« 市販の皮は水餃子に向いていないのだろうか!? | メイン | 野菜たっぷりタンメン »

干しエビと小松菜のパスタ

20090427p-hoshiebikomatsu.jpg


 昔は干しエビとか好きじゃなかったんですが、今回中華料理用の干しエビを買ってみたら結構美味しいことに気づきました。少し甘い干しエビが苦手なんです。パスタに干しエビを入れるのもなかなかナイス!割と美味しくできました。

 豚インフルエンザから発生した新型インフルエンザ。早々に収束して欲しいです。
 



<材料>
 干しエビ・・・・・・・・・・・指先で一つかみ
 小松菜・・・・・・・・・・・・2株
 にんにく・・・・・・・・・・・1粒
 赤唐辛子・・・・・・・・・・・1本
 塩・・・・・・・・・・・・・・適量
 胡椒・・・・・・・・・・・・・少々
 白ワイン・・・・・・・・・・・大さじ1
 EXVオイル・・・・・・・・・・大さじ2〜3
 パスタ・・・・・・・・・・・・100g(スパゲッティーニ1.7mm)


<作り方>
 1)干しエビは素早く洗ってぬるま湯に少し浸します。

 2)エクストラバージンオリーブオイルをフライパンに入れ、手のひらで潰した
  にんにくをゆっくり弱火で温め香りを移します。

 3)種をのぞいた赤唐辛子を放り込みます。(今回は粉末の唐辛子を使用)

 4)干しエビを加え、エビを浸した残りのお湯を加えます。

 5)白ワインも入れてアルコールを飛ばします。

 6)塩を軽くします。

 7)茹でたてのパスタを加えて焦がさないように注意しながら適宜パスタの
  茹で汁を加えながらよく和えます。

 8)塩気を調整して、胡椒を軽くしてフィニート!


<迷い・わからないこと>
 1)干しエビをぬるま湯に入れる必要があるのか?
 2)入れるとして、入れる順番は?白ワインの前?
 3)火力は?にんにくは焦がしてはいけないし、EXVオリーブオイルは
  100℃を超えると風味が落ちるらしいけど、にんにくを取り出した後に
  他の食材を加熱する温度はどうするのか??


 しょっちゅう作っているアーリオ・オーリオのパスタですが、毎回迷いながらというか、考えながら作っています。一度プロに教わってみるか、詳しく書いてあるパスタとかイタリアンの本でも欲しいな〜と思っています。結構レシピ本は沢山ありますが、味を左右する調理の方法まで書いてあるのは少ない気もします。まあ、自分でいろいろ試したり、ネットで調べたりして辿り着くのも面白いと思っています。



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメント

こんにちわ~~。
うちも本日オイル系パスタのお昼でした。
ほうれん草、一袋買ったら500gも入ってます。
どんな量か分かります? 当分、ほうれん草料理のオンパレードかな。

私が日本にいた頃、ケーブルテレビにイタリアンのお料理番組が
ありました。色気も素っ気もホントにない番組で、淡々と教えてくれる
んだけど、当時としては、かなり専門的でした。
私は、それをしょっちゅう見ていて、基礎を習得した
ように思います。もぉないのかな、あの番組。

桜もちさん!

ほうれん草が一袋500gもあるんですか。ドイツの人って背の高い人多いのも頷けます。
ほうれん草の食べ過ぎは石がたまるらしいですからお気をつけを!!
専門的な料理のテレビっていいですね。その番組ってどんなタイトルなんでしょう??
いずれ自分も料理の勉強を真剣にしてみたいなと思う時もあります。

干しエビ・・・私は匂いが強すぎるものが苦手です。
あまり使わないかもー。
でも、チャーハンに入れるのは好きぃ~

きしろさん!

私も干しエビの匂いがあまり好きじゃなかったんですが、今回買った中華用の干しエビは意外と匂いがしないんですよ。だからなかなかいいかなって思い直しました!

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac