メイン

薬味たっぷり油揚げ入りサラダ

20060708ryoumisalada.jpg


 今年は今までの人生で一番みょうがを食べているかもしれません。みょうががとても美味しく感じます。大人になった証拠でしょうか!?みょうが、長ねぎ、生姜、青しそ、カイワレをたっぷり入れたサラダを作りました。味つけはレモンポン酢です。最近こればっかりです。
 ゴーヤーに引き続き、今回も焼いた油揚げを入れてパリっとした食感を狙ったのですが、ちょっと今ひとつでした。油揚げにひと塩して味をつけた方が良かったのかもしれません。色合い的にもいい感じなんで、何とか美味しくしたいんですけれど、なかなか上手く行きません。


<材料>
 みょうが、長ねぎ、生姜、青しそ、カイワレ、レタス、トマト
 レモン、醤油、酒、砂糖



2006年7月 6日

ゴーヤーのお浸し 新仕様

20060704goryarohitashi.jpg


 サッカーを観るために3時起床。いよいよW杯も残すところあと3試合です。昨日は観戦中にミサイル発射のニュース。驚きました。
 GW(ゴーヤーウィーク)以来の久々のゴーヤー料理です。今回は、60才のばあさんブログのchiblitsさんのみりんを使った味つけに挑戦させて頂きました。本家ゴーヤーチャンプルーこと**enjoy living**のヤヨイさんに要らぬ対抗心を燃やして、本家が10秒しか茹でないというので、私は7秒にしてみました(^^i)
 今回は、2パックで138円というスーパーの売り出しに乗っかってしまったため、みょうがが沢山あったので、みょうがを加えてみました。さらに、パリっとした食感を出そうと思って、焼いて焦げ目をつけた油揚げをアクセントに加えてみました。でも効果はいま一つかな・・・みょうがはOKと思います。
 味は、みりんと醤油のシンプルな組み合せですが行けますね!う〜んこれは作った分だけ食べてしまいます(^^)お薦めです!!


<参考URL>
 60才のばあさんブログさん「ゴーヤーチャンプルのお浸し」:不思議な米国ゴーヤー



2006年7月 2日

豚肉入り山椒風味の味噌汁

20060701s-butamisoshiru.jpg


 豚汁以外の味噌汁には肉を入れるというイメージがあまりありません。長ねぎ、豆腐、旬の葉もの、こんにゃく、油揚げなどなどの野菜系の食材を使うことが殆どです。しかし、昨日は、ふと豚肉を味噌汁に入れたらどうだろうと思い入れてみました。玉ねぎで甘みを出して、今日は山椒をかけてみました。なかなかナイス!
 食卓に味噌汁というのは、実家にいた時には当たり前の風景だったのでした。しかし、高校を卒業して実家を離れて独り暮らしをするようになってからは、日々味噌汁を作ることを大変で面倒なものと感じ、毎日作ることの難しさと大変さを感じています。その主な原因は、出汁をとるということです。出汁をとらないと味噌汁を作りたくないのです。しかし、出汁をとるのはちょっと面倒。今では鰹節を削るのが比較的に苦にならなくなりましたが、子どもの頃は鰹節を削るのが本当に嫌だったんです。
 味というものは、先天的なものもあるのでしょうけれど、育って来た食生活の影響が多いと思います。私は、ボンカレーが記憶の始まりですが、祖母も育ての親である今の母もいつも手料理を食べさせてくれていました。だから、きっとお袋の味が今でも私の味の基本になっているような気がします。
 若い頃は野沢菜をどんぶり1杯食べてしまう程にファンキーな塩っぱ好きだった父が、当たり前のように急性腎炎をしてくれたお陰で、我が家の味噌汁は塩気が薄いものが標準でした。塩気が少ない味噌汁だったのですが、母は必ず出汁をとって作ってくれました。その影響か私にとっては出汁をとっていない味噌汁はNGなのです。出汁をとらないのなら味噌汁も作らなくてもいいや!と思ってしまうのです。何でなんでしょう!?出汁をとればなんてことは無い位に簡単にできるのですが、なぜか出汁をとるまで腰が重いのです・・・


<材料>
 豚肉、玉ねぎ、長ねぎ、えのき、豆腐、鰹と昆布の出汁、砂糖、塩、酒、
 山椒、合わせ味噌、麹味噌



続きを読む

2006年6月28日

無農薬きゅうり塩オンリー

20060628cucumbersalt.jpg


 実家からの持ち帰り品第2弾。無農薬栽培のきゅうりと無農薬かどうかわからないアスパラ。きゅうりはそのままの味を味わうべく、とりあえず塩だけで食べてみました。本当は、そのままボリボリと食べてしまおうかと思ったのですが、一応乱切りして器に盛りました。塩は「粟国の塩」を使いました。きゅうりはちょっと育ち過ぎ気味ですが、美味しいです。それと無農薬というのは安心感をもてますね。


20060627cucumberaspara.jpg



続ちまき

20060628chimaki.jpg


 ちまきの中身はどんな感じ?というのが問い合わせ頂いたので、紹介させて頂きます。こんな感じで白いです。
 実家に電話して作り方を聞いてみました。餅米を炊けるように洗って、その餅米を笹の葉に詰めて時間を掛けてゆっくり煮るそうです。保存は、我が家では水に入れて保存します。
 子どもの頃はこれをよく食べました。基本的に切り餅が大好きなので、ちまきは餅の親戚と思っていた気がします。鹿児島のあくまきとは、全然違うタイプなんですよね。ちまきにしても地方色がいろいろあるんでしょうね!!



2006年6月27日

ちまき

20060627chimaki.jpg


 わずか一泊二日ながら小型のスーツケースを持参して帰省した私でございます。目的は食料補給!戦後かよ!?と突っ込みたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり田舎は食料が豊富なのでございます。今回のメインはお米。コシヒカリの玄米を強奪してきました(^^)
 親はいつまで経っても親。あれ持って行け、いいよ!これ持って行け、量が多いよ!と押し問答しながらちゃっかり頂いて来ました。
 さて、写真はちまきです。我が家ではきな粉で食べるのがいつもの食べ方です。ちなみにきな粉って大豆からできているということを今朝知りました(^^i)栄養あるんですね。でも10個も持って来ても食べ切れませんので、ご近所にお裾分けしておきます!

<追記>
 きな粉には砂糖の他に塩を入れますか?


20060627chimakikinako.jpg
砂糖と混ぜたきな粉をたっぷりつけて食べます


20060627kinako.jpg
きな粉が大豆とは・・・



2006年6月23日

4種の冷奴

20060622hiyayakkoiroiro.jpg


 豆腐は冷蔵庫の常連なんですが、冷奴はいつも醤油や生姜、あるいは鰹節をかけて頂いています。しかし、みなさんのブログを拝見していますと、いろんなものと組み合わせて食べていらっしゃるので、私もいろいろで食べてみようかと思いました。
 手前からみょうが、生姜、鰹節、梅です。そんな変わり種はありませんが・・・
 



2006年6月15日

ゴーヤーの白和え

20060614gw-shiroae.jpg


 赤と緑と白の組み合わせが好きなんですよね。イタリアカラーって勝手に思っているのですが、この彩りは食欲をそそるんです。その色からイメージして、ゴーヤーと人参と椎茸の白和えを作ってみました。盛りつけにこだわって、白和えの中にも赤・緑・白の組み合わせがあって、さらにお皿の上にもトマトの赤、クレソンの緑、白和えの白とこちらも赤・緑・白の彩りにしてみました。しつこいかな(^^i)ゴーヤーの苦みがアクセントになってます。
 ところで、白和えは木綿豆腐でいいんでしょうか!?絹では駄目なのかな??


<材料>
 ゴーヤー、豆腐、人参、椎茸、胡麻、出汁、砂糖、塩、醤油



続きを読む




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac