« 豚肉とマッシュルームのアーリオ・オーリオ・リモーネ | メイン | 久々のばぶおパンでバターチキン »

トルキッシュコーヒー

20070428trukishcoffee.jpg


 今日はトルコに来ました!(嘘)。『世界の料理で旅気分シリーズ』第4弾です。トルキッシュ・コーヒー(Turkish Coffe)です。日本語ではトルコ・コーヒ−と言うのかもしれません。中東の特に湾岸諸国の現地の人達は紅茶を飲むことが多いそうですが、仕事場でレバノン人やパレスチナ人は、トルキッシュ・コーヒーをよく飲んでいました。エスプレッソのもっと濃い感じで、フィルターを使わずに煮出して、粉が沈むのを待って上澄みを飲みます。
 コーヒー豆というか粉はレバノンCafe Najjarのものを昨年カタールに旅行した際に、メガマートで買って来ました。カルダモン入りのものもあります。
 ちなみにギリシャにも同じコーヒーがあるそうですが、ギリシャでTurkish Coffee!と言っても知らんぷりされるそうです。


20070428caffenajjar.jpg
奥がカルダモン入り。いずれも300〜400円位。



<関連アーカイブ&参考URL>
 「中東の旅ドーハ編 Doha, the state of Qatar」:カタールのCafe Najjar
 中東旅行紀アーカイブ:昨年の中東旅行
 http://www.cafenajjar.com/:Cafe Najjarホームページ(音が出ます!!)
 Wikipediaのトルココーヒーのページをご覧下さい。



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメント

トルココーヒー飲んで見たいです。
私も共に旅をしている感覚になりました。
コーヒーで暇な疲れを癒します。
ところで素敵なカップとソーサーですね。つい器に目が行ってしまいます。

子豚のママさん!

過去の中東旅行紀は旅気分に少しは浸って頂けるかもしれません。
普段はコーヒーを飲まないんですが、最近少しコーヒーを楽しむ時間を作り始めています。
カップソーサーは中東で買ったんですが、袋を開けてみたらmade in Japanですって!日本ではこういうカップ見ないですよね。お猪口と同じ位の大きさです。

Turkish Coffeってアメリカで一度飲んだ事がありますが、ちょっと違うようですね。本物を飲んでみたいです~。でも凄く濃いみたいですね!
ベトナムコーヒーを飲んだ事ありますか?
これがまた凄く濃いんですよ。カフェイン満タンで走り出しそうにあります。

トルココ-ヒ-、濃いんですか?
甘くないのかしら・・私は若い時はコ-ヒ-なんてどこが美味しいのかしらと思ってたんですがいつのころからか飲むようになり、それもブラックでないとダメです。甘いのは気持ち悪いんです(笑)
毎朝、インスタントですが飲みながら朝食などの用意します。次はどこの国かな?

私は家ではコーヒーを飲まないんです。外でランチをした後に飲むくらいで
月に1杯程度?これでも昔は一日に5~6杯は飲んでいたのに・・・。
そんな人間なので、真っ先にカップに目が行ってしまいました。
って子豚のママさんと同じですね。(笑)
とってもステキなカップとソーサーなので、何処のかしら?大倉?と思った
のですよ。
↓私も目玉焼きには醤油派です。ところで、トーストに海苔を乗せ、
カイワレ大根を並べて醤油を数滴垂らしてかぶりつく。これが美味しいんですよ。

Turkish coffee は飲んだ事ありませんが、昔、ギリシアを旅行した時に Greek coffee 飲みました。味は……覚えてないかも(^_^;; 
ガイドブックに「ギリシアでは『コーヒー』とオーダーすると Greek coffee が来るので、普段日本で飲んでいるようなコーヒーが飲みたかったら『ネスカフェ(!)』と言いなさい」と書いてありましたが、今はどうなのかな。
底に残ったコーヒーの粉末で占いをするそうですね。この習慣はトルコだけなのかなぁ。。。?

カルダモン入りのは興味津々です。

トルコ人の友人が1人おりますが、やはりギリシャを嫌ってて
彼の前で「ギリシャ」は禁句です。(苦笑)
トルコって言って思い浮かぶのはトルコ・コーヒーに水タバコかな。
あとはブルーモスク、パムッカレ、カッパドキア?
(どれも行ったことはないんですけれど・・・。)
それと、忘れられないのがNHKで放送された
向田邦子さん作ドラマ「阿修羅の如く」の主題歌。
トルコ軍楽のジェッディン・デデンがそれでした。
あの曲が耳にこびりついて離れず困った時期がありました。
ちょっと物悲しい旋律ですよね。
トルコ・コーヒーって「めちゃ甘い」って印象がありますけど
おウチで煎れる分には調節出来るのでいいですよね。
カルダモン、私は普通のコーヒーを飲む時にも入れちゃってます。
あとはナツメグとか。コーヒーの風味が変わって楽しめますよね♪

お恥ずかしながら初めて聞きました、トルキッシュコーヒー!コーヒーを意識して飲み始めたのはここ1年だから・・・。
さぁなは濃い~のが好きだしスパイス入りも好きです!カルダモンの風味も好き・・・でもこのコーヒー粉は日本ではやっぱ手に入らないかな~??

chiblitsさん!

凄く濃いですよ!
だから小さいカップで飲みます。あとは必ずチェイサーでお水を飲んでいました。
でもネスカフェじゃなくてTurkishばっかり飲んでいましたよ。
ベトナムコーヒーも飲んだ事あります。ベトナムに行った時にお土産で買って来たりしました。

ユムユムさん!

トルコのコーヒーは濃いですよ!
砂糖は入れても入れなくてもOKです。
コーヒーはやっぱりくせになるんでしょうかね。
私も飲み続けた時は毎日飲んでいました。
次ぎは東に飛びます!!

アンさん!

私も久々にコーヒーを飲んでいます。
近所にお気に入りのカフェがあった時はよく行って飲んでいたのですが、閉店してからは外でも飲まなくなりました。
カップは日本製と書いてありますが、無名のブランドでもしかしたら日本製じゃありません。

トーストに海苔とカイワレと醤油ですか。今度やってみます。いろんなトーストの作り方がありますね!!
目玉焼きは醤油派が結構多いことがわかりました!!

glitterさん!

Greek CoffeeとTurkish Coffeeは殆どというか一緒らしいですよ!彼らの間で言い方が違うだけ(^^)
中東ではネスカフェというとインスタントコーヒーですね。
きっとギリシアもそのままのはず。
占いをしますよ。トルコだけでなく、レバノン人もパレスチナ人も占いをするんだよと言っていました。オスマントルコが支配していたエリアでは、それは伝わっているかもしれませんね。

カルダモン入りは未だ封を開けていませんが、日本でもできますよね。是非、挑戦してみて下さい!!

おてもやんさん!

やっぱり国境を接する国は昔からの因縁がありますからね。トルコもギリシャもいろいろあるでしょうね。
水タバコもありますね。私もトルコには行ったことがありません。トルコ料理屋でサンドウィッチをよく買っていたんですけどね。
行ってみたい国の一つであります。

>トルコ軍楽のジェッディン・デデンがそれでした。
すみません。聞いたことがありませんでした。あるいは覚えていなかったのかも。向こうで観ていた映画でトルコ軍が出て来る映画があったんですけど、そこに出て来る軍隊が通るときの歌はちょっと物悲しいものでした。

トルコ・コーヒーは中東では、かならず給仕の係にno sugarとかlittle sugarとかオーダーしていました。
自宅だともちろん調整可能なので、その時々で変えています。
いろんなフレーバーを入れたコーヒーも美味しいですよね〜

さぁなさん!

別に恥ずかしくはないよ!笑
このコーヒーはコーヒー屋さんで、トルキッシュ・コーヒー用に挽いて下さいと言えば、たぶん挽いてくれるはず。豆もきっと選んでくれると思いますよ。
挑戦してみて下さいね!!
濃い〜く飲んでみて、でも飲み過ぎは胃を壊しますので注意のこと。

コーヒーはアメリカンもイタリアンも大好きで、
もちろんブラック。
でもトルキッシュは飲んだことがありません。
上澄みを飲めるのは最初だけで、
結局、粉も飲んでしまうのでは?(>_<)
でも飲んでみたいです~♪

あまぞんりりーさん!

粉も飲みそうになりますが、胃に悪いので残します。
そして、粉で占いをします。私はできませ〜ん。
トルキッシュはコーヒー屋さんでトルキッシュ用に挽いてくれるところがあるのではないかと期待しています。
今度中東に行ったら沢山買って来ましょうかね。
何時行くかわかりませんが(^^i)

トルコでコーヒーと云えば、『チャイハネ』ですよね!?
あ〜、トルコは1度は訪れてみたい国のひとつです。
老後の楽しみにとってありますが(笑)

ひ〜さん!

「チャイハネ」って何だろう!?と思ったらお茶屋(カフェ)のことなんですね。
トルコは行ってみたい国ですね!
元気なうちに行って下さい!!笑

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac