メイン

2013年4月17日

アスパラ菜と乾燥えのきの赤だし

20130417_asparanaenokimiso.jpg


 最近味噌汁というか、乾燥えのきを自分で作って、それを毎朝味噌汁に入れて食べています。健康にいいみたいです。昨日はもらったアスパラ菜を加えて八丁味噌を入れてみました。八丁味噌はカクキューの銀袋。赤だしは美味しいな〜ナイス!



2009年10月10日

のりお

20091010nori.jpg


 海苔が大好きです。気がつけば1帖を一日で食べてしまいます。でも海苔って自分で買ってみると意外と高い。昔、帰省を前に親にお土産で京橋の山形屋海苔店の美味しい海苔を買ってあげようと思い、お店に入ったらとても高くてびっくりして、でも入ってしまって引くに引けなくなったことを思い出します。でもとても美味しかったな〜。今は、はね出しの寿司海苔を狙う日々ですけど〜。
  ハサミを使ったり、包丁で切らずに、横着をして折って破って一口サイズの1枚にして食べます。



2009年9月16日

実践みんなのとうもろこし調理法 その2

20090915corn01.jpg


 その1から随分と経っていますけど。野菜の直売所で買ったとうもろこしを調理してみました。多くの皆さんがお奨めされていた「薄皮つけて電子レンジでチン」の方法を試してみました。ぼ〜としていて、翌日にレンジに入れていたのに気がついて、取り出してラップをはがしました。それでも殆ど粒がシワシワになっていません。この方法もありですね〜。何より簡単でした。



続きを読む

2009年9月15日

笹の葉の効果

20090915sasamochi01.jpg


 実家に帰って来た時にもらって来たものです。さて何でしょう!?って簡単すぎるかな。私の大好物でもあります。



続きを読む

2009年9月14日

懐かしい油揚げと物 そして知らない花

20090913yakiaburaage.jpg


 先月実家に帰った時なんですが、久々に父の実家にも顔を出して来ました。伯母は私が油揚げが大好きなことを知っていて、久々に作って冷凍にしておいた油揚げをお土産に持たせてくれました。食べ方はもちろん焼いてマヨネーズ醤油。

実家は、自分の部屋も含めて倉庫状態。荷物、荷物、荷物です。片付けていると懐かしい物や写真など沢山出て来ます。思い出に浸ってしまうのでなかなか片付けはすすみません。
 つづきは少し写真と何と言う名前かわからない花です。



続きを読む

2009年9月 8日

プチトマトのおひたし

20090908tomatoohitashi.jpg


 今日は妙に川で泳ぎたいんです。山奥の清流をイメージしていますが、もう水温超低いはず。東京の川じゃ泳げんしな〜。あ〜泳ぎたい!!

 Anyway!皆様のブログで時々拝見して作りたいと思っていたトマトのおひたしを作ってみました。実家から大量にプチトマトを入手。無農薬で作ったそうですが、とてもいい出来。めちゃめちゃ甘いです。湯剥きをしたプチトマトを味付けした出汁に一晩つけるだけ。

 出汁が少し薄かったかも。トマトがとても甘くフルーツみたいでしたので、その強い味に負けないようにもう少し濃い出汁を使うべきだったかも。トマトのおでんとかもしっかりと味をつけていた気がします。



2009年8月28日

たたきごぼうアゲイン

20090827tatakigobou.jpg


 以前作った味の足りなかったたたきごぼうに再挑戦しました。濃い目の出汁醤油につけるといいと聞いたので、今回はその通りにしたらちゃんと味が入りました。これは酒のつまみにいいですね〜。

 お台場のガンダム未だ見ていません。今月までだったような・・・



2009年8月25日

胡瓜と茄子と蕪のこうじ漬け

20090825koujitoko.jpg


 地元で買って来た麹床(こうじどこ・とこ)を使って漬け物を漬けました。地元では味噌で有名な山崎醸造のこうじ床を使いました。これは既に漬け物用に準備されたものです。他にも地元ではスーパーなどで、時々酒蔵の麹を見かけることもあります。

 私にとっては、こうじ床そのままだと少し甘過ぎるので、軽く塩でそれぞれを揉んでから漬けました。結果いい塩梅になりました。


20090825koujiduke.jpg


20090825art_inakanogarage.jpg


 自分では見慣れていたこういう建物ですが、どうも都会出身の友達からすると珍しかったみたいです。確かに言われてみたら面白いデザイン。基地のようにも見えるかも。実際は車庫や倉庫です。屋根の形状は、冬に雪が自然に滑り落ちるようにしているため。
 新潟は雪が降るので屋根はトタンというか金属製のものが多いのですが、雪の降らない地方に行くと瓦屋根が多いのに驚きます。住宅の形状も地方色があってとても面白いです。



2009年8月12日

かつおの生利節

20090812namaribushisashi.jpg


 先日、先輩からかつおの生利節をいただきました。美味しいしいろんな料理に使えるから食べてご覧と勧めて下さいました。先輩が花見で作ったディップとか美味しかったんですよね。だから食べてみたかった。

 とりあえず切身にして生姜と醤油で食べてみました。かなり身はパサパサしていて、味がどんどん入りそうな感じです。これをしっとりさせるにはきっとかなりのオイルを使う必要があるんでしょうね。先輩も言っていましたが、かつおフレークやツナの缶詰がカロリーが高いのがわかる気がします。
 この後、いろいろアレンジして食べてみました。


20090812namribushi.jpg



2009年8月 9日

鮭と筋子の親子丼と『大地の芸術祭』

20090808shakesujikodon.jpg


 鮭の親子丼では、鮭イクラ丼バージョンはよく耳にするんですが、鮭と筋子のバージョンです。実家に帰った時に地元の魚屋さんから仕入れた塩鮭を焼きました。美味しい鮭でした。ドンドンご飯が入ります。美味しかったです!!
 64年前の今日、長崎に原爆が投下された日。旨い飯を食える平和な日本。美味しいものを食べて笑顔になれる世の中にして行きたい。


 実家に帰った時に、大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2009に行って来ました。コシヒカリで有名な我が魚沼は、北魚沼・中魚沼・南魚沼と大きく3つの地域に分かれます。そのうちの中魚沼地域で、今回アートトリエンナーレと言って、国内外の芸術家が参加して大きな芸術祭が開催されているとのことで、折角だから行って来ました。300もの作品が展示されています。9月13日まで開催しているそうです。3年に1度のイベント。時間があったらまた行って観て来たいです。

 大地の芸術祭のWeb Site:http://www.echigo-tsumari.jp/2009/

 コンセプトのページ:http://www.echigo-tsumari.jp/2009/summery/concept.html



200900808daichigeijyutsu.jpg
作品No.18 『水を考える部屋』 大久保英治



続きを読む

2009年8月 8日

太打ちのへぎ蕎麦

20090808n-hegisoba.jpg


 実家に帰った際に食べたへぎ蕎麦。越路町の天池というお店のお蕎麦です。今は長岡市です。こちらの麺は太め。有名店と違って、手打ちの良さが出ている蕎麦です。麺の太さは好みがありますが、この個性的な蕎麦は、他の多くのへぎ蕎麦と少し違います。人を選ぶかもしれません。私にとっては大好きなお蕎麦です。



2009年8月 5日

吉雪の鮭と白飯

20090805shakegohan.jpg


 美味しい焼き鮭があればご飯をバクバク食べられます。こちらは魚沼冷蔵という会社の吉雪というブランドの鮭です。雪をやっかいなものと考えずに、雪が沢山の恵みを与えてくれるものと雪国の人はポジティヴに考えます。美味しいお米もお酒も沢山の雪が降るからこそ受けられる恵み。
 魚沼は内陸ですが、結構美味しい魚屋さんがあります。特に鮭などを加工するのが上手な魚屋さんが幾つかあります。塩鮭や鮭の味噌漬けはいい塩梅で、美味しくご飯を頂けます。


20090805kissetsushake.jpg


吉雪 小千谷店(魚沼冷蔵株式会社)
 〒947-0028 新潟県小千谷市城内1-8-18 ミヤキン家具様1F
 営業時間:9:30〜18:00 水曜定休
 TEL・FAX:0258-82-3500
 http://www.kissetsu.com/



2009年7月29日

濃縮めんつゆ水菜おひたし

20090729mizunaohitashi.jpg


 お店の特売戦略の絶好の餌食の私は、ついつい特売だと買い過ぎてしまいます。この水菜もそういう事情で買ってしまったもの。1袋40円だったので思わず3袋購入。他にも春菊2袋、ニラ1袋、もやし2袋、キャベツ1玉を同時に購入。後先考えてませんでした。野菜だらけ。しかし、一気に食べきれる訳もなく、野菜達はグレ出す手前に・・・とりあえず火を通しておけば少し長持ちと思いおひたしにすることに。

 普段、おひたしは、出汁+醤油+酒とかみりん等で作るのですが、今回はめんつゆを使用。このところ、鰹節、煮干しを切らしてしまっているし、かえしを作っていないので、めんつゆは市販の濃縮タイプを使っています。3倍濃縮だから少し入れるかと思えば、少しだと水菜が浸らない。でも入れ過ぎると塩っぱくなってしまう。ん~んと悩みながらも、結局お水を少し足しました。どうもこの濃縮タイプって何か水っぽくなって味気が無いというか、意味も無く何となく不足感を感じてしまうんです。でもお酒やみりんを使わずにできるのでこれもありだな〜。



2009年7月11日

出汁をとった手羽先は料理してみたけれど・・・

20090711tebasakiamakara.jpg


 出汁をとった手羽先がもったいないような気がして、どうにかして食べられないかと思って、砂糖と醤油と酒を加えて味をつけてみたものの・・・あんまり美味しくなった。美味しく食べる方法ってあるんだろうか??



2009年6月16日

牛丼系男子

20090616tamanegigyudon.jpg


 昔は、海外出張で帰って来たら、とりあえず牛丼か立ち食い蕎麦を食べていました。狂牛病騒動から豚丼に替わってからも、安い早い旨いを求めて食べに行っていました。お店も応援したかったのもあります。
 でも、アメリカ牛を採用するお店には行かなくなりました。無理矢理、全頭検査なんて科学的根拠が無い!なんて言って輸入を認めさせられたことが、まずもって納得いかなかったから。安心して食べてもらおうと全頭検査をしている国産牛肉業界の努力にシンパシーを感じます。

 Anyway!この牛丼、失敗しました。味を染みさせて食感もキープすることができなかった。



2009年6月 3日

ゴーヤーと豚肉入り味噌汁

20090603s-goryarmiso.jpg


 ゴーヤーは鰹節の旨味と相性がいいということで、味噌汁に投入してみました。豚肉と豆腐も入っているので、あとはもやしじゃなくて卵が入ればゴーヤーチャンプル〜じゃん!と思いながら作ってみました。ゴーヤーの苦味が汁に落ちすぎないように、飲む直前に一杯のお椀の分だけ放り込みました。それでもこの苦味は、もう少し濃い味と合いそうな気がしました。


 阿修羅展って今週までなんですよね〜。行きたいんですが、めちゃめちゃ混んでいるらしいです。並ぶのは嫌だな〜



2009年5月21日

サンマの丸干し

20090521sammamaruboshiya.jpg


 サンマの丸干しだ!と先輩からもらったのですが、完全に飲兵衛班仕様な一品です。魚焼きグリルで焦げないように軽く焼いてしまえば、ちょっと塩っぱいけど酒のつまみに超ナイス!生サンマとは違った味わいで美味です。エントリーを書きながら、またお酒を飲みたくなっているまだ午前中なのに・・・w
 サンマにしては細いような気がしますが、干したから細くなったのでしょうか??そうかどうかは別にして、太陽って凄い!


 ところで、今日から裁判員制度がスタートですね。いつの間にこんな制度が決まったんだと正直思っています。国会審議中に話題にそんなになっていたかな〜?選挙の争点になってもいいような大きな制度改革のように思えるですが、気がついたら決まっていたような感じが・・・
 この制度の狙いも理解できるし、いい面も沢山あるのでしょうけれど、正直に言えば個人的には裁判員になんてなりたくないです。以前にジョン・キューザック、ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン出演の『ニューオーリンズ・トライアル』を観ましたが、アメリカの裁判って怖いと思ったし、本当の正義って何!?って思いました。正直、日本にこの制度がなくて良かったと当時は思いました。

 仕事上で負担も出てしまうし、守秘義務などもかなり負担になる気がするし、裁判の当事者から圧力をかけられたり、脅されたりする可能性もあるでしょう。制度によって出るメリットは、国民が新たに抱える負担より多いのか疑問なんですよね〜



2009年5月19日

牛蒡のおひたし風でいいのかな!?

20090519goboushouyu.jpg


昔住んでいた所の近所のお店のメニューで、さっぱりとした牛蒡(ごぼう)で出汁の味と醤油が効いている美味しいメニューがあるんですが、どうしても食べたくなったので真似をしてみました。ごぼうのおひたしみたいな感じです。メニューなんて書いてあったか覚えていません。
 しかも作り方もわからなく、かつ記憶が薄れていたので、どうも舌で覚えている味まで少し辿り着きませんでした。もっと美味しかったということです。何かが違いました。何だろう??


 作り方がわからなかったので、茹でた後に少し違う以下の方法を2つ試してみたのでした。

     A:出汁にひたした後に醤油をかける
     B:出汁+醤油にひたす


 結果、2)の方が美味しく感じました。ただ1)は塩気というか醤油味が足りなかったので、もしかしたら出汁+醤油の醤油の量が少なかった可能性もあります。結構入れましたけどね。写真は上がAで、下がBです。
 ただ、今現在では、あれって牛蒡を叩いていたかも!?とか思ったりもしています。近日再現したいと思います。


20090519goboudashi.jpg
出汁+醤油にひたしたBバージョン



続きを読む

2009年5月11日

忘れていた訳ではく2009ゴーヤー開き

20090511goryarchanpurur.jpg


 先日、5月8日はゴーヤーの日だったんですが、決して忘れていた訳ではなく、ゴーヤーを嫌いになった訳でもありません。タイミングを逃しました。ようやく今年もゴーヤーをスタート。まずは定番の塩味のゴーヤーチャンプルーにしました。スパムが無かったので、豚肉の切り落としにしました。

 都内もいよいよ暑くなって来ました。ベランダの植物の成長が著しくて超ナイス!



2009年5月 7日

ひじきご飯に鶏肉とか入れて栄養吸収アップ鶏五目ご飯

20090507torigomoku.jpg


 乾燥ひじきの在庫があったので、ひじきご飯をもう一度と思っていました。しかし、ひじきはそのままだとあまり栄養分の吸収が良くないとのこと。鶏肉と一緒に料理した方が圧倒的に栄養分の吸収が良くなるそうなので、他にも人参なども加えて鶏五目ご飯を作ってみました。

 ひじき、鶏肉、人参、油揚げ、生姜でギリギリ五目と称してOK!?栄養吸収が良くなると聞いて美味しいさも30%アップな気分。仕上げに青みを足せばもっと良かったかもしれません。

 本日、都内は雨です。自転車で移動がモットーで電車嫌いな自分にとってはよろしくないけど、なんだか少し気持ち良さもある雨です。ついでに汚れ、穢れ、バッドラックも全て流してくれればいいのに。
 



続きを読む

2009年4月19日

自家製の海苔の佃煮

20090419noritsukudani.jpg


 築地で買ったもみ海苔がちと湿気気味だったので、以前から作りたかった海苔の佃煮に挑戦してみました。アンさんのところで海苔の佃煮を拝見するまでは、自分でできるとは思っていなかったんです。桃◯さんの"ごはんですよ"が子共の頃は大好きだったんですが、それが自分でできるなんて超ナイス!!
 作り方は同量の醤油とみりんでもみ海苔を煮るだけ。簡単でいいご飯の共(友)ができます。写真のご飯は玄米でした。
 



2009年4月15日

お握り包むのはラップ?アルミホイル?それとも紙?

20090415onigiri.jpg


 先日、先輩がアルミホイルでお握りを包んで持って来ているのを見て、あ〜そう言えば実家でもアルミホイルで包んでいたことってあったよな〜と思ったのでした。時には天ぷら紙みたいなもので包んでいたこともあって、実家ではラップで包むことはあまり無かった気がします。ラップで包むのは最近なのかもしれません。

 久々にアルミホイルで包んでお昼に持って行ってみたら、ちょっと懐かしい感じがしました。あの入れ物に入れれば更に懐かしい感じです。



2009年4月12日

もやし入りのお好み焼き

20090412moyashinookonomi.jpg


 キャベツがなかったので、もやしを入れてお好み焼きを作りました。時々作ります。他には、玉ねぎ、人参、長芋、生姜をそれぞれ刻んで入れました。生姜が入ると何となくたこ焼き感が出るような気がします。それとこれを揚げたら、かき揚げになるような気もします。もしかしてだからお好み焼きは◯◯天というのか??

 お好み焼きを作る時は、毎回粉と水分の量を少し変えて作っています。まだこの比率という自分なりの好みのものを決めきれていません。なかなか難しいです。

 味付けはオタフクソースにマヨネーズが基本ですが、時々ポン酢で食べるのも好きです。



2009年4月 6日

豚小間使用の豚丼は煮過ぎて柔らか過ぎ

20090405butadon_koma.jpg


 何でも程度というものがあります。前回のロース肉の豚丼のお肉が硬かったから、柔らかく煮たいと思ったのです。豚丼を作るために豚小間切れ肉を買った訳ではなく、特売だったので思わずカゴに入れてしまい、そう言えば豚丼のリベンジを小間切れでもできるんじゃん。Youやっちゃいなよ!と何処かから聞こえて・・・という流れなんです。
 煮過ぎました。玉ねぎまで柔らかくなり過ぎました。玉ねぎとお肉の煮る時間というよりも、やっぱり豚丼はバラ肉ということだと改めて思った訳であります。実はこれ、ロース肉で豚丼を作った2日後のことでした。

 桜がいい感じで咲いていますね〜。私は夜桜で花びらがひらひらと散っていく様が好きです。そんな中で花見ができると最高です。今週末あたりは可能かもしれません。



2009年4月 1日

ロース肉を使った豚丼が硬く出来上がった

20090331butadon_rousu.jpg


 以前に豚ロースを使って豚丼を作ってみました。まあ350円を支払えば味噌汁付きで食べられるんですが、何となく自分で作りたくなって作りました。結果、お肉が硬かった。ロース肉を使うのは生姜焼きとかで焼いて生姜焼き丼にして、豚丼はバラ肉が良かったなと後で思いました。
 ところで、「お肉がかたい」は「硬い」か「堅い」か「固い」か悩みました。「硬い」にしたんですがどうでしょう!?国語力の無さを露呈してしておりますが、日本語って便利で難しいです。


 コメントについて、あまりにもスパムコメントが多いので、コメントを頂く際に画像認証を導入しました。ご面倒をおかけ致しますが、コメントご入力後に、表示されている数字を入れて頂き "投稿" ボタンを押して下さいませ。これまで、コメントをご入力頂きながら反映されていないケースもあるようです。折角ご入力下さいましたのに、誠に申し訳ございません。今後ともよろしくお願い致します。



2009年3月28日

ひじきご飯

20090328hijikigohan.jpg


 時々味付きご飯を食べたくなります。ひじきと玉ねぎを使って炊き込みご飯にしてみました。大葉(青紫蘇)を載せましたが、大葉の香りと味がかなり強烈に出てしまうので無い方がいいような気がしました。写真は撮っていないんですが、この後に、ひじきと生姜を使ってもう一度作ってみたんですが、その組み合わせの方が美味しいような気がしました。生姜も大葉のように生姜だけが前面に出過ぎてしまうのではないかと思ったのですが、火を通しているからか意外とバランスが良かったです。



続きを読む

2009年3月21日

手羽先のたれ焼き

20090317tebatareyaki.jpg


 世の中は三連休ですね。私はというとイタリアから来客が来ていたので、昨日まで打ち合せと案内をしていました。しかし、未だに外国からの来客があった時に、納得のいく東京と日本を感じられる案内コースを見つけられていません。いわゆる観光地だけのコースじゃなくて、日本の特徴や生活、メンタリティ、現代、歴史、問題点などを感じてもらえるようなコース。初めて日本に来た人が更に興味を持ってもらえる場所・体験。う〜ん欲張りかもしれません。


 Anyway!インド風のグリルを続けていたら和風のものが食べたくなりました。そこで、醤油・砂糖・酒・唐辛子・にんにく・生姜・玉ねぎでたれを作って、そこに手羽先を漬け込んで魚焼きグリルで焼きました。途中2度程たれにさっと浸して再び焼いたのですが、少し味が濃くなり過ぎました。1度でいいのかもしれません。表面も、もうちょいパリッとさせたかった。魚焼きグリルでパリッと焼く方法を見つけたいです。



2009年3月15日

ジャガイモの団子 だしもち

20090315dashimochi.jpg


 先日テレビを見ていて、美味しそうと思ったので作ってみました。何でも北海道の料理らしいです。基本的に餅が大好物。だしもちという名前に惹かれました。すり潰したジャガイモの水分を切って団子にするというものです。

 ジャガイモを使ってもちのようなものを作るというので、韓国のジャガイモチチミのカムジャジョンのもっちりした食感を想像しながら作りました。いや、以前に挑戦したドイツのクヌーデルの方が近いかもと思ったりしながら挑戦。

 結果、もちはもちなんですが、少しジャガイモの苦みが残ってしまったのと、団子の表面がギザギザになってしまいました。う〜ん正しいのか?実際に食べたことが無いからわかりません。う〜ん北海道の人に聞いてみて再挑戦です。



続きを読む

2009年3月 9日

菜の花のおひたしなんだけど・・・

20090305nanohanaohitashi.jpg


 3月なのに結構さむいです。それでも少し春気分を味わおうと菜の花のおひたしを作りました。あんまり浸っている感じじゃないけど、一応おひたしです。
 春気分と言っても、近所のスーパーではこの冬もず〜と菜の花が売っていたんです。季節感無し・・・最近は、野菜工場とかというのも検討されているらしいですね。

 
 ブラウザをアップデートしたら、自分がいつも拝見している方々のブログの最新情報がわかるフィードリーダーの情報が消えてしまいました・・・リンクを辿ってまたフィードを取得しなければです。 
 そういえばドイツのブログフレンドのふろっしゅさんのブログが終了になってしまいました。事情があるようですが面白い話が多く、ドイツにも興味を湧かせてくれた内容だったので残念です。金沢のmikiさんもかなり前に突然お止めになりました。その他にも止められた方・休憩中の方もいらっしゃいます。



続きを読む

2009年2月25日

自分で作ってみたワカメご飯の握り飯

20090225wakamegohan.jpg


 ワカメご飯というと、市販のワカメご飯の素のようなもの(ふりかけ?)を使うのがあたり前のようになっていましたが、自分でもできるんじゃない!?と思ってトライしてみたらできました。乾燥ワカメを水で戻して、塩をして味をつけてご飯に混ぜるだけ。
 ワカメに塩をしようか、ワカメを混ぜたご飯に塩をしようか迷いましたが、ワカメに塩をしてご飯に混ぜて、少し足りなかったので塩を混ぜたご飯に少し追加しました。 

 ちょっと前に、弁当男子が増えているなんていうことが話題になっていましたが自分は無理。たまにお握りを作って持って行く程度。男は黙って握り飯!違うか・・・牛丼?定食屋?



続きを読む

2009年2月 6日

紅白なます

20090205namasu.jpg


 膾(なます)はいつも常備しておきたいおかずですが、結構切るのが面倒。味つけはとても簡単なんですけどね。それでも作る時は、なるべく細く繊細に〜〜〜〜と前半は気合いが入るんですが、途中から疲れていい加減になってしまいます。


過去の膾(なます):大根バーグと大根と人参の膾
  



2009年2月 3日

しその実漬と白飯

20090203shisonomi.jpg


 しその実漬を実家からもらいました。これも飯の供(友?)にぴったりな一品です。プチプチとした食感とほんの少しだけピリッとする味がナイス!加島屋のしその実漬も美味しいですが、今回は違う所のもの。しそは何処でもあるので、きっといろんな地方でいろんな漬け方があるに違いありません。こいう地元の食べ物は、親から教わって来たものが殆どです。



続きを読む

2009年1月26日

炊き込み鮭入り混ぜご飯

20090126shayatakikomi.jpg


 何となく出汁のきいた味つきのご飯が食べたくなったので、しめじと人参と長ネギを入れて炊き込みご飯にしました。出来上がってから鮭の塩焼きの身をほぐして炊き込みご飯に投入したので、鮭は炊き込んでいないから混ぜご飯というタイトルにしました。確か後から混ぜると混ぜご飯のはず。焼いた鮭を入れて炊いても美味しいのかな?あるいは霜降りした生の鮭の切り身を入れる!?う〜んわかりません。
 味は結構美味しくできました。おこげもナイス!



続きを読む

2009年1月22日

ひき肉を入れて里芋を炊いたん

20090121satoihikini.jpg


 一昨日に更新するつもりだったんですが、二日後になってしまいました。週末くらいから、ブログ巡りを復活しようとも思っています。

 何となく、ひき肉を買って家にあった里芋と煮てみました。甘みを出すのに玉ねぎを加えましたが、砂糖も使いました。料理番組とか見ると砂糖を結構沢山入れているのを見ます。自分ではあまり沢山入れるのを躊躇しますが、効果的に砂糖を使うと美味しくなりますね。玉ねぎは煮込めば甘みが出るような気がしますが、少し歯触りを残したい気もします。2回に分けて投入するべきか??
 里芋特有のぬめりを残すため、下茹でをしませんでしたが、意外とぬめりが残りませんでした。何でやねん??



続きを読む

2009年1月19日

いくらの醤油漬と白飯最高!

20090119ikura_01.jpg


 10日ぶりの更新です。明日も更新する気持ちです。できると思います!きっと。たぶん・・・

 Anyway!実家から新潟の加島屋のいくら醤油漬を送ってもらいました。これに炊きたてのご飯、それだけでいいです。最高です!大人盛りしようと思ったのですが、少しずつ食べました。このお店の鮭茶漬けとか、しその実漬とかも美味しいです。



続きを読む

2009年1月 9日

明け過ぎましておめでとうございます

20090109zouni.jpg
 

 もう1月9日になってしまいました。寒中お見舞い申し上げます。本年もよろしくお願い致します。
 最近かなり忙しくなかなかブログを更新できません。今日は久々にご挨拶。お正月も帰りませんでした。今週来週を乗り越えれば少し息を抜けそうです。そう言いながら新年会も今日・明日と入っておりますけど。
 でもやっぱりお正月は雑煮。自分作って食べました。雑煮は醤油ベースで、大根、人参、しめじ、ほうれん草、柚子を入れて作りました。お餅ちは焼き餅が我が家のスタイルです。

 Anyway!今年もよろしくお願い致します!!



2008年12月10日

自宅でできるじゃん!なめ茸

20081208nametake.jpg


 昔、なめ茸が大好物でした。あれがあるとご飯が進む進む!アンさんが前に作っていらしたので、自分でも挑戦してみました。
 醤油とみりんで煮るだけ。自分は昆布と鰹節でとった出汁を入れてみました。あの粘りが自然と出て来ます。簡単じゃん!しかも安いし、市販のものに入ってしまう◯◯酸とかと言った類いのものがありません。ナイス!これまた作ります!!

 写真をどのサイズにするのか検討中です。しばらくまたでかいサイズにしてみます。



続きを読む

2008年11月28日

出汁をとった昆布で佃煮

20081128konbunotsukudani.jpg 出汁をとった昆布で佃煮を作ってみました。時々作っています。まだまだ徹底はできませんが、なるべく食べ物や様々な物資を無駄にせずに、資源を大事にする意識を持とうと思います。砂糖と酒を入れているにも関わらず、更に照りが出るのかなと思って味醂を投入。無駄だったかな??

 マグロも漁獲制限されるそうです。少し足りない位でいいのかもと思う時もあります。捨てるほど穫らなくてもいいんじゃないって思う訳です。理想論ですけれど。
 ところでマグロって「資源」と言うんですよね。まあ確かに食材なんですけど、ちょっと違和感を感じます。続きに少し環境に関すること。



続きを読む

2008年11月 9日

大根菜ご飯

20081109daikonnameshi.jpg 前にも作っておりますが、菜飯が好きなんです。大根、高菜、野沢菜、からし菜、etc...
 今回は新鮮な葉付き大根をもらったので、大根菜飯にしてみました。大根の葉を塩茹でにして刻んで混ぜましたが、もう少し葉に味がついていた方が良かったかなと思いました。あっさりさっぱり大根菜ご飯でした。



続きを読む

2008年11月 2日

きのこと玉ねぎの汁

20081102s-kinoko.jpg きのこと言えば秋の味覚のようなイメージですが、今では、しめじ・椎茸・舞茸あたりは一年中手に入る食材です。菌床を使って作る。半ば工業製品的ですが、凄い技術革新だと思います。ただ、エネルギーをわざわざ使うので、太陽光発電とかを利用したらもっと凄いと思います。でも、自然エネルギーで育つ天然ものは、コストのかかるエネルギーを使いませんが、希少価値があるので値段は高い。

 Anyway!胡麻油で炒めればけんちん汁になりそうですが、炒めずに作りました。玉ねぎや人参の野菜の甘みを生かそうかななんて少し考えながら調理してました。しめじはブナピー。白いしめじです。白くてもこういう料理に使うと色がつきます。



続きを読む

2008年10月31日

里芋はヌルっとしているべきなのか?

20081031satoimoni.jpg 里芋を料理に使うことはめったにありません。実家ではよく出ていたのですが、自分ではなかなか買い物かごに入れません。そんな訳で、作り方もわからなかったので、料理の上手い先輩に聞こうと電話するも、、出ない・・・ネットで調べてみてもいろんな作り方があるようです。さあどうしよう!?

 最終的に、下茹でを2回してから出汁と煮るという方法に決めました。イカとか他の野菜もあれば良かったんですが、今回は里芋オンリー。出汁、みりん、塩、醤油という味つけ。水から下茹でして塩で里芋を洗い、もう一度水から下茹でして洗って、味つけしておいた温かい出汁に放り込んで1〜2分茹で、火を止めて半日置きました。食べる前に少し温めて完成!



続きを読む

2008年7月23日

初挑戦!多分発芽に成功したと思われる自宅発芽玄米

20080723hatsugagenmai01.jpg


 発芽玄米は体にいいし、自宅で簡単にできると聞いていたのでトライしました。発芽の3条件(3要素?)がそろえば発芽するとのこと。昔、理科で習った気がします。
 古いデジカメなので接写に限界があるためピンぼけ写真ですが、左の二つが発芽に成功したと思われる玄米で、右が水につける前の玄米です。これが発芽だと思うんですが、どうでしょう!?何にせ発芽玄米自体を食べるのが今回初めてです。もっとニョキニョキ芽が出て来るのか!?


20080723hatsugagenmai.jpg 水をたっぷり吸っているので、炊く時は玄米モードにする必要もないだろうと思って白米モードで炊きました。味も堅さもナイス!どれだけ健康になるのかわかりませんが、何だか感動!またチャレンジしてみたいと思います。



続きを読む

2008年7月11日

豆腐の一丁ってさ

20080711jikaseishisotoufu.jpg


 自家栽培の大葉(青しそ)を使って醤油と酢を混ぜたタレで冷奴を食べました。暑いから冷奴が一層美味しく感じます。

 私は豆腐屋の孫です。父方の祖母が豆腐屋さんを営んでいたんですが、いつも祖母からもらう豆腐の一丁は、かなり大きくて、写真の豆腐の倍位ありました。だから一人暮らしを始めて、初めて自分で豆腐を買った時は、スーパーでは豆腐が半丁で売っているんだとばっかり思っていました。どうも豆腐の一丁というのは地域によってまちまちのようです。



続きを読む

2008年6月26日

鶏肉としめじと小松菜をさっと茹でて大根おろしでさ

20080626torikinokomatsuna.jpg


 今日はめっちゃ寒いです。風邪引きそうです。
 まあ料理はタイトルの通りでして、あとは醤油をかけて食べたというだけの一品です。蒸した方がいいかなと思いましたが、茹でました。簡単です。実際にはこの後、大根おろしをもっと入れて食べました。大根おろしってとってもヘルシーな感じでナイス!

 昨日は実母の命日でした。命日と言っても特別のことをすることもなく、淡々と過ごすだけです。母も含め亡くなった人は心の中に住んでいて、思い出すことでいつも一緒にいるような気がします。


20080626dog.jpg
先輩の所の箱入りワンコ
何処へ行った!?と探してみたらこんな所に^^



2008年6月25日

豆腐の胡麻和えって、ちょっと微妙・・・

20080623toufugomaae.jpg


 豆腐を胡麻和えを作りました。でも豆腐を胡麻和えすることが正しかったのか!?悩ましい所です。

 ところで小麦だけでなく、大豆の国際価格も上昇していて、2005〜2006年から比べるとおよそ2〜3倍になっているようですね。2004年のように短期で高騰する時もあるものの、約20年間$200〜250/トン周辺をキープしていたのが、今では$500〜600/トンだそうです。



続きを読む

2008年6月17日

豚エノキ炒め

20080617butaenoki.jpg


 豚肉とエノキと長ねぎを炒めただけなんですが、これは和食なのか?中華なのか?酒のつまみ的な一品です。エノキって日本やアジア限定のきのこなんでしょうか??天然のエノキっていうのもあるんでしょうか!?う〜んエノキって身近な茸だけど、生えてることも見たことありません。



続きを読む

2008年5月20日

そら豆の天ぷら

20080520soramametenpura.jpg


 ネットがつながるのは、まだまだ先のようです。自宅でネットが使えないというのは結構不便です。携帯でもある程度見れますがまだまだ不便。相当自分自身の仕事や生活にネットが不可欠になっているのを感じます。週末にどこかで集中していつも拝見しているブログやコラムを見ようと思っています。

 Anyway!先日ゴーヤーの綿の天ぷらを作った際に一緒に揚げてみたそら豆です。揚げたそら豆もなかなかナイス!



2008年5月13日

こごみの胡麻和え

20080511kogomigomaae02.jpg


 今日は寒いみたいですね。台風も来てるとか。ミャンマーのサイクロン、中国の地震も大変です。天災は避けることができないですが、その後の救済をしっかりやって欲しいです。

 こごみの胡麻和えです。まあまあのできでした。赤味噌を使ったのですが結構合いました。何となく胡麻和えは白味噌なイメージを持ってました。醤油でもいいのかもしれませんけど??
 こごみはクセが強い山菜ではないですが、ほのかな風味があります。これを活かすのはどんな料理なのか?どんな調理法や作り方が合っているのか?考えると結構難しいです。



続きを読む

2008年5月12日

こごみの辛子酢醤油和え

20080511kogomikarashi02.jpg


 こごみの料理は何だろうと考えると自分はいつも胡麻和えで食べているような気がします。胡麻和えは作るにしてももう一品何か作ろうと考えて、何となく辛子醤油+酢をイメージしたので作ってみました。結果、それなりに美味しくできたんですが、こごみのほのかな風味を生かせているかな~と考えると?です。触感的にはくるくるっとなった所は少しジューシーで、茎は良い歯ざわりで、それはナイス!まあお酒が飲めそうな一品かもしれません。


20080511kogomikarashi01.jpg
引いてみた写真



続きを読む

2008年5月11日

春の便りフロム実家

20080511kinome01.jpg


 雪深い田舎育ちの私にとって、春の食べ物と言えば蕗の薹(ふきのとう)やつくしと山菜でした。今年も、実家から木の芽(アケビの蔓の新芽)や独活、こごみ、山椒が送られて来ました。筍も春を感じる食材ですが、この木の芽を食べるとやっぱり春の感じがするのでした。木の芽は採ったら直ぐに茹でなければなりません。苦みが強くなり過ぎます。そして、できれば細いものがお薦め。育ち過ぎると硬くなります。
 今年も春を迎え、ほろ苦い木の芽を今年も楽しませて頂きました。感謝。でもスーパーで筍を発見できません。もう遅過ぎるような・・・



続きを読む

2008年5月 6日

そら豆を焼く時間

20080505soramameyaki.jpg


 そら豆は茹でるばかりでなくそのまま焼いても美味しいということで、網に載せて炙ってみました。先輩は直接コンロの火の所に放り込んで焼いていますが、ちょっとびびって網を使いました。これどの位焼いたらいいのか!?よくわかりません。少し焼き過ぎた感があります。


 全くそら豆と関係無いですが、これはしばらく前に散歩をしていて撮った写真。道路にはみ出ないように切られる木々の姿。デザインの一部になっているのに違和感を感じる今日この頃です。あまぞんりりーさんの写真で桜が伸び伸びと枝を広げているのを見て、本当はこう育つんだろうな〜と思ったのでした。


20080505cuttrees.jpg



2008年4月24日

雑炊とおじやは微妙に別のものだと思っていたさー

20080424genmaizousui.jpg


 「雑炊」と「おじや」の違いって何か?わからなかったんで広辞苑とネットで調べてみたら諸説あるみたいで全くすっきりしません。個人的には、こんな風に考えていました。

 雑炊 :汁物やスープで炊いたお米を煮て作る
 おじや:味噌汁の残りにご飯を放り込んで煮る

 おじやは雑炊の一部ですが、味噌汁限定。そんなものだとばっかり思っていました。だから私のイメージではこのエントリーの二つのものは雑炊。上:玄米雑炊(醤油味)、下:肉入り雑炊(醤油味)
 しかし、この定義はあくまでも私のもので一般的なものではないみたいです。う〜ん自分の定義が一般的なものだとすっかり信じ込んでいました。




続きを読む

2008年4月22日

わさび菜の醤油漬け

20080422wasabinashouyu.jpg


 NWで使ったわさび菜の残りを醤油漬けにしてみました。煮きった酒と醤油に漬け込んだだけ。わさびのようなツンとするわさび菜の独特の風味が、おひたしより強く出ているような気がしました。予想ではもっと黒っぽい色になるのかと思ったんですが、そうでもありませんでした。浅漬け過ぎるのかもしれません。



2008年4月15日

炒った煮干を食べて大人の階段を上った感じ

20080415iriniboshi.jpg


 NWのおかげで光合成をし始めそうですが、趣きを変えて煮干です。
 
 子供の頃、カルシウムを摂れと煮干や小魚を食べさせられたのですが大嫌いでした。「伯母さんの所のチビ(犬)は煮干を食べているから階段の3〜4段目から飛び降りても大丈夫なんだから!」というのが食べさせる理由の一つでした。親はいったい私を何段目から飛び降りても大丈夫にしたいんだろう!?少年ばぶおはそんなことを考えていたとかいないとか。それよりも伯母のお家のチビはマルチーズだったんですが、煮干を食べているからかどうかわかりませんが、色が一部ピンク。そっちの方が気になってました。煮干を食べるとピンクになるかも・・・



続きを読む

2008年4月14日

NWファイナルはアスパラ菜

20080413nw-jimotona.jpg


 昨日更新しようと思ったら、今朝になってしまいました。失敗。
 長々と続けましたNWの最後は実家から送られて来たアスパラ菜。あのアスパラとは関係無いみたいですが、美味しい菜っ葉です。鰹節と醤油でボリボリと食べました。
 菜っ葉ばっかり食べて何だか体が緑レンジャーになりそうです。



2008年4月13日

わさび菜のおひたし NWその9

20080413nw-wasabina.jpg


 昨日は友人の結婚パーティでベロンベロンでした。シャツを着て膝下位の股引にサスペンダー、素足を一部見せえの黒いソックス+革靴、そして紙オムツという出で立ちの新郎でした。写真を撮ったんですが、掲載は止めておきます。
 面白かったし、いいパーティでした。6月に二次会の幹事をするのでとても参考になりました。会場の周辺の渋谷区東の界隈、明治通りから北側の国学院や広尾高校辺りのエリアも面白そうなお店が沢山ありました。

 Anyway!NWの続き。わさび菜というのをスーパーで目にしたので買ってみました。とりあえずおひたしにして食べてみました。さっぱりしていますが、思ったよりピリッと感というかくせがありませんでした。サラダなんかにいいかもしれません。


20080413wasabina01.jpg
こんな形



続きを読む

2008年4月10日

玄米の野沢菜めし NWその5

20080410nw-nozawanameshi.jpg


 うぉっ地震です。う〜ん怖い。いろいろと困難が多い昨今。何とか明るいニュースを自ら作りたいと思うのですがなかなか。おっと弱音を吐いている場合じゃありません。

 Anyway!菜飯というのは、この時期になるとよく実家で食べさせてもらえたような覚えがあります。旬の菜っ葉を使っていたような気がするのですが、実家から届いた荷物に野沢菜が入っていたので、それを使って野沢菜めしを作ってみました。作ってみましたと言っても野沢菜を刻んで、炊いた玄米と混ぜて胡麻をふっただけのもの。超簡単です。



2008年3月31日

美味しい築地の鮭と魚を電子レンジで温める時は要注意!

20080331tsukijishake01.jpg


 最近パワーダウンの独身レシピです。週末の花見も寒くて寒くて、日曜日はキャンセルしてしまいました。今年の桜は少し変でした。花びらから散らず、花ごとというか花輪ごとというのか丸ごと散り始めていました。それと花の種類が関係しているのかわかりませんが、年々色が白くなっているような気もします。

 Anyway!先日築地に行った時に、テリー伊藤のお兄さんの玉子焼き屋さんから向かって左に2軒目の所で売っていた鮭のぶつ切り(?)の特売品です。自分でお金を払わなかったので500gか1kgか忘れてしまったのですが500円でした。骨がついた部分が中心ですが、脂がのっていてとても美味しかったです。


20080331tsukijishake.jpg
身の方からショット!



続きを読む

2008年3月28日

目を閉じてエリンギを食べる

20080326eringhiamakara.jpg


 ここのところ少しいろいろたて込んでいます。先輩と友達の結婚式の二次会の計画と会場選定、レポートの提出期限も間もなく、携帯のポイントの有効期限は今月末、新年度へのいろんな手続き、実現可能なのか引越、明日明後日は連荘で花見、春はいろいろあります。そして、今朝は二日酔い・・・


 Anyway!エリンギは目を閉じて食べればアワビみたいだ!ということを聞いておりましたので、チャレンジすることにしました。確かにあのエリンギの食感アワビに似てるかも。あの食感がナイス!醤油味で唐辛子を1本放り込んで少し甘辛に炊いてみました。どうしてそうしたかよくわかりませんが、直感というか何となくそういう調理法にしました。

 さて完成したので、目を閉じて食べました。あっあっアワビ・・・かも・・・・いやアワビだと思え!アワビだと思うんだ!!ていうか最近アワビなんか食べてないから食感忘れちゃってます。そして、少し煮過ぎ。う〜ん結局、エリンギは焼いた方が好きかもしれません。(調理失敗)



続きを読む

2008年3月24日

塩むすび お米の力を実感

20080323shiomusubi.jpg


 ご飯は一度に3〜4合炊きます。炊きたてを食べたら、残りを時々お弁当用や夜ご飯用におむすびにすることもあります。あとは冷蔵か冷凍。炊きたても美味しいのですが、冷えた時にお米の力を感じることができます。ちょっといいお塩を使って塩むすびにすると一層わかり易い。もち米かと思う程にもっちりしています。流石魚沼産コシヒカリ!

 表参道に出かけられたら是非、"新潟館ネスパス"にお寄り下さい。新潟産のコシヒカリ100%のお握りをはじめ、新潟の物産などが売っています。食事もできます。続きにホームページのリンクを載せました。ついでに関係無いのですが、築地のあの玉子焼き屋さんの写真も!!



続きを読む

2008年3月22日

少なくともあと2品欲しい ご飯と味噌汁オンリー

20080320umeboshigohanmiso.jpg


 白飯(「しろめし」と言って欲しい)と味噌汁が飲みたくなったのでシンプルに作りました。画面一杯に写真を撮って誤魔化していますが、実はお椀2つのみ。和定食の体裁を整えるにはあと少なくともあと2品、焼魚とお新香が欲しかった。更に小鉢か納豆を入れれば超ナイス!
 しかし、こだわりのものを一部に使っています。お米は魚沼産コシヒカリ、梅干しは紀州南高梅、味噌は原宿在住の先輩が作ったということで私が勝手に命名の「原宿味噌」を使用しています。

 切り干し大根の味噌汁は美味しいですね。大根の爽やかさが香る仕上がりになります。玉ねぎの甘味もあって我ながら美味しかったです。



続きを読む

2008年3月17日

堅過ぎた炊き込み牛蒡ご飯と東京散歩写真

20080317genmaigobou.jpg


 少し前の失敗した炊き込みご飯です。
 炊き込みご飯の水分量は難しいです。牛蒡(ごぼう)と人参を入れて玄米を使って作ってみたんですが、水分量が足りず堅く仕上がってしまいました。なかなか上手にいかないですが、牛蒡の炊き込みご飯は上手にできればとても美味しいです。久々に作りたくなって来たので、今週あたり再チャレンジしたいです。
 続きに写真を何枚か載せました。大手門から北桔橋門を歩いたんですが、その時に撮った写真です。ちなみに北桔橋門は「きたはねばしもん」と読むそうです。読めませんでした。



続きを読む

2008年3月12日

お腹に優しいのはやっぱりお粥

20080312okayuume.jpg


 いや〜体調を崩してぶっ倒れておりました。去年から風邪をひいた覚えがない!と言った舌の根も乾かぬうちに緊急外来へ駆け込みました。結果は急性胃腸炎もしくは胃腸に来る風邪とのこと。まあ入院は免れましたが、点滴を打って絶食&投薬。土日に同じ食事をした友人達に確認をとってもみんな元気な様子。体調不良で免疫力が落ちていたのかもしれません。何とか少し復活したので、まずはお粥からスタート。梅干しを落としてさっぱりと頂きました。



2008年3月 5日

蒟蒻の炊いたんが美味しくない

20080304satoimotaitan.jpg


 今晩は突然雨が降って来てまいりました。表参道の交差点の所で車がクラッシュしてました。雨が降るとは知らず傘も持たずだったので、ずぶ濡れになって帰って来ました。ちとさぶいです。何でも九州では雪が降るとか降らないとか!?

 実は昨年にヘルニアから復帰してからというもの、殆ど風邪をひいた覚えがありません。ちょっとひきかけたかなと思っても寝て起きると大抵大丈夫なんです。気のせいなのです。でももしかしたら風邪をひいてないと思い込んでいるだけかもしれません。とりあえずこのエントリーを書いているうちに寝てしまい、今頃目覚めました。もうひと寝入りしようかなと思っています。



続きを読む

2008年2月24日

菜の花のからし醤油和え

20080224nanohanakarashi.jpg


 菜の花がスーパーに並んでいます。大好きな葉ものの一つです。以前にも辛し醤油和えというのを作ったのですが、今回もそれにしました。今回は出汁を加えようと思ったのですが、出汁も無かったので鰹節を入れてみました。もう一品はシンプルに茹でて鰹節をかけて醤油で。シンプルだけど美味しい。
 葉ものを食べただけで健康になった気分になりました。


20080224nanohanasimple.jpg
超シンプル



続きを読む

2008年2月23日

ようやく2007新米そして昨日は猫の日だった

20080223popporogohan.jpg


 しばらくお米を食べていませんでした。お米が枯渇したんですが実家から届いておりませんでした。ようやく新米が届いたので、まずは白米から。まあ新米と言っても既に2月ですけどね。
 基本は玄米。でもやっぱり新米は白米から!新米は水やや少なめ。炊きあがりナイス!味超〜ナイス!!上にのってるのがポッポロ漬。
 伯父が作っているコシヒカリ。感謝!!ただ、最近の温暖化で魚沼が美味しいお米の産地としての環境を維持して行けるのか!?心配しておいります。


 ところで昨日2月22日は猫の日だったらしいですね。ちょっと宣伝になりますが、ねこばーさんこと高野玲子さんの個展が埼玉県の草加市と東京の銀座で来月あります。興味のある方は是非ご覧下さい。今回の新作ナイス!

 高野玲子公式HP:http://nekobarsan.com/index.html



2008年1月28日

鰤のアラと大根の炊いたん

20080128buriaradaikon.jpg


 鰤のアラが半額だったんです。それで大根を買って鰤大根にしました。作る前に和食の得意な先輩に電話して、しも降りと大根の煮方を確認して作りました。具体的なアドバイスとダラダラ炊かずにパッと炊くんだ!パッと!というミスター(長島さん)のようなアドバイスの両方を頂きました。う〜んパッと炊くって・・・まあとりあえずやってみんべ!!

 結果、大根超美味しい!教えてもらった通り糠を入れて茹でて、一旦ざるにとって水気を切ってしばらく冷ましてから煮ました。夜に煮たのですが、既に教えてもらっていた"煮物は冷める時に味が入るの法則"(!?)が頭にあったので、我慢して翌日の朝に軽く温めて食べました。大根が硬過ぎない位に程よく歯ごたえがあるのにちゃんと味が染みています。芯付近は色はまだ白い。噛むと大根の水気がプシュと弾けて来る感じに瑞々しいのに、しっかり味がついているみたいな感覚。う〜んナイス!

 ごつい生姜と白髪ねぎだな〜柚子を載せた方が良かったかも!?と思いつつも、まあらしいということでOK!
 鰤大根もいろいろ作り方があるんでしょうね。ディテールに自信が無いのですが、一応レシピを載せてみました。


<迷い>
 炊く(煮る)時間がよくわかりません??



続きを読む

2008年1月21日

ばぶお麺で味噌煮込みうどん

20080121n-misonikomiudon.jpg


 ラクセソワールさんご提供のモノプリショッピングバッグ(エコバッグ)プレゼント企画の応募は本日で締め切りとなります。1月21日AM8:00現在当選確率1/2と高確率!ご応募お待ち致しております。

 結局都心は雪が降りませんでした。少し残念でした。それでも本日は大寒。大寒らしく寒い。ここのところ、本当に冬らしい日が続いています。寒いけど少し安心なのです。
 写真は、ちょっと前に作ったものですが、寒い日にぴったりの味噌煮込みうどんです。麺は適当配合のばぶお麺煮込みうどん用太打ちバージョンです。蒲鉾を入れたかったと写真を見て思いました。味つけは八丁味噌が無かったので、赤味噌メインで麦味噌をほんの少しだけ加えてみました。
 ところで、味噌煮込みうどんと、ほうとうとの違いは何だろう??



続きを読む

2008年1月13日

春菊のおひたしと馬の歌

20080113shungikuohitashi.jpg


 昨日はめちゃくちゃ寒かったです。今日も寒いらしいですけど。
 春菊をおひたしにしてみました。なかなか美味しかったです。鍋に入れるのもいいですが、そのものを食べるのもナイス!でも鰹節くらいかければよかったかな!?
 生でサラダにもできるらしいですから、それも今度やってみたいです。



続きを読む

2008年1月 7日

磯辺餅 お餅プレゼント

20080107isobemochi.jpg


 今日から仕事初めの方も多いのではないでしょうか。今年もがんばりましょう!!
 昨日の磯辺餅です。お餅ばっかりです。でも、お餅が好きだから〜(古いですね)

 Anyway!日頃の独身レシピをご覧頂いております皆様への感謝+新潟の宣伝ということでお餅をプレゼント致します。お餅を正月にしか食べない方には時期が遅いよ!ということもあるかもしれませんが、それは置いておきましょう。お餅2パック(9個入り)+ポッポロ漬を1セットにして、抽選で3名様にプレゼントさせて頂きます。日頃コメントなさっているいないに関わらずご応募OKです!多くご用意できず恐縮ですが、新潟の美味しいお餅ですので、是非ご応募をお待ち致しております。詳しくは続きをご覧下さい。



続きを読む

2008年1月 4日

からみ餅

20080104karamimochi.jpg


 餅が大好きです。子どもの頃からの大好物です。冬はご飯より餅を食べていました。いろんなバリエーションで食べますが、正月のように胃を酷使している時は、贖罪のような気持ちで胃に優しいと思われる大根おろしをたっぷりと使ったからみ餅を食べます。餅と大根おろしとの一体感を重視するため、焼いた餅を一度お湯にくぐらせます。絵的には今ひとつだし、大根おろしも写真用で少ないですが、味はナイス!
 続きには餅料理のアーカイブリストを載せました。



続きを読む

2008年1月 2日

雑煮で始まる新年ナイス!

20080102zouni.jpg


 新しい年を迎えました。本年もよろしくお願い致します。喪中ですのでこのような挨拶で失礼致します。本年は帰省しませんでした。喪中ということもあるし、週明けからかなり忙しいのでその準備をしたいと思ったのであります。
 病院にいた昨年の正月とは違い、今年のブログは自分作の雑煮からスタート!昨年を思い返すと雑煮を新年早々食べられるなんて超素晴しい!!


 実家の雑煮を模して作りました。我が家の雑煮は、短冊に切った大根がたっぷり入った醤油味。餅は角餅を焼いて、お湯にくぐしてお椀に入れます。地方的には鮭を入れるお家が多いようなのですが、私があまり鮭を煮たものが好きではなく、そのため実家ではいつからか鶏肉になりました。これに蒲鉾を入れるともっと正月らしくなるかもしれません。やっぱり雑煮を食べると正月が来たという気がします。
 今年もどんな展開になるかわからない独身レシピですが、何卒よろしくお願い申し上げます。


20080102zouni01.jpg
雑煮とわかるように餅を見せます



続きを読む

2007年12月24日

冬至だったので ほうとう

20071224n-houtou.jpg


 先日冬至だったので南瓜(かぼちゃ)を食べようと"ほうとう"を作ってみました。ほうとうがどういうものかよくわからないのですが、南瓜が入っているイメージ。ほうとうは甲府駅の近くのお店で何回か食べたくらいです。何となく冷蔵庫にあった野菜で作ってみました。うどんは手打ちです。味はなかなかでした。



続きを読む

2007年12月22日

湯豆腐の肉入りって鍋? そしてやっぱり迷うタレ

20071222nikudoufu02.jpg


 湯豆腐の肉入りのつもりなんですが、それって鍋?肉豆腐?お酒が大量に入っていませんが若干常夜鍋風。常夜鍋食べたい。大量の豚肉・・・
 やっぱり迷うのがどんなタレで食べるか。今回は"麺つゆ+生姜おろし"にしました。美味しいんだけれど、どツボではない。毎回悩むのでした。今回は締めでご飯ものも麺も食べずに終了〜


 眠いっす。課題作成中!更新している場合!?・・・今日で年内の勉強の方の山場は終了。課題が終わったら仕事の合間に難解な本を約40ページほど。昨日は食事を断ったりでバタバタ感が公私ともに続く。まあそんな時期。今年は入院しないようにと祈るばかりです。
 鍋物は簡単。切って放り込むだけ。野菜も摂れるし、この時期には最高ですね!ただ独り鍋ですが何か?^^i



続きを読む

2007年12月19日

当然だけど崩れまくりの巻繊汁

20071219s-kenchin02.jpg


 おかげ様で口内炎は治りました。いろんな治し方を教えて頂きましてありがとうございました。おかげでもう口内炎になってもへっちゃらな気がします。


 里芋が安かった時に巻繊汁(けんちん汁)を作りました。寒くなっているので汁ものが温まります。以前に作った時に書きましたように、巻繊汁は豆腐を崩すものだそうなので、豆腐が崩れていて当たり前なんですが、今回はかなり崩れてしまいました。上の写真は二日目の写真ですが、最初からこの位崩れていました。二日目の方が美味しいと感じた今回の巻繊汁でした。



続きを読む

2007年12月16日

きのこの炊き込みご飯

20071216kinokotakikomigohan.jpg


 今日は仕事の予定がキャンセルになったのでゆっくり寝てればいいのに、目を覚ましてしまいました。最近、0〜1時位に寝て、4〜5時に起きるというパターンが多いです。それから3〜4時間くらい勉強してから支度をして出かけるという感じ。よくわからないうちに朝型人間になっています。


 Anyway!これはちょっと前に作った料理です。炊き込みご飯は水加減にいつも神経を使っています。というか失敗することが多いんです。米+出汁+調味料で炊飯器のここまでの線に合わせて、お米によって多少の微調整をしています。以前にこれで玉ねぎを多く入れて作ったら、ベシャベシャに炊きあがりました。野菜の水分も計算に入れる必要性をわかりました。
 それと、炊き込みご飯の人参ってかなり柔らかくなりますね。薄く切っているからかもしれませんが・・・・



続きを読む

2007年12月13日

玄米お握り 高菜とゆかり

20071213takanaonigiri01.jpg


 MW中ですが時々玄米を食べていました。そして、たまにお握りにしてお弁当にしたりしてました。ばぶお流お握りはゴツくて丸いお握りです。2つをお昼に、もう一つは夜に授業が始まる前に食べる用です。高菜はお土産にもらった高菜漬けを炒めて作っておいたもの。ゆかりはふりかけ。
 遅くなって大変恐縮ですが夜にコメントの返事をさせて頂きます。MWの最終麺も更新するつもりです。


20071213takanaonigiri02.jpg
意味も無く少しだけアップ 



2007年12月12日

MW中ですが宴会レシピ クエ鍋と怖い魚

20071211kuenabe01.jpg


 凄い魚で日曜日は鍋をするって宣言しておりました。して何の魚だったかというと和歌山出身の友達の実家から送られて来たクエだったのです。いや〜美味しかったです。身がプリプリしてるし、いい出汁が出るし、最後の雑炊まで美味しかったです。最近栄養は人のお家で摂っている気がします。
 しかし、話はこれだけでは終わらない。実はもっと凄いというか恐ろしいことが・・・そして更に更にびっくりすることがあったのでした!詳しくは以下に書いております。
 宴会レシピと書きましたが、レシピを詳しく書いてある訳ではありませんでした。
 今日・明日と勉強が山場。今朝も5時過ぎから勉強中です。このエントリーも昨日の深夜に更新するつもりでしたが、今朝になってしまいました。


20071211kuenabe02.jpg
クエの切り身


20071211kuenabe03.jpg
締めはアラを炊いた出汁で雑炊
まいう〜(古!?)


それでもってもっと凄いというか怖い魚は・・・



続きを読む

2007年12月 2日

湯豆腐のタレを迷う

20071202yudoufu.jpg


 ここ数日は日中は比較的温かい感じがしますが、夜は結構冷えます。冬に入って湯豆腐の機会も多いのですが、最近タレで迷います。オーソドックスにポン酢で食べたり、単なる醤油だったりすることもあります。ブログを拝見させて頂いていろんな味つけをみなさん楽しんでいらっしゃることがわかります。そろそろ私も新しいタレにチャレンジしたいと思っています。
 今回は切り干し大根とキャベツを入れてみました。



続きを読む

2007年11月14日

蒸し鶏と蒸し野菜の大葉にんにく醤油かけ

20071114vegonshouyu.jpg


 一時大ブームとなった大葉にんにく醤油を使った料理の写真がありました。鶏肉と野菜を蒸してさっと大葉にんにく醤油をかけただけのもの。さっぱりして野菜をたっぷりと頂ける一品です。大葉にんにく醤油を考えた方が、以前私のブログにも来て頂いたのでリンクを作ろうと思ったのですが、残念ながらブログはお止めになられたようです。代わりにその方のクックパッドのURLを載せておきます。いろいろ楽しませて頂くことができましてありがとうございます。

 レシピ 大葉にんにく醤油(基本おむすび) by 勇気凛りん


 何だか野菜が高くないですか!?原油高もありハウスものの価格も上がっているようです。株安も気になる所です。
 仕事も学校の両方ともちょっと忙しくなって来ました。



続きを読む

2007年11月 7日

網焼きオクラはどっち向き?

20071106okura.jpg


 網でオクラを焼いてみました。シンプルに雪塩で食べてみました。結構中は熱々ですので、食べる時は火傷注意です。
 オクラって英語なんですね。漢字でどう書くのだろうと探してみたら、日本の野菜じゃなくてアフリカ原産の野菜ということを知りました。幕末〜明治初期にかけて日本に入って来たらしいです。すっかり日本の野菜かと思っていました。



続きを読む

2007年11月 2日

京揚げをマヨネーズ醤油で!

20071102kyouage01.jpg


 京揚げというのを発見したので買ってみました。油揚げとか厚揚げとかは地域で言い方が違っていますよね。かなり大きな油揚げという感じで、普通の油揚げの2倍位の大きさがあります。油揚げを焼いてマヨネーズ醤油で食べるのが好きなのです。友達からは、油揚げはおろし生姜と醤油の方が美味しいと反対されています。油揚げとマヨネーズ醤油とご飯って黄金パターンだと思うんですけどね〜^^
 でもこの揚げは超でかいのですが、京都ではどうやって食べるんでしょう?でか過ぎるからお稲荷さんにしても特大お稲荷になってしまいます。


20071102kouage02.jpg
お皿からはみ出す程のでかさ!



続きを読む

2007年10月27日

ふりかけ男 だったん蕎麦ふりかけで玄米を食ふ

20071027dattansobafurikake.jpg


 子供の頃は「ごま塩男」でした。まあごま塩だけでなく、他のふりかけも好きなんですけどね。これは、だったん蕎麦ふりかけってやつです。なんでもルチンとかなんとかという栄養分が沢山なんだそうです。あられを砕くような食感がとてもいいです。これはまるかもしれません!う〜んナイス!!
 玄米はよ〜く噛んで食べるようにしています。30回とか思って噛んでるんですが、顎が疲れます。
 今年はまだ新米が届きません。待ち遠しいです。



続きを読む

2007年10月21日

なんだかんだ言ってやっぱり粉物も好きだぜ!

20071021cabbegeyaki.jpg


 休日に早起きする。何だか損した気分になります。
 Anyway!なんだかんだ言っても、やっぱり粉物系も大好きなのです。小麦粉ラブです!!この前あんなエントリーを書いておきながらなんですが、やっぱり粉物料理もパスタもうどんもパンも、好きなものは好きなんです。美味しいもん!米も食うけど、これからも時々ばぶおパンだって焼くぜ!!


 それでもってこれは、小麦粉と刻んだキャベツと卵というシンプルなものです。お好み焼きと言えるかどうかという代物です。どちらかと言うと私の好きなフライです。キャベツじゃなくて、長ねぎや九条葱などを入れたりすることもあります。おたふくソースや醤油、あるいはポン酢で頂きます。輸入小麦粉だろうcoopの薄力粉を使っています。国産の北海道小麦粉にすれば約倍の値段だったと思います。安ければ安いにこしたことはないんですけどね。



続きを読む

2007年10月19日

お米を食べようぜ! 焼鮭朝食玄米バージョン

20071018yakishake.jpg


 暫く麺類のレシピ更新で行こうと思っていたんですが、前のエントリーでも書いたように、一昨日の夜に、日本の米農家が存続の危機に瀕しているという番組を見てしまい。何だか米所の出身としては麺類のレシピを続けるのがちょっと忍びないように感じたので、昨日の朝食に玄米と超塩っぱい塩鮭を焼いて食べました。でもきっと舌の根も乾かぬうちに明日は麺類のエントリー。たぶん。


 塩鮭は築地の場外で売っているらしいです。もらいものです。魚焼きグリルが無いので、冷凍しておいた塩鮭はレンジで解凍してフライパンで焼きました。そしたら無惨にも割れてしまった・・・しかも、納豆はパッケージのままだし。でも自分だけで食べるのに洗い物を増やすなんかできない。そういえば昔つき合っていた女の子は、惣菜とかをパッケージのまま食べると怒ってたな〜



続きを読む

2007年10月 4日

林玄米

20071004hayashigenmai.jpg


 やっぱりハヤシはご飯と合わせる方がいい。そういう訳で玄米にしてみました。ハヤシ玄米と書けばいいのかもしれませんし、これもハヤシライスですが、何となくタイトルは漢字にしてみました。まあ何となく林を選びました。
 Anyway!結論!ハヤシはやっぱり白米で食べるのが美味しい!!


<悩みと疑問>
 ハヤシライスは洋食か和食か?
 ハヤシ、ビーグシチュー、ビーフストロガノフの境界線が曖昧だ。
 ハヤシのハヤシは一体何?



2007年9月28日

カボチャの煮過ぎ

20070927nikuzurekabocha.jpg


 カボチャ料理なんか普段はあまり作りません。以前に作った蜂蜜カボチャにしようかと思いましたが、カボチャの煮物!?に挑戦してみました。出汁と醤油とみりんで煮ただけですが、煮過ぎて柔らかくなりすぎました。失敗です(><)



2007年9月27日

独身男の糠漬け日記 アスパラ

20070926asuparanukaduke.jpg


 おはようございます。最近じゃあめっきりと糠味噌の匂いが板について来た独身男ばぶおですが何か!?
 はちみつみるくのぺぺさんのお薦めで漬けてみたアスパラの糠漬け。これ美味しいですよ!意外な食材がこんなに美味しいとは!!びっくりしました。



2007年9月18日

あおさの味噌汁

20070917aosa.jpg


 友達から沖縄のあおさをもらいました。パッケージには「あぁさぁ」と書いてあるけれど、ラベルには「あおさ」ときっちり書いてあります。あおさとはヒトエグサと書いてありますが、岩海苔ということでしょうか!?
 まあとりあえず味噌汁にしてみました。今回は麦味噌にしましたが、赤出汁にも合いそうです。ただ、豆腐くらい入れれば良かったかもしれません。
 他に何に使おうか??


 3連休は従妹を動員しての部屋片付け、ご近所さんの引越の手伝い、少し仕事、先輩の家でご飯といった過ごし方でした。来週は自転車で何処か行こうということなんですが、来週締め切りのレポートが3つもあるんで行けるかどうか微妙です。


20070917s-aosamiso.jpg
あんまり映えない姿・・・ 



続きを読む

2007年9月15日

独身男の糠漬け日記 泉州の水茄子

20070915nasunukaduke01.jpg


 もうある意味開き直ってます。
 泉州の水茄子というのをもらったので漬けてみました。茄子はこれまで漬けたことがあるのですが、なかなか上手に漬かりません。何で芯まで漬からないのかな〜と思っていたら、茄子は1〜2日漬けないといけないみたいですね。今回は1日半ほど漬けたので芯までかなり漬かったのですが、色が飛んでしまいました。今回は最初に塩揉みして、アンさんにアドバイスを頂いた通りヘタの部分に十字に切れ込みを入れてから漬けてみました。


20070915nasunukaduke02.jpg
茄子は難しい



2007年9月 6日

厚揚げの網焼き 飲ん兵衛班メニュー

20070906atsuageyaki.jpg


 台風直撃らしいですね。被害が少ないことを祈るばかりです。
 近所の飲み屋さんの定番メニューを自宅で作ってみました。じっくり網の上でぷっくりと膨れるまで厚揚げを焼いて、生姜と長ねぎを薬味にして醤油で食べます。お酒が進みます!



続きを読む

2007年9月 5日

胡瓜の糠漬け

20070905nukaduke.jpg


 実はついに糠漬けまで始めてしまいました。それってどうなの!?と思ったし、本当はタイトルも「独身男が糠漬けって、どんだけ〜〜」にしようかと思ったのですが、既に古いかなとも思ったためシンプルなタイトルにしました。

 
 お茶うけは漬物で育った私です。普段から野沢菜を丼で食べていて急性腎炎を患った父の遺伝子を引き継いでいるためか、漬物が大好きなんです。しかし、漬物って買うと高いし、いろんな添加物みたいなものが入っているので、どうせなら作っちまえ!と思って思い切って作ってしまいました。
 とりあえず糠のパッケージに書いてある作り方で糠床を作って、その後にアンさんこちらのホームページを教えて頂いたので参考にしています。最近結構美味しくなってきましたし、宴会に持って行ったりと重宝しています。しかし、しばらく独身レシピのタイトルが変わる気配はありません・・・



2007年8月25日

もずく酢 他にもずく料理って??

20070825mozukusu.jpg


 もずくって見た目で損するタイプですね。でも栄養満点なんですよね。
 沖縄もずくをもらいました。もともともずくはそれほど得意な食べ物ではなかったのですが、最近はもずく酢とかメニューにあれば注文してしまいます。でも他にもずく料理と言ったら天ぷらくらいしかわからないのです。まあ先日はチャレンジでチヂミにもずくを入れてみましたけど。ネットで検索してみてもそれほど沢山のレシピが出て来ません。どんな料理があるのでしょう??
 もずく酢は、一緒にタレが入っていたので器に盛ってそれをかけるだけでした。


 昨日は友人のバースデイパーティだったので料理は作っていません。そんな訳でジャガイモ料理を作れなかったので、もずく酢の登場と相成りました。



2007年8月21日

豚汁の豚抜き レッドホットサマーバージョン

20070821jw-s-tonnukihotsummer01.jpg


 じゃがいもたっぷりの豚汁を作ろうと思ったんですが、豚肉がありませんでした。という訳で豚肉抜きで!それって芋煮でいいんでしょうか!?練り胡麻とコチュジャンを入れてホットに!ぼう〜としていたらじゃがいもがかなり溶けてしまいました。豚肉が入っていなくても十分美味しい。これで残暑を乗り切れるでしょうか??食べてる時は滝汗でかなり暑いんですけどね。涼しいブラジリアンミュージックをちょっと紹介してみました。


20070821jw-s-tonnukihotsummer02.jpg
斜めから



続きを読む

2007年8月20日

新じゃがいもの煮っころがし

20070820jw-nikkoro01.jpg


 JWは終了した訳ではありません。それでもって作ったのが煮っこころがし。新じゃがのいい所には、皮が柔らかくそのまま食べられるという点があるかと思います。そんな訳で作ってみました。こういうのは実家でよく食べていましたが、自分で作るのは多分今日で2回目です。簡単で結構美味しくできるもんですね。


 週末はライブに行って来ました。いつも思うんです。どうしても日本のライブや演劇は、アンコールが常にセットになっている気がします。内容に限らず、いつもアンコールがある。公演中に結構喋っていた人もアンコール♪アンコール♪と拍手している。でもアンコールって言っていた人もアンコールが一回終わるとそそくさと立ち去ってしまう。もう一度歌って欲しかったんじゃないのかな〜??まあいっか!



続きを読む

2007年8月19日

ストレート生姜焼き丼 玄米バージョン

20070819shougayakidon.jpg


 昨日の都内は猛暑と打って変わって、秋を感じるように涼しかったです。さて、バテバテで冷たいものばかり食べることが多くなっていますが、たまにはパワーをつけないといけません。そんな時に生姜焼きなんかどう!?ということでキャベツも載せない生姜焼き一本の丼!玉ねぎも使ってますけどね。もらったリンゴが冷蔵庫でグレそうだったので、擦り下ろして使ってみました。生姜焼きってやっぱり簡単で美味しくてナイス!ゴージャスに!?ラーメン丼で頂きました。



続きを読む

2007年8月10日

冬瓜のおひたし

20070809touganohitashi.jpg


 冬瓜のスープの残りの冬瓜をおひたしにしてみました。簡単に湯がいて、冷水にとって、麺つゆで味つけしました。冷やした方が美味しいのではないかと思ったので少し冷やして食べました。ほんのり苦みがナイス!これは酒のつまみメニューです!!



続きを読む

2007年6月30日

だしで玄米そして冷奴

20070628dashi_genmai.jpg


 こなみさんが山形の郷土料理のだしを作っていらしたので、私も久々に作ってみました。こなみさんは納豆昆布を入れてねばりを出していらしたんですが、納豆昆布が無かったのでオクラで代用。以前に作った時は粘りが出る素材は無しでした。
 やっぱりこういう和食はいいですね。今回は、温かい玄米ご飯にかけて食べて、後から冷奴でも食べました。


20070629dashi_toufu.jpg
翌日には冷奴にかけて食べました



続きを読む

2007年6月22日

味噌味の大根と蒟蒻の炊いたん

20070620daikonmisotaitan.jpg


 醤油がありません。買い物は控えています。食材は限られています。大根と蒟蒻(こんにゃく)とパプリカでどうするのか!?味噌で炊いてみました。パプリカは炊きません。

 何とか炊きましたが、蒟蒻に味が染みていません。なぜ!?先輩に聞いてみたら、蒟蒻はから煎りするか、叩いて柔らかくすると味が入り易いとのこと。そんなこと知らなかったです。和食は難しいですね。きっちり勉強しておきたいです。アドバイスを頂ければうれしいですm(_ _)m


20070620daikonmisotaian02.jpg
初めて蒟蒻クルクルができました!



続きを読む

2007年6月17日

炒め野沢菜飯 高菜飯風玄米仕様

20070615nozawanameshi.jpg


 漬かり過ぎた野沢菜を使って高菜飯風の野沢菜飯を作りました。実家では野沢菜が漬かり過ぎて酸味が出て来ると炒めたり、煮干しの出汁で煮て煮菜(「にいな」といふ)にして食べます。

 今回は、おてもやんさんの高菜飯のイメージが頭に残っていたので、野沢菜でアレンジしてみました。ご飯は玄米を使用。



続きを読む

2007年6月 9日

八丁味噌で豚汁

20070608s-hacchoumisotonjiru.jpg


 北海道から友人が来て飲んだくれておりました。ゲストが来ているのに酔い潰れる男・・・ただ毎日飲んだくれているように思われるかもしれませんが、平日はそれほど飲んでいません。そう言いながら今週は3日も飲んでます。しかしながら、ここ数日は晩ご飯をそれほど食べてなかったりして2kg減。そして、4時間〜4時間半経つと目覚める男・・・

 Anyway!少し前になりますが、八丁味噌で豚汁を作ってみました。八丁味噌が残り少なくなったので、一度黒砂糖さんみたく八丁味噌で豚汁を作ってみたかったのです。八丁味噌の豚汁ナイス!八丁味噌がこれで切れたのでまた買おうと思います。今度はどの八丁味噌にしようかな〜。

 豚汁って炒めますか!?ヘルシーにしようと思って炒めずに作りました。



続きを読む

2007年6月 3日

醤油なのか?塩なのか? 胡瓜とワカメの酢の物

20070602cucwakamesunomono.jpg


 最近自分の中でどっちにするか迷っていることと言えば、「パーマか?坊主か?」、それと「酢の物の味つけは醤油か?塩か?」ということです。とりあえず今回は、醤油にしてみました。塩も使いましたけど・・・これ作り方知らないんです。適当に作ってみました。だからきっと違う気がします。
 そして、大問題発生です。バッグが無くなってしまいました・・・勉強道具が入っているんだけど(T_T)たぶん馴染みのBarだと思うんですけど。無くした理由!?深酒です(> <)


<材料>
 胡瓜、乾燥ワカメ、茗荷、塩、酢、砂糖、醤油、



続きを読む

2007年5月29日

ばぶお麺 極太適当麺

20070526n-babuomen_futo.jpg


 突然、小麦粉を捏ねたくなることがあります。先週末がそれでした。捏ねた先にイメージしたのは、先日の棊子麺(きしめん)。無謀かなと思いつつ作ってみました。それでもってできたのが、きしめんらしからぬこ〜んな太〜い麺です。どんだけ〜
 茹でると膨らむんですね。う〜ん小麦粉料理は奥が深い!まあもともと適当に作っていますから。計量もせずに強力粉と塩と水で作っています。きしめんと言うのが憚られたし適当系なので「ばぶお麺」ということにしました。でもこの太さでも割と美味しかったです。きしめんタイプも成功したように見えます。生パスタのいい練習になったかも。使った道具も餃子の皮を作るようの短い麺棒だけです。麺打ちセットなんかありません。これでも一応自家製麺!?
 ちなみにこの麺は生醤油で小ねぎと鰹節をトッピングにして食べました。


20070526n-babuomen_futo02.jpg
きしめんではない(とは言えない)


20070526n-babuomen_kishi.jpg
何となくきしめんに見えてきません!?
違う味でと思って、ポン酢にしました。



続きを読む

2007年5月24日

春菊と豚肉の炊いたん

20070523syungikunimono.jpg


 春菊が食べたくなりました。お浸しとも思ったんですが、よく実家の食卓に並ぶ、菜っ葉と豚肉と油揚げを炊いたものを作りました。春菊っていい香りです。
 ところで冷凍庫に間もなく2年になる塩ウニがあるんですが、食べられるでしょうか!?大丈夫そうな気がするんですが、ちょっと自信がありません。


<材料>
 春菊、豚バラ肉、油揚げ、塩、酒、みりん、醤油、出汁(煮干し+鰹節)



続きを読む

山椒の佃煮とごま塩男

20070522sanshoutsukudani.jpg


 少しデザインを変えてみました。ありがたいことに友人のデザイナーが無償(半強制的)にて協力してくれました。作ってもらった画像を使って現在微調整中です。一番利用者が多いWindowsのIEでちゃんと見れているのかがちょっと心配です。
 それから何名か私の名前を間違えていらっしゃるみなさん!(笑)プロフィールの所にローマ字表記を追加しましたのでご確認下さい。次回から何食わぬ顔で正しく「ばぶお」と使って下されば結構でございます〜(笑)以前からもっと早くローマ字を表記しておけば良かったですね。かえってご迷惑をお掛け致してすみませんでした。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

 Anyway!本題です。先日実家からもらった山椒で佃煮を作っておりましたが、エントリーを作っておりませんでした。フレッシュなもの程ではありあませんが、なかなかいい香りがしてます。飯の供(友?伴?)にはいいみたいです。
 かつて、ごま塩ばっかり食べていて親戚から「ごま塩男」と呼ばれていました。独り暮らしを始めてからは、ごま塩食べ放題だったんですが、最近はそれほど食べなくなりました。大人の階段を上ったのかもしれません。
 いずれも玄米で頂きました。


20070522gomashiogohan.jpg
ごま塩+ご飯、ただそれだけでよかった・・・


<山椒の佃煮材料>
 山椒の葉、酒、みりん、醤油



続きを読む

2007年5月18日

簡単しば漬け混ぜご飯

20070515shibadukemazegohan.jpg


 先週くらいから時々、夜は飲んだくれていたりします。座るのが今ひとつなので、立ち飲みをすることが多いです。先日も行きたかった「なるきよ」という立ち飲み&座敷がある面白い形態のお店に連れて行ってもらいました。もちろん立ち飲みエリアで飲みました。しめ鯖が特に美味かった。他にも魚貝類やモツの鉄板焼きなどもナイス。

 そんな訳で飲んだくれているので、あっさりしたご飯が美味しい。それで、昔の仕事でお客さんに食べさせてもらったしば漬けの混ぜご飯が食べたくなったので、記憶を頼りに作ってみました。しば漬けと香味野菜の混ぜご飯と言った方がいいのかもしれません。
 塩気はしば漬けの塩気のみ。好みで塩気が足りなかったら一塩加えるといいかも。ただ塩分の取り過ぎには注意です。香味野菜と一緒に混ぜるだけの簡単でさっぱりした混ぜご飯です。

 しば漬けというと大原の土井志ばを思い出します。京女に連れて行ってもらったのですが、連れて行きながら、自分ん家は他の小さいお店のものをいつも食べてると言って、何だよ〜だったらそっちに連れて行ってくれよ!と思ったことを記憶しています。今回は土井志ばじゃなくて、川勝という所のしば漬けを使って作りました。


<材料>
 しば漬け、青紫蘇、生姜、茗荷、ご飯



続きを読む

2007年5月16日

山椒の葉で山椒醤油 そして浅葱

20070513sanshouasaduki.jpg


 母の日に親不孝者の放蕩息子のもとへ届いたのは、玄米だけではありませんでした。山椒の葉と浅葱です。
 実家には山椒の木があります。いっぱい送ってよ!とお願いしてあったら、こんなに送って来ました。ご近所さんにお裾分けしました。自宅では山椒醤油をまず作ってみました。それを冷奴で頂きました。香りがたまりませんね。世の中では「木の芽」って言うんですよね。実家では木の芽はアケビの新芽。山椒の葉は「山椒の葉」なんです。

 「浅葱」というのはこの漢字でいいのでしょうか!?実家ではいつも「あさづき」と言っていました。しかし、「あさつき」と入力しないと「浅葱」と出て来ません。Macだから?それとも訛り?浅葱も実家に生えていて、父がよく食べていました。子供の私にはちょっと辛かった覚えがあります。皮を剥いてそのまま食べます。田舎の蕎麦屋に置いてあったりしますが、自分だけ食べたらその日はチューは諦めて下さい。食事は蕎麦屋なんていう渋いデートコースの際はご注意を!!



続きを読む

2007年5月13日

蕪菜の味噌汁

20070511s-kabunamiso.jpg


 前の蕪菜のパスタに続き、蕪菜の味噌汁を作りました。八丁味噌に爽やかな蕪菜の香りがナイス!


<材料>
 蕪菜(蕪の葉)、えのき、人参、八丁味噌、出汁



2007年5月 9日

わしたポークでゴーヤーチャンプルー 「ゴーヤーの日」

20070508wporkgychanpurur.jpg


 スパムを使わずに、わしたポークを使って、ゴーヤーチャンプルーを作りました。これにて「ゴーヤーの日」のお祝いは終わり。
 外に出ると考えること、感じること、ひらめくこと、ときめくことが沢山あります。療養で自宅をいた時は、本やDVDなどを沢山読んだり見ることができますが、それとは別に外で体全体で刺激を受けるというのはいいものですね。これから学校でまた刺激を受けてきます。


20070508washitapork01.jpg
ポークなのに鶏肉も入ってるらしい。なぜ!?


20070508washitapork02.jpg
この開け方がとても懐かしい。
ただ、資源ゴミなのか?燃えないゴミなのか?どっち??



続きを読む

2007年5月 8日

「ゴーヤーの日」は今年も朝パスタでスタート!

20070508p-wafuugoryar.jpg


 おはようございます!やって来ました「ゴーヤーの日」。やっぱりトップバッターはゴーヤーの朝パスタでしょ!!去年も一品目はパスタでした。昨日も朝パスタですが何か!?(笑)「ゴーヤーの日」と煽っておきながら夜の更新が遅くなる可能性があったので、素早く1発目を打ち上げ!!ゴーヤー料理をお作りになられたら、是非トラックバック下さい♪


 ゴーヤーと鰹節の相性がいいということで、和風の醤油味にして鰹節をかけました。ちょっとゴーヤーの投入が早かったようです。Richard Hutten(http://www.richardhutten.com/)の"Zzzidt-object"の上で撮っているんですが、わかりませんね。
 では「ゴーヤーの日」はゴーヤーで楽しみましょう♪



続きを読む

2007年5月 4日

たこ焼き

20070501takoyaki.jpg


 先日、3年ぶりに自宅でたこ焼きを焼きました。たこ焼き器の使用もようやく2度目です。全く使っていませんでした。たこ焼き器になっているのですが、プレートだけをガスコンロの上に置いて焼きました。
 たこ焼きは大好きなのですが、近所には私の希望にミートするたこ焼き屋さんがありません。歩いて5分位の所に1店ありますが高い。竹下通りにもできたらしいですが、あの人混みをかき分けて買いに行く気力0。自分で焼いちゃえよ!ということで3年ぶりのたこ焼きとなった訳です。材料もあるもので作りました。ただ、マヨネーズが切れていました(T_T)
 ちなみにゴールデンウィーク特別企画の『世界の料理で旅気分シリーズ』が終わった訳ではありません。日本編が続いているだけです。(強引か!?)まあそういうことでございます!


<材料>
 蛸(茹で蛸)、薄力粉、卵、出汁、長ねぎ、生姜、塩、ソース、鰹節



2007年5月 3日

空豆と鶏肉とさっと炒め

20070430soramametorinikuitame.jpg


 今日は憲法記念日でした。改憲、護憲にかかわらずもっと憲法について勉強して、議論しなければならないと思います。
 空豆もそろそろ時期が終わりなので、前から作りたかった「なっちゃんのダイニング」のなっちゃんのそら豆と鶏肉のさっと炒めを作りました。これは照り焼きみたいな感じで、酒のつまみにいいですね。空豆とねぎの甘さと甘辛い鶏肉を食べたら、ビールがグビグビ行けます!ナイスレシピ!!


<材料>
 空豆、鳥モモ肉、長ねぎ、片栗粉、みりん、醤油


<作り方>
 そら豆と鶏肉のさっと炒め:なっちゃんのダイニングさん



山菜フロム実家

20070430sansai01.jpg


 この時期には山菜を食べないとやはり春のルーティンを終えた気がしません。実家にリクエストして調理済みの山菜送ってもらいました。『世界の料理で旅気分シリーズ』第8弾は日本です。日本も世界の一つだし(^^)
 私の地元で特徴的な山菜がアケビの新芽です。アケビの蔓(つる)の新芽のことなのですが、地元では「木の芽」って言います。実家では山椒の葉は「山椒の葉」。木の芽はさっと茹でて食べます。うずらの卵を落として鰹節をかけて食べますが、今回は、うずらの卵は買わずに鰹節だけで!ほろ苦さがたまらなく春!!
 木の芽を紹介しましたら、「さあ今日は何を食べようか」のcocousaさんが新潟に行った際に買って来てお食べになられました。ありがとうございます!ドイツやアメリカでもワラビは採れるようなのですが、これはあるでしょうか!?

 奥に見えるのは独活(ウド)のきんぴら?炒めたものです。私のイメージでは独活の炒め物はこういう色です。鉄の鍋で炒めるからその色がつくのかもしれません。でも白い独活ってびっくりだったんですよね。


20070430sansai02.jpg
木の芽。同じような写真ですがクリックすると更に拡大。



続きを読む

2007年4月25日

肉味噌スパゲッティじゃぱん

20070422p-nikumiso.jpg


 東武のデパ地下で50円/100gの特売の豚ひき肉をもらいました。ということでJamesの嫁さんのお母さん(日本人)の肉味噌スパゲッティが超美味しいので、それをイメージして作りました。


 今回の肉味噌は、はちみつみるくのぺぺさんのレシピを参考にして前日に調理。肉味噌は美味しかったので、つまみ食いで1/3ほど食べてしまいました。八丁味噌を使いましたが、今、考えるとJames嫁ママのは信州味噌だったかも。まあいいじゃん。それと椎茸を加えても良かったかも。和風の仕上がりのパスタでしたがちょっとオイリー。出汁を加えてウェットな仕上がりにしても良かったかもしれません。


<肉味噌材料>
 豚ひき肉・・・・・・・・200〜300
 長ねぎ・・・・・・・・・みじん切り大さじ1
 にんにく・・・・・・・・みじん切り大さじ1/2
 生姜・・・・・・・・・・みじん切り大さじ1/2
 醤油・・・・・・・・・・大さじ1
 酒・・・・・・・・・・・大さじ1
 砂糖・・・・・・・・・・小さじ1
 八丁味噌・・・・・・・・大さじ1
 胡麻油・・・・・・・・・大さじ1

<肉味噌スパゲッティ材料>
 赤唐辛子・・・・・・・・1〜2本
 ピーマン・・・・・・・・1/2個
 玉ねぎ・・・・・・・・・1/8個
 長ねぎ・・・・・・・・・5cm
 胡麻油・・・・・・・・・大さじ1
 パスタ・・・・・・・・・120g(スパッゲッティ、バリラ#5)



続きを読む

2007年4月24日

2007 ゴーヤー開き

20070421goryarchampurur.jpg


 ゴーヤーの値段は少しは下がって来ましたでしょうか!?昨年はゴーヤーウィーク=GWなどとゴーヤーづくしをやってみたり、ゴーヤーを擦り下ろした恐ろしいカレーを作ったりとあのほろ苦さに大はまりでした。そろそろ今年もゴーヤー!ということでついに解禁、ゴーヤー開きです!!
 やっぱり初日はゴーヤーチャンプルー!これは私の中の本家ゴーヤーチャンプルーことヤヨイさんのところで、1〜2mmの薄切りにと書いていたのを見て薄切りで作り始めてから、劇的に美味しくなりました。私は断然薄切りがお薦めです!!
 ゴーヤー開きは幾つかのゴーヤー料理でお祝いと思ったのですが、実はカメラからPCへの写真の転送が済んだと勘違いして、画像を削除してしまったので写真がありません。折角ゴーヤーのお浸し、ゴーヤーの酢の物を作ったのに・・・

 今年の目標:超美味しいゴーヤーカレーを作る & 綿の食べ方をマスターする!


<材料>
 ゴーヤー、豚バラ肉、人参、木綿豆腐、卵、出汁、酒、醤油、鰹節



続きを読む

2007年4月23日

八丁味噌で滑子汁 食べるまで席を立つな!

20070421s-nameko.jpg


 「滑子」と書いて「なめこ」なんですね。ブログを始めるようになって食材の漢字を知ることが増えました。それでもこれは平仮名で書きたくなります。
 かなり久しぶりになめこ汁を飲みたいと思い、八丁味噌でなめこ汁にしました。八丁味噌のなめこ汁もなかなかナイス!何となく豆腐を細かく切ってみようと思いました。

 今では大人の階段を上って好きになったなめこや椎茸といったきのこ類も、子供の頃は嫌いでした。我が家では、「好き嫌い無く食べる」「感謝して残さず食べる」というのが食卓での教育方針。そのため、嫌いな椎茸でも時には「食べるまで席を立つな!」と命じられ2時間掛けて食べたこともあります。今ならトラウマになる教育で良くないと理論的にはされているようですが、まあトラウマにもならず食べ物は大事にしようと思う人間に育ちました。ただ、乳臭くてあまり好きでは無かった牛肉を食べなくても、親が何も言わなかったのはなぜ!?笑


<材料>
 なめこ、豆腐、出汁(煮干し+鰹節)、砂糖、酒、八丁味噌



続きを読む

2007年4月22日

ばぶお弁当

20070420hinomarubentou02.jpg


 日の丸弁当!でっかくて酸っぱい梅干しをもらったので、何となく日の丸弁当だ!と思って作りました。以上。


20070420hinomarubentou01.jpg
昔使っていた弁当箱。姉,私と大活躍。
サイドに箸ケースがあったような気がしましたが見当たらず。
でもアルミ製は炊きたてご飯だと熱い!!



2007年4月21日

菜の花の超シンプルな二品

20070419nanohana.jpg


 菜の花のパスタに続き、菜の花料理を二品作りました。菜の花の塩茹では沸騰したお湯に塩を一つまみ入れて茹でたら、冷水にとって水気を絞っただけ。何にもかけませんでしたが、薄く塩味がして十分ほろ苦くって美味しかったです。でも大量に食べるには何かかけたくなるかもしれません。
 もう一品は、菜の花と大根と油揚げの味噌汁。昔は何だか脅迫観念にかられたかの如く、いろんな野菜を入れたスープを摂らなければ!なんて思っていました。しかし最近では、普段はシンプルに2、3品の具を放り込んだ味噌汁でいいんじゃない!?と思うようになっています。まあ具を沢山入れたスープも大好物ですが、少し経済観念がついたということでしょうか。


20070419s-nanohanamiso.jpg
菜の花と大根と油揚げの味噌汁



続きを読む

2007年4月19日

今頃草餅雑煮

20070417kusamochizouni.jpg


 漢字だけのタイトルですが、中華料理ではありません。和食、それも雑煮です。今年は正月に雑煮を食べられなかったため、今頃雑煮を作っています。しばらく前にインスタントスープで作りましたけど。
 実家の雑煮は、鶏肉と大根などが入った醤油味の雑煮です。今回は鶏肉は無しで野菜オンリー。餅は角餅で、普通は白い餅ですが今回は草餅。大根も本来は短冊切りしたい所ですが、簡単なイチョウ切りに。先日のがんもの炊いたんの煮汁も加えて作りました。食べ終わってから気づいたのですが、蒟蒻入れるの忘れました。


<材料>
 草餅、大根、人参、椎茸、玉ねぎ、いんげん、煮干し出汁、
 塩、砂糖、酒、醤油、(炊いたん煮汁)



続きを読む

2007年4月17日

蓮根と厚揚げのチャンプルー

20070415atsuagechnpuruu.jpg


 既に目覚めて約2時間・・・昨夜は早く寝たし、普段4〜5時間しか寝ないんですが、変な時間に目覚めてしまって、為替をチェックしたり、ニュースをチェックしたり、更新したり・・・
 Anyway!「今日のメニューはな〜に?」のまめころりんさんの「厚揚げのチャンプルー」を見て蓮根と厚揚げが食べたいぞ!と思ったので参考にして作ってみました。実は既に一度挑戦していたのですが失敗してしまい、今回2度目なんです。ある材料で作りましたが、なぜかまめころりんさんのオリジナルと違いひよこ豆を入れました。これは余計だったかもしれません。メイプルシロップも無かったので、省いちゃいました。けどこのチャンプルーは美味しかったです!ナイス!!
 失敗した前回は初めて絹ごしの厚揚げを使ったのですが、今回は木綿の厚揚げにしました。私は厚揚げは木綿派だということがわかりました。


<材料>
 蓮根、厚揚げ、ピーマン、ひよこ豆(たぶんいらない)、長ねぎ、
 卵、生姜、にんにく、豆板醤、オイスターソース、


<作り方はこちらで!>
 「厚揚げのチャンプルー」:今日のメニューはな〜に?さん



2007年4月15日

がんもの炊いたん

20070414ganmmonotaitan.jpg


 言葉って面白いですよね。過去には、火留酢族ヤヨイさんの「ステキング」やヨーコさんの「ですた」(命名amzumadamu語)にはまってしまいました。最近は、巷で流行中のユムユムさんの「炊いたん」に今風に言えば萌えーーです!一部で「炊いたん祭り」が始まっています。私もその「炊いたん」とタイトルにつけたくて炊きました。

 「〜たん!?」という疑問文の形では、うちの田舎辺りでも使うことがあります。一説によるとうちの田舎辺りは京都の言葉の流れをくんでいるということです。真偽の程はわかりません。探偵ナイトスクープで言っていました。ただ関西弁の「〜たん」とは微妙に違い萌えません。笑
 そんなに超速でない関西弁の女の子の言葉っていいな〜と思います。「ばぶお君何してはるん?」とか「ばぶお君もうご飯食べたん?」とか言われるとまいります。


<材料>
 がんもどき、蒟蒻、人参、椎茸、いんげん、出汁(煮干し&鰹)、
 砂糖、酒、味醂、醤油、塩(醤油で決め切れなかった)



続きを読む

2007年4月14日

間違いなく人生初の独活のきんぴら

20070412udokinpira.jpg


 先日の独活(うど)の残りできんぴらを作ってみました。パッケージには酢味噌和えで身を、皮をきんぴらで!と書いてあったのですが、面倒なので一緒にきんぴらにしました。コメントでも酢味噌和えが美味しいと頂いたのですが、残念ながら既に作ってしまった後でした。今度作ってみます。
 独活は独特の香りと苦みが最近好きになりました。昔は嫌いだったので、ここでも大人の階段を登ったのかもしれません。苦みがきちんとある独活の味が美味しい、旨い!と感じるようになりました。正確に言うと苦みと単純に表現していいのかちょっとわからないのですが・・・

 ところできんぴらの味つけは砂糖と酒と醤油にしましたが、みりんを入れるバージョンもありますよね。最近、酒とみりんの使い方とか意味とか何がなんだかわからなくなって来ました。とりあえず酒を入れることが多いです。


<材料>
 独活、砂糖、酒、醤油



続きを読む

2007年4月13日

もしかしたら人生で初めての天ぷら

20070412udotenpura.jpg


 揚げ物って独身では油がもったいないとか、後処理をどうするかとかでなかなかできません。今までの人生の中ではコロッケとか酢豚のための素揚げとかは経験があるのですが、天ぷらって作った記憶がありません。今回は勢いで独活(ウド)を買ってしまい、独活の葉は天ぷらがいいと書いてあったので、他の調理法も見当がつかなかったので挑戦してみました。
 油をケチるため行平鍋を斜めにして揚げました。衣は卵と水と薄力粉!?よくわかりませんが、これでやってみました。配合?適当!温度?適当!揚げる時間?適当!(適当=知らん)何かだんだん衣の色が茶色になって来ます。大丈夫か??「ええい!そのまま行っちまいな!」誰かが言いました。そのまま勢いで揚げ切りました。



続きを読む

2007年4月 7日

磯辺餅 大葉にんにく醤油バージョン

20070407isobemochions.jpg


 久しぶりに大葉にんにく醤油を作って磯辺餅を作りました。普段なら海苔で餅が見えなくなるように巻きますが、今回はカッコつけましたが今いち。それにしてもお鮨屋さんのように海苔を上手に切れません。


<過去の大葉にんにく醤油関連>
 大葉にんにく醤油
 どんぶりキャベツのごま油&大葉にんにく醤油サラダ
 和朝食
 玄米焼き飯 大葉にんにく醤油味
 フライパン玄米焼おにぎり 大葉にんにく醤油バージョン
 黒ペペ 大葉にんにく醤油バージョン



続きを読む

2007年4月 4日

ウニは〜旨いな〜美味しい〜な〜♪

20070404unidon01.jpg


 「ばぶお〜家にいる〜?○○○鮨の板さんからウニをもらったから持って行くよ〜」Jamesが電話して来ました(^^)都会のど真ん中でありながらお裾分けがあるこの街。超ナイス!!なんでもJamesのお店の常連である某高級鮨屋の板さんからもらったとのこと。Jamesと嫁さんで食べて、残りをヘルニアへっぴり腰にくれたという次第です。地元の魚沼産のコシヒカリにたっぷりと載せてウニ丼にしました。2杯食べました!!
 さすが新鮮でいいウニ。濃厚でいてそれでいてもたつかずに消えて行ってしまいます。あまり使いたくない表現ですが、甘い!これ食べたらウニは好きじゃないという人も好きになるだろうな〜。あ〜美味しかったです。

 海外でも沿岸部ではウニを食べられるようですが、内陸部でこんな美味しいウニを食べられるかな〜?「食いしん坊の妬み世界大合戦」参戦一品目として、このウニ丼を特に海外内陸部に捧げます!!



続きを読む

2007年3月25日

小松菜と車麩の味噌汁 麦味噌バージョン

20070324s-komatsunamiso.jpg


 昨日の麦味噌を使って味噌汁を作りました。出汁は煮干しでとりました。昆布が無かったし、鰹節を削るのが面倒でした。そんな時は煮干しがいいですね。じっくり沸騰させずに出汁をとりました。
 麦味噌は甘みがあります。車麩は無くてもよかったような気がしましたがなんとなく入れました。


<材料>
 小松菜、車麩、玉ねぎ、人参、しめじ、砂糖、塩、酒、麦味噌、煮干し



続きを読む

2007年3月23日

小松菜の芥子和え

200070323komatsunakarashi.jpg


 年度末、そしてお花見シーズンですね。
 野菜を買って来てもらいました。かなり動けるようになって来たので、小松菜の芥子和えを作ってみました。これなら簡単にできます。野菜はやっぱりいいな〜!
 ところで私、今月になってようやくSHEILAとマリエの見分けができるようになりました。山田優がCMに出始めた頃も、篠原涼子と間違えたり、もえちゃんとエビちゃんの区別も以前は・・・SHIELAだって最初は、なんか梨花若返ったな〜なんて・・・・
 やっぱり、黒砂糖さんの軍団入りですかね〜!?(^^i)


<材料>
 小松菜(2把?株?)、塩、粉芥子(小1/2)、醤油(小1)、出汁(大2)



続きを読む

2007年3月10日

草餅と即席スープで手抜き雑煮

20070309soupzouni.jpg


 餅好きなんですよね〜。草餅も大好きです。普段は焼いてから餅を煮るのですが、最近は餅を見て何度もひっくり返すのことができないので電子レンジでチンです。直ぐに柔らかくなります。手抜き過ぎますし、焼いた方が香ばしさがあってナイス!オーブントースターだけでも買えばいいのかもしれませんが・・・
 姉が持って来てくれていた千趣会の即席スープに餅を放り込んだだけの雑煮にしました。結構千趣会とかの通販をしている女の人って多いみたいですね。男物のカタログ通販ってあんまり聞いたことないです。



2007年3月 9日

田舎料理 from 実家 大根の粕漬けと薇

20070308daikonkasuduke.jpg


 田舎から食料が届きました。これって粕漬け(酒粕漬け)でいいんでしょうか?それとも麹漬け?地元の酒蔵の酒粕を手に入れて使って作ったと言っていました。だから粕漬けでいいような気がするのですが、どうでしょう??もう一品は薇(ぜんまい)です。昔は、こういう料理は精進料理のように思えて、育ち盛りなんだから肉くれー!と言っておりましたものですが、最近はぜんまいとかもう最高です。ただ、肉くれー!から酒くれー!に代わっております。でも時々唐揚げ食べたくなりますけど!!

 注)アル中じゃないし、極最近は呑んでおりません(^^i)


20070308zenmai.jpg
ぜんまい美味しいな〜

 



2007年2月15日

バレンタインデーに久々玄米ご飯

20070214genmai.jpg


 昨日はバレンタインデーだったのですが、情けない病床の男にもありがたき慈悲深き方々が義理チョコを持って来てくれました。本命は無し・・・どうもイベント事に弱いんです。同棲経験もあるし、それなりの恋愛経験はしてるつもりなんですけどね。どうも本人の意図に反し短期型恋愛が多い。性格に相当問題があるようです。ブログタイトル変更への道のりは遠い!?(^^i)ところで若い頃には沢山チョコもらったって言う旦那さんやボーイフレンドが、結構いらっしゃいませんか!?あっちなみに私のピークは小学校6年です・・・
 それよりもまた一歩前進。昨日はついに約2ヶ月ぶりに玄米ご飯を炊きました。もともと米を研がずに洗うだけで炊くんですが、今まではその時間も立っていられませんでしたが、昨日は何とかご飯を洗って炊飯器にセットできました。あとは予約でセットしてスウィッチ・オン!炊きたてのご飯を焼き海苔とポッポロ漬で頂きました。美味しい!!
 ところで恋バナ系の話を書くとスパムが沢山来ませんか!?


20070214choco02.jpg
ベルギーチョコ


20070214choco01.jpg
マダムセツコ



2007年2月12日

ほっとするぜ煮物

20070212nimono.jpg


 煮物って年々好きになるような気がします。大根、人参、蒟蒻、厚揚げ、さつま揚げ。他にも椎茸、竹輪、蓮根なども好みです。これは従妹が作ってくれた煮物です。蒟蒻を見て細かい包丁使いやるな〜と言ったら、そのように包丁を入れてあるものが売っているそうです。

煮物の疑問
 ・煮物と煮しめの違いって何?
 ・煮物と言ったらこれっという標準系がご家庭にあるのかな?
 ・海外にも煮物のようなものってあるの?

 ところで先日ご協力頂いた納豆アンケートですが、何と大粒が追い上げて来ました。2/12 am6:30現在で1票差です!!
 カレーアンケートもあります。



2007年2月11日

今日はいいことあったからお茶漬け食べよう!

20070211ochaduke.jpg


 高見盛の「今日はいいことあったからお茶漬け食べよう♪」のCMが流れてると何だかお茶漬け食べたくなります。でも永谷園ではなくて、前にも紹介した名古屋の浜乙女を使いました。たまに食べるとお茶漬けって美味しいです。お茶を使っても、出汁を使ってもいいですよね。ほんとは鮭とか鯛とか入ればいいんですけどね。
 今日は建国記念日でした。日本の文化をもっと知ろうと思う今日この頃です。


 玄関開けたら3分でお茶漬け



2007年1月14日

以心伝心お稲荷さん!

20070111inarizushi.jpg


 4、5年前から両親は東京に毎月1回やって来ます。父が都内の大学病院に月に1回診察来ているからです。それでもって父は病院へ、母が病床の情けない息子を見舞いにやって来ました。ちょうど食べたかった稲荷寿司を持って!母ナイス!!他の方々のブログで最近拝見することもあって、食べたい度がかなり上がっていました。田舎のお稲荷なので、1個がでかいんですよね。


20070111nimono.jpg
こんにゃくが好き!エリンギが入っていたのがびっくり!!


20070111renkonitame.jpg
薄切りの食感もありですね。



2007年1月12日

ブラジル産鶏肉の鶏鍋

20070109torinabe.jpg


 最近じゃあ地球の反対側のブラジルから鶏肉が入って来ているんですね。一昨日、飲食店を営んでいる友人が、お見舞いとして持って来てくれました。途中から彼の奥さんも来て、その鶏肉で冷蔵庫の残り野菜を使って鶏鍋をしました。実はこの日、彼らが来る前にアメリカ人の友人が、ケンタッキーフライドチキンを持って来てくれていて、後から来た鍋を作ってくれた友人も、鶏肉の他にモスチキンも持って来てくれたので、チキン三昧な一日になりました。背中から羽根が生えました。(ウソ!)
 こんなチキン三昧なコメントを某ブログでした所、太るぞ〜と警告を頂きましたが、こういう日は極稀。実は、入院から今日までで体重が3kg減です。
 本日神経ブロック注射2本目です!


20070110torinabeudon.jpg
翌日にうどんを放り込みました。



2007年1月 6日

今年初の餅&ヘルニア闘病記!?

20070106isobemochi.jpg


 ようやく新年6日目にして、初めて餅を食べました。
 痛み止めの効いているうちにキッチンに立ったりベッドに戻ったりしながら、餅を焼きました。それほど食べたかったんです。餅1個につき海苔1/2枚とたっぷり使って磯辺餅にしました。でもやっぱりマヨネーズ醤油が好きなんですよね。あ〜餅最高!雑煮が食べたいです。


20070106mochimayoshou.jpg
これがマヨネース醤油です!我が家の定番!!


ヘルニア闘病記!?
 昨日の病院は素晴しかったです。患者を優先で考えてくれる病院で、先生を初めとしてナースの方、受付などのスタッフの方もみんな親切で的確に対応してくれました。インフォームドコンセントもOK!入院していた病院と雲泥の差です。そして、あまりにも親切で可愛いナースのお姉さんに惚れそうになりました。(←単純)
 この病院では一日でMRIの検査をしてもらえました。やはりヘルニアでした。以前と違う場所でした。以前の所のヘルニアは消えていたようでした。治療としては神経ブロック注射をして、ヘルニアを小さくなるように安静にしようというものでした。
 神経ブロック注射は、今日現在まだそれほど効いているようには思えませんが、痛み止めがとても効きます。痛み止めが効いていれば、少しは歩けますし、寝転んでPCのキーボードを叩くこともできます。キッチンにも極短時間なら立てます。神経ブロック注射が効かなくて神経の腫れがひかなければ、来週再度神経ブロック注射をする予定です。それでも快方に向かわなければ手術すべきではと言われています。まあネットができれば少しは仕事になるのですが、早く治ってもらいたいばかりです。とりあえず3連休は安静にしておきます!



2007年1月 5日

からすみ

20070104karasumi.jpg


 文字通り寝正月を実行している私ですが、お見舞いで友人がいろんなものを持って来てくれます。三浦半島から帰って来た友人が持って来てくれたのが、日本三大珍味の一つと言われている「からすみ」。「からすみ」って漢字で「唐墨」でいいんですかね!?
 大根のスライスに重ねてちゃんと盛りつけて持って来てくれました。ちょうど素晴しい日本酒があるので、日本酒と一緒にと思ったのですが、止めときました。先輩と一緒に今日辺り食べることにします!
 今日はこれから新しい病院に行きます。少し良くなっている気がします。



2007年1月 3日

人の年越しご飯

20070103kamosukiyaki.jpg


 少し具合いが良くなってきました。といっても痛み止め頼りであることは変わりありません。ということで料理できないので、今日からは過去の料理などでアップしていないものを出す以外にありません。ていうか更新しなければいいのかも・・・
 これは先輩が送って来た大晦日の先輩の料理・・・鴨のすき焼きと鴨南蛮蕎麦と思われる年越し蕎麦。鴨のスキヤキは「かんずり」で食べると鴨の濃厚な油と爽やかに柚子が利いたかんずりがとてもマッチして美味しいんです。他にもアボガド料理の写真を送って来た先輩とかいました。みんな美味しそうな料理を食べています。いいな〜


20070103s-kamonannbann.jpg
恐らく鴨南蛮



2006年12月26日

独身鍋 手羽元出汁の鍋と最近気に入っているタレ

20061225dokushin-nabe.jpg


 賑やかだった24日と比べて25日は独身らしい食事となりました。独り鍋(T_T)まあいいじゃないか美味しければ!来年はメイビー!!
 今回の鍋の特長は出汁とタレ。出汁は鰹出汁に手羽元、長ねぎの青い所、生姜を入れてじっくりと炊いたもの。タレはここ最近気に入っている塩に胡麻油とラー油を混ぜたものです。これ、なかなかいけます!最初の一口目がちょっと塩っぱい感じになってしまいますので注意が必要です。野菜がたっぷり摂れてナイス!!


20061225dokushin-nabe02.jpg
こんな感じで(追記)


20061225dokushin-nabetare.jpg
こんなタレ(追記)


<材料>
 手羽元、長ねぎ、生姜、エリンギ、茶色い榎茸、人参、春菊、日本酒、
 塩、胡麻油、ラー油、



2006年12月24日

大根が柔らか過ぎた手羽元と椎茸と大根の煮物

20061222tebamotoni.jpg


 クリスマスイヴのエントリーにしては少々地味かなと思うですが、クリスマスディナーの予定も無いのでしようがないですね。安売りで思わず買ってしまった手羽元、買ったはいいのですが、賞味期限が来てしまったので焦って作りました。
 大根が柔らかくなり過ぎました。大根投入のタイミングが早過ぎたんでしょうね。大根に悪いことをしてしまいました。味つけは塩、醤油、みりんとシンプルでした。もう少し甘塩っぱい仕上がりをイメージしていたんですが・・・
 今夜と大晦日は都内某所にて、ばぶおオーガナイズでBarをやることになっています。どんな夜になるのか楽しみです。ただ、ただ今22時間ほど起きているのですが、これから寝てもいいんでしょうか!?起きれないかも・・・


<材料>
 手羽元、椎茸、大根、生姜、塩、醤油、みりん、鰹出汁、柚子



続きを読む

きのこの味噌炒め

20061221kinikomisoitame.jpg


 Merry X'masでしょうか!?昨日は、朝か昼まで飲んでいたのですが、それはもういろいろと・・・まあ今日も寝ていないんですが・・・・
 Anyway!先週作ったきのこの味噌炒めでございます。(何の脈絡も無しですね・・・)椎茸と榎茸を炒めて八丁味噌で味つけしたのでした。なかなかご飯が進みそうな感じです。完成度を高めるには、何回かトライしないといけないようです。


<材料>
 椎茸、榎茸、玉ねぎ、塩、砂糖、酒、八丁味噌、生姜



続きを読む

2006年12月23日

独身な朝飯 大盛り玄米に帆立なめ茸オンリー

20061222enokinametakeonly.jpg


 ちょうど日付が変わりました。昨日は冬至でしたね。柚子も南瓜も明日です。ということで、独身らしいご飯の食べ方をご紹介。タイトル通りです。それ以上に書き記すことがありません・・・一応材料書いておきます。
 今日はこれから飲みに行きます。メイビー朝まで!


<材料>
 玄米、帆立なめ茸(既製品)



2006年12月18日

具沢山胡麻味噌汁

20061216s-gomamiso.jpg


 けんちん汁にするには豆腐も無いので、味噌汁を作ろうと思ったのですが、ちょっと工夫をできないかなと思って、ねリ胡麻を入れてみました。風味とコクが出ますね。かなり好きな味。繊細な感じを味わいたいなら入れない方がいいでしょう。どっしりとしていながらふんわりした優しい味になるように感じます。
 そういえば胡麻味噌ずいって何だろう??


<材料>
 練り胡麻、牛蒡、里芋、玉ねぎ、人参、長ねぎ、生姜、塩、酒、麹味噌、
 八丁味噌、煮干し出汁、鰹出汁



2006年12月15日

俺流巻繊汁

20061212s-kenchin.jpg


 「巻繊汁」と書いて「けんちん汁」と読むそうです。以前にけんちん汁もどきを作った時に、アドバイスを頂いたように、今回は材料を炒めてから作りました。
 やっぱり野菜たっぷりでけんちん汁っていいですね!!


<材料>
 豆腐、牛蒡、里芋、人参、長ねぎ、蒟蒻(こんにゃく)、椎茸、舞茸、
 しめじ、塩、酒、みりん、醤油、胡麻油



続きを読む

2006年12月14日

蓮根のきんぴら風炒め でもきんぴらって・・・

20061211renkonkinpira.jpg


 きんぴらといえば牛蒡ですが、蓮根できんぴら風に作ってみました。胡麻油を切らしていたので、サラダ油で炒めて最後に胡麻を振りかけて風味をつけようとしました。しかし、胡麻を振りかけるのを忘れました・・・
 ところで、このきんぴらと思っているこの料理。きんぴらでいいのかな?と思って調べてみたら、「きんぴら」って坂田金平という人の髪型に似ているから「きんぴら」というらしいですね。ということは牛蒡を使わないときんぴらじゃないのかもしれません。
 ところで、醤油とみりんで味つけしたのですが、きんぴら的な味つけって醤油とみりんでいいのでしょうか??


<関係ないんですが、きんぴらを検索していて面白いページを発見しました>
 熊本県相良村立相良南小学校の給食のページ:給食食べたい!!


<材料>
 蓮根、人参、赤唐辛子、醤油、みりん



続きを読む

2006年12月13日

豚こま生姜焼きに足りなかったものは?

20061211komaporkginger.jpg


 豚肉のこま切れが安かったので買いました。それで、突如として生姜焼きが食べたくなったので、ロース肉とかじゃないけど、まあいいや!ということで生姜焼きを作ってみました。リンゴとか無かったし、早く食べたかったので、生姜、醤油、みりん、蜂蜜、酒、胡椒に5分程度漬けて焼きました。豚こまだけど結構いけますよ!これはご飯が進むーーっ!あっご飯炊くのを忘れてた・・・(TT)やっぱり生姜焼きにはご飯ですよね。失敗・・・
 ところで、生姜焼きって、ご家庭で漬け込む時に入れる調味料がそれぞれ違いますよね!?


<材料>
 豚肉のこま切れ、生姜、醤油、みりん、蜂蜜、酒、胡椒、
 玉ねぎ、ピーマン、サニーレタス



2006年12月12日

シンプルねぎ焼 ねぎ&こんにゃくオンリー

20061209negiyaki-sauce.jpg


 分葱って彩りもいいので良く買うのですが、1回に2本とか3本とか薬味的に使っているとなかなか減らない野菜です。そこで、一気に分葱を消費できるねぎ焼きを作ることにしました。
 私がねぎ焼きを初めて食べたのは、大阪に出張の際に入ったアメリカ村の入口辺りにある「くいしんぼ」というお店でした。初めてのねぎ焼きは、ねぎ(分葱)どっさりと入ってふわふわでジューシー!しかもお薦めのポン酢味が、また想像以上にナイス!ねぎ焼き最高ーーっ!!完全なねぎ焼きファンになってしまいました。
 今回の具材は分葱とこんにゃくだけというシンプル過ぎるもの。オタフクソース&マヨネーズとポン酢味の2通りで楽しみました。やっぱりふわふわして美味しい!!


20061209negiyaki-sauce02.jpg
シンプルな中身。ねぎ(分葱)とこんにゃくのみ。
ピントずれ・・・


20061209negiyaki-ponzu.jpg
ポン酢味も美味しい!


<材料>
 分葱、こんにゃく、小麦粉(薄力粉)、卵、ソース、マヨネーズ、
 ポン酢、鰹節



2006年12月11日

アラの出汁で玄米アルデンテ雑炊

20061210aragenmaizousui.jpg


 昨晩は仕事があったのですが、割烹に勤めている友だちがアラの刺身と簡単なアラ鍋を持って、仕事場に遊びに来てくれました。思わぬご馳走にみんなでありつきました。いい出汁が出てるから雑炊にすればいいということだったのですが、お米もその場で使えるものが無かったので、私が持ち帰って朝ごはんにさせてもらいました。少し手間を掛けて再度出汁をとって、炊いていない玄米(生米)を使って雑炊にしました。米の煮え具合いをアルデンテにする料理が上手な先輩から教わった方法です。ちょっと歯ごたえがあってリゾットチックな仕上がりです。
 ちなみにアラは魚へんに荒と書くらしいですね。クエとは実は種類が違うそうです。昨日そう教わりました。

 こんなページに詳しく載ってました:WEB魚図鑑


<材料>
 アラ鍋の出汁、玄米、長ねぎ、椎茸、舞茸、榎茸、卵、生姜、塩、ポン酢



続きを読む

2006年12月 9日

玉ねぎの赤だし

20061206s-onionmiso.jpg


 八丁味噌に甘みをどうのせるか!?そんなことを八丁味噌を使う時には考えます。甘みの出る玉ねぎを大きく切って、同じく甘みのあるジャガイモと人参を具にしてみました。他の具も入っていますが、自分としては玉ねぎメインな味噌汁。出汁は煮干しと鰹節の合わせです。えらくシンプルですが、やっぱり味噌汁っていいな〜とつくづく思います。


<材料>
 玉ねぎ、ジャガイモ、人参、分葱、塩、砂糖、酒、八丁味噌

*おいおい砂糖使ってるじゃん!!



硬過ぎたきのこ炊き込み玄米ご飯

20061206kinokotakikomigohan.jpg


 炊き込みご飯の水加減というのはとても難しいです。野菜の水分が出ると思って少し少なめにしたのですが、えらく硬く出来上がってしましました。ボリボリ言ってます。消化に悪いでしょうね。折角しっかり出汁も取ったのにな〜。残念です。
 それと意外と人参は柔らかくできてしまって、小さく切ると形が残りづらくなりますね。美味しい炊き込みご飯を作りたいものです。


<材料>
 椎茸、舞茸、人参、筍、長ねぎ、生姜、砂糖、塩、酒、鰹出汁、昆布



2006年11月30日

ホワイトミソスープ 豆乳入りの味噌汁

20061127s-tounyumiso.jpg


 ホワイトカレーというのがありますが、これは白い味噌汁です。白味噌で作れば白い味噌汁ですけど、もっと白い豆乳入りの味噌汁です。豆乳と味噌が合うということをお聞きしたので、それなら味噌汁にしてしまえと思って作っちゃいました。なかなかいいですよ!ただ、失敗が二つ。気を抜いたら沸騰してしまいました。そして、舞茸を入れるのを忘れました。失敗〜


<材料>
 豆乳、玉ねぎ、筍水煮、茄子、長ねぎ、生姜、分葱、柚子、
 麹味噌、鰹出汁、塩、砂糖、酒



続きを読む

2006年11月21日

赤かぶの浅漬けと大根の葉の浅漬け

20061119akakabuasaduke.jpg


 祖母に育てられた私は、自分で言うのも可笑しいかもしれませんが、いわゆるおばあちゃん子。お茶うけに漬物が基本。そんな訳で漬物大好きです。大根の葉と赤蕪でそれぞれ浅漬けを作ってみました。
 赤蕪は赤く無い蕪よりもぬめりが出なくて、大根に近い食感。でも蕪のいい香りはきちんとあります。甘酢漬けにしようか迷ったのですが、塩気を前に出しました。切り方も千枚漬けのように薄くきれいに切りたかったのですが、腕がなかった・・・
 大根の漬物は、葉っぱと実の両方を使いました。柚子を入れた方が良かったように思いました。つまり今ひとつでした。


20061119daikonasaduke.jpg


<赤蕪漬けの材料>
 赤蕪、砂糖、塩、酢、酒、唐辛子、昆布


<大根漬けの材料>
 葉付き大根、砂糖、塩、酒、唐辛子、昆布



大根菜飯&大根菜と車麩の味噌汁

20061119daikonnameshi.jpg


 無農薬・無科学肥料の葉付き大根を買いました。無農薬にもかかわらず、ほとんど虫にも食われていない上等の大根です。私は、爽やかでほのかな辛みがある大根の葉っぱが好物です。これを使って米が食べたいと思ったので、玄米を使った菜めしと味噌汁を作りました。
 菜めしは、軽く塩茹でしてから水を切り、少し塩を振って炊いた玄米に混ぜました。胡麻も振ってます。菜めしは大根菜に限らず大好物。


20061119s-kurumafudaikonmiso.jpg
大根菜と車麩の味噌汁


 味噌汁は、八丁味噌に麹味噌を少し加えてみました。出汁は、カレー用にジャガイモを煮た煮汁と煮干しを使いました。んまいね〜。


<菜めしの材料>
 大根菜、胡麻、玄米、塩


<味噌汁の材料>
 大根菜、車麩、長ねぎ、出汁(ジャガイモの煮汁・煮干し出汁)
 塩、砂糖、酒、八丁味噌、麹味噌



続きを読む

2006年11月12日

しめじとほうれん草と油揚げの味噌汁 それと猫の銅版版画家さん

20061112s-hourensouaburaage.jpg


 八丁味噌の味噌汁は美味しいですね。今回は甘みを出そうと思って、玉ねぎを入れてみました。いろんな味噌が好きですが、八丁味噌もくせになりますね。
 それと宣伝ですが、友人が銅版版画家の高野玲子さんという方のホームページを作りましたので宣伝します。独特の味のある猫の版画を描かれています。宮沢賢治の作品や狛江市の図書館のホームページに作品提供をされているそうです。今度、日本版画会展に出展されるそうなので、行ってみたいと思います。


<材料>
 しめじ、ほうれん草、油揚げ、玉ねぎ、出汁(昆布&鰹)、塩、砂糖、
 酒、八丁味噌


<宣伝>
 高野玲子さん公式ホームページ:http://nekobarsan.com

 第47回 日本版画会展
  2006年11月25日〜12月1日
  東京都美術館(上野公園)
  http://www.tobikan.jp/
  入場無料



2006年10月31日

八丁味噌で味噌汁

20061030s-hacchoumiso.jpg


 八丁味噌欲しいな〜とず〜と思っていました。名古屋ご出身の「単身赴任”彦さん”の自炊日記」の黒砂糖さんから教えて頂いたカクキューの八丁味噌 銀袋を購入しました。
 とりあえずシンプルな味噌汁を作ってみました。シンプルな分、出汁をちゃんととりました。よく見えませんが、豆腐やえのきも入っています。我ながら美味しくできました。
 八丁味噌は酸味少し強めですね。味噌の袋にも書いてありましたが、甘みを足した方が美味しいそうです。玉ねぎやジャガイモでも入れた方がいいのでしょうか!?


20061030hacchoumiso.gif
八丁味噌 銀袋
天然醸造です。


20061030s-hacchoumiso02.jpg
味噌汁の表面に写っているスパイスに焦点が合っています(^^i)


<材料>
 豆腐、長ねぎ、えのき、昆布出汁、鰹出汁、八丁味噌、砂糖、日本酒



2006年10月26日

どでかい天然椎茸のステーキ 焼いて塩オンリー

20061025kinoko01.jpg
上の2つ天然の椎茸、下の3つは栽培した椎茸


20061025kinoko02.jpg
七味唐辛子の瓶と比較です


20061025kinoko03.jpg


 昨日は、カレーアンケートご協力ありがとうございました。半かけ派が多数を占めてますね。引き続きやってますので、まだの方は是非投票してみて下さい。
 それでもって、天然の椎茸というのをもらいました。でかっ!下の3つは栽培ものだそうですが、それでもでかい方なのに、更にでかいです。「シンプルに食え!」と頂いた方に言われたので、網で焼いて塩だけかけて食べました。香りがとても強く、焼いているうちから香りがプ〜ンと立ってきます。そして肉厚でしっかりとした食感。なんかもう椎茸ステーキと言っていい位です。美味しかったです!!



2006年10月25日

胡瓜の芥子漬け

20061024cucumberkarashi.jpg


 何だただの胡瓜じゃん!と思うかもしれませんが、危険な胡瓜です。これは、anzumadamu語という特殊な言語を話されるヨーコさん家の台所のヨーコさんのところで拝見した胡瓜の芥子漬けです。正確に言うとヨーコさんのお友だちのpyonさんのレシピのようです。ヨーコさん一家絶賛だということで作ってみました。粉からしを発見するのが大変でした。最近、粉からし置いてないところ多いです。4軒目で発見!
 出来上がりを早速、パクッ!ピリッ辛っ!つ〜〜〜ん・・・ちょっと辛過ぎました。でも近所の飲ん兵衛たちに飲ませると、美味い!美味い!!と高評価であっと言う間に無くなりました。う〜んこれ飲ん兵衛仕様です。ということはヨーコさん一家が相当飲ん兵衛!?


<参考ブログ>
 ヨーコさん家の台所さんのモツ煮込みとかぼちゃコロッケ
:一番下に写真が・・・


<材料>
 きゅうり10本 塩25g 砂糖60g 粉からし20g



続きを読む

2006年10月23日

中越地震からもう2年 味噌汁を飲める喜び

20061023s-mizunamisoginger.jpg


 風邪もよくなってきました。生姜を味噌汁に擦り入れて飲みました。

 中越地震から2年の月日が経ちました。当時、私は神宮前の別のオフィスで働いていました。大きな揺れを立て続けに感じたのですが、東京周辺の地震だとばかり思っていて、よもや自分の地元で起きている地震だとは思いもよりませんでした。
 翌朝から長野経由で実家に戻りましたが、家中のサッシが全部外れ、土壁の至る所に大きな亀裂が入り、家中の家具がひっくり返っていました。壁掛けの時計が5時56分で止まって動かなくなっていました。その日はもう片付ける気力すら出ず、同じように脱力した叔父の家で、倒れそうな家の隣にシートをひいて、余震が続く中、みんなで日本酒をかっくらっていました。もう破れかぶれで飲まずにはいられないという状況です。しばらく炊き出しや援助物資のお握りやパン、カップラーメンの食事でしたが、田舎は逞しくカセットコンロなどを使って、農家の人の差し入れの野菜を使って料理をしたりしていました。夜は余震が続いていたので、父母は学校に避難し、私と姉はしばらく車の中で寝ていました。
 その後、親戚やご近所と協力して何とか片付けをして、私は1週間でまた仕事に復帰しました。しかし、しばらくは度重なる余震に心身ともに疲れ切っていた両親が心配でした。少しの揺れでも不安で、しばらくは、玄関近くの部屋で寝ていたそうです。

 2年経った今、実家は、お風呂と洗面所を直し、壊れた食器棚の代わりに据え付けの食器棚を作りました。亀裂の入った土壁はそのままになっていますが、何とか平穏な生活を取り戻しています。お盆に実家に帰った際に、未だに仮設住宅に住んでいる人々がいることを知りました。そして、土砂崩れで塞がったままの道もあります。山古志村では、入り口に警備の人が立っていて入村を制限していました。
 震災は、初めて自分の身に降り掛かって来た災害というものでした。亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、多くの皆様のボランティアや励ましに改めて感謝し、今日またご飯が食べられることを喜んでいます。



2006年10月22日

豆腐ステーキ バルサミコ醤油ソース

20061021toufusteakbarusa.jpg


 先日作ったステーキのバルサミコ醤油ソースを他の料理に応用できないかと思いました。あっさりした赤身のオージービーフに良く合うソースだと感じたので、それなら豆腐はどうかなと思ったので、豆腐ステーキに挑戦!結構合うよと思うのですが、もう少し豆腐に味を染みさせたら良かったかもしれません。豆腐の優しいあっさりとした味とソースの味に差があり過ぎるのかな!?と思ったのですが、豆腐だから当たり前か・・・
 その他にも疑問点ありです。


<疑問点・悩み>
 1)豆腐に味を染みさせることができるか?下味をつける!?

 2)つけ合わせできのこソテーを加えたのですが、豆腐ときのこソテーの
  どっちを先に作るべきか?今回はきのこソテーを後で作ったので、
  豆腐が少し冷めてしまいました。フライパン二つで作るべき??

 3)片栗粉とかを豆腐にまぶした方がいいのでしょうか?


<材料>
 木綿豆腐、バター、バルサミコ酢、醤油、
 椎茸、えのき、玉ねぎ、にんにく、分葱、塩、胡椒、オリーブオイル



続きを読む

2006年10月20日

しぐれ鍋 風邪っぴき仕様

20061019nabe-shigure.jpg


 昨晩はしぐれ鍋にしました。別にもり蕎麦を食べた訳ではないんです。
 どうも風邪気味で喉が痛く、胃がちょっとムカムカしてたので、生姜の擦り下ろしをたっぷり入れてみました。それでもってポン酢で食べました。結構美味いですねしぐれ鍋。他の味つけもあるんでしょうね。


<材料>
 大根、人参、椎茸、えのき、しめじ、舞茸、長ねぎ、玉ねぎ、
 分葱、豚肉、昆布出汁、日本酒、塩、砂糖、ポン酢



2006年10月19日

水菜ときのこの醤油汁

20061018na-shouyu.jpg


 野菜不足な気がしたので鍋にしました。しかし、上手に食材を並べられなかったので、お椀に盛った写真です。折角出掛ける前に、鍋に昆布を浸して置いたのですが、そこから加熱して油断したら沸騰して濁ってしまいました。
 味つけは、砂糖を強めに利かせた醤油味にして、甘塩っぱく作りました。去年あたりからこの味つけも気に入っています。
 ところで、きのこに十文字の切れ目を上手く入れられません。切れ目を入れたら勝手に開くんだと思ってました(^^i)


<材料>
 水菜、椎茸、しめじ、舞茸、大根、玉ねぎ、長ねぎ、油揚げ、豚バラ肉、
 鰹出汁、昆布出汁、砂糖、塩、醤油、日本酒



2006年10月11日

COOP五目釜めし 舞茸プラス

20061010gomokumaitake.jpg


 秋な食事をしたくて、炊き込みご飯を作りました。一から作るのが面倒だったので、COOPの五目釜めしの素を使いました。冷蔵庫にあった舞茸をプラス。素には、米3合とありましたが、4合にしました。砂糖、塩、醤油を少々追加して、昆布を一枚投入。水は僅かに少なめにして炊き上げました。
 炊きあがりは上々。水加減がばっちりでした。塩加減もナイス!つまり味もナイス!!今度は素を使わずに挑戦してみたいです。


20061010coopgomoku.jpg
こいつ、なかなか優れものみたい


<材料>
 米4号、COOP五目釜めしの素、砂糖:極わずか、塩:一つまみ弱、
 醤油:大さじ1程度、昆布:1枚



2006年10月10日

ゴーヤーチャンプルー味噌味

20061010goryarchanpururmiso.jpg


 核実験しましたね。政治的にも環境的にも非常に危機感を覚えます。
 さて、これも以前に作った料理です。今年はゴーヤーを沢山食べましたが、いろんな新発見をすることができました。しかし、ゴーヤーチャンプルーは、オイスターソース味から出発した私でしたが、醤油味、塩味を作っておきながら、味噌味に挑戦したことがありませんでした。味噌味があると知ったのは、「さあ今日は何を食べようか」のcocousaさんのレシピを拝見した時です。味噌味もいけますね〜。でも写真を見ても味噌味とはわかりませんね。
 今日も秋晴れナイス!


<材料>
 ゴーヤー、豚肉、豆腐、しめじ、卵、醤油、酒、味噌、鰹出汁、鰹節


<作り方>
 さあ今日は何を食べようかさんのゴーヤーチャンプルー:味噌味は初!



2006年9月 6日

長芋の味噌汁そして出発

20060905s-misosoup.jpg


 出発当日にパスポートの更新ができるというギリギリ男。ようやく荷造りも済んで、これから出発です。しばらく味噌汁も飲めないので、味噌汁作りました。


<材料>
 長芋、オクラ、玉ねぎ、人参、長ねぎ、分葱、カイワレ、生姜、煮干し出汁、
 豆腐、塩、砂糖、酒、醤油、味噌


 さ〜てこれから出発です。バジルとひよこ豆は同じマンションの友人カップルにお願いしました。現地から更新できたら面白いんですけどね。挑戦してみます!
 まずは、最初の訪問地のヨルダンへ!では行って来ます!!



2006年9月 4日

朝湯豆腐

20060904yudoufu.jpg


 何だか朝湯と豆腐みたいです。暑い夏は冷奴が大半でしたが、温かい豆腐の方がお腹にはいいはず。朝からやさし目の湯豆腐です。いつもお酒で鍛えているので、たまには休暇を胃に与えないとまずいです。今日も自家製レモンポン酢で食べました。分葱と生姜と青紫蘇と何とも体に良さそうな薬味も入れて、何だかヘルシーなったという気がしますが多分勘違い。


<材料>
 豆腐、長ねぎ、人参、エリンギ、昆布、

<レモンポン酢ダレ>
 レモン、みりん、醤油、分葱、生姜、青紫蘇



2006年8月31日

UDONの影響!?生醤油で朝うどん

20060830n-kijyouyuudon.jpg


 讃岐うどんを題材にした映画UDONはまだ観ていないのですが、先日からプロモーションでメイキングビデオが何度か放映されていました。それを観ていたため、何だか先週からとってもうどんモード!ということで、今朝は朝うどんにしました。
 さっぱりとシンプルに生醤油うどん。(←出汁をとるのが面倒なだけ)麺は素晴しい発明の冷凍うどん。そして、鰹節と擦り下ろした生姜オンリー!シコシコつるつるで美味い!!本場行ったらもっと美味いんやろな〜と思いつつお代わり。最高!by 矢沢永吉。う〜んまだ昨日の酒が残ってる!?



2006年8月30日

糸瓜のきんぴら

20060829itourikinpira.jpg


 これ何だかわかりますか!?糸瓜です。他の地域は別の名称かもしれません。この料理は自分で作ったものではなありません。実家から送られて来たもの。お米王国新潟出身ということをフルに活かし(親に甘えて)、お米を送ってもらった際に、一緒に入っていたものです。ちなみに今回は玄米&白米です。お米だけは毎回送ってもらっていますが、本当に助かります。
 ところで糸瓜ですが、こういうものは子どもの頃には食べられなかったのですが、最近何だか好物になってきました。でも個人的には糸瓜のなますを食べたかった。さっぱりした糸瓜のなます。夏に最高に美味しい一品です。
 関係ないですけど瓜と凧って字が似てますね。



2006年8月29日

玄米鮭ご飯

20060828shakegohan.jpg


 魚焼きグリルが無いコンロのため、魚が食卓に上ることが少ないです。しかし、aiai@cafeのaiさんのところで鮭ご飯を先日拝見したので、ちょっと作りたくなりましたのでフライパンで挑戦してみました。
 鮭は北海道産の秋鮭(白鮭)を使用。バターを一かけフライパンに入れて、鮭を両面こんがりとなるまで焼きました。そんでもってほぐして、豆腐巾着用のいんげんがあったので一緒にご飯と混ぜて、塩をパラパラとふって味つけ。胡麻が確かあったはずと思ったら、黒いすり胡麻・・・まぁいっかということで少し入れて、紫蘇を載っけて完成!何だか鮭も細かくほぐしてないし、紫蘇も適当に添えてるし、写真の構図も下よりでなんか変だし、デリカシーの無い仕上がりになってしまいました。それでもまぁいっかということで、大雑把にOK!そしてエントリー。味は、我ながらナイス!!


<材料>
 鮭切り身、いんげん、胡麻、青紫蘇、塩


<参考レシピ>
 aiai@cafeさん:鮭ご飯となめこ奴



2006年8月28日

豆腐巾着と豆腐チヂミ

20060828toufukinchaku.jpg


 祝カレー完食!さよならゴーヤーを擦ったカレー!もう二度と会うことは無いでしょう。
 さて、これ一見サンドウィッチに見えるかもしれませんが、豆腐巾着です。巾着にとじることを忘れていました。このレシピは、ひだまりのふぅこさんのレシピなんですが、わざわざレシピをリクエストしておいて、約1ヶ月後の本日、ようやく作りました。実はこの豆腐巾着、今月既に一度挑戦していたのですが、餡(餡でいいのかな!?)を準備して油揚げを開く段になって、上手に油揚げを開くことができず、巾着にできなかったのです。今日は何とか成功したのですが、こんなに油揚げを開くのは難しいんですか!? 
 豆腐巾着はいい味でした。中まで火が通るのかなと思ったんですが、ホッカホッカで食べられました。美味しかった。更に今回は、餡が余ったので、片栗粉を加えてチヂミにしてみました。前回は、巾着が破れて作れなかったので豆腐チヂミを作ったのですが、小麦粉でやってみましたが今ひとつでした。今回のはもっちりとできました。
 巾着もチヂミも両方とも、ポン酢で食べようと思ったのですが、ポン酢がありませんでした。そこで、生姜ベースの適当作りの新作タレに挑戦しました!これがなかなかナイス!!美味しかったです。


20060822toufuokonomi.jpg
失敗作の豆腐チヂミ

<材料>
 木綿豆腐、いんげん、ツナ缶、長いも、油揚げ
 
<タレ>
 甜醤油、醤油、酢、酒、酢、生姜


<作り方>
 ひだまりさん:お豆腐巾着のレシピ

 ひだまりさんのところをもう一度見直したんですが、爪楊枝を使ったとじ方を間違えてました・・・どうりで巾着の形になってない(TT)



2006年8月26日

飯の供 味噌・醤油系

20060825shouyunominado.jpg


 シンプルに玄米を飯の供3品でかっ込む。そんな朝飯もたまにはいいでしょ!?今朝の飯の供は、左から「ポッポロ漬」、「しょうゆの実」、「ほっ辛味噌」です。
 ポッポロ漬は、大根、茄子、きゅうり、みょうが、しその葉、辛いも、唐辛子のみじん切りを味噌で漬けたもの。しょうゆの実は醤油を絞る前のもろみのこと。ほっ辛味噌は、味噌、唐辛子(バナナ南蛮)、酒、砂糖、サラダ油と成分表示されています。ほっ辛味噌は長野県下高井郡木島平村のものです。
 しょうゆの実は、昔、よく食卓に上っていましたが、あまり好きではなかったことを忘れていて、お土産にと思わず買ってしまっていました。結構甘いんですよね。もう少し塩っぱい方が好みです。ポッポロ漬はもともと大好物。ほっ辛味噌もなかなかいけます!
 こういう塩っぱい飯の供があるとご飯をガツガツ食べられますよね!朝から3杯飯してしまいました。ちょっと歩いてプランターでも買ってきますか〜(^^)
 あっところで、「飯の供」?「飯の共」?「飯の友」?「飯の伴」?



2006年8月19日

タイ風ゴーヤーチャンプルー

20060818goryarthaichanpurur.jpg


 暑い時にはやっぱりピリ辛。適当に野菜を放り込んで炒めて、ナンプラーで味つけしただけです。なんとなくアクセントに松の実を加えてみました。本当になんとなく入れました。そして食べる時にはレモンをかけて頂きました。
 8月も気がついたら半分過ぎてます。暑くてしんどいですが、何だかちょっと寂しい気がします。


<材料>
 ゴーヤー、しめじ、もやし、玉ねぎ、にんにく、生姜、赤唐辛子



2006年8月18日

しし茸のけんちん汁

20060813s-shishitakekenchin.jpg


 福島にキャンプに行った際に買ったしし茸を実家に持ち帰り、けんちん汁を作ってもらいました。ちょっと検索しましたら猪茸と書いてもいます。母は「こうたけ」と言っていました。きのこそのものよりも、よく出汁が出るそうなので、けんちん汁を希望しました。
 とてもいい香りと出汁が出たのですが、色が黒くなってしまいました。何かこの茸独特の調理法でもあるのでしょうか。それとも色が出てしまうのは仕方がないのか??
 我が家はどうも母が豆腐が潰れるのが嫌なようで、けんちん汁でも豆腐を炒めて崩すように作っていないようです。その影響か私も豆腐が崩れていないけんちん汁が普通だと思っていました。


20060813shishitake.jpg
これがしし茸


<材料>
 しし茸、豆腐、里芋、ぜんまい、筍、人参、茄子、しらたき、貝柱、煮干し出汁、
 鰹出汁、塩、酒、みりん、醤油



2006年8月 9日

フライパン玄米焼おにぎり 大葉にんにく醤油バージョン

20060808yakionigiriooba.jpg


 大葉にんにく醤油が一番合うのではないかと思うのが焼おにぎりなんでした。今回は、網焼きではなく、フライパンでごま油を使って焼いてみました。これは** enjoys living **のヤヨイさんが作っていらした方法です。手軽にできるのでこの方法もいいですね。香ばしくって美味しかったです。
 一番苦労したのは、大葉をきれいに開くこと。これ難しいですね〜。



2006年8月 7日

ちたけつけ蕎麦

20060806n-chitaketsukemen01.jpg


 基本的には、蕎麦はもり蕎麦一本な私ですが、観光ということもあり、ちたけつけ蕎麦というものを頂きました。「ちたけ」というのは「乳茸」と書くそうなのですが、福島と栃木の県境辺りでよく食べられる茸だそうです。ちたけそのものの食感などよりも、いい出汁が出るのが特長だそうです。けんちん汁風の茄子や筍などが入った醤油味の美味しいつけ汁でした。
 以上で、今回の旅の食事のログは終了です。旅行に行く度に思いますが、各地域や地方で本当にバラエティに富んだ食材や料理が沢山あります。我が国の食文化の多様性と風土の豊かさをつくづく感じました。そして、自然の恩恵を感じた旅となりました。


20060806n-titaketsukemen02.jpg
ちたけのつけ汁のアップ



続きを読む

2006年8月 4日

緊急指令!冷蔵庫の野菜を使い切れ!! キャベツの味噌汁

20060803s-cabeggemiso.jpg


 今日から小旅行で福島に行きます。ということで、冷蔵庫のものを食べ尽くさなければなりません。まずは、キャベツともやしときのこ類を食べないといけません。量を摂れるのはやっぱり汁ものだろうと考えたので、キャベツをメインとした味噌汁を作りました。3杯おかわりしましたよ。キャベツの味噌汁は結構甘いですね。出汁は鶏スープストックを使いました。色合いが悪いのがNG!三つ葉があるのを忘れてた・・・


<材料>
 キャベツ、もやし、玉ねぎ、椎茸、舞茸、鶏スープ、塩、酒、合わせ味噌



2006年7月31日

きつね?けつね?

20060731n-kitsuneudon.jpg


 関西風のうどんが好きです。しかし、先日も説明してもらったのですが、「きつね」だか「けつね」だか「たぬき」だか、よくわからないのです。とりあえず作ってみました。
 油揚げを油抜きして、分葱を刻んで入れました。本当は、残り少なかった長ねぎも入れました。それでもって、油揚げは味つけしなくていいのでしょうか?う〜んシンプルなようで実は分っていないきつねうどん。正しい作り方って何でしょう??ちなみに今回は、友人からもらったヒガシマルのうどんのつゆを使いました。


<材料>
 冷凍うどん、油揚げ、分けぎ、長ねぎ、つゆの素



2006年7月29日

阿波名物の太切り「たらいうどん」で朝うどん

20060729n-kawatataraiudon.jpg


 うどんというと三大うどんと言われる讃岐うどん(香川)、水沢うどん(群馬)、稲庭うどん(秋田)が有名ですが、今朝は阿波名物のたらいうどんを頂きました。徳島県阿波市の「川田のたらいうどん」という生うどんです。このうどんびっくりするのは茹で時間です。パッケージには「約20〜50分程度お好みのかたさまでゆでて下さい。」と書いてあります。なんという長い茹で時間でしょう。驚きました。小麦粉と食塩だけでなく、鶏卵も原材料として書いてありました。コシや長い茹で時間と関係があるのでしょうか??
 たっぷりのお湯で茹で始めると、細かった麺がどんどん膨らんできます。倍くらいになる感じです。ちょっと足りないかな〜と思っていましたが、十分なボリュームになりました。今回は茹で時間30分にして、たらいが無いので、氷水で締めてラーメン丼で生醤油うどんにしました。プリプリでコシがあるうどんです。
 



カボチャの生姜煮

20060728pumpkinginger.jpg


 残りのカボチャをどうするか!?ということで、またまたレシピを拝見。AKKO DELIのAKKOさんの生姜煮というのができそうだったので挑戦しました。
 これは、カボチャを薄切りにして、生姜と砂糖と塩と水1/2カップを入れて煮るだけという簡単なものです。生姜がピリっと効いて美味しいです!少ない水で、蒸かすようなイメージでしょうか。あっという間にできてしまいます。
 う〜んカボチャって思っていたより、料理できるものですね。栄養ありそうだし、また、いろいろ挑戦してみます。


<材料>
 カボチャ、生姜、砂糖、塩、水


<作り方>
 AKKO DELIさん「かぼちゃ生姜煮」:シンプルで美味しい一品です!



2006年7月28日

蜂蜜カボチャ

20060727honeykabocha.jpg


 カボチャをお裾分けでもらいました。実はカボチャ料理なんて自分で作るの初めてだったので、どうしようかと悩んだのですが、以前に拝見したYUKAの美味しいレシピのYUKAさんのところで、美味しそうなレシピを発見したので、挑戦しました。
 YUKAさんのレシピでは、電子レンジを使って加熱するとあったのですが、耐熱皿が無いので、なんちゃって蒸し器を利用して蒸かして作りました。あとはフライパンで蜂蜜と醤油で味つけする簡単なものですが、これは美味しい!!小振りのカボチャですが、半分を一人で食べてしまいました。とっても美味しいです。
 ところで、「かぼちゃ」は「南瓜」と書くんですね。恥ずかしながら、今日まで知りませんでした・・・
 

<材料>
 南瓜(カボチャ)、蜂蜜、醤油、白ごま


<作り方はこちらをご覧下さい>
 YUKAの美味しいレシピさん「はちみつカボチャ」:TBが一杯。大人気の一品!



2006年7月26日

母の誕生日に銀座飲み

 昨日は母の誕生日でした。前にも書いたのですが、私には母親が二人います。生母は早世してしまい、今の母が私が7歳の時に父と再婚しました。なかなか「お母さん」と言えなかったり、喧嘩して「東京へ帰れ」と言ってしまって一日帰って来なかったりしたこともあります。その時は、怒ったことの無い祖母にきつく叱られました。どうしようもない私ですが、それでもでかい図体で健康に、そして丈夫に育ったのは母のお陰だと感謝しています。手作りで何でも作ってくれる人で、私の今の味覚の形成に多いに影響を与えています。私は殆ど贈り物をしませんが、昨日は電話だけしました。長生きしてお袋の味をいつまでも食べさせて欲しいと思います。
 そんな母の誕生日でしたが、銀座に用事があり出掛けました。5時半頃にさっさと終わってしまい、時は何だかいい頃合いです。駄目もとで昔勤めていた会社の社長に電話して、「社長!なんか美味しいもの食べさせて下さい!!」と連絡してみたら、「明日ゴルフで早いから早く来い!」とOK!ラッキーとばかりに、いそいそと駆けつけました。
 場所は、三州屋でした。神田や銀座にある魚料理のお店です。私は魚焼きグリル付きのコンロではないので、魚料理がなかなか食べることが少ないので、ここぞとばかりに遠慮せずに食べました。鰤の照り焼き、刺身の盛り合わせ、穴子の天ぷら、そして最近食べたかった鯵フライ!美味しかった〜。久々に美味しい魚を頂きました。結局昔の上司や同僚も来て、7人でわいわいと飲みました。三州屋みたいなお店が近所にあるといいんですけどね。



2006年7月22日

もり蕎麦 煮干し出汁つゆ編

20060722n-moriiboshitsuyu.jpg


 以前にも紹介した妻有蕎麦で、もり蕎麦ランチです。この蕎麦は布海苔という海草をつなぎに使った蕎麦でとてもコシのあるお蕎麦です。今回は、新潟の十日町の由屋という蕎麦屋さんのつゆを真似て、煮干し出汁の蕎麦つゆを作ってみました。この妻有蕎麦には、煮干し出汁も意外と合うんです。ただ煮干しの味と香りをクセと感じてしまい、好きじゃないという人も多いと思います。ちなみに煮干し出汁のつゆの由屋さんの目の前には、鰹節出汁の春日屋さんという蕎麦屋さんがあります。
 今回のつゆには、自家製の割り下を使いました。これは醤油とみりんと砂糖を煮て、長期に寝かせたものです。いつ作ったか忘れてしまいましたが、半年以上寝かせたものです。というか半年使い切らなかったということですが・・・
 話しは全く変わりますが、今日はこれから友だちの誕生会です。去年は欠席したのですが、相当凄まじかったらしいです。今晩は何時に帰って来られるのでしょうね!?


20060722niboshitsuyu.jpg
蕎麦猪口と蕎麦徳利



和朝食

20060722wachoushyoku.jpg


 やっぱり落ち着く和朝食。これに鮭でもあれば最高なんですけれど、残念ながら魚焼きグリルがないので作れません。玄米ご飯と味噌汁と焼き海苔、梅干し、ポッポロ味噌。シンプル!
 味噌汁は、煮干し出汁、でじゃが芋、玉ねぎで甘みを出すいつものパターン。そしてキャベツを入れました。
 ご飯2杯目は、大葉にんにく醤油で漬け込んだ大葉で食べてみました。塩気が多いものはご飯が進みます。気がつけば朝から3杯飯です。


<味噌汁の材料>
 煮干し出汁、じゃが芋、玉ねぎ、キャベツ、長ねぎ、人参、油揚げ、
 砂糖、酒、塩、合わせ味噌


20060722onsgohan.jpg
大葉にんにくのせ玄米ご飯



2006年7月20日

蒸かしとうもろこし

20060719toumorokoshi.jpg


 とうもろこしの季節ですね。今日も入力していて「玉蜀黍」と出てきて、初めてとうもろこしの漢字を知りました。
 昔、実家が畑を借りて家庭菜園をやっていた時に、とうもろこしを作っていました。実家では、「とうまめ」とも呼んでいたように思います。確かハニーマンダムだかバンダムだかという種類があったような気がします。皮むきさせられるのがとても嫌でした。
 調理の仕方ですが、実家では蒸かして食べるので、それが私のスタンダード。しかし、蒸かし方がよくわからない。水から入れておいて、お湯が沸騰して蒸気が出てきてから5分位で取り出しました。ちゃんと蒸けてましたが、5分位でいいんでしょうか??



2006年7月19日

胡瓜のラー油和え

20060718ishigakicucumber.jpg


 早速、石垣島ラー油を使って一品。と言っても胡瓜を乱切りし、軽く塩揉みしてからラー油を掛けただけ。石垣島ラー油はラー油自体に塩が入っていて味があるので、ラー油をかけただけでも食べられます。まあレシピってほどではないレシピです。他にも冷奴にかけて食べたのですが、本当に味のあるラー油です。いずれにしても作り方を書くまでもない品です。



石垣島ラー油をついに入手!

20060718ishigakijimararyu.jpg


 こなみのきまぐれ日記のこなみさんのところで、石垣島ラー油を拝見してから、どうやって手に入れようかと考えていたところ、友だちが何と石垣島ラー油あるよ!と言って持って来てくれました。ラッキー!このラー油、うっ美味い!!人気があるのも頷けます。
 ラー油の中には、いろんなものが入っています。島唐辛子、春秋ウコン、ピパーチ、石垣の塩、黒糖、ニンニク、白ゴマ、黒豆、山椒、オリーブオイル、サラダ油だそうです。これはもうかなり有名なラー油なんですね。全く知りませんでした。石垣島のぺんぎん食堂というところで作っているようです。これはお薦めです。


参考URL
 こなみのきまぐれ日記さん「マントゥとチヂミ」:石垣島ラー油で食べるマントゥが
                        とっても美味しそう!
 「石垣島ラー油」のホームページ:こちらにいろんな情報があります。
 ネットで購入できる石垣島ラー油の比較:いろんな所で売ってます。



2006年7月18日

大葉にんにく醤油

20060717ons-hiyayakko.jpg


 「大葉にんにく醤油」これを初めてぶよじさんのところで見た時は、正直じっくりレシピを拝見しなかったんです。しかし、何となくアスパラの肉巻きに再挑戦する時にこれで味つけしたら美味しそうとふと思い、再度ぶよじさんのエントリーをじっくり拝見したらとっても美味しそう。結局漬け込んで一晩置かないと使えないことが判明。アスパラの肉巻きには使用せずに仕切り直し。改めて作ったのですが、なぜかアスパラの肉巻きは無し(^^i)まあいいじゃないですか。
 「大葉にんにく醤油」は醤油に、にんにくスライスと大葉を漬けたもの。シンプルですが、にんにくと大葉の味と香りが移って結構美味しいです。ということで、何にでも「大葉にんにく醤油」です。最初の写真は、冷奴の大葉にんにく醤油味バージョン。一丁丸ごと食べます。今回はあっさりめの料理ばかりに使ったのですが、ぶよじさんのお握りと唐揚げと炒め物がとっても美味しそうなんですよね〜。


20060716ons-original.jpg
こんな感じで漬けました。


20060717ons-goyarohitashi.jpg
ゴーヤーのお浸し大葉にんにく醤油バージョン


20060717ons-bukkakeudon.jpg
ぶっかけ大葉にんにく醤油うどん


<参考URL>
 ぶよじ no Asiato 〜ほかほかバンゴハン〜さん:大葉ニンニク醤油づくし



2006年7月17日

複雑野菜汁

20060716s-fukuzatsu.jpg


 複雑スープと名づけたんですが、醤油、味噌、塩の合わせ味のスープなんです。さらに昆布と鰹節の出汁と鶏スープが合わさったものをベースにしているんです。
 行きつけの立ち飲み屋さんは時期になると煮込みを作るんですが、その煮込みが継ぎ足しながら作ることがあって、味が味噌→醤油→塩とか変わっていくのですが、その移行期がとても面白い味がしていたので、自分で挑戦してみたのです。
 良く言えば複雑な不思議で面白い味。悪く言えばどっちつかずで優柔不断な味です。味は複雑であればいい訳でないと思っているのですが、混ぜることであり得ない味が出るとも思っています。しかし、それを産み出すのは難しいですね。多めの胡椒で方向性をはっきりつけた方が良かったかもしれません。それ失敗ってこと!?いや失敗というほど不味くはないさ!!


<材料>
 昆布&鰹節出汁、鶏スープ(鶏ハム煮汁)、レタス、もやし、椎茸、しめじ、
 長ねぎ、玉ねぎ、生姜、にんにく、塩、醤油、合わせ味噌、酒



2006年7月16日

胡瓜の涼味浅漬け

20060715cucumbermyougadashi.jpg


 簡単な涼味と胡瓜を浅漬けにしたものです。この手のものは漬物を作っていない私にとっては、割と食卓に上る一品です。基本は、酒と醤油の味つけですが、今日はみょうが、青しそ、生姜を入れました。漬け過ぎると胡瓜が醤油を吸い過ぎてしまい塩っぱくなるし、胡瓜のシャキシャキ感が損なわれますが、2〜3時間位置けばOKだと思います。


<材料>
 胡瓜、みょうが、青しそ、生姜、砂糖、塩、醤油、出汁



2006年7月15日

ハングオーバー気味の朝の朝肉うどん

20060714n-ramensoupudon.jpg


 昨日アップする予定だったんですが、できなかったのがこのうどん。話は一昨日の話です。一昨日はあまりにも蒸し暑く、思わず生ビアを飲みに寄ってから、さらに3軒もはしご酒してしまいました。昨日は早朝に一度目が覚めてちょっと二日酔い気味に感じたので、二度寝。アラームでいつもの時間に目覚めたら、もうすっきりしてて、さらにお腹が空いていました。最近夜は、殆どつまみをとらずに飲むことが多く、朝になるとアルコール分解のエネルギーを体が欲している感じ。でも作るのがちと面倒なので、やっぱり冷凍うどん。しかも飲んだ次の日は温かいスープが欲しいものなので、温かいうどんに。しかし、出汁をとるのが面倒なので、何故かとってあったコープの味噌拉麺のスープを使いました。あとはある物で豚肉と油揚げとカイワレ。味は〜まあまあね。う〜ん適当で何とも独身らしい食事でした。(^^i)
 



2006年7月14日

朝うどん

20060713n-ryoumiudon.jpg


 暑過ぎますね~。昨日も東京は真夏日だったらしいです。しかし、砂漠の国に居た時は、50℃の日もありましたから、それと比べると10〜15℃も低いのですが、東京の方が暑く感じるのはなぜでしょう!?
 昨日の朝ご飯です。昨日は朝パスタならぬ、朝うどん!でも薬味もいつもと一緒で、変わり映えしません。最近、青しそとみょうがにはまっています。特にみょうがが美味しく感じるようになりました。つゆは醤油と割り下のミックス。出汁をとれよという話なんですが、面倒だったのでそのままでした。


<材料>
 冷凍うどん、青しそ、みょうが、しょうが、長ねぎ、トマト、カイワレ、
 醤油、自家製割り下



2006年7月10日

納豆の日

20060710nattou.jpg


 今日7月10日は「納豆の日」らしいですね。知りませんでした。納豆の日と言っても特別な納豆料理はありません。薬味にねぎと青しそを久々に入れて食べてみました。
 基本的に納豆は大好物で常備食ですが、普段薬味をつけたりしません。からしもつけないのが好みです。それに納豆はご飯に載せて食べないんです。なぜか納豆をかけて食べるとご飯をよく噛まなくなるような気がするのです。納豆だけを食べます。こだわるところは、かき混ぜる回数。少なくとも30回以上かき混ぜます。ぐるぐるぐるぐるかき混ぜてふんわりさせたところで醤油か納豆と一緒についているタレで食べます。沢山種類がある納豆ですが、昔は大粒の納豆が好きでした。しかし、東京のスーパーでは売っていないので最近は小粒がスタンダードになりました。
 最近いろんな方のブログで、納豆料理を拝見します。しかし、納豆スパゲッティーとか未だに挑戦するのに二の足を踏んでしまっています。美味しいらしいですが・・・



2006年7月 9日

鶏皮とホウレン草の味噌汁

20060708s-torikawamiso.jpg


 金曜日のラーメン。がっつり来ました。正確には土曜日の未明なんですが・・・昨日は朝昼抜きでも大丈夫でした。
 鶏ハムを仕込みましたので、鶏の皮を使って味噌汁を作ってみました。煮干し出汁に鶏皮とじゃが芋を加えて基本の味にしました。鶏皮から結構脂が出てきます。少しこってりしてくるので、柚子などを加えて爽やかさを出しても良かったかもしれません。
 ここでホウレン草を使ったんですが、ホウレン草は煮るとお湯を緑にする位に色が出ますが、味噌汁に入れる時は下茹でして入れるべきなのでしょうか??今回はそのまま放り込みました。


<材料>
 鶏皮、ホウレン草、じゃが芋、人参、椎茸、豆腐、塩、砂糖、酒、味噌



ツナのゴーヤーチャンプルー

20060708goryartunachanpurur.jpg


 昨日は朝、昼抜きでしたから夜は野菜を沢山食べました。お肉が無かったので、ツナを入れたゴーヤーチャンプルーにしました。これは作り方が今ひとつわからなかったんですが、感性のまま(適当に)作ってみました。その割に、美味しくできました。本当に鰹節とゴーヤーはとても合いますね。ツナもなかなかいいです。しかし、何かが足りない・・・何か・・・・た・ま・ご・・・・・あっ卵を入れ忘れてしまいました。う〜ん失敗です。
 今回作り方で考えたのは、豆腐の調理の仕方です。水を抜いておいてから、フライパンで炒めたのですが、一度下茹でしておいた方が良かったのでしょうか!?今回はほんの少し出汁を足して炒めました。お湯を沸騰させつつ炒めることで、フライパンにくっつかなくできて油の量を減らすことができたかなと思うのですが、どうなんでしょう??う〜んわかりません。


<材料>
 ゴーヤー、木綿豆腐、椎茸、にんにく、生姜、塩、酒、出汁、醤油、鰹節



続きを読む

薬味たっぷり油揚げ入りサラダ

20060708ryoumisalada.jpg


 今年は今までの人生で一番みょうがを食べているかもしれません。みょうががとても美味しく感じます。大人になった証拠でしょうか!?みょうが、長ねぎ、生姜、青しそ、カイワレをたっぷり入れたサラダを作りました。味つけはレモンポン酢です。最近こればっかりです。
 ゴーヤーに引き続き、今回も焼いた油揚げを入れてパリっとした食感を狙ったのですが、ちょっと今ひとつでした。油揚げにひと塩して味をつけた方が良かったのかもしれません。色合い的にもいい感じなんで、何とか美味しくしたいんですけれど、なかなか上手く行きません。


<材料>
 みょうが、長ねぎ、生姜、青しそ、カイワレ、レタス、トマト
 レモン、醤油、酒、砂糖



2006年7月 6日

ゴーヤーのお浸し 新仕様

20060704goryarohitashi.jpg


 サッカーを観るために3時起床。いよいよW杯も残すところあと3試合です。昨日は観戦中にミサイル発射のニュース。驚きました。
 GW(ゴーヤーウィーク)以来の久々のゴーヤー料理です。今回は、60才のばあさんブログのchiblitsさんのみりんを使った味つけに挑戦させて頂きました。本家ゴーヤーチャンプルーこと**enjoy living**のヤヨイさんに要らぬ対抗心を燃やして、本家が10秒しか茹でないというので、私は7秒にしてみました(^^i)
 今回は、2パックで138円というスーパーの売り出しに乗っかってしまったため、みょうがが沢山あったので、みょうがを加えてみました。さらに、パリっとした食感を出そうと思って、焼いて焦げ目をつけた油揚げをアクセントに加えてみました。でも効果はいま一つかな・・・みょうがはOKと思います。
 味は、みりんと醤油のシンプルな組み合せですが行けますね!う〜んこれは作った分だけ食べてしまいます(^^)お薦めです!!


<参考URL>
 60才のばあさんブログさん「ゴーヤーチャンプルのお浸し」:不思議な米国ゴーヤー



2006年7月 2日

豚肉入り山椒風味の味噌汁

20060701s-butamisoshiru.jpg


 豚汁以外の味噌汁には肉を入れるというイメージがあまりありません。長ねぎ、豆腐、旬の葉もの、こんにゃく、油揚げなどなどの野菜系の食材を使うことが殆どです。しかし、昨日は、ふと豚肉を味噌汁に入れたらどうだろうと思い入れてみました。玉ねぎで甘みを出して、今日は山椒をかけてみました。なかなかナイス!
 食卓に味噌汁というのは、実家にいた時には当たり前の風景だったのでした。しかし、高校を卒業して実家を離れて独り暮らしをするようになってからは、日々味噌汁を作ることを大変で面倒なものと感じ、毎日作ることの難しさと大変さを感じています。その主な原因は、出汁をとるということです。出汁をとらないと味噌汁を作りたくないのです。しかし、出汁をとるのはちょっと面倒。今では鰹節を削るのが比較的に苦にならなくなりましたが、子どもの頃は鰹節を削るのが本当に嫌だったんです。
 味というものは、先天的なものもあるのでしょうけれど、育って来た食生活の影響が多いと思います。私は、ボンカレーが記憶の始まりですが、祖母も育ての親である今の母もいつも手料理を食べさせてくれていました。だから、きっとお袋の味が今でも私の味の基本になっているような気がします。
 若い頃は野沢菜をどんぶり1杯食べてしまう程にファンキーな塩っぱ好きだった父が、当たり前のように急性腎炎をしてくれたお陰で、我が家の味噌汁は塩気が薄いものが標準でした。塩気が少ない味噌汁だったのですが、母は必ず出汁をとって作ってくれました。その影響か私にとっては出汁をとっていない味噌汁はNGなのです。出汁をとらないのなら味噌汁も作らなくてもいいや!と思ってしまうのです。何でなんでしょう!?出汁をとればなんてことは無い位に簡単にできるのですが、なぜか出汁をとるまで腰が重いのです・・・


<材料>
 豚肉、玉ねぎ、長ねぎ、えのき、豆腐、鰹と昆布の出汁、砂糖、塩、酒、
 山椒、合わせ味噌、麹味噌



続きを読む

2006年6月28日

無農薬きゅうり塩オンリー

20060628cucumbersalt.jpg


 実家からの持ち帰り品第2弾。無農薬栽培のきゅうりと無農薬かどうかわからないアスパラ。きゅうりはそのままの味を味わうべく、とりあえず塩だけで食べてみました。本当は、そのままボリボリと食べてしまおうかと思ったのですが、一応乱切りして器に盛りました。塩は「粟国の塩」を使いました。きゅうりはちょっと育ち過ぎ気味ですが、美味しいです。それと無農薬というのは安心感をもてますね。


20060627cucumberaspara.jpg



続ちまき

20060628chimaki.jpg


 ちまきの中身はどんな感じ?というのが問い合わせ頂いたので、紹介させて頂きます。こんな感じで白いです。
 実家に電話して作り方を聞いてみました。餅米を炊けるように洗って、その餅米を笹の葉に詰めて時間を掛けてゆっくり煮るそうです。保存は、我が家では水に入れて保存します。
 子どもの頃はこれをよく食べました。基本的に切り餅が大好きなので、ちまきは餅の親戚と思っていた気がします。鹿児島のあくまきとは、全然違うタイプなんですよね。ちまきにしても地方色がいろいろあるんでしょうね!!



2006年6月27日

ちまき

20060627chimaki.jpg


 わずか一泊二日ながら小型のスーツケースを持参して帰省した私でございます。目的は食料補給!戦後かよ!?と突っ込みたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり田舎は食料が豊富なのでございます。今回のメインはお米。コシヒカリの玄米を強奪してきました(^^)
 親はいつまで経っても親。あれ持って行け、いいよ!これ持って行け、量が多いよ!と押し問答しながらちゃっかり頂いて来ました。
 さて、写真はちまきです。我が家ではきな粉で食べるのがいつもの食べ方です。ちなみにきな粉って大豆からできているということを今朝知りました(^^i)栄養あるんですね。でも10個も持って来ても食べ切れませんので、ご近所にお裾分けしておきます!

<追記>
 きな粉には砂糖の他に塩を入れますか?


20060627chimakikinako.jpg
砂糖と混ぜたきな粉をたっぷりつけて食べます


20060627kinako.jpg
きな粉が大豆とは・・・



2006年6月23日

4種の冷奴

20060622hiyayakkoiroiro.jpg


 豆腐は冷蔵庫の常連なんですが、冷奴はいつも醤油や生姜、あるいは鰹節をかけて頂いています。しかし、みなさんのブログを拝見していますと、いろんなものと組み合わせて食べていらっしゃるので、私もいろいろで食べてみようかと思いました。
 手前からみょうが、生姜、鰹節、梅です。そんな変わり種はありませんが・・・
 



2006年6月15日

ゴーヤーの白和え

20060614gw-shiroae.jpg


 赤と緑と白の組み合わせが好きなんですよね。イタリアカラーって勝手に思っているのですが、この彩りは食欲をそそるんです。その色からイメージして、ゴーヤーと人参と椎茸の白和えを作ってみました。盛りつけにこだわって、白和えの中にも赤・緑・白の組み合わせがあって、さらにお皿の上にもトマトの赤、クレソンの緑、白和えの白とこちらも赤・緑・白の彩りにしてみました。しつこいかな(^^i)ゴーヤーの苦みがアクセントになってます。
 ところで、白和えは木綿豆腐でいいんでしょうか!?絹では駄目なのかな??


<材料>
 ゴーヤー、豆腐、人参、椎茸、胡麻、出汁、砂糖、塩、醤油



続きを読む

2006年6月14日

ゴーヤーの梅和え

20060613gw-umeae.jpg


 コメントでお薦め頂いたゴーヤーの梅和えに挑戦してみました。酸っぱい(><)梅を入れ過ぎたかもしれません。鰹梅が大好きなので、これは絶対美味しいと思ったのですが、少し梅干しが多かったようです。酸っぱくてゴーヤーの味をゆっくり味わっている余裕がありませんでした。考えてみたら梅和えなんて初めて挑戦しました。きっと梅の酸っぱさを抑える方法があるような気がするんですが、わかりませんでした。お酒を少し垂らすか、砂糖を一つまみ加える方がいいのでしょうか!?これ、上手く作れたら絶対美味しいと思うんです。


<材料>
 ゴーヤー、梅干し、鰹節



2006年6月10日

ある日の昼ご飯 たこ焼き

20060608takoyaki.jpg


 昼は簡単に済ませることが殆どです。やはり朝ご飯をしっかりととっているからかもしれません。先日、昼ご飯を買いに出掛けたら、たこ焼きを売っていたので、思わず買ってしまいました(^^)たこ焼き大好きなんですよ!しかし、この辺りには普段たこ焼きがありません。それがちょっと不満ですね。
 大阪に行くと必ずたこ焼き食べるんです。カリっとしていて中がとろとろのたこ焼きが好きです。そして、大阪は安い。セルフの店があったり、飲み屋さんになってたり、そこら中で食べます。しかし、未だに食べられてないのが、心斎橋の三角公園のところにある甲賀流のたこ焼き。毎回行く度に既に閉店なんです。一度食べてみたいな〜。
 今日のたこ焼きは元祖と言っていますが、大阪ではなく小名浜が本社らしいです。既に味がついているのでソースをかけなくてもいいタイプです。このタイプも好きです!


20060608takoyaki01.jpg



2006年6月 9日

朝の焼うどんGWバージョン

20060609gw-n-yakiudon.jpg


 やっぱり夜に穀類を食べないと朝にお腹が減ります。だから朝から焼うどんもOK!もちろんGWですから、ゴーヤー入り。たっぷり緑色です。人参も多いですけどね。
 私は焼うどんは醤油派。醤油と鰹節のコンビネーションが好きです。でも醤油入れ過ぎな感じで少し辛かったかもしれません。



2006年6月 8日

イカとゴーヤーのチャンプルー GW2作目

20060607gw-ikachanpuruujpg.jpg


 ゴーヤー料理ってそれほど知らないので、とりあえずひらめきで行こうと思い、安売りのスルメイカを使ってチャンプルーにしてみました。生イカを調理するのは初めてです。困った時はいつも拝見させて頂く皆様の所に伺えば答えがあります!れいほうさんの「下味のつけ方 〜イカ編〜」を発見しました。重曹はイカをプリっとさせるために使う。なるほど!じゅっ重曹!?あったかな〜??ありました!確か鍋を焦がした時に重曹を買っていたはずと思い出し、探したら出て来ました。「炭酸水素ナトリウム(重曹)」健栄製薬株式会社・・・効能・効果:胃・十二指腸潰瘍、胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)・・・・こっこれ使えますか!?(- -i)悩むこと15分、男は結論を出しました。薬は口に入れるもの、食用にできぬ訳がない!使っちまえよ!!使いました。やはりプリプリ感がなければ駄目です。これで下味つけもOK!しかし、スルメイカの皮を剥くのが上手くいきませんでした。直ぐに破れてしまうんですよ。難しいです。
 肝心の味は、イカのプリプリに、焼いた油揚げのカリカリ、そして真打ちゴーヤーのシャキシャキニガニガを塩味で楽しみました。たぶん成功の部類ではないでしょうか!?重曹のせいで気持ちはちょっと複雑でしたけど・・・



続きを読む

2006年6月 7日

GWの1番手 ゴーヤーのおひたし

20060607gw-onionohitashi.jpg


 ゴーヤーがとても瑞々しいんです。(みずみずしいってこう書くって知りませんでした)3日経っているとは思えないほど。凄いです!私はゴーヤーの苦さが好きなので、長く茹でてしまうと苦みが消えてしまう気がしたので、20秒だけお湯にくぐすだけでおひたしにしてみました。新玉ねぎと一緒に麺つゆをかけて1時間ほど置きました。鰹節をたっぷりかけて完成。にがうま〜!シンプルだけどナイス!!
 ためしてガッテンによると鰹節とゴーヤーは相性がいいそうです。沖縄の人は鰹節とゴーヤーを一緒に食べるそうですが、とても理にかなっているそうです。


参考ページ
 ためしてガッテン:活かす!ゴーヤー効果



2006年6月 5日

やればできる浅漬け&甘酢漬け

20060604asadukeamazuduke.jpg


 onenoteさんが浅漬けを簡単そうに作っていらしたので、何となくできそうじない!?と思って挑戦してみました。一応できました。しかし、茄子の色がきれいに出ないもんですね。
 もう一品は、突然に甘酢漬けにしよう!とひらめいたので、調べもせずに勘で作ってみましたが、結構いけますね!本当はどうやって作るんでしょう??


<材料>
1)浅漬け
 大根、胡瓜、人参、みょうが、しそ、生姜、昆布、赤唐辛子、砂糖、塩、酒

2)大根甘酢漬け
 大根、酢、砂糖、塩



2006年6月 3日

蒸しアスパラとトマト

20060603asuparatomato.jpg


 昨日は忙しかった。21:30からパーティに合流。ライブもありのノリノリのパーティで、大盛り上がりでした。ということで朝はグッドスリープ!しかーしっ!!近所のスケ番から電話。「ばぶお、あんた起きな!成田に行くよ!!」。そうでした。今朝は終着点を決めていない旅に出掛ける友人を、成田に見送りに行く約束をしていたのでした。そんな訳で、起きて30分も経たずに車上の人になっていました。無事見送った後は戻って、他の友達も呼んで、近所にある有名なステーキ屋さんで、みんなでステーキ&ハンバーグランチ。その後、ブログのコメントを書いたりした後に、慌ただしく出掛け、買い物をして帰って来ました。
 アスパラが美味しそうだったので、アスパラを買って来ました。こなみのきまぐれ日記のこなみさんの所で、アスパラはとても栄養があることを先日知っていたので、今日はアスパラと目が合った瞬間に決めていました(^^)美味しそうなアスパラだったので、蒸したら栄養が逃げないのでは!と思ったので、蒸すことにしました。しかし、セイロや蒸し器が無いので、少しお湯を張った鍋にふるいを逆さにして入れて、なんちゃって蒸し器を作って蒸しました。でも、残ったお湯はかなりの緑色でした。やっぱり栄養は逃げてしまうんでしょうか!?
 トマトと一緒にシンプルにマヨネーズで食べました。トマトは、4つ切りにしたのですが、切ったそばから1切れ食べてしまったので、3切れです(^^i)



2006年6月 1日

焼き油揚げはマヨネーズ醤油で!

20060601aburaageyaki.jpg


 マヨラーでは無いのですが、子どもの頃から焼いた油揚げと焼き餅はマヨネーズ醤油なのです。今までは、パセリやねぎなど添えて食べたことなんてないのに、ブログ始めてからは見得張ってます(^^)油揚げをフライパンで焼いただけのシンプルなものですが、ご飯が進みます。ご飯は玄米で!今日も元気にスタート!!



2006年5月25日

うずらの卵串

20060525uzuratamago.jpg


 山菜料理の木の芽に使ったうずらの卵ですが、残りをどう料理するかと考えたのですが、アイデアが無かったので、茹でて串に刺しました。ただそれだけです。塩は粟国の塩です(^^)
 うずらの卵を使った料理って何ですか??思い浮かばないんです!



レトロなもの発見

20060525onigiribag.jpg


 さて問題です。↑これは何でしょう?



続きを読む

2006年5月24日

奇跡!二日酔いの朝にあさりを発見!!

20060524s-asarimiso.jpg


 いや、ただ二日酔いで目覚めた朝、冷蔵庫に砂だし中のあさりを発見して、あさりの味噌汁を作ったという話なんです。
 実は、昨晩というか既に日付が今日になってから、1本の電話が入り、いそいそと近所のBarに出掛けて行ったんです。そしたら、気づいたらラーメンまで食べていて・・・それで今朝、目覚ましにちゃんと反応して起きたら、二日酔い!う〜水〜〜と思って、冷蔵庫を開けて水を飲んだら、そうだあさりあるじゃん!という訳です。
 あさりの味噌汁は、水からあさりを茹でて、あさりが口を開けたら味噌を溶き、刻んだ葱を載せて出来上がりという超簡単なもの。調理時間的にも二日酔いに最高です。でもさっきまで生きていたのに、それをすぐ茹でて食べてしまう際に、チクッと心が痛みます。いろんな命をもらって生きているんだと、改めて感じました。食材を大切にしようと思いました。


<材料>
 あさり、味噌、長ねぎ、水


<作り方>
 1 砂出ししたあさりを水から中火で煮て、口を全部開いたら火を止め
  味噌を溶きます。煮過ぎるとあさりの身が小さく縮みます。
 2 お椀に盛って、刻んだ長ねぎを載せて完成。



どれくらい煮ればいいの?手羽元と大根煮

20060523tebamotodaikon.jpg


 安売りの100g68円の手羽元を発見して喜んでるばぶお!これって主婦感覚ですか!?(^^i)まあ節約なんです今は!ということで衝動買いしてしまった手羽元。大根で煮るうる覚えの元カノのレシピを思い出し作ってみました。あっ別に引きずっている訳ではないですから(^^i)
 それで、わからないのが大根の茹で時間です。結構火が通らない。一回下茹でした時には、どうも芯まで煮えてなかったようでした。知り合いの総料理長さんから、大根は一度茹でたら水を切って冷ますと味が入り易いと言われたのでその通りにしたのですが、どうも芯まで煮えてなかったみたいです。周りは色づいているんですが、芯まで色づかない。ん〜大根ってどの位煮ればいいんですか??
 緑のものが色合い的には欲しかったですね。まあ気にしない!!


<追記:大根料理の疑問>
 ・大根はどれくらい煮ればいいのでしょう??
 ・面取りって全ての角にしてらっしゃいますか??


<材料>
 手羽元、大根、昆布と鰹の合わせ出汁、醤油、塩、酒、砂糖



続きを読む

2006年5月23日

粟国の塩でベーコンゴーヤーチャンプルー

20060523goryarchanpururbacon.jpg


 今日は、英語をさぼりました。ちょっとパワーが落ちてます。良くないな。アゲアゲでいかないと!ということで元気の源、ゴーヤーチャンプルーです!!今日は塩味です。しかも「粟国の塩」!これはaiai@cafeのaiさんがお薦めなさってたお塩。ちょうどピーコックにあったのを購入しました。高いよaiさん!でも美味しいですこのお塩。ただ、沖縄海塩研究所が製造。なんで研究所製造なんですか!?まあいっか!!
 今日は、実家からなぜか山菜料理と送られて来たベーコンと一緒にゴーヤーチャンプルー。ゴーヤーを食べたら元気が出るかなと思ったんです。


20060523aguninoshio.jpg
粟国の塩


<材料>
 ゴーヤー、ベーコン、長ねぎ、卵、粟国の塩、鰹節



2006年5月21日

山菜三昧

20060521sansais.jpg


 実家から山菜を送ってもらおうと思ったら、昨晩メールが。今日の午前中に届くようにクール便で山菜料理(調理済み)を送ったとのこと。ん〜ナイスタイミング!ナイス親!!
 今年は雪が多かったせいか、ちょっと遅めなんです。やっぱりこの時期は、山菜を食べないといけない気分になります。旬を感じます。中でも好きなのが、「木の芽」と言ってアケビのつるの新芽です。これがほろ苦くて美味しいんです。子どもの頃は苦手だったんですが、今は大好物になっています。今日は、写真でみなさんにお披露目するために、一般的な食べ方であるウズラの卵を落として食べることにしました。わざわざスーパーに行って買って来ました。生まれて初めてうずらの卵を買いました。普段は、卵を使いません。苦いのが木の芽だと思っているからです。卵を入れることで苦みは和らぎますが、味がボケる気がします。


20060521kinome02.jpg
これが木の芽。鰹節が混ざってます。


 追記:山菜料理は難しいです。お袋の味というのはなかなか真似できるものでは
    ないですね!

続きの写真↓



続きを読む

2006年5月19日

あっさり朝ぶっかけうどん

20060519n-bukkakeudon.jpg


 うどんというと最近ぶっかけうどんばっかり食べてる気がします。冷凍うどんを湯がいて、自家製の割り下と醤油を混ぜて、すり下ろした生姜と大根、長ねぎを載せて、鰹節をかけるだけ。作るのも早いけど食べ終わるのも早い一品です。朝にぴったりです。
 じっくり一度讃岐に行ってうどん三昧してみたいです。稲庭うどんでも水沢うどんでもいいんですけどね。



初挑戦の鰤の照り焼き

20060518buriteri.jpg


 私の大好きな魚の一つの鰤(ブリ)ですが、照り焼きを始め、寒鰤の煮付け、鰤大根など大好物です。でももっぱら外で食べるのが専門で、鰤の照り焼きを食べたい時は、たいてい銀座の三州屋という大衆食堂で頂いていました。昨夜は切り身10%引きという、本当に安いか疑わしいスーパーのマーケティングに、ひょいと乗っかってしまい、思わず買ってしまいました。魚グリルが無く換気扇の能力が低いので、魚料理は日頃は敬遠しています。しかし、買ってしまったのでもうこれはやるしかない!ラグーがまだ残っているのに、鰤の照り焼きです。
 それで一応完成しましたが、何か違う気がします。もっと三州屋の鰤は大きかったような気がします。それと生姜がついていたようにも思います。味は、まあまあでした。身も割れてしまったし、お皿が同系色だし、何だか不完全燃焼。


<最近鰤の照り焼きを作った方々>
 カオリの休憩室さん:私の鰤の形はこのイメージなんです!
 ひだまりさん:やはり白いお皿に映えるブリ照りです。



2006年5月18日

大根の葉入りの朝の味噌汁

20060518s-daikonmiso.jpg


 呑んで歩いてアクティヴダイエット♪呑んで歩いてアクティヴダイエット♪呑んで歩いてアクティヴダイエットを実践しているばぶおです。昨晩は殆ど食べずに近所で呑み歩いていたので、目覚めたら痩せてました。とは言っても、とっても不健康なので、気をつけます。
 二日酔いも無く、目覚めてしばらくしたら空腹を感じていたので、味噌汁を作りました。具沢山味噌汁で栄養補給して、今日も元気いっぱいで始動!と思ったらサーバーが・・・と出足でつまずいたのですが、夕方問題なく復活しました。でも朝の味噌汁はいいですね。染み渡る感じです。
 ところで、煮干し出汁にしました。実家では母が煮干しを入れたまま味噌汁を作って出すことがあって、自分のお椀に煮干しが入っているととても嫌でした。だから、必ず煮干しは出汁をとったら取り出します。でも何ccに何本入れるとか、どのタイミングで取り出すとかとても適当なんですけど・・・


<材料>
 大根、じゃが芋、人参、玉ねぎ、長ねぎ、椎茸、大根の葉、豆腐、
 塩、酒、味噌、煮干し出汁



2006年5月14日

もらいものの山菜のきんぴら!?

20060513sansai.jpg


 この時期は、実家にいれば山菜三昧な時期ですが、都内にいるとなかなかそうもいきません。昨日は、偶然近所の友人の親御さんが上京されたので、山菜のきんぴらでいいのでしょうか!?お裾分けを頂きました。ちゃんと近所付き合いしてるんです(^^)サッカー見ながら頂きました。
 山菜は正直言って、何が何だかわからないんです。ウドは分るのですが、あとはワラビとゼンマイかな!?でも山菜の味がわかるようになりました。子どもの頃はそうでもなかったのですが、煮物に入っているぜんまいとか大好物です。
 ところで、山菜の漢字ご存知でした。難しくって書けませんね。

   独活=ウド、蕨=ワラビ、薇=ゼンマイ、屈み=コゴミ、木の芽(アケビの蔓の新芽)
   楤の芽=タラノメ、などなど



2006年5月13日

ばぶおの玄米朝食

20060513baboutyousyoku.jpg


 おはようございます。土曜日の朝は焦らずにゆったりできるので、今日は久々に味噌汁を作って、玄米と一緒に朝ご飯。他には大好物の海苔とポッポロ味噌、そして、目玉焼きをひっくり返そうとしたらフライパンにくっついてぐちゃぐちゃになったので途中でスクランブルに方針転換したが時既に遅かった卵焼き。(長い説明)
 最近の米食は、白米よりも玄米中心です。AKKO DELIのAKKOさんより、玄米ってどうなの?ってお話があったので、私の少しですが知ってるところを書きました。もっと詳しい方は是非、補足をお願いします。



続きを読む

2006年5月12日

真似して作ったダッスィ 山形郷土料理

20060511dassytoufu.jpg


 みなさんご存知の「よめ膳@YOMEカフェさん」。実は、私もいつも勉強させて頂いては読み逃げしているんです。レシピが載ってるページもわかり安く写真もきれい。YOMEさんのレシピはクリエイティビティを感じる料理ばかりで、いつか作りたいと思っているメニューも沢山あるのですが、祖母に、お茶うけは漬物!で育てられた私は、このだし=ダッスィがたまらなく魅力的だったんです。それに、自分でもなんとかできそうだったので、真似して作らせて頂きました。しか〜し、色が全然違う・・・なぜ!?レシピは完全に真似したつもりなんですが・・・
 でも味は期待通りでした。冷や奴にもご飯にも、そのままビールのつまみにも、お茶うけにもOK!最近大人になったからか、みょうがの味がとても好きです。昔は食べられなかったんだけどな〜。


20060511dassygohan.jpg
ご飯にもとっても合います!

 
<作り方はYOMEさんのページへ>
 YOMEの毎日のご飯・パン・お菓子さん:だしのレシピ
 よめ膳@YOMEカフェさん:だしのエントリー



2006年5月10日

ピーコックのさび抜き鉄火巻きにさびプラス

20060510sabinukitekka.jpg


 自炊をせずに、鉄火巻きを購入して帰りました。しかも半額ですって!でもさび抜きしかなかったんです。ということで、家でわさびをプラスして食べました。写真もピンぼけ。こういうものは、鉄火とご飯と海苔だけじゃなくて、それ以外に保存料などが入っているので、あまり好まないんですが、たまには面倒でこういうもので済ませたりします。美味しいお寿司が食べたい・・・
 鶏ハム、鉄火巻き、ビア。



2006年5月 8日

「ゴーヤーの日」#3 堅豆腐入りゴーヤーチャンプルー

20060508goryarnohichanpuru.jpg


 「ゴーヤーの日」の日は、やっぱりゴーヤーチャンプルー。そして今回は、島豆腐が手に入らなかったんですが、堅豆腐なるものをピーコックで発見。これは鎌倉小町という鎌倉の豆腐屋さんが出してる堅い水分の少ない豆腐。偶然ピーコックで発見したんですが、なかなか良かったです。
 今日は、味付けは鶏ハムのスープを少し加え、塩と醤油の両方を使いました。もちろん鰹節を最後にかけました。我ながら美味しかったです。

20060508kamakurakomachi.jpg
なかなかしっかりしたパッケージ


20060508katadoufu.jpg
持ち上げても崩れない。ヤヨイさんの真似

堅豆腐がある鎌倉小町
 所在地 :鎌倉市小町2−11−4
 電話番号:0467(23)1751
 FAX番号:0467(23)1751
 営業時間:11:00〜19:00


<ゴーヤーの日にゴーヤー食べてる方々>
 陽だまり in 富山さん:ゴーヤーと豚肉の掻揚。ゴーヤーと新玉ねぎのパリパリサラダ
        掻揚美味しそう!
 Night and Day * Foodさん:ゴーヤーチャンプルー。彩りがきれい!
 そ〜だらさん:砂肝とゴーヤー炒めNYスタイル。ナイスアイデア!
 ちゃっちゃとぷ~さん:ゴーヤーの鉄板焼き。島らっきょうドレッシング!?
 +夢叶う日まで~日日是好日+さん:ゴーヤーの日スペシャルプレート!3種類の料理です!



「ゴーヤーの日」#2 ゴーヤーのツナ和え

20060508goryartuna.jpg


 これは、朝に作ったんですが、時間が無くてエントリーを書けなかったもの。先日、お邪魔したこなみのきまぐれ日記さんで拝見したもの。何とか自分にもチャレンジできそうだったんで、新玉ねぎを加えて作ってみました。これは簡単で美味しい!ゴーヤのほろ苦さ、新玉ねぎも甘い。酢を入れるのが効きますね。
 苦いゴーヤーが好きな私は、塩揉みせずにさっとお湯で湯がきました。これ氷水で作るやり方もあるんですね。今度やってみます。


<材料>
 ゴーヤ−、新玉ねぎ、ツナ、ごま油、醤油、酢、塩


<作り方>
 1 半分に切って中のワタをスプーンで取ったゴーヤーを2~3mmの薄切りにします。
 2 少し塩を入れたお湯に放り込んだらお湯を切って、冷水に浸します。
 3 冷めたら薄くスライスした新玉ねぎと混ぜて、油を切ったツナ缶を入れ、
  ごま油、醤油で味付けして、最後に酢を入れてできあがり!



2006年5月 7日

水から煮ましたあさりの味噌汁

20060507s-asarimiso.jpg


 実は味噌汁は出汁をとるものだと思っていたのですが、あさりの味噌汁は出汁をとらないと聞きました。今までのことは忘れて、全く違うあさりの味噌汁に挑戦してみました。
 結構いけますね。ただ少し、水が多かったかもしれません。もっと少ない方があさりの出汁がよく出ていたかもしれません。それでもあさりは美味しくできあがりました。
 今日は3食自炊しました。明日はゴーヤーの日です。


<あさりの味噌汁の疑問>
 ・水から煮るべき?湧かした湯で煮るべき?
 ・出汁は必要か否か?
 ・味噌は何味噌が合うのか?


<材料>
 あさり、こうじ味噌、ブロッコリーの新芽、水



続きを読む

目覚めたらそら豆ご飯出来上がり!

20060507soramamegohan01.jpg


 タイマーって便利ですね。朝起きたらそら豆ご飯が出来てるんですから!昨日の深夜にそら豆を茹でて下ごしらえしたら、炊飯ジャーにいれて予約しておきました。9:00には出来上がり!
 実家から帰って来た同じマンションの友人から、そら豆をもらいました。でも、そら豆料理なんて作ったことが無いので、何を作ろうかと思っていたら、AKKO DELIのAKKOさんのところで、そら豆ご飯を発見しました。これはもうそら豆ご飯に決定!早速真似して作りました。
 美味しい!米、昆布、お酒、そしてそら豆、それぞれがそれぞれの甘みを奏でています。まさに甘さの協奏曲ヤー!(彦麻呂風)さらにそんな甘さの中に、ごまの香ばしさが効いています。AKKOさんのレシピ通り、水分量を少なくすることがポイントですね。初挑戦なのに大成功でした。日曜日の朝がいいスタートです。感謝感謝です!!
 

<参考レシピ>
 AKKO DELIさん:リベンジ☆色鮮やかそら豆ご飯


<そら豆ご飯を作られた方々>
 となりのけろぶろ。さん:鶏と生姜入りのそら豆ご飯も美味しそうです!
 こなみのきまぐれ日記さん:そら豆ご飯美味しそうです。
              ゴーヤのツナ和えも5/8メニューにさせて頂きます。



2006年5月 6日

夜は塩味のゴーヤーチャンプルー

20060506goyachanpuru-shio.jpg


 主食は冷やし中華ではなくて、こちら!ゴーヤーチャンプルーの塩味です。こちらは手抜きはしておりません。aiai@cafeのaiさんのレシピを真似しました。今回も、豆腐を上手く炒める自信が無いので入れず、味付けの塩味を真似しました。もちろん鰹節も真似してます。塩味は初めての挑戦です。ゴーヤー、豚肉、卵だけ。シンプルに作りました。塩はアルペンザルツを使用しました。
 結果は、大成功!塩味、美味しーーい!!あっさりしているようで、ちゃんとゴーヤーと豚肉の味をしっかり引き出してます。
 ん〜参りましたね〜。塩味も醤油味もどちらも美味しい。両方にいい顔してる訳じゃなくて、本当に甲乙付け難いです。ゴーヤーが200円を切っているうちは、ゴーヤーを食べ続けるばぶおなので、両方の味で作ることにします。

 5月8日はゴーヤーの日なので、皆様ゴーヤ−料理を如何でしょうか!?みんなでTBしましょう!(^^)


<参考の作り方>
 aiai@cafeさん:沖縄人直伝!ゴーヤーチャンプルー

<ゴーヤー特集>
 GWの軌跡:GW=ゴーヤーウィークでの料理の足跡
 ゴーヤー料理:独身レシピのゴーヤー料理カテゴリー



朝は醤油味のゴーヤーチャンプル

20060506goyachanpuru-soy.jpg


 筋肉痛です。朝昼兼用のブランチはゴーヤーチャンプルにしました。ゴーヤー調査隊よりご紹介頂いた** enjoys living **のヤヨイさんのゴーヤーチャンプルの醤油味に挑戦してみました。と言っても豆腐は上手に炒められる自信がなかったし、スパムは無かったので豚肉で作りました。真似させて頂いたのは、ゴーヤーを薄く切ったこと、醤油を鍋はだから入れること、玉ねぎを入れないこと、だしの素の代わりに鰹節を入れたことです。結果は大成功!美味しい!鰹節も効いてます。かけ過ぎかもしれませんが(^^)食感も薄切りの方が断然いいですね。勉強になりました。
 昨日は、夜中にホープ軒の激しく脂っこいラーメンを食べてしまったので、朝は炭水化物を抜きました。夜は塩味のゴーヤーチャンプルの予定です。ところで、ゴーヤでなくてゴーヤーなんですね。知りませんでした。


<参考の作り方>
 ** enjoys living **さん:ゴーヤーチャンプルーのレシピ



2006年5月 4日

たまには調味料無しで野菜を喰らふ 水菜

20060504mizuna.jpg


 もう一品は、水菜をさっと塩水で茹でて冷水で締めたもの。胡麻だけかけて、塩や醤油などの調味料を使わずにそのまま食べてみました。シャキシャキの水菜定番の歯触りに、かすかな甘みと、苦にならないむしろ心地良いほのかな苦みを発見しました。何だか初めて、真直ぐ正座して水菜と真剣勝負した感じ。水菜ってちゃんと味がありますね。濃いめの味付けのゴーヤチャンプルがあるから余計にそう感じたのかもしれません。
 飲もうという誘われているのですが、少し家で英語の勉強でもしたい気分。誘惑に勝ったのか、負けたのかは、明日のお楽しみ。



どうしたら美味しくできるのゴーヤチャンプル

20060504goyachanpuru02.jpg


 美味しく作れないゴーヤチャンプル。何でだろう??炒め過ぎたのかゴーヤがくたっとしてしまい。シャキとしつつ苦いあの食感が得られないんです。ゴーヤが良くないんじゃないだろうか!?と素材のせいにしてみたり・・・でも今回はいつものゴーヤと違って、種が赤かったんですよね。種類が違うのでしょうか??

 多摩川バーベキューも、バーベキューじゃなくてスーパーで買い物して飲んでました。私はちょっと疲れて電車や自転車で行くのが嫌だったので、飲まないことに決めて運転手をかってでました。帰って来て、出掛ける前のエントリーの文章を読んだら、小説家でもあり、、ECHOESのボーカリストでもある中山美穂の夫を知らない人が見たら気持ち悪いと思う文章だと思ったので、ちょっと反省して修正しました。「好き好き」を「すきずき」=「人によりけり」という意味で書いたんですけど、この表現も勘違いする表現だなと修正しました。このブログを始めて既に3ヶ月以上経ったんですが、文章で伝えるというのは難しいものですね。女性と勘違いされていた方もいらしたようですし・・・(^_^)
 性能の悪い携帯で撮ったんですが、少し多摩川の写真を載せてみます。



続きを読む

2006年4月30日

塩味の牛すじ煮込み過ぎ

20060429takenokogyusuji.jpg


 行きつけの立ち飲み屋さんが、秋まで牛すじやモツ煮込みをメニューから外してしまったので、煮込み欠乏状態。どうしても美味しい牛すじ煮込み、それも塩味を食べたい。そんな牛すじモードの私の目に飛び込んできたのは、"半額シール"が貼られていた牛すじ。速攻で籠に入れました。
 しかし、素人、完全に失敗しました。煮込み過ぎました。どうも煮込みは煮込み過ぎてしまいます。赤身肉の部分は完全にとろとろに溶けてしまい、縮むと思って大きめに切ってしまったすじが硬いという最悪の結果。大失敗でした。煮込みは難しいです。
 あっ、今日は筍じゃないんだと思ったそこのあなた様!甘いですね。この煮込みにもしっかり筍を入れてありますよ。筍の中心の空間ができてる所を入れてあります。だってまだTWなんだもん。
 ところで、写真の左下のお椀についている水。とっても拭きたくなってます。



2006年4月27日

初挑戦の筍ご飯はちと味足らず

20060427takenokogohan.jpg


 近所の友人の所に筍が大量に到着、私のところにもお裾分けを頂きました。更に筍ご飯を食べたいというリクエストが出て、一番暇そうな私が調理当番になってしまいました。意外と忙しいのに(TT)それに、筍ご飯作ったことないんですけど・・・レシピは、友人のレシピそのままで。と言っても分量を教えてくれず終いです。あんたのセンスしだいよ!と某奥様に言われました・・・
 それで結果です。やはり我が家の醤油は濃いですね。2段仕込みの醤油を使っているからですね。完成イメージは花さんの筍ご飯だったんですが、全然色が濃くなっちゃいました。筍に味がのらなかったようです。全体的に薄味になってしまい、炊きあがってから塩を振りました。炊き込みご飯は味付けが難しい。失敗してばかりです。
 今回は水加減はOK!少なめで成功。しかし、筍を美味しそうに切るのが苦手で、ごつくなっちゃってセンスの無さがもろに出てしまいました。木の芽も2枚しか残ってなくて、申し訳程度です。
 先ほど近所のBarでみんなで食べてきました。やはり筍の味の染み込みが薄いこと、ご飯の味付けとしての甘みが少ないことを指摘されました。一応初挑戦としては合格だそうです。
 これからまた筍料理を作ります。しばらく筍、筍、筍です・・・


<材料>
 筍、お米、出汁(鰹)、醤油、酒、みりん、砂糖、塩、昆布



続きを読む

カロリーコントロールを具沢山味噌汁で

20060426misoshiru.jpg


 今朝は雨、どんよりした重いグレー。どうせならにわか雨のような通り過ぎる春の雨の方がいい。昨日のこってりした料理の食べ過ぎと飲み過ぎで胃の方も重い朝。炭水化物でエネルギーを入れる必要も無し。ただただ味噌汁が飲みたくなります。それもそのはず、昨日はフレンチを2食。1年ぶり位に会う友人とランチ。フレンチと蕎麦の不思議なコース。その後、カフェでお茶。トラブル発生でお店からアイスをサービスしてもらいました。夜もフレンチ。フォアグラや牛肉などヘビー級連発。さすがにチーズとデザートは遠慮しました。しかし、5人でシャンパン1本&ワイン3本を空けていた・・・Barを2軒はしごして帰宅。朝、半分昨日と同じ格好で目覚めました。
 それで、朝食メインの味噌汁は、筍入りの具沢山の味噌汁を作りました。なんとなく滋味たっぷりな気がして、二日酔いの体に染み渡るイメージ。味噌汁は毎日飲みたいと思いながらも、出汁をとる手間が掛かるので作らないと長期間全く作りません。冬は鍋、あるいは野菜スープが代役を勤めています。でも味噌汁は美味しい!


<材料>
 筍、人参、椎茸、玉ねぎ、長ねぎ、ジャガイモ、わかめ、鰹出汁、
 塩、合わせ味噌、酒



続きを読む

2006年4月26日

初挑戦の若竹煮

20060425wakatakeni.jpg


 人は、時々冒険やチャレンジしたくなるものです。買い物に出掛けて、眼の前の熊本産の筍を思わず籠に入れてしまいました。買ったはいいものの、筍料理って何!?若竹煮、筑前煮、味噌汁、タイカレー・・・あと何があるんだろう?いきつけのBarで若竹煮の作り方を聞いて初挑戦!糠が無いので、お米を一握り入れて下茹でしました。
 でか過ぎて鍋に入らない・・・先を斜めにカットってどの位?皮は何枚剥げばいいのか?何時間煮ればいいのか?迷い迷って作って、何とか完成しました。味が今一つだったので、盛りつけ頑張りましたが木の芽でごまかし。でも筍を薄く切り過ぎたようです。


<反省点&疑問>
 ・柔らかく煮えた割に、えぐみが残ってしまいました。なぜ?
 ・醤油の色が入り過ぎました。薄口醤油でするべきか?
 ・コシヒカリを使うのはもったいないです。糠は何処で購入できるのか?


<最近、若竹煮を作られた方々&参考ページ>
 子育てとお菓子作りと日々のことさん:先端も崩れずにきれいに煮えてます。
                   私のは崩れました(TT)
 毎日がばら色さん:若竹煮も筍ご飯も美味しそうです。
 ish見聞録さん:若竹煮や他の料理も美味しそう。子どもさんの好きなものを
        うまく利用して野菜を食べるようにしてる所に感動!
 わたしのたのしみさん:若竹煮で調べたんですが、こちらの筍料理も
            とても美味しそうです!



2006年4月24日

ポッポロ漬けの握り飯

20060424onigiri.jpg


 海苔とご飯ってベストカップルです。私は、三角おむすびも好きだけど、やっぱり握り飯が好き。ゴツく丸く握って、海苔を巻く。丸くでっかい握り飯にかぶりつく。バクバクと飯を喰らふ感じがいい。
 中味はポッポロ漬けと言って、大根、茄子、きゅうり、みょうが、しその葉、辛いも、唐辛子のみじん切りを味噌で漬けたもの。私の大好物です。魚沼産コシヒカリで握って、磯の香りたっぷりで青々と輝く海苔で巻く。お米に力があるな〜と思うのは、冷えても美味しいこと。炊きたてとは違った甘みを味わうことができます。


20060424popporoduke.jpg
食べかけの写真しかなかった・・・



2006年4月23日

炒ってボリボリ築地で買った煮干し

20060423niboshi01.jpg


 煮干しを切らしていたので、土曜日に築地へ行って買ってきました。前回に先輩からお裾分け頂いたのが美味しかったので、今回も同じお店から買うことにしました。築地はとても賑やか、最早観光地化してました。私もその一人ですが・・・
 肝心の煮干しは1kgで1,500円とお得。前回の1kgで1,000円のものより少し大きいものでした。大きさで値段が変わっているのかもしれません。もちろん出汁用なんですが、フライパンで炒って食べると香ばしくて美味しい。ビールのつまみになります。昔は、煮干しなんて食べられなかったんですけどね。この煮干しはボリボリ食べられちゃうんです。でも炒って食べるには1kg1,000円の方が、小振りでサクサクしてて美味しかった気がします。前回は、出汁をとるのもそこそこ、殆ど炒って食べてしまいました。その位、美味しかった。
 築地のもう一つの目的は、築地で働いている人が食べる食堂のご飯。昨日は、豊ちゃんのアタマライスを頂きました。アタマライスというのは、カツ丼をカツの卵とじとご飯とを別々にしたもの。久しぶりにカツを食べました。美味しいんだけどちょっと高めの950円。味噌汁は別途100円掛かります。これが600円とかだったらお値打ちなんですけどね。でもご馳走してもらったんで感謝です(^^)


20060423niboshi.jpg
場外の煮干し屋さん



続きを読む

別れても好きなゴーヤチャンプル

20060423goyachanpuru.jpg


 昔、つき合っていた彼女に教わったゴーヤチャンプル。それまでは、沖縄料理屋さんで食べるものだとばっかり思ってました。ビタミンも豊富で風邪引かないと勧められて食べてるうちに大好物になりました。本当は、紀伊国屋のゴーヤが食べたいのですが、いいお値段なので、今日は200円を切ったピーコックのゴーヤを選んで、今年初のゴーヤチャンプル!
 彼女の好みは、ゴーヤと卵中心、他に入れても玉ねぎか長ねぎ程度のシンプルなもので、味付けはオイスターソースを使うものでした。しかし、今日は欲張って椎茸や豆腐を入れました。そして、作る手順はどうするんだっけ???あれ忘れてる・・・彼女が去って行ったと同時に、レシピも頭の中から消え去って行ってしまったのか・・・
 まあいいや、適当に作ってしまえと思い、本当に適当に作ったら大失敗!!(TT)写真も接写モードにするのを忘れていたのでピンぼけ・・・もっと上手にできたはずなのにな〜。
 近日リベンジします!!



2006年4月22日

3種の味噌で春キャベツ 酒のつまみ

20060421harucabbage.jpg


 昨日は、軽く一杯飲んで帰宅。少々もの足りず、近所に2回戦に出掛けようか迷いつつ、自宅で料理用に買った栓の開いた安ワインを飲みました。そこで、酒のつまみに春キャベツ!料理するのも面倒なので、そのまま食べました。田舎で買った味噌をつけてボリボリ、ムシャムシャと気がつけば半玉・・・虫になった気分・・・
 味噌は、右からしそ南蛮味噌、南蛮味噌、山椒味噌の3種類。山椒味噌がキャベツには一番合っていたような気がします。
 結局飲みには出掛けず、自宅でお終い。気がついたら電気つけっ放しで寝てました・・・(TT)



2006年4月18日

からし菜

20060418karashina.jpg


 えー恐ろしく辛いレッドカレーが続いておりますので、以前作って撮影したけどエントリーを作らなかったからし菜の写真をご覧下さい。今夜か明日の朝には、片付けてしまおうと思っています!!
 からし菜(芥子菜)ですが、練り芥子(からし)の辛さと同じく鼻に抜けるような辛さがあります。しかし、もう少し柔らかく爽やかな辛さです。今までは軽く茹でて鰹節で頂くかお浸しにして頂いてました。たまにお肉と油揚げと一緒に煮たものを食べたことがあります。他にからし菜の特徴が生きるレシピはどんなのがありますでしょうか!?
 ところで、からし菜=高菜なんですかね〜!?ネットで調べたら、そう書いてあるページもあったんですが、今ひとつはっきりしません。どうなんでしょう??



2006年4月12日

鮭菜飯ー鮭とからし菜の混ぜご飯

20060412shakenameshi.jpg


 お皿の種類が少ないくせに、なぜか寿司桶がある私の部屋。実家から持ち帰った塩鮭とからし菜を混ぜご飯にしました。からし菜というのは和からし(和芥子)の葉っぱのことで、うちの田舎ではこの時期によく食べます。東京でも食べれるのかな!?辛みがあって爽やかで美味しいです。
 今回はちょっとご飯の水の量を間違えてしまいました。からし菜を入れるので水も出るし、塩を入れることでも水が出るはずだから、堅めにご飯を炊いた方がいいんですね。青しそを使ったんですが、からし菜の風味が消えるのでいらなかったかもしれません。ん〜何か今ひとつな感じ。きっと美味しく作る方法があるんでしょうね。


<材料>
 塩鮭切り身:1尾、からし菜、ごま、塩、青しそ


<作り方>
 1 焼いた塩鮭の身をほぐし、からし菜はみじん切りにします。
 2 堅めに炊いたご飯と混ぜ、塩で味付けします。
 3 ごまをふって完成!


20060412shakenameshi02.jpg
からし菜と青しそがぶつかる感じでした。



2006年4月11日

お袋の味堪能

20060411inakaryouri02.jpg


 実家に行って来ました。99歳になった祖母の誕生日でした。24時間も居ませんでしたが、1泊してお袋の味を堪能して来ました。帰る前に何食べたい?と言われたので、田舎料理とリクエスト。なます、きんぴらごぼう、煮菜(「にいな」:野沢菜を煮たもの)、肉ジャガ、かぶときゅうりの浅漬け、城之古菜(「たてのこしな」)という地元の青菜、塩鮭、味噌汁、大根おろし、etc... 昔は帰省するととんかつとか肉料理が多かったんですが、最近は野菜の料理をお願いしています。なますが特に美味しかった。
 我が家は、自分の取り皿におかずを取るスタイルです。各お皿に取り箸がつきます。料理の出し方も家庭でいろいろ違いますよね。

20060411orionbeer.jpg
なぜかオリオンビール



2006年4月 4日

とり汁?けんちん汁?

20060404s-torijiru.jpg


 けんちん汁のような、そうでないような??けんちん汁の条件って何なんでしょう!?個人的には、けんちん汁には里芋が欠かせないので、今回は里芋抜きだからとり汁かなと思って作りました。
 土鍋で作ったのですが、ぐつぐつ沸騰させないようにしてスープが濁らないように注意しました。あとは大根も一度下ゆでして、味が入り易いようにしました。


材料
 鶏肉(ムネ or モモ)、大根、人参、玉ネギ、長ネギ、分葱、白菜、椎茸、
 竹の子水煮、出汁(昆布、鰹節、干し椎茸)、塩、砂糖、日本酒、醤油



続きを読む

2006年4月 1日

4種のきのこ丼

20060401kinokodon.jpg


 花見日和ですね!私達の花見は明日です。天候今ひとつらしいですが、予報がはずれて晴れるといいな!今日はその準備です。準備の前に腹ごしらえ!と思ったら冷蔵庫には殆ど何にも無い・・・
 冷蔵庫にあるものでどうするか!?先の献立を見越して買い物をする訳でもないので、あるものでどうする!?というシュチュエーションは常々です。それでもって今日のあるもので作ったのが、きのこ丼です。蕎麦つゆがあったのとオムレツトレーニングのための卵があったのが、作るきっかけです。(オムレツ練習しろよ!)
 使ったきのこは椎茸、しめじ、舞茸、エリンギ。卵を1個しか使わなかったのはちょっと失敗かもしれません。だからヨリで撮った写真をメインで使いました(苦笑


<調理法でちょっと悩み>
 1)蕎麦つゆで簡単に済まそうと思ったのですが、きのこに火が通る前に煮詰まって
  塩っぱくなってしまいそうな気がします。最初に出汁できのこに火を通してから、
  蕎麦つゆを入れるのがいいのでしょうか??

 2)卵は1個 or 2個?


20060401kinokodon02.jpg
いつも同じ食器・・・・


材料
 椎茸、しめじ、舞茸、エリンギ、玉ねぎ、長ねぎ、分葱、卵、蕎麦つゆ、玄米



続きを読む

2006年3月30日

玄関開けたら3分で海苔茶漬け

20060330ochaduke.jpg


 今日はサッカーのエクアドル戦を外で観ようか家で観ようか迷った挙げ句に、家で見ることに決定。時間がなかったので、お茶漬けにしました。基本ナチュラル時々化学がばぶお流。お茶漬けの素を使いました。まあ、たまにはいいじゃない!実家では親はお茶漬けは食べないので、荷物と一緒に時々送られて来るんです。今晩のお茶漬けの素は『浜乙女』というお店の海苔茶漬けでした。名古屋の中村区だから駅前ですかね!?有名なのかな??あとは、分葱を刻んでお終い。
 ということで、サッカーも勝ったし、トマトでもかじって栄養補給して今年度最終日の明日に備えます!! 

20060330hamaotome.jpg
『浜乙女』の海苔茶漬けの素


材料
 冷蔵庫に置いておいた玄米、海苔茶漬けの素、分葱、鶏エキス(粉末)、水

作り方(いらないと思いますが・・・笑)
 1 水を入れた鍋に鶏エキスを小さじ1/2と玄米を入れて沸騰させます。
 2 沸騰したら器に移してお茶漬けの素を入れて、分葱を散らして完成!



2006年3月26日

へぎそば

20060326hegisoba.jpg


 今朝、宅配便で新潟の生蕎麦が届きました。早速、先輩のお宅にお邪魔してみんなで一緒に頂きました。形から入る私。Myへぎを使ってへぎ蕎麦にしました。へぎというのは蕎麦を入れている木製の器のことです。ここに本当は手振りといって、くるりと円を描いて一口分づつにして盛りつけるのですが、きれいに手振りができなかったので、こんな感じで盛りつけしました。どちらかというと山形の板蕎麦のようです。
 今日の蕎麦は布海苔の量を減らしたためか、いつもよりもさっとした食感でした。しかし、そのためかどうかわかりませんが、今回は蕎麦粉の味(そばの味)がとても甘く感じることができました。最後は、蕎麦湯もしっかり頂いてご馳走様でした。My蕎麦湯差しも持ってます。



続きを読む

2006年3月21日

焼うどん

20060321yakiudon.jpg


 WBC制覇!日本世界一に!!最高ですね〜。国際試合は燃えますね。本当に嬉しいです。やっぱり和ということで焼うどんです。余り物の野菜を入れてます。鍋にくっつかないように炒めるのがポイントです。私は焼うどんは醤油派です。これも人それぞれ好みがあって面白いですね。最後に鰹節をかけて仕上げるのが好きです。
 夜はWBC祝勝会&餃子パーティの予行演習に行って来ます!それにしてもお皿がいつも同じ・・・(TT)



2006年3月19日

かぶの簡単漬け

20060319kabuduke.jpg


 これも宴会で出したものです。簡単にできるかぶ漬けです。ぬか漬けなど漬け物を作るのは独身ではなかなか難しいです。でもお茶請けで漬け物を食べて育ったものですから、大好きな漬け物を時々食べたくなります。
 今回は、いつもの方法に加えて2つの方法を使いました。一つは塩揉みをして水を抜いて味を入り易くしてみました。もう一つはにんにくを少し入れてみました。個人的には塩揉みをせずに4、5時間程度置いた方が旨味も出るし、何よりかぶの風味を残せるのではないかと思いました。にんにくについては酢を入れるなら入れない方がいいのではないかと思いました。作り方は塩揉みせずに、にんにくも加えないバージョンです。かぶだけでなく大根やキュウリでもできます。


材料
 かぶ、日本酒、醤油、酢、砂糖、塩


作り方
 1 かぶを好みの形で切ります。今回は熱さは4〜5mm程度ですが、かぶなら
  薄切りにしても美味しいです。
 2 砂糖を一つまみ入れて、塩少々、日本酒、酢、醤油を加えます。かぶから水が
  出て来るのでそれを計算に入れた器で作らなければなりません。
 3 冷蔵庫で4時間以上置いたら完成です。時間を置かないと美味しくありません。


悩み
 ・塩揉みは有効なのか否か?個人的にはかぶから出て来る水分を利用した方が
  風味があると思います。
 ・醤油の色が濃くなってしまうのですが、塩だけだとなかなかかぶが調味料に
  浸らないのでいい方法が浮かびません。ジップロックとかを使った方がいい
  のでしょうか!?



2006年3月18日

白味噌うどん

20060318shiromisoudon.jpg


 二日酔い気味です。6軒も梯子してしまいました。途中ベルギービールバーでは、ご近所のフレンチのシェフの方々と塩豚や生ハムやら料理の話をしました。しかし、あんまり覚えて無いです(TT)やはりお酒を飲んだ次の日は汁物が欲しくなります。鍋の翌日には大体うどんか雑炊を作ります。冷凍食品はあまり好きではないのですが、忙しい時や面倒な時には冷凍麺は本当に便利です。感謝してしまいます。鍋の残りに野菜を少し足して、麺がほぐれたら完成。ほんと簡単ですね〜!



2006年3月17日

白みそ鍋

20060317shiromisonabe03.jpg
 まさに三寒四温の今日この頃です。冬を名残り惜しんで今夜も独り鍋。面倒なので昆布を放り込み、あとは野菜を入れるだけ。味付けはみそ味で。京都は石野の白味噌を使いました。この味噌はとても甘い味噌です。白味噌と柚子はとても相性がいいんですね。本当は以前に先輩のところで頂いた鰤(ブリ)鍋がとても美味しかったので、真似して鰤鍋にしようと思ったのですが、売り切れていたので鶏肉にしました。でも白味噌とはお肉と魚はどっちが相性がいいのでしょう?


材料
 椎茸、しめじ、舞茸、長ネギ、人参、ニラ、大根、柚子、鶏肉、
 昆布、白味噌、塩、酒


20060317ishinoshiromiso.jpg
これが「石野の白味噌」とても甘い味噌です。


他にも「石野の白味噌」を使っていらっしゃる方々
 おうちで晩ごはんさん:お味噌汁に石野の白味噌
 Wine&Dish&Music・・・さん:酢みそという手もあるんですね。春野菜が美味しそう。
 厳選・プロのレシピ2500さん:プロの方のレシピ集 。やはり酢味噌で使ってますね。
 



2006年3月11日

豚汁

20060310tonjiru.jpg


 独り暮らしの野菜不足解消にはやっぱり汁物・スープ系!大好きな豚汁は作り置きして3日は豚汁三昧で過ごします。先輩からもらった手作りの白みそと赤みそを混ぜて味付け。出汁は昆布と鰹節。大根の葉も入れて爽やかに頂きました。シンプルだけど時々食べたくなるのです。



2006年3月 5日

きのこの炊き込み玄米ご飯

20060305kinokogohan.jpg


 昔、椎茸が嫌いで、食べ終わるまで席を立つな!と言われ2時間掛けて食べた覚えがあります。しかし、今では大好物になりました。最近では、椎茸、舞茸、しめじ、えのきは冷蔵庫にほぼ欠かさずあります。
 今日はそのきのこを使って、炊き込みご飯にしてみました。

材料
 椎茸、舞茸、しめじ、えのき、エリンギ、玉ネギ、長ネギ、人参、生姜、竹の子
 出汁(昆布、鶏、塩豚のmixスープ)、醤油、酒、砂糖、塩


 炊き込みご飯は、出汁の分量が難しいですね。今回もちょっとベシャベシャになってしまいました。野菜の水分が出るのも考えた方が良かったのか???



2006年2月27日

菜の花の辛し醤油和え&素ラーメン

20060227nanohana.jpg


 先週に買っておいた菜の花を忘れるところでした。さっとひと茹でして、辛し醤油で和えるました。主食は面倒だったんで、素ラーメン(チャルメラ)。手抜き続きのこの頃というか、独身レシピらしいこの頃!?です。あっと言う間に食べ終わってしまいます。
 菜の花は美味しいのですが、結構いいお値段ですよね。茹でると栄養が飛んでしまう気がしたので、何となく蒸しました。ちょっと蒸し過ぎたかもしれません。何分くらい蒸せばいいのでしょうね!?

20060227charumera.jpg



困った時の醤油バターライス

20060227batterrice.jpg


 昨日は夜に友達が鍋をしようと誘ってくれていたので、月末で金欠だし、外食も面倒だし、お昼は残っていた玄米を使ってバターライスを作りました。
 学生時代にお金が無くなると食べていたのがバターライスです。夏休みや春休みに実家に帰らないというと、仕送りをしてくれなかった我が家。金欠の時は毎日米ばかり食べていました。飽きないように毎日味を変えて食べる中であみ出したが、ばぶお流は、バターでご飯を炒めて胡椒と醤油で味付けするだけのバターライスです。今日は大人になったので、長ネギを入れて少しグレードアップ。(それだけかよ・・・)
 実は今でも、ちょくちょく作っているバターライスです。金欠の時はもちろん。何を作ろうか考えるのが面倒な時にもチョイスしています。毎日献立を考えるのは大変です。家族がいれば、飽きないようにとか、栄養のバランスとか考えなければいけないので大変ですよね。つくづく料理を含めた家事って一つの仕事だと思います。



2006年2月25日

大根の蜂蜜漬け

20060225daikonhachi.jpg


 marimo3さんに紹介して頂いた大根の蜂蜜漬けを作ってみました。大根の水分が出て、蜂蜜も飲み易くなりました。驚いたのが大根の実の方ですが、甘ったるくて食べれるのかな〜と思いましたら、それほど甘ったるくなく、結構いい箸休めの一品になりました。



2006年2月19日

大根とひき肉のとろとろ煮

20060219daikonhikiniku.jpg


 ひき肉が安かったので衝動的に買ってしまいました。そこで、冷蔵庫にあった大根と煮てみました。本に出てたレシピに、生姜、椎茸、だし汁、お酒を追加してつくりました。でもちょっと醤油が多かったようです。

 材料:大根、ひき肉、椎茸、生姜、だし汁、砂糖、醤油、お酒、片栗粉


疑問
1)大根を煮た煮汁は捨てると本には書いてあるのですがなぜ?
2)椎茸や生姜や出汁の味がよく出ていたのですが、水溶き片栗粉を入れたら味も香りもぼやけてしまったのですが、何かぼやけない方法は無いのでしょうか?



2006年2月15日

マヨネーズ醤油でお餅

20060215omochi.jpg


 子どもの頃、12〜4月位まで主食は餅だったような気がします。親は別なのですが、餅が大好きな私だけ餅を食べていたような気がします。
 焼き餅の食べ方は各ご家庭で違うと思いますが、実は実家のスタンダードは、マヨネーズ醤油です!これは単純にマヨネーズと醤油を混ぜただけです。一度騙されたと思って、試して下さい。本当に美味しいですから!!ばぶお家は、自分も含めてみんなマヨラーではありませんが、この食べ方がスタンダードです。もちろん海苔を巻いて磯辺餅にしたりもしますが、断然マヨネーズ醤油がお薦めです。
 みなさんは焼き餅、どんな食べ方をしますか?



2006年2月14日

食料届く! 煮物・きんぴら・鮭味噌漬け

20060214inaka.jpg


 さすがにイタリアンも続いてちょっとグロッキー&体重増です。あっさりした物が食べたいと思ったところに、実家からお米と一緒に、お袋の味が届きました。ナイスタイミング!ありがたい!!
 中味はぜんまい・ごぼう・こんにゃくなどの煮物、きんぴらごぼう、鮭の味噌漬け、焼豚など。久々にお袋の味を堪能しました。ぜんまい美味しいな〜!保存食でなくて、そのまま料理を送ってもらえて食べられるようになったのは、クール便などの物流のおかげですね。いつでも味わおうと思えばお袋の味を味わえる時代になりました。いくら料理をできるようになっても、まだまだ親の領域には達しません。親が元気なうちに味付けを教えてもらわなくては!
 それにしても、なんでハム会社の焼豚を送ってきたのか??焼豚送って来たのは初めてです。残念ながらそれは味は今イチでした。



2006年2月 9日

トリノうどん

20060209torinoudon.jpg


 今朝の鍋焼きうどんは見栄えが悪かったので、アップできません。その代わりに先日作ってみた「トリノうどん」。トリノオリンピックの記念です。冷凍うどんを湯がいて水で洗って、長ネギの千切り、パクチー、人参をのせて、ナンプラーをかけてタイ風のトリノうどん!でも何か変ですね。やっぱりバジルとトマトとオリーブオイルの方がトリノ!?あれっイタリアの旗は順番が違う??



2006年2月 8日

独り鍋 野菜の水炊き

20060208nabe.jpg
1人前にしては多過ぎ・・・


20060208nabe.yasai.jpg
ステンレスのバットは役に立ちます!


 今日は独り鍋。まさに独身の食卓!?先日の餃子に入れるスープを作った際に残った手羽先のスープに野菜を入れた水炊き。白濁した鶏のスープで作るのは博多風らしいです。お肉はスープに使った手羽先が溶け込んでいるので無しにして野菜だけ。本当は、何人かで食べると鍋はリーズナブルなんですが、独りだとちょっと割高かも。
 冬はやっぱり鍋がいいですね。友人から土鍋を頂きましたので、自宅でも独り鍋をしますし、週末などは先輩カのお宅に押し掛けて鍋を食べさせてもらっています。
  ちょっと量が多いので、明日の朝は鍋焼きうどんに決まり!

 材料
  白菜 :50円   人参    :20円
  牛蒡 :80円   糸こんにゃく:50円
  長ネギ:30円   豆腐    :50円
  油揚げ:40円   ニラ    :20円
  椎茸 :40円   えのき茸  :30円
  しめじ:20円  

  合計:430円 スープをとったコストが+400円は掛かってますね。



手抜きの朝は玄米オンリー

20060208genmai.jpg


 忙しかったり、作るのが面倒な朝は、パスタか炊いた玄米だけ。ゆかり、菜飯の各御飯の素、ごま塩などで済ませてしまいます。しかし、この玄米には秘密が!なんと魚沼産コシヒカリの玄米なのです。新潟県は魚沼の親戚が作ったものが手に入りました。美味しいー!でももうそろそろ無くなるので残念・・・
 玄米は健康にいいと聞いて食べ始めたものです。白米より固いので確かに良く噛みます。それに食物繊維が多いようで、お通じが快適です。だからか知りませんが、玄米を食べ過ぎたかな〜と思った時でも、体重は増えていないことが多いです。むしろ減ってることが多いので、勝手に「玄米ダイエット」なんて名前をつけました。それに玄米はよくテレビでも紹介されているように、栄養満点だそうです。具体的にどの栄養かは忘れました(なんだっけ??)
 戦前生まれの親は玄米は食べたくないって言います。実はそんな60過ぎの人は結構いると聞きました。その当時の人はいろいろな思いがあるのでしょうね。確かに新米の白米は美味しいのですが、玄米も結構いけると思うんですけどね。私は玄米お薦めです!






Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac