メイン

カボチャの生姜煮

20060728pumpkinginger.jpg


 残りのカボチャをどうするか!?ということで、またまたレシピを拝見。AKKO DELIのAKKOさんの生姜煮というのができそうだったので挑戦しました。
 これは、カボチャを薄切りにして、生姜と砂糖と塩と水1/2カップを入れて煮るだけという簡単なものです。生姜がピリっと効いて美味しいです!少ない水で、蒸かすようなイメージでしょうか。あっという間にできてしまいます。
 う〜んカボチャって思っていたより、料理できるものですね。栄養ありそうだし、また、いろいろ挑戦してみます。


<材料>
 カボチャ、生姜、砂糖、塩、水


<作り方>
 AKKO DELIさん「かぼちゃ生姜煮」:シンプルで美味しい一品です!



2006年7月28日

蜂蜜カボチャ

20060727honeykabocha.jpg


 カボチャをお裾分けでもらいました。実はカボチャ料理なんて自分で作るの初めてだったので、どうしようかと悩んだのですが、以前に拝見したYUKAの美味しいレシピのYUKAさんのところで、美味しそうなレシピを発見したので、挑戦しました。
 YUKAさんのレシピでは、電子レンジを使って加熱するとあったのですが、耐熱皿が無いので、なんちゃって蒸し器を利用して蒸かして作りました。あとはフライパンで蜂蜜と醤油で味つけする簡単なものですが、これは美味しい!!小振りのカボチャですが、半分を一人で食べてしまいました。とっても美味しいです。
 ところで、「かぼちゃ」は「南瓜」と書くんですね。恥ずかしながら、今日まで知りませんでした・・・
 

<材料>
 南瓜(カボチャ)、蜂蜜、醤油、白ごま


<作り方はこちらをご覧下さい>
 YUKAの美味しいレシピさん「はちみつカボチャ」:TBが一杯。大人気の一品!



2006年7月26日

母の誕生日に銀座飲み

 昨日は母の誕生日でした。前にも書いたのですが、私には母親が二人います。生母は早世してしまい、今の母が私が7歳の時に父と再婚しました。なかなか「お母さん」と言えなかったり、喧嘩して「東京へ帰れ」と言ってしまって一日帰って来なかったりしたこともあります。その時は、怒ったことの無い祖母にきつく叱られました。どうしようもない私ですが、それでもでかい図体で健康に、そして丈夫に育ったのは母のお陰だと感謝しています。手作りで何でも作ってくれる人で、私の今の味覚の形成に多いに影響を与えています。私は殆ど贈り物をしませんが、昨日は電話だけしました。長生きしてお袋の味をいつまでも食べさせて欲しいと思います。
 そんな母の誕生日でしたが、銀座に用事があり出掛けました。5時半頃にさっさと終わってしまい、時は何だかいい頃合いです。駄目もとで昔勤めていた会社の社長に電話して、「社長!なんか美味しいもの食べさせて下さい!!」と連絡してみたら、「明日ゴルフで早いから早く来い!」とOK!ラッキーとばかりに、いそいそと駆けつけました。
 場所は、三州屋でした。神田や銀座にある魚料理のお店です。私は魚焼きグリル付きのコンロではないので、魚料理がなかなか食べることが少ないので、ここぞとばかりに遠慮せずに食べました。鰤の照り焼き、刺身の盛り合わせ、穴子の天ぷら、そして最近食べたかった鯵フライ!美味しかった〜。久々に美味しい魚を頂きました。結局昔の上司や同僚も来て、7人でわいわいと飲みました。三州屋みたいなお店が近所にあるといいんですけどね。



2006年7月22日

もり蕎麦 煮干し出汁つゆ編

20060722n-moriiboshitsuyu.jpg


 以前にも紹介した妻有蕎麦で、もり蕎麦ランチです。この蕎麦は布海苔という海草をつなぎに使った蕎麦でとてもコシのあるお蕎麦です。今回は、新潟の十日町の由屋という蕎麦屋さんのつゆを真似て、煮干し出汁の蕎麦つゆを作ってみました。この妻有蕎麦には、煮干し出汁も意外と合うんです。ただ煮干しの味と香りをクセと感じてしまい、好きじゃないという人も多いと思います。ちなみに煮干し出汁のつゆの由屋さんの目の前には、鰹節出汁の春日屋さんという蕎麦屋さんがあります。
 今回のつゆには、自家製の割り下を使いました。これは醤油とみりんと砂糖を煮て、長期に寝かせたものです。いつ作ったか忘れてしまいましたが、半年以上寝かせたものです。というか半年使い切らなかったということですが・・・
 話しは全く変わりますが、今日はこれから友だちの誕生会です。去年は欠席したのですが、相当凄まじかったらしいです。今晩は何時に帰って来られるのでしょうね!?


20060722niboshitsuyu.jpg
蕎麦猪口と蕎麦徳利



和朝食

20060722wachoushyoku.jpg


 やっぱり落ち着く和朝食。これに鮭でもあれば最高なんですけれど、残念ながら魚焼きグリルがないので作れません。玄米ご飯と味噌汁と焼き海苔、梅干し、ポッポロ味噌。シンプル!
 味噌汁は、煮干し出汁、でじゃが芋、玉ねぎで甘みを出すいつものパターン。そしてキャベツを入れました。
 ご飯2杯目は、大葉にんにく醤油で漬け込んだ大葉で食べてみました。塩気が多いものはご飯が進みます。気がつけば朝から3杯飯です。


<味噌汁の材料>
 煮干し出汁、じゃが芋、玉ねぎ、キャベツ、長ねぎ、人参、油揚げ、
 砂糖、酒、塩、合わせ味噌


20060722onsgohan.jpg
大葉にんにくのせ玄米ご飯



2006年7月20日

蒸かしとうもろこし

20060719toumorokoshi.jpg


 とうもろこしの季節ですね。今日も入力していて「玉蜀黍」と出てきて、初めてとうもろこしの漢字を知りました。
 昔、実家が畑を借りて家庭菜園をやっていた時に、とうもろこしを作っていました。実家では、「とうまめ」とも呼んでいたように思います。確かハニーマンダムだかバンダムだかという種類があったような気がします。皮むきさせられるのがとても嫌でした。
 調理の仕方ですが、実家では蒸かして食べるので、それが私のスタンダード。しかし、蒸かし方がよくわからない。水から入れておいて、お湯が沸騰して蒸気が出てきてから5分位で取り出しました。ちゃんと蒸けてましたが、5分位でいいんでしょうか??



2006年7月19日

胡瓜のラー油和え

20060718ishigakicucumber.jpg


 早速、石垣島ラー油を使って一品。と言っても胡瓜を乱切りし、軽く塩揉みしてからラー油を掛けただけ。石垣島ラー油はラー油自体に塩が入っていて味があるので、ラー油をかけただけでも食べられます。まあレシピってほどではないレシピです。他にも冷奴にかけて食べたのですが、本当に味のあるラー油です。いずれにしても作り方を書くまでもない品です。



石垣島ラー油をついに入手!

20060718ishigakijimararyu.jpg


 こなみのきまぐれ日記のこなみさんのところで、石垣島ラー油を拝見してから、どうやって手に入れようかと考えていたところ、友だちが何と石垣島ラー油あるよ!と言って持って来てくれました。ラッキー!このラー油、うっ美味い!!人気があるのも頷けます。
 ラー油の中には、いろんなものが入っています。島唐辛子、春秋ウコン、ピパーチ、石垣の塩、黒糖、ニンニク、白ゴマ、黒豆、山椒、オリーブオイル、サラダ油だそうです。これはもうかなり有名なラー油なんですね。全く知りませんでした。石垣島のぺんぎん食堂というところで作っているようです。これはお薦めです。


参考URL
 こなみのきまぐれ日記さん「マントゥとチヂミ」:石垣島ラー油で食べるマントゥが
                        とっても美味しそう!
 「石垣島ラー油」のホームページ:こちらにいろんな情報があります。
 ネットで購入できる石垣島ラー油の比較:いろんな所で売ってます。






Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


カテゴリー







買い物 & PR













ブログランキング・にほんブログ村へ

Powered by Movable Type 4.261    made on Mac