« ラスト冷やし中華 in 2007 | メイン | オクラ蕎麦 »

もぎたて枝豆とハハカレーそして田舎写真

20070920edamame.jpg


 伯父の葬儀で一昨日、昨日と実家に帰っておりました。悲しいけれど、笑いも起きるそんな葬儀でした。伯父は昭和一けたの生まれですが少し早い気がします。みんな昨年逝った祖母が迎えに来たと口々に言っていました。そして、今年交通事故で逝去した伯母のお参りにも行って来ました。
 私は親戚が沢山います。その分だけ嬉しい事が沢山ありますが、その反対に悲しいことも人の数だけ迎えなければなりません。これは生きる上では仕方のないこと。そう頭ではわかっていますがやっぱりさみしいものです。


 ほんの短い時間でしたが田舎に帰って少し充電しました。久しぶりのお袋の味と田舎の風景にほっとしました。枝豆は知り合いの人が畑で採ったものを直ぐに持って来てくれたものを、直ぐさまもいで茹でました。やっぱり枝豆はもぎたてが最高です!(もぐって方言でしょうか??)
 続きに何枚か写真を載せてあります。魚沼は残暑ながら秋に満ち始めてきました。


20070920c-hahacurry.jpg
母カレー少し甘め


20070920puttytomato.jpg
我が家の家庭菜園と言いつつも作っているのは知り合いの人



20070920sl-hahapotato.jpg
トマト入りのポテトサラダ by 母
何処かで見たことのある皿だ!!


20070920inekari.jpg
魚沼産コシヒカリ収穫中


20070920soba.jpg
間もなく新蕎麦の季節


20070920flog.jpg
雨蛙は日常的に身の回りにいたのに、都内の自宅周辺で見かけたことは無い


20070920hasu.jpg
蛙が飛び込んだ後の蓮


20070920nisennenbasu.jpg
二千年蓮


20070920tanishi.jpg
田螺(タニシ)もよく見かけたもの


20070920amenbou.jpg
水面に浮かぶアメンボ


20070920tombo.jpg
秋の訪れを感じるトンボ



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメント

トマト入りポテサラは衝撃的ですね。
なんか、どれも家庭的感と愛情が溢れている感じでホッとします(^-^)
私の母はカレーを作ると、毎回、隠し味を当てるようにテストをするんです(笑)
味覚が鍛えられたのは、母カレーのお陰です(笑)

きしろさん!

そうなんです。トマトが入っているとはびっくりでした(^^)
素晴しいきしろさんの味覚はお母様の隠し味当てテストのお陰だったんですね。笑
子どもの頃に味覚は形成されるらしいですから、お母様ナイス!!

ばぶおさん こんにちは^^
伯父さまも、親戚の方々やご友人の方々の涙と笑顔に送られてお幸せだと思いますよ。
私の祖母も今年亡くなりましたが、やっぱり悲しくて涙も流れるけど、楽しい思い出を語りながら笑顔も溢れるんですよね。
元気出してくださいね。

もぐ・・「もぎたて」とかこちらでも言うので、標準語なのかな?
今年は枝豆も冷やし中華もあんまり食べてないです!
まだまだ暑いので、まだ間に合いますよね^^!

私の実家は長野ですが「枝豆もいで茹でる」って言いますよ。
東京ではどうなんでしょうね、もいで袋詰めされてから売ってますからね。

夕方、母が畑から持ち帰った枝豆を、縁側でもいで台所に持っていくのが子供の頃のお仕事でした。畑と食卓が近いとなんでも美味しいですね。

もぎたての枝豆、お母様のカレーとポテトサラダ。
どれも美味しそう♪
久しぶりの手料理はさぞかし美味しかった事と
思います。
自然豊かな所で育ったんですね~。
こんな時間も必要ですよね(^^)

さっき何回もコメント入れようとしたのに、できなかったぁ~。涙

我が家も親戚がたくさんいるので、帰国するたびに「○○さんが病気で。。」とか聞かされます。やっぱり年を重ねるごとに増えますよね。

ばぶおさんの写真、ほのぼのとしていておかんのカレーもトマトもとってもおいしそうでした。
実家の母の手料理、しばらく食べてないので恋しくなりましたよぉ。

うさこさん!

おはようございます。
暖かいお言葉ありがとうございます。私は元気です。
それなりの年齢で亡くなると天寿を全うしたということだからでしょうか。思い出話と一緒に笑いも出ますよね。

「もぐ」は標準語ですかね!?
今、広辞苑で調べました。出てました。標準語みたいです。方言のように思っていました。

まだまだ暑いですから枝豆も冷やし中華も大丈夫です。
でもお早めにね!!

たんぽぽさん!

「もいで茹でる」ってやっぱり言いますよね。
どうも標準語のようです。
東京はもいで袋詰めされてますね。
やっぱり枝豆は「もぐ」がしっくりきます^^

枝豆は引っこ抜いたのを速攻でもいで茹でるのが美味しいですよね。まあ枝豆に限らず他の野菜もですけどね。
畑が近いというのは素晴しいことです。離れてその価値がわかります。

ヨーコさん!

枝豆は超美味しかったですよ。近所のなじみのBarに持って行ったんですが、速攻で無くなりました。
久しぶりの手料理だったんですが、親も私もいろいろ葬式で忙しくてお袋の味の真骨頂の煮物とかが食べられなかったんですよ。まあカレーが作ってあって驚きました。
10年ぶり位に食べたような気がします。

自然豊かな田舎育ちなんですよ。田んぼとかは遊び場でしたよ。山も川もね!

busukeさん!

ごめんなさい。最近ちょっと重いんです。
原因がわからないんですが、コメント読み込みまで少し時間がかかるようです。お手数かけて恐縮です。

もう親戚が病気になったり、順番に逝ったりするのは仕方無いですね。

busukeさんは余計にお袋の味が懐かしいでしょうね。


そうそう!バルサミコ酢ソースとシーザーサラダの記事、良かったらトラックバック下さい。もしかしたらすぐに反映されないかもしれませんが、気づいたらすぐに承認してアップさせて頂きますので、よろしくお願い致します。
私の方はなぜかFC2ブログにトラックバックをすると受け付けてもらえないんです(><)

ばぶおさんっ、トラックバックの件、喜んでっ!と言いたいところですが、やったことないんです。。。
そもそもトラックバックが何のためにあるのか。。。も分からない私。。。はい、バカです。(TmT)ウゥゥ・・・

とにかく、試してみますっ!

この度はご愁傷様でした。きっと今頃伯母さまと楽しく思い出話でもされているでしょう。沢山の人が見守ってくれて、伯父様も嬉しいと思います。
ご実家素敵なところですねぇ。アメンボ久しぶりに見ました。私は田舎も都会なので、こういう画像を見ると憧れてしまいます。今回の写真、夏の思い出みたいで素敵ですね。

お葬式って不思議だよね。
悲しいのに忙しかったり、和んだり。
みんなで集まって故人を語ったりするのが大切なんだよね、きっと。

あたしも『もぐ』ってゆう~。
枝豆ってもぎたてが一番なんだってね。
父の田舎(北津軽)では枝豆を塩漬けにするんです。
さやごと。
しょっぱくって不思議な味になるんだけど、おいしいの。
どーやって作るんだろ~。

busukeさん!

トラックバックは引用した記事や同じ話題の記事に対して、記事を書いたということを通達してリンクを作る機能です。
今回のケースはbusukeさんが私のレシピに関して紹介して頂いたのですが、私の所の当該記事にbusukeさんとのリンクが無いため、トラックバックを送って頂くとリンクが作られるのです。
とこんな感じの説明でおわかり頂けましたでしょうか!?

過去の記事の所で、私の当該記事のトラックバックURLを貼って再度保存ボタンを押すとトラックバックが送られると思います。
ご面倒だったら無理しないで下さい!^^

椿さん!

ありがとうございます。
おかげ様で伯父も安らかに休んでいることでしょう。

私にはこういうのが原風景なのですが、都会の方は田舎に憧れる人も嫌がる人もそれぞれですね。
やっぱり私には田舎の風土は落ち着きます。
今住んでいる所も周囲に緑が多いので決めた場所なんです。

つぅさん!

ホント葬式というのはいろいろですね。
特に長く生きた年寄りの葬式は思い出話で笑いがよく出ます。
故人を弔いつつも、残された人達が納得するきっかけの一つになっているのかもしれません。

『もぐ』はみなさんつかっていますね。どうやら標準的な言葉のようですね。
枝豆をさやごと漬物にするっていうのは面白いですね食べてみたいです!

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac