りながら大半を食べてしまったりしてます。簡単でホント美味しいです。今日のも一昨日茹でて、半分はパスタを作ろうとサイコロ切りしたんだけど、1個2個とつまみ食いして結局その半分は今朝無くなってます。それほど食べてしまいます(^^)お薦め!!



2006年5月 7日

そのまま焼いて美味しいパンチェッタ 塩豚レシピ

20060507panchettayaki.jpg


 最近、冷蔵庫のレギュラーと化したパンチェッタ。今日は、塩抜きして切ってフライパンで焼いただけです。それだけでも十分美味しいです。ビールかワインが欲しくなります。我慢して、そら豆ご飯で頂きました。
 ちょっと閉口なのは、やはり脂が多いことですね。調理が終わったら、熱いうちにフライパンを洗った方がいいですね。



2006年5月 3日

鶏ハムパワーの野菜スープ

20060503s-chickenherb.jpg


 何時に帰って来たのか記憶がありません。こんな時、結婚していたら何て言われるんでしょうね!?昔、同棲していた彼女には、ベッドから追い出されたことがあります(^^i)
 つまみを食べなかったので、お腹は空いているんですが、がっつりは食べれない。そんなちょっと酒が残っている朝は、優しいスープが欲しくなります。冷凍ストックしておいた鶏ハムを茹でた時のお湯と、同じく冷凍にしておいた一昨日仕込んだ鶏ハムの皮を使ってスープにしました。ハーブの香りまだ少し残ったスープです。イタリアンのような中華のようなスープでした。


<材料>
 鶏ハムを作る時に茹でた残りのスープ、大根、人参、玉ねぎ、にんにく、椎茸
 鶏の皮、イタリアンパセリ、塩、胡椒


<作り方>
 1 薄めにスライスした野菜をスープに放り込んで煮るだけ。
 2 味付けは鶏ハムの塩味が残っているので、塩加減を見ながら調整します。
 3 盛りつけたらイタリアンパセリを散らしてフィニート!



2006年5月 1日

鶏ハムとヨーグルトソースのピタサンド

20060501shawarumasand02.jpg


 昨日の鶏ハムを少し取って置いて、作りたかった定食屋の簡単レシピの女将さんのヨーグルトソースとばぶおパンでピタサンドにしました。簡単で美味しい!いけますよこれ!!シャワルマという中東のサンドウィッチみたい。このソースもいいですね!爽やかできゅうりの食感もいいです。にんにくをちょっと効かせ過ぎてしまいました。濃いソースで焼いたチキンやポーク、ビーフともこのソースは合いそうです。本当はピタパンでなくて、クブス(ホブス)というアラビックパンで巻いた方が好みですが、ピタパンの方が簡単です。
 暦通りの私です。朝ご飯食べて出掛けます!


20060501yogurtsauce.jpg
ギリシャではジャジキソースというそうです。



続きを読む

2006年4月30日

TWなのに鶏ハムを作りましたが何か!?

20060427torihammon.jpg


 TWを苦しみながら過ごしていた私に安らぎを与えてくれたもの。それは鶏ハム。何だか大袈裟ですね(^^i)
 AKKO DELIさんの美味しそうな鶏ハムに目を惹かれ作りました。作り方は、AKKOさんも参考になさったaiai@cafeさんのレシピを参考にしました。これ、簡単だけど凄い美味しいです!断然お薦め!!茹で鶏じゃなくて、本当にハムですね。もっときれいに切ったり盛りつけできれば良かったんですが・・・まあ美味しそうな写真は、aiai@cafeさんやAKKO DELIさんでご覧になって下さい(^^)


20060430torihammon.jpg
ちょっとごつく切ってしまいました。写真も暗い・・・


<材料>
 鶏ムネ肉、タイム、マジョラム、セージ、ローリエ、黒胡椒、にんにく、
 岩塩、蜂蜜


<作り方>
 aiai@cafeさんの「超簡単手作り鶏ハム」をご覧下さい!
 AKKO DELIさんの美味しそうな鶏ハムも素晴しい!
 



パンチェッタのパスタTWバージョン

20060429p-takenokopepe.jpg


 みなさんTWエンジョイしてますか〜!?そろそろ辛いです・・・(TT)しかし、食べ物を捨てるのは嫌いなもので、食べ続けるしかない!!という訳で、昨日のお昼は筍のパスタに挑戦してみました。
 自家製のパンチェッタを使って、オイルソースのペペロンチーノ風にしました。筍の歯触りがあるのですが、香りはオリーブオイルやにんにくに負けてしまいました。青椒肉絲のように切った方が良かったかもしれません。にんにくは潰して入れて、途中で引き上げた方がいいかも。パンチェッタを焼く上で焼き過ぎてしまいます。弱い火でじっくり焼けば大丈夫ですけれど。カリカリのパンチェッタにするなら、別で一度焼いた方がいいと思います。


<材料>
 筍、パンチェッタ(ハーブ塩豚)、きぬさや、にんにく、オリーブオイル、
 唐辛子、塩、胡椒、スパゲッティーニ


<作り方>
 1 パンチェッタは水に漬けて塩抜きしておきます。
  きぬさやは事前に塩を入れたお湯で茹でておきました。
 2 にんにくをオリーブオイルでじっくり火を通し香りを移します。
 3 唐辛子を加えます。
 4 小さめに切ったパンチェッタを加えて、温度が上がらないように火を通します。
  カリカリが好みならピュアオイルで別のフライパンで焼くといいのでは!?
 5 パンチェッタに火が通ったら筍(水煮済み)を加えて軽く炒めます。
  軽く炒めたら火を止めておきます。
 6 パスタがアルデンテ手前に茹だったら、再び火をつけてフライパンに移します。
 7 茹で汁をスプーンで加えて、パンチェッタの塩気で足りなかったら、
  塩を足します。胡椒を加えて、よく混ぜてフィニート!



2006年4月 7日

塩豚とひよこ豆のビール煮ー塩豚レシピ

20060407shiobutahiyoko.jpg


 塩豚をビール煮にしようと思ったのは、YUKAの美味しいレシピさんで豚肉と大豆のビール煮というレシピを拝見して、これだっ!と思ったからです。以前にベルギービールBarでビール煮を頂いたことがあったので、味のイメージはできてました。家には自家製のパンチェッタとひよこ豆があったので、早速調理!使ったのはベルギービールのCHIMAYのトラピスト。そのまま飲んでも美味しいベルギービールですが、濃厚な味がこの料理に合うと思い使ってみました。
 ビール効果で、豚肉が短時間でとても柔らかく煮えました。この調理法は、以前の「豚肉を柔らかくする方法」のエントリーに追記しなければなりません。この料理、YUKAさんもおっしゃてますが、ビールのほろ苦さが効いている大人味です。ひよこ豆もはっきりした味が好きな人向けではないです。あっさりしていますが、ほくほくしていて美味しいです。私は一応大人なので、この味は好きです!

20060407chimay.jpg
CHIMAYはもちろん飲んでも美味しい!



続きを読む

2006年3月26日

パンチェッタ初挑戦

20060325shiobutaherb.jpg


 Pancettaは、パンチェッタだったり、パンチエッタだったり、塩豚の一種ですがハーブと一緒に塩漬けたものです。最初はただの塩豚にしようと思って仕込み始めていたのですが、女将さんからアドバイス頂きまして、塩豚とレンズ豆の煮込みで余ったマジョラムが豚肉と合うということで、パンチェッタに急遽変更!ありがとうございます。タイムも余っていたし、ドライのローズマリーがあったので一緒に使いました。今回はなぜかわからないんですが、塩水を作りそこに豚バラ肉をつけて1日ほど置いてから作りました。その後、水から出してクッキングシートで水気を取り、塩を振ってクッキングシートに包んでしばらく放っておきました。水気を切ったり再び塩をまぶして、細かくしたハーブもまぶして、ラップで包んでジップロックに包んで冷蔵庫に入れました。

 本来、水気を抜かないと悪くなってしまうのに、なぜか塩水につけてしまいました。その方が水が出て、塩が入ると思ったのです。でもそれは勘違いのような気がして来ました。ちょっと心配になってきました。早めに食べた方がいいかもしれません。


<他にも自家製パンチェッタを作ったみなさん>
 ぐうたら日記さん  :やっぱり1kgは迫力ありますね〜。
 紅式トマトの考察さん:トマトが美味しそうですね。
 taecoise.comさん  :更新が止まっているみたいですが、こちらを目指しました!
 A day in the life.さん:他のエントリーでローストしたものがありました。
            とても美味しそうです。


追記
<塩豚関連エントリー>
 塩豚・鶏ハムレシピのカテゴリー
 塩豚初挑戦
 塩豚第2弾 バラ肉編
 最近の自己流パンチェッタ



2006年3月24日

塩豚とレンズ豆の煮込み過ぎー塩豚レシピ

20060324shiobutalentil.jpg


 けっ、毎日料理が上手くできたら、プロになってるよ!ふんっ。だって煮込みなんだからよく煮込んだんだよ。そしたら、豆が無くなって・・・ドロドロになって・・・モツ煮込みみたいになって・・・・(ToT)
 あ〜最近失敗ばかりです。昨晩というか本日未明に、今晩作ろうと思っていた塩豚とレンズ豆の煮込みを突然作りたくなって、作ってしまいました。夜中に突然カレーを作ったり、スープを作りたくなることがあるんですよね〜。しかも、わざわざ夜中に作っておいて失敗してるんじゃ世話ないです。ホントに・・・
 料理は難しいとつくづく思います。今回は、もっと豆の形が残って、色が黒くなる料理をイメージしていたのですが、全然違いました。これは赤レンズ豆を使ったからかもしれません。今度は緑レンズ豆で試してみたいと思っています。しかし、明らかに煮込み過ぎ、というか豆を入れるタイミングが早過ぎました。豚肉はよく煮たら柔らかくなるのではないかと、1時間以上煮込んでしまいました。豆を入れる前によく煮込んでおけばよかったです。
 味はタイムとマジョラムとクローブがとてもよく効いていて、我ながらなかなかのでき。でも、見た目がこれではいけません。
 今回は煮込み過ぎで中東でよく見掛けるレンティルスープのようになってしまいました。まあ、改良点もわかったし、レンティルスープの作り方もわかったからOKです!でも残ったタイムとかマジョラムはどうすればいいのか。ハーブのレシピなんて知りません・・・これも困った。


*追記
  再挑戦して今度は成功しました!「塩豚とレンズ豆の煮込み


材料
 塩豚:200〜300g、レンズ豆:300g、玉ねぎ:1/2、にんにく:1粒、人参:1/2、
 トマト:1個、タイム(Thyme):2〜3本、マジョラム(Marjram):2〜3本、
 ローレル(Laurel):2枚、クローブ(Clove):小さじ1、鶏スープ:適量、
 オリーブオイル:適量、塩:適量、胡椒:適量



続きを読む

2006年3月23日

焼き塩豚ー塩豚レシピ

20060323shiobuta.jpg


 ちょっと炭水化物コントロールで、穀物類無し。でもビール飲んでれば意味は無し!?これはレシピと言える代物ではないですが、塩豚を塩抜きして焼いただけ。ビールが進みます。(やっぱり意味無し!!)
 塩豚は強めに塩を効かせたので3週間ほど経った今でもまだ食べられます。やはり塩豚は保存食なんだなと感じます。保存食というと私はハイジの干し肉をいつも思い出してしまいます。あれはたまにしか出てこなかったけど、なんだか頭に残っています。



2006年3月15日

豚肉を柔らかくする方法

 茹で塩豚をどうしたら柔らかくできるのか!?について、茹で塩豚のところのコメントにも掲載したのですが、折角なのでcocousaさんと友達から頂いたアドバイス、そして、ネットで調べてみたことをまとめてみました。


<豚肉を柔らかく煮る方法>
 1.中心がギリギリ火が通ったくらいで火を止め、ゆでたお湯につけたまま冷ます
 2.筋を切る(包丁を入れる)、もしくは肉叩きで叩いてから調理する
 3.オレンジと一緒に煮る
 4.米のとぎ汁に長葱やヤサイの芯を入れてじっくり茹でる
             →柔らかくなってから味付け、臭みも取れる
 5.酒をふって蒸す
 6.しょうが・酒・醤油で下味をつけて、2〜3分よく揉み30分以上置いてから調理する
 7.牛乳に漬けてから調理する
 8.ビールと一緒に煮る(2006/4/7追記)


 いろんな柔らかくする調理法があるもんですね。こういうのは教えてもらったり、調べたりしないとなかなか分かりません。アドバイスありがとうございました!



2006年3月13日

茹で塩豚の野菜添えー塩豚レシピ

20060313yudesiobuta.jpg


 肩ロースの塩豚を料理。イメージは、お肉が柔らかく、ほんのり醤油味で白菜が柔らか過ぎず若干の歯ごたえが残っているけど味はしっかりしみているというものです。結果は今ひとつ・・・見た目はまあまあかなと思ったんですが、お肉が堅いし、お肉自体が依然として塩っぱい。改善の余地大です。何だか失敗した時は、敗北感に包まれます(TT)
 
 
問題点・改善点
 お肉がかなり堅い
  →お肉を柔らかくする方法はあるんでしょうか?
   それともバラ肉の塩豚の方がいいのでしょうか?

 お肉が塩っぱい
  →作る際の塩が多過ぎたのでしょうか?
   仕込んでから既に3週間経っています。


材料
 塩豚(肩ロース)、白菜、小松菜、生姜、カツオ出汁、醤油、唐辛子
 酒、万能ネギ


調理方法:きっと何かが違うんでしょうね。
 1 塩豚を塩抜きしました:約4時間
 2 白菜と小松菜を塩をひとつまみ入れたお湯でさっと茹でました。
 3 塩豚を生姜を入れて出汁で茹でました。
 4 塩豚に火が通ったら、茹でた白菜と小松菜を加えて、酒と醤油で味付けしました。
 5 お皿に移して、万能ネギと唐辛子と生姜をそれぞれ刻んでふりかけました。
 6 ライムを添えて終わりです。



2006年3月 6日

塩豚とエリンギとホウレン草のクリームソース

20060306siobutakinoko.jpg


 夜もパスタ・・・独身レシピじゃなくて独身パスタに変更した方がいいのかな〜。まあ無類のパスタ好きなんです!というか生クリームの賞味期限が来てしまったので、仕方なくと言ったところ。
 今日は塩豚を検索していて拝見させて頂いたcocousaさんのマネをして塩豚ときのこを使いました。とは言っても生クリームを使うのと、きのこはエリンギだけでした。塩気は塩豚から十分出るので使いませんでした。バターをできれば無塩バターにした方が良かったかもしれません。パスタは、リングイーネで。ソースがよく絡みます。


材料
 塩豚、エリンギ、ホウレン草、にんにく、玉ねぎ、生クリーム、バター、胡椒
 オリーブオイル、リングイーネ、白ワイン



2006年3月 2日

塩豚第2弾 バラ肉編

20060301shiobutabara.jpg


 新たに豚バラ肉の塩豚挑戦しました!
 今回は、豚バラブロック+岩塩+クッキングシートの組み合わせにしました。塩をふったら、ラップに包まずにクッキングシートに包んで冷蔵庫で保存です。どんな塩豚になるか楽しみです。
 バラ肉の塩豚で作りたいのが、ラグー、カルボナーラ。今のところこれしか思いつきません。レンズ豆の煮込みをしようと思っていますが、これは先に作った肩ロースとバラで比べてみようと思います。


塩豚を使ったお料理を作った方々
 アンオフィシャルな不動前blogさん:いつもコメントを下さるmarimo3さんも塩豚レンズまめに挑戦されてます!
 さあ今日は何を食べようかさん:塩豚ときのこのパスタ:これもありですね!


追記
<塩豚関連エントリー>
 塩豚・鶏ハムレシピのカテゴリー
 塩豚初挑戦
 パンチェッタ初挑戦
 最近の自己流パンチェッタ



2006年2月21日

塩豚初挑戦!

20060221shiobuta01.jpg


 塩豚を入れたラグー(ミートソース)を作りたいと思っていて、いつかは塩豚を作ろうと思っていたのですが、ついに初挑戦です。豚バラ肉にしようと思っていたのですが、今回は肩ロースで挑戦。先週ご近所で食べた塩豚と白菜煮がとても美味しかったので、肩ロースに!
 ネットでいろいろ調べたのですが、作り方がいろいろあるんですね。

  バラ肉 or 肩ロース
  岩塩 or 海塩
  フォークで刺す or 刺さない
  ラップ or 脱水シート
  

 今回は、肩ロース・岩塩・クッキングシートで水気をとってその後にラップ&ジップロックを選択。塩はアルペンザルツを使ってみました。
 どうなるか楽しみです。まずはトライ!!


塩豚作りをしている方々
 @home で happy♪さん
 ご飯がまってるさん
 批評.comさん
 食べチャイナ 深センさん:いつかは干し塩豚に挑戦してみたいです!
 Roseraie ***la vie douceさん
 幕張本郷のフレンチレストラン サンク・オ・ピエさん:プロのシェフさんの作り方



続きを読む



 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | All pages

Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac