メイン

2006年5月29日

鶏皮ハーブ焼き

20060529torikawayaki.jpg


 昨日の結婚パーティは、結局5軒のお店に行きましたが、かなりセーブしていたので、泥酔者になることもなく、きれいに飲みながらお祝いして帰って来ました。お店は都内のイタリアンのチェーン店だした。食事はそれなりでしたが、楽しく祝えたからOKです!4軒目に沖縄料理のお店に行ったんですが、ゴーヤーチャンプルーは、もしかしたら勝ったかも!と勝手に思いました(^^i)教えてもらったレシピで作った方が、本当に美味しかったんですよ!興味がある方は、ゴーヤー料理のカテゴリーを参照下さい。私とゴーヤー料理との日々を綴りました。
 ところで今日は「肉の日」です。鶏胸肉が48円/100gだったので思わず買ってしまいました。鶏ハムを仕込みました。それで、取り除いた皮をハーブをまぶして焼いて、塩味にしてみました。ビールに合う!と思ったのですが、我慢して今日はノン・アルコールにしました。完全につまみメニューなんですが・・・(^^)
 昔は、鶏皮も食べれませんでしたが、今は大好物です。


<材料>
 鶏皮、ハーブ各種、白ワイン又はお酒、塩、胡椒



2006年5月24日

塩味だけのベジスープ

20060524s-vegsaltonly.jpg


 平日に朝まで飲んでると流石にペースが崩れますね。自業自得なんですが・・・(^^i)少し内蔵に優しい料理ということで、ベジタルスープを作りました。鶏ハムを茹でたスープを使って、あとはベーコンの塩味に粟国の塩を加えて味つけは終了。炒めもせずに、砂糖やお酒も加えずに塩味だけにしました。沢山の野菜の様々な甘さが出て、ベーコンとミネラルたっぷりのまろやか塩の味がなかなか美味しかったです。カリフラワーを初めて茹でてみました。葉っぱも刻んで使ってしまいました。これは、きっと数日後にカレーになるのではないかと予想しています。
 メインは、オムライスでしたが結果は???


<材料>
 カリフラワー、大根、人参、ポテト、玉ねぎ、はぐらうり、オクラ、トマト
 ベーコン、塩、鶏ハムスープ


<作り方>
 1 鶏ハムスープに切った野菜を放り込んで煮るだけ。
 2 すぐ火が通る野菜は後で入れました。
 3 味つけは塩のみ。
 



2006年5月20日

穴あきパスタで作るアマトリチアーナ

20060520p-amatriciana.mzni01.jpg


 お昼はパスタで、自家製パンチェッタを使ったアマトリチアーナ(Amatriciana)にしました。実は昔、アマチャトリアーナだと思ってました(^^i)パンチェッタを使うパスタとしてはカルボナーラが有名ですが、トマトソースならこのアマトリチアーナが代表的と言えるかもしれませんね。オリーブオイルを少なめにして、パンチェッタから出る脂に含まれている旨みを新玉ねぎに吸わせ、パンチェッタと玉ねぎの甘みとトマトの酸味の絶妙なコラボレーションを楽しみました。
 今日は、穴あきのメッザーニを使ったんですが、本場ではブカティーニで作るらしいです。家には先日ブカティーニと間違えて買ってきたメッザーニしかなかったので、それを使いました。パスタに開いている穴にトマトソースが入って、パスタにたっぷりソースが絡みます。しかし、メッザーニはちょっと太くて、この長さだと食べにくいです。白シャツや出かける前は要注意です!


<材料>
 パンチェッタ、新玉ねぎ、タイム、トマト缶、オリーブオイル、塩、胡椒、
 赤唐辛子、メッザーニ(本当はブカティーニ)



続きを読む

2006年5月19日

結構手間をかけて作ったラグー

20060517p-raguallabolognese.jpg


 実は塩豚を作り始めたのはラグー(Ragu)に入れたいと思ったからなんです。ようやく今回実現しました。しかも、一昨日の深夜に作ったりしてました(^^i)
 ラグーとはミートソースのことで、スッパゲッティボロネーゼやグラタンやラザニアのソースとして使われるそうです。今回は、牛ひき肉、豚ひき肉、鶏レバー、そしてパンチェッタを入れました。濃厚です。時間を置いた方が味が入ると聞いたので、味見以外では食べずに1日我慢。レジネッテというショートパスタがよくソースに絡みそうだったので、使ってみました。ラグーは、パスタを食べるという感覚よりも、ラグーを主に食べるという感覚で食べたい感じです。玉ねぎやセロリがしっかり効いています。今回は成功かもしれません。昨日の朝パスタにしました。


20060517reginette.jpg
Reginette


<材料>
 牛ひき肉・豚ひき肉:合わせて600g、パンチェッタ200g、鶏レバー:200g、
 玉ねぎ:3個、セロリ:3本、人参:2本、イタリアンパセリ:1束、
 トマト水煮:2缶、ローリエ:3枚、鶏スープ or 野菜スープ:150cc、
 トマトピューレ:大さじ2、赤ワイン:500cc、生クリーム:200cc、塩、胡椒



続きを読む

2006年5月14日

パンチェッタを茹でただけでも美味しい

20060513yudepanchetta.jpg


 昨晩のもう一品。鶏ハムと同じ仕込みをしたパンチェッタ。ハーブ数種類+にんにく+蜂蜜という方法です。サッカーのキリンカップをテレビで観ながら、グビグビとビアではなくて麦茶を飲みながらいただきました。パンチェッタの奥にぼやけて見える赤いのは、「かんずり」といって新潟の新井市の特産品です。唐辛子を雪にさらして柚子などと漬け込んだものですが、結構脂っこいものにも合います。鴨肉のすき焼きなどにつけて食べると美味しいですよ。
 肝心のパンチェッタはというと、蜂蜜の力なのか柔らかかったです。美味しいですよ。でも焼いた方が美味しいかなとも思うんですよね。それにしても、このお肉は赤いんですよ。最初は火が通っていないのかと思ったんです。しかし、ちょっと心配になって、少し切って再び茹でてみたのですが、直接お湯に触れてるところでも色が変わらないんです。だから茹で過ぎると堅くなると思って、思い切って食べてみました。お腹はなんともないです(^^)いったいこれは何なんでしょう??


20060513shiobutagaric.jpg
今回はほんのちょっとだけ


20060513kanzuri.jpg
かんずり

<材料>
 豚バラ肉ブロッック、セージ、タイム、マジョラム、ローリエ、黒胡椒、岩塩、蜂蜜

 ハーブ入れ過ぎかな〜とも思いました。



2006年5月10日

鶏ハムリターンズ

20060510torihammonagain.jpg


 昨日は自炊さぼり。外飲みしました。気がついたら食べずに飲んでました。少し慌ただしい。
 今日は再び鶏ハム。最近、はまってます。前回より薄く切れてます。エントリーを書いていないけど、実は先日も作って、切りながら大半を食べてしまったりしてます。簡単でホント美味しいです。今日のも一昨日茹でて、半分はパスタを作ろうとサイコロ切りしたんだけど、1個2個とつまみ食いして結局その半分は今朝無くなってます。それほど食べてしまいます(^^)お薦め!!



2006年5月 7日

そのまま焼いて美味しいパンチェッタ 塩豚レシピ

20060507panchettayaki.jpg


 最近、冷蔵庫のレギュラーと化したパンチェッタ。今日は、塩抜きして切ってフライパンで焼いただけです。それだけでも十分美味しいです。ビールかワインが欲しくなります。我慢して、そら豆ご飯で頂きました。
 ちょっと閉口なのは、やはり脂が多いことですね。調理が終わったら、熱いうちにフライパンを洗った方がいいですね。



2006年5月 3日

鶏ハムパワーの野菜スープ

20060503s-chickenherb.jpg


 何時に帰って来たのか記憶がありません。こんな時、結婚していたら何て言われるんでしょうね!?昔、同棲していた彼女には、ベッドから追い出されたことがあります(^^i)
 つまみを食べなかったので、お腹は空いているんですが、がっつりは食べれない。そんなちょっと酒が残っている朝は、優しいスープが欲しくなります。冷凍ストックしておいた鶏ハムを茹でた時のお湯と、同じく冷凍にしておいた一昨日仕込んだ鶏ハムの皮を使ってスープにしました。ハーブの香りまだ少し残ったスープです。イタリアンのような中華のようなスープでした。


<材料>
 鶏ハムを作る時に茹でた残りのスープ、大根、人参、玉ねぎ、にんにく、椎茸
 鶏の皮、イタリアンパセリ、塩、胡椒


<作り方>
 1 薄めにスライスした野菜をスープに放り込んで煮るだけ。
 2 味付けは鶏ハムの塩味が残っているので、塩加減を見ながら調整します。
 3 盛りつけたらイタリアンパセリを散らしてフィニート!






Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac