« 鰤プリーズ! | メイン | ブログを始めて一年目 フレッシュトマトのオレガノ風味のパスタ »

薬菜飯店で治して大衆食堂に行きたい



 病床では本をよく読みます。闘病の中でもポジティヴに感じる所です。その中で食に関する本を2冊ご紹介をします。(料理を作ってないからそろそろネタ切れか!?)
 最初に『薬菜飯店』これは以前はこのタイトルで文庫本が出ていたらしいのですが、現在は『ヨッパ谷への降下』筒井康隆著・新潮文庫・2006に掲載されています。食べれば病気が治る薬菜飯店。神戸まで行こうかと思ってしまいました。ちなみにファンタジーです。
 次にイラストレーター安西水丸著『大衆食堂へ行こう』朝日文庫・2006です。この本は2時間で読み終わります。正直内容はどうってことないですが、コストパフォーマンスのいい大衆食堂で定食食べたくなります。
 いろんな本を読んでいます。曾野綾子、岡本太郎、キルケゴールには挑戦して挫折しました。漫画ゴルゴ13全巻、栄光のナポレオン、他にも脳の本とかいろいろ。現在は久々に三島を読んでいます。そして、手術の気配が漂って来ました・・・


         



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメント

気配?もののけですか?(失礼)
本は楽しいです。夢中になります。ないときは辞書読んでます。(この場合読むというのでしょうか?)よく眠れます(爆)
完治してやってくる春を満喫しましょう。
手術入院となると足踏みしてしまうのでしょうが・・・
ふきのとうが顔だしてますよ~(田舎だから?)

数年前病気で落ち込んでいた時、(今も病気ですが、落ち込んではいません)面白い本ばかり読んでいました。本は気が紛れますよね。病気の時は笑える本が大好きです。笑える映画とか。
最近吉川英治の宮本武蔵を読み終わりました。何時までも終わらないで~って言うくらい面白かったです。近かったら本をお届けするのに。近くなくても送れますよね。ばぶおさん、読みたい?

おじゃましますさん!

電車通勤をしなくなってから読書量が減りました。
それでも本屋に行っては買ってしまうので在庫が貯まる一方です。
まあ春を前に治って欲しいのですが・・・

Chiblitsさん!

そうですね。こういう時は笑える本とか、痛快な小説や歴史ものがいいですね。
まあじっくり難解なものに取り組める時間はあるのですが、気分が乗らないことには進みません。
吉川英治の宮本武蔵は読んでいませんね。読みたいですが、アメリカから送って貰わなくても大丈夫です(^^)
amazonで購入します!!
ありがとうございます〜

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac