メイン

2006年4月30日

TWなのに鶏ハムを作りましたが何か!?

20060427torihammon.jpg


 TWを苦しみながら過ごしていた私に安らぎを与えてくれたもの。それは鶏ハム。何だか大袈裟ですね(^^i)
 AKKO DELIさんの美味しそうな鶏ハムに目を惹かれ作りました。作り方は、AKKOさんも参考になさったaiai@cafeさんのレシピを参考にしました。これ、簡単だけど凄い美味しいです!断然お薦め!!茹で鶏じゃなくて、本当にハムですね。もっときれいに切ったり盛りつけできれば良かったんですが・・・まあ美味しそうな写真は、aiai@cafeさんやAKKO DELIさんでご覧になって下さい(^^)


20060430torihammon.jpg
ちょっとごつく切ってしまいました。写真も暗い・・・


<材料>
 鶏ムネ肉、タイム、マジョラム、セージ、ローリエ、黒胡椒、にんにく、
 岩塩、蜂蜜


<作り方>
 aiai@cafeさんの「超簡単手作り鶏ハム」をご覧下さい!
 AKKO DELIさんの美味しそうな鶏ハムも素晴しい!
 



パンチェッタのパスタTWバージョン

20060429p-takenokopepe.jpg


 みなさんTWエンジョイしてますか〜!?そろそろ辛いです・・・(TT)しかし、食べ物を捨てるのは嫌いなもので、食べ続けるしかない!!という訳で、昨日のお昼は筍のパスタに挑戦してみました。
 自家製のパンチェッタを使って、オイルソースのペペロンチーノ風にしました。筍の歯触りがあるのですが、香りはオリーブオイルやにんにくに負けてしまいました。青椒肉絲のように切った方が良かったかもしれません。にんにくは潰して入れて、途中で引き上げた方がいいかも。パンチェッタを焼く上で焼き過ぎてしまいます。弱い火でじっくり焼けば大丈夫ですけれど。カリカリのパンチェッタにするなら、別で一度焼いた方がいいと思います。


<材料>
 筍、パンチェッタ(ハーブ塩豚)、きぬさや、にんにく、オリーブオイル、
 唐辛子、塩、胡椒、スパゲッティーニ


<作り方>
 1 パンチェッタは水に漬けて塩抜きしておきます。
  きぬさやは事前に塩を入れたお湯で茹でておきました。
 2 にんにくをオリーブオイルでじっくり火を通し香りを移します。
 3 唐辛子を加えます。
 4 小さめに切ったパンチェッタを加えて、温度が上がらないように火を通します。
  カリカリが好みならピュアオイルで別のフライパンで焼くといいのでは!?
 5 パンチェッタに火が通ったら筍(水煮済み)を加えて軽く炒めます。
  軽く炒めたら火を止めておきます。
 6 パスタがアルデンテ手前に茹だったら、再び火をつけてフライパンに移します。
 7 茹で汁をスプーンで加えて、パンチェッタの塩気で足りなかったら、
  塩を足します。胡椒を加えて、よく混ぜてフィニート!



2006年4月25日

舞茸入りイタリアンカラーのパスタ

20060425p-pomofunghipasely.jpg


 トマトの赤とバジリコやイタリアンパセリの緑とパスタの白(もしくはお皿の白)を見るとイタリアの国旗を思い出します。イタリア国旗はイタリア統一運動のシンボルで、緑は美しい国土、白はアルプスの雪、赤は愛国の熱血を表わすと同時に、自由、平等、 博愛も意味しているそうですが、本当は基本のトマトソースとバジリコのパスタが国旗の由来じゃないの!?と疑ってしまいます。バジリコではなくてイタリアンパセリを使いましたが、赤に緑が映え、食欲も一気に湧いて来ます。またしても朝パスタ。今日はでかめのコンキリエ。
 行って来ます。


材料
 トマト缶、舞茸、玉ねぎ、にんにく、唐辛子、イタリアンパセリ、塩、胡椒
 コンキリエ



2006年4月22日

砂抜き4時間作るの15分 スパゲッティ・ボンゴレ

20060422p-vongole.jpg


 こんにちは!ばぶお(♂)です(^^)
 あさりのメインはこれ!スパゲッティ・ボンゴレ・ビアンコ。今回はパスタ入り。正確にはスパゲッティーニを使いました。作り方は、以前のボンゴレ・ビアンコのエントリーの作り方にパスタを加えただけ。前回は少しワインを入れ過ぎて、ワインの風味が強く出過ぎた気がしたので、今回は少なめにしました。パスタの茹で汁を少し加えてパスタと和えました。
 ボンゴレは、意外と簡単ですね。砂抜きに時間が掛かりますけど、作るのはあっという間。食べるのもあっという間。もちろんこれ、朝パスタです。昨日のね!!



2006年4月20日

きのこのカルボナーラパスタ

20060419p-carbonarafunghi.jpg


 カルボナーラ食べたい!と思ったから、今晩はカルボナーラ。パスタが続いてもなんのその!でもパンチェッタを入れてないですが、黒胡椒がかかっていればカルボナーラということにしましたが、いいのかな??
 生クリームも今回も冷蔵庫に無かったので入れませんでした。パンチェッタが無かったので、コクや甘みがないのではないかと思い、玉ねぎとにんにくを入れました。一応成功だと思うんですけど。舞茸と椎茸をパンチェッタ代わりに見立てました。白ワインも切らしていたので、日本酒で代用。我が家の料理酒である−しぶやのお酒−「神宮橋」を代用してみました。このお酒、しぶやのお酒と言ってますけど、製造は岐阜の中津川です。まあ気にしない!パスタは今回はスパゲッティーニ。


<材料>
 舞茸、椎茸、玉ねぎ、にんにく、卵黄、パルメジャーノレッジャーノ、
 日本酒、オリーブオイル、塩、黒胡椒、スパゲッティーニ



続きを読む

2006年4月13日

焦がしたら駄目さペペロンチーノ!

20060412p-peperoncino.jpg


 Aglio olio e peperoncino=ペペロンチーノは大好きなパスタの一つです。日本では、いろんなイタリアンレストランにメニューとしてあったりしますが、イタリアでは基本的に家庭で食べるもので、リストランテなどでは見ないメニューだそうです。
 しかし、ペペロンチーノ!シンプルなパスタですが、美味しく作れるようになるまで結構時間が掛かりました。実は「ためしてガッテン」のオリーブオイルの特集を見てから、美味しく作れるようになりました。「ためしてガッテン」は役に立ちます!!
 エクストラバージンオリーブオイルを沢山使うこと、オリーブオイルの温度、にんにくを焦がさないこと、茹で汁の使い方が、ばぶお流のペペロンチーノのポイントです。


<材料>
 にんにく、赤唐辛子、スパゲッティーニ、塩、胡椒、スパゲッティーニ
 エクストラバージンオリーブオイル(多め)



続きを読む

2006年4月10日

青じそとトマトのパスタ

20060409p-shisotomato.jpg


 トマトのシンプルなパスタに、刻んだ青じそを載せただけのパスタです。いつもならバジルにするのですが、なぜか今回は青じそにしました。これはこれで爽やかな風味が加わって美味しいです。
 なぜか、青じそというとトンノスパゲティというイメージを昔から持っていました。ツナのトマトソースのパスタに青じそがかかっているものですが、これもとても美味しいです。今回はツナ無しで、青じそだけ。青じそが強すぎるかなとも思いましたが、結構いけます!まあ私が、香草好きだからかもしれませんが・・・(^ ^)
 今回はBuitoni(ブイトーニ)の1.6mmのパスタを使いました。De Ceccoよりもお湯に落ちていくというか、最初の段階で柔らかくなっていくのが遅いようです。パスタによって性質が全く異なるんですね。パスタの食べ比べもそのうちしてみます。お薦めのパスタがあったら是非、教えて下さいm(_ _)m

<材料>
 青じそ、トマト水煮缶、にんにく、赤唐辛子、オリーブオイル、スパゲッティーニ



2006年4月 8日

自家製パンチェッタでカルボナーラ

20060408p-carbonara.jpg


 旨い!いきなり自画自賛ですが、このカルボナーラは美味しいんです。今までそれほどカルボナーラって好きではなかったのですが、もうカルボナーラ大好きです!!コクのあるソース、キリッと効く黒胡椒(ブラックペッパー)、もっちりしたパスタ、カリカリのパンチェッタ、これホント美味しかった。写真が今ひとつなので、味が伝わっているか心配ですが・・・(^^
 「自家製のパンチェッタでカルボナーラを作る」実はこれ、パンチェッタ作りに挑戦した時の一つの目標でした。ようやくそれを達成することができました。パスタはDe Cecco(ディ チェコ)のNo.6、Fettuccelle(フェットチェッレ)。この選択もなかなか良かったです。生クリームを入れないのが本場の作り方という人もいるそうですが、美味しければ入れても入れなくてもOK!それよりもスプーン無しでパスタを食べることの方がきっとイタリア人には大切です。兎に角、また作りたいな〜。


<材料>
 自家製パンチェッタ、卵黄:2個、パルメジャーノレッジャーノ:30〜40g、
 オリーブオイル、塩、黒胡椒、フェットチェッレ



続きを読む




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac