« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月30日

和歌山ラーメン

20060929wakayamararmen01.jpg


 帰国しましたが、なかなか自炊をする気になれません。簡単なもので済まそうと思っている所に、友だちが和歌山ラーメンのお土産をくれましたの作ってみました。具も100円ショップで買ったほうれん草だけ。独身らしい一品です・・・
 あまりにも出来上がりの写真がさみしいので、カラフルで賑やかなパッケージをメインの写真にしました(^^i)中東シリーズから一気にトーンダウンな感じですが、これが独身男ばぶおの現実・・・
 味はこってりナイス!

20060929wakayamararmen02.jpg
彩りがさみしいけれど美味しかったです。



2006年9月29日

Malikaのレシピ10 Malikaクスクス

20060920kusukusu01.jpg


 Malikaのレシピシリーズ最後は、ご存知モロッコ料理のクスクス(couscous)です。モロッコ人の血が入ったMalikaの得意料理。しかし、これレシピを聞いてない・・・(T_T)何かブーケガルニっぽいものとか使ってたような気がします。う〜ん後で聞き出しておきます。クスクスのレシピ名にはMalikaと入れろと言っていたので、Malikaクスクスと入れました。
 長らく中東ネタおつきあいありがとうございました。


20060920kusukusu02.jpg
クスクス:一応分類的にはパスタなのでしょうね!?


追記
 時短主婦の胃袋のきしろさんのところでクスクスの詳しい説明を発見しました!
 参考になります!!



Malikaのレシピ9 シャンクリーシュ

20060918shankrish.jpg


 これは大好物!シャンクリーシュというレバノンのチーズを使った料理です。柔らかめで表面にzaatarのようなものがついています。これにトマト、イタリアンパセリ、玉ねぎなどをみじん切りにして混ぜて、パンと一緒に食べます。日本で再現できるかちょっとチーズを探してみます。
 ちなみに、某東京のレバノン料理と言っているお店の店長だかオーナーにシャンクリーシュ無いか!?と聞いたら、何だそれは?という返答でした。そのことをレバノン人の友人何名かに聞いたら、多分レバノン人じゃないよそいつ!と言われました。レバノン人なら誰でも知っている料理です。


<材料 />
 シャンクリーシュ、トマト、玉ねぎ、イタリアンパセリ、etc



Malikaのレシピ8 白身魚のレモンソテー

20060911m-hammourlemonstew.jpg


 これはシンプルなフィレソテー。レモンとパセリ、玉ねぎ、人参、塩、胡椒で白身魚を漬け込んだものを焼いただけのもの。ソースは、漬け込んだマリネ液をそのままソテーした後にフライパンに入れ、加熱してソースにしました。暑いカタールにて、さっぱりと魚を食べるのに最適な一品でした。


<材料>
 白身魚フィレ、レモン、パセリ(他のハーブでもたぶんOK!)、玉ねぎ、
 人参、塩、胡椒、オリーブオイル



続きを読む

2006年9月28日

Malikaのレシピ7 ファスーリヤ

20060916fasoulya01.jpg


 本日東京は超いい天気です。日本の秋は最高ですね!しかし、中東シリーズあともう少し続きます。

 これは"Fasoulya"と書いてもらいましたが、ファスーリヤなのかファスーリアなのかわかりません。アラビア語 → 英語 → 日本語にしているから今ひとつ、発音と表記が正確でないかもしれません。
 Fasoulyaはインゲン豆のことだそうです。インゲン豆とお肉を煮込んだものをバスマティーライスにかけて食べるもの。キリスト教徒の彼らは、レバノンでは豚肉で作るということですが、ここはイスラムの国。豚肉は食べられませんので牛肉で作ってくれました。シナモン、クミン、カルダモンが効いている味です。果たして日本のご飯に合うかどうか??

 実は、この料理わからないことがあります。下の写真の細長いのは本当にバスマティライスですか?ちょっと長過ぎる気がするんですが・・・???



20060916bastimarice.jpg
バスマティライス


20060916fausoulya.jpg
盛りつけ例


<材料>
 牛肉(豚肉)、玉ねぎ、シナモン、クミン、カルダモン、胡椒、ひよこ豆、
 豆(名称わからず)、オリーブオイル又はサラダ油、バスマティーライス



続きを読む

Malikaのレシピ6 本格タッブーレ レバノン風

20060911m-tabuleh.jpg


 今回の中東旅行で本格的な作り方を知りたかったTabbouleh(タッブーレ又はタブーレ又はタブーリ)。タッブーレは家庭でそれぞれ好みの作り方があるようですが、やはり料理上手のMalikaのタッブーレは最高に美味しい。自分が以前作ったレシピとは全く違うものでした。

 作り方の決定的な違いは、みじん切の細かさの違い、そして塩とオリーブオイルを入れるタイミング。パセリなどの野菜がくたっとしないように塩を入れるのは食べる直前だということでした。パセリはやはりイタリアンパセリを使っていました。こちらでは30円位と安い!日本では1束180〜250円位すると思うので、やはり高級な料理になってしまいます。

 他にもエシャロットを入れたり、レモンの皮を入れたりと細かいところが全く違いました。ホントに違う・・・(><)レシピを書いておきましたので、参考になさって下さい。


20060911tabulehboulgour.jpg
これがブルゴル(ブルゴール):小麦の挽き割り


20060911tabulehesharotte.jpg
これエシャロットでいいですか!?



続きを読む

Lebanese Restaurant レバノン料理

20060922hommos.jpg


 ドーハのレバノン料理屋さんでの食事。何種類ものメッザを頼んで食べました。ここのレバノン料理は美味しかったです。予約が無いと休日は入るのが難しいレストランだそうです。この日は、ご存知のホンモス、マッシュポテト、ラムの生肉、ラムの生肉ブルゴル(小麦の挽き割り)入りバージョン、マハシ、名称わからない料理などです。ラムの生肉は、いまひとつ苦手な感じ。ユッケの方が美味しいです。タッブーレにブルゴルが入っていないのにはみんな驚いていました。この他にも、レタスやきゅうり、人参、トマト、青唐辛子、キャベツ、ルッコラが生野菜でバケット一杯に出て来ます。
 メインは、魚の内蔵を取って素揚げにしたものです。これ結構美味しかったです。名称不明の料理にも美味しいものがありました。食べ過ぎで、デザートを食べるに至りませんでした。レバノンのスィーツも美味しいんですけどね。コーヒーで終了しました。


20060922hkobs.jpg
ホブス:アラビックパンです。ここのは小さめ。


20060922mashpotato.jpg
マッシュポテト:オリーブオイルをかけてホブスと一緒に食べます。


20060922kibbeh.jpg
キッビ(ケッビ):ラムの生肉です。


20060922kibbehboul.jpg
キッビのブルゴル(小麦の挽き割り)入りバージョン



続きを読む

2006年9月27日

中東デリバリー&持ち帰り料理

20060911samosapizza.jpg


 中東ネタを終わらせようとやっきの更新中です。ここではデリバリーの品々をご紹介します。デリバリーサービスや持ち帰りの料理も時々ありました。レバノン料理というかシリア料理というか、アラビック料理屋さんからのデリバリーや持ち帰りだったようです。

 上の写真は、サモサとピザパンでした。これはレバノン料理屋でもよく見かける一品です。他にはラムチョップとケバブ。ラムチョップは中東に住んでいた時に、好きになりました。それまでは結構ラム肉は得意ではありませんでした。臭みが苦手でした。中東ではミートというと羊肉。このミートのケバブもラム肉をミンチにして棒状にして焼いたものです。どちらの料理にもフレンチフライ。フレンチフライってそこら中で出てきますね!

 最後は、チキンビリヤーニ(ビリヤニ)。イスラム圏でよく作られる料理。写真はアラビック料理のお店のものです。中東在住時の金曜日の昼間ご飯といえばチキンビリヤーニでした。ビリヤーニとはバスマティライスとカレーの炊き込みご飯です。アラビックのビリヤーニもカレーかよ!?と言われると?なのですが、香りが高くスパイスの効いたご飯です。これは私の大好物です。お薦めです!ビリヤーニは日本だとインド料理屋さんで食べられます!!

 ちなみに日本でのアラビック料理の持ち帰りは、以前にもご紹介した東北沢のDELI SHOPウチムラさんしか知りません。他にもあるんでしょうか??


20060917lambchop.jpg
ラムチョッップ


20060917kebab.jpg
ケバブ


20060917chickenbiriyani.jpg
チキンビリヤーニ:量多過ぎ!!



Malikaのレシピ5 チキンとパプリカの炒め物

20060912m-chickenwithveg.jpg


 作り方はめちゃめちゃシンプルなんだけど、結構美味しい一品です。こんな作り方したことありませんでした。
ただ、結構火を通すな〜という印象があります。日本人は鶏肉はジューシーに、野菜は程よく火が通って適度な歯触りを求める人が多いと思うので、その点で火の通し方に工夫をした方がいいかもしれません。じゃあどうすればいいの!?ってわかりませんけど(^^i)


<材料>
 鶏モモ肉、玉ねぎ、人参、パプリカ、にんにく、生姜、塩、胡椒、オリーブオイル


<作り方>
 1.全ての材料を混ぜて冷蔵庫で1〜2時間置きます。
 2.鍋に全ての材料を入れて炒めます。
 3.火が通ったらハラス!



2006年9月26日

Malikaのレシピ4 Mjadara レンズ豆のペースト

20060913mujadra.jpg


 正直、これはMjadaraかMujadaraか分りません。ムジャダラというレンズ豆のペーストです。中東に限らず海外では、豆を使った料理が多いなと感じます。根拠はありませんが・・・
 何となく小豆のような雰囲気ですが、砂糖は使っていません。豆そのものの甘みと玉ねぎ、米の甘みが出ています。このペーストを薄いアラビックパンと一緒に食べます。


<材料>
 レンズ豆(1種類もしくは2種類)、玉ねぎ、米、塩、胡椒


<作り方>
 1.レンズ豆は一晩水に浸しておきます。

 2.玉ねぎを軽く炒めます。オイルは少なめ。

 3.水を入れてレンズ豆を入れ、柔らかくなるまで煮ます。

 4.レンズ豆が柔らかくなったら、一旦取り置いて、少し冷まします。

 5.冷めたらミキサーに入れてペースト状にします。

 6.ペースト状にしたら再び鍋に戻して弱火にかけます。

 7.塩、胡椒で味つけしたら米を入れて、焦げ付かないようにひたすら
  かき混ぜ廻し続けます。

 8.米が柔らかくなったら完成です。冷ましてから食べましたが、温かいままでも
  食べられるのかもしれません。



続きを読む

Malikaのレシピ3 ミントサラダ

20060916m-salada.jpg


 中東に行くと感じるのが野菜不足。肉中心の料理が多い気がします。相当順応性があると思っている私ですが、やはり野菜を中心とした和食の献立のヘルシーさを感じます。それでもMalikaはよくサラダを作ってくれました。サラダによくトッピングで入っていたのはミント。ミントを買ったら日陰で乾燥させておいて、保存していました。そして、使う前に粉々に砕いてサラダに振りかけていました。レモンとよく合って、さっぱりして美味しいです。生ミントも美味しいのですが、こんな乾燥ミントの使い方もありですね。


20060914m-mintsalada.jpg
レタス入りバージョン:これにアラビックパンを揚げたものを入れるとファットーシュ


<材料>
 トマト、レタス、きゅうり、玉ねぎ、etc

<ドレッシング>
 乾燥ミント、レモン、にんにく、エシャロット、塩、胡椒



続きを読む

2006年9月25日

Malikaのレシピ2 ハリーラ

20060911m-s-harira.jpg


 これはHariraというモロッコのスープ。スープ好きな私にとっては嬉しい一品でした。とても体にいい感じ。ライスを入れて作ることもあるそうですが、こちらのお家の息子がハリーラにライスを入れるのが嫌いだったので、細いパスタを入れていました。


<材料>ただし分量は適当・・・
 牛肉角切り、ひよこ豆、レンズ豆、玉ねぎ、セロリ、コリアンダー、生姜、
 トマトペースト or フレッシュトマト、パスタ(細く小さいもの直径1mm×10mm)、
 スープストック、オリーブオイル or サラダオイル、小麦粉、塩、胡椒


20060911m-s-harira02.jpg
クリックすると拡大写真になります!
作り方は↓をクリックして下さい!!



続きを読む

2006年9月24日

Malikaのレシピ1 ルービエ・ゼッ

20060912m-rubie.zet.jpg


 カタールのドーハでずっと滞在していたのは友人Josephのお家です。奥さんのMalikaの手料理をいつも頂いていました。Malikaは、モロッコ人とアルジェリア人とのハーフです。ちなみに旦那のJosephは、レバノン人ですがポーランド人の血が入ったクォーターです。本拠地はレバノンのベイルートなのですが、現在は仕事でドーハに住んでいます。そんなバックグランドもあって、Malikaの料理はモロッコ、アルジェリア、レバノン、フランスなどバラエティーに富んだものが多かったです。しばらく、Malikaの美味しいレシピの中で、シンプルなレシピの一部をご紹介できたらと思います。

 これは、RoubieかRubieかちょっとわからないのですが、インゲン豆だと思います。レシピはRoubie Zetと書くんだと教えてくれました。これは本来は、ラム肉を入れて作るらしいのですが、健康に配慮してこの日は、ベジタブルオンリーで作ってくれました。とてもシンプルですけど、美味しい一品です。


<材料>
 インゲン豆、トマト、玉ねぎ、にんにく



続きを読む

中東の旅ドーハ編 帰国

20060922desert02.jpg


 中東の旅を終え、ようやく帰国しました。
 カタールでの最終日は南の砂丘地帯に行ってきました。砂丘は英語で"dune"。中東=砂漠というふうに、大抵の方々が、この砂丘が沢山連なる砂漠をイメージされるのではないかと思います。しかし、カタールの大半は、土漠と言われるような少し草木が生えている堅く乾いた土壌が広がっています。南部に行くとようやくこの砂丘を見られることができるのです。
 ドーハというかカタール全体でも山はおろか、極端な高低差はそれほどありません。したがって水を各家庭に送るための大きなタンクを至るところで見ることができます。しかも、そのタンクは結構ユニークな形をしているものが多いのです。


20060922desert.jpg
砂丘


20060922watertank.jpg
水タンク:山が無いドーハではユニークな水タンクをあちこちで見ます



続きを読む

2006年9月19日

中東の旅ドーハ編 Sabah & Masa

20060915hommosbeirut.jpg


Lebanese restaurant de breakfast. Hommos(Honmmus) ha totemo oishii desu. Hiyoko mame no pe-suto desu. Foul ha beans de dekiteimasu. kore mo nice! Lebne ha yourgurt no suibun wo sibotta mono. korerawo arabic no pan de sukui nagara tabemasu.


I took breakfast in the Lebanese cafe on Friday. The restaurant name is "Sabah & Masa". It is casual Lebanese cafe. I love Hommos(Hommus), Labneh and Foul very much. We eat them with Arabic bread. Zaatar and Jebneh are like pizza. I'll cook them in Japan. Then I can show you their recipe!


20060915sbahmasa-labenh.jpg
Labneh is made of yourgurt


20060915sabahmasa-foul.jpg
Foul is made of beans




続きを読む

2006年9月16日

中東の旅ドーハ編 Weekend in Doha

20060915mosque.jpg


Futatabi English only.
Friday ha Islam no kuni deha kyuujitsu desu. dakara mokuyou no yoru kara kinyoubi ga weekend desu. Yakusho ya ginkou nadoha Friday to Saturday ga oyasumi desu. Weekend no Doha no shasin wo goran kudasai.

Qatar is an Islamic country. Friday is the horiday here. Weekend in Doha is from Thursday evening to Friday. Government office and banks close on Friday and Saturday. Today I post hereby some pictures of weekend in Doha.


20060914grandregency.jpg
Thursday night at Grand Regency Hotel
Moroccan Restaurant


20060914josephfamily.jpg
Grand Regency with Joseph Family



続きを読む

2006年9月14日

中東の旅ドーハ編 Doha, the state of Qatar

20060914trukishcoffee.jpg


Ima watashi ha Qatar no Doha ni imasu! meccha atsu idesu! Over 40° C....
Comments arigatou gozaimasu. Nihongo wo yomukoto ha dekiru no desuga ga, utenai node, sumimasenga atode henji wo sasete itadakimasu.
Doha no shashin wo nose mashita. Douzo goran kudasai!!

Now I'm in Doha, Qatar. It's really hot here, around 40° C.
Thank you for your comments to last entries. But sorry for my late reply. In this moment I can read your comments in Japanese, but I can't type in Japanese. I'll reply for the comments after I can type in Japanese.
Today I post some pictures. These are only some peices of Qatar.


20060914doha.jpg
Qatar??


20060914roadside.jpg
Maybe!


20060914ramada.jpg
Ramada Hotel
What is painted on the wall?


20060914petrostation.jpg
Subway is Waysub??? It's the way of writing in Arabic.


20060914mosk.jpg
Mosque


20060912daiso.jpg
Daiso!?



2006年9月11日

中東の旅ドーハ編 delayed!delayed!delayed!

20060910delay02.jpg


 ドーハ行きのフライトが遅れてます。飛べば1時間という国内線なみの距離なんですけどね。まあdelayなんてよくあることなんですが、ドバイで8時間足止め。本を読めるし、ネットもできるからいいのですが、時差ボケにならないように、がっつりは寝ないようにしています。出発まで1時間半を切ったのにまだゲートが開かないし・・・まあトランジットで半日、一日はよくあることですが、友人の家に泊まるので、明日朝早い友人に悪くて心苦しい限りです。
 ということで、ブログを徘徊してコメントをしまくってますが、ご容赦を!それにしても、昔ならこんなことできなかったのに・・・便利な世の中になりました。しかし、明日からは恐らく更新が難しいかもしれません。友人の家のネット環境次第ですが、どうなるかわかりません。無料という訳にいかないので、ネット接続も遠慮しないといけません。


20060910delay.jpg
英語だとこんな感じ


20060910emiratesblounge.jpg
エミレーツのラウンジ



2006年9月10日

中東の旅ヨルダン編 Mansafとスウィーツ&グッバイヨルダン

20060909mansaf.jpg


 ただ今、DubaiでDoha行きのフライト待ちです。いいコネクションフライトが取れなかったので、あと6時間ここに居なければいけません(TT)

 昨日は、死海から戻って来て、ヨルダンの代表的な料理、Mansaf(マンサフ)を食べに連れて行ってもらいました。先日ペトラの食堂で他のお客さんが食べていたマンサフは、もっと豪華だったような気がします。これはジャミードと呼ばれるボール状のヨーグルトの固まりを使って、羊の肉や山羊の肉を煮て、それをご飯にかけて食べるものです。結構癖があるものなので、これは好き好きですね。私は全然OK!
 そして、これは食べておけと言われたのが、塩味で無いチーズを使ったお菓子。これはちょっとヘビーです。名前を聞いたんだけど忘れました。後で追記しておきます。


20060909sweets.jpg
カネーフェ(クネーフェ)
これがスウィーツ。でも一つだからスウィートかな!?


20060909sweets02.jpg
伸びる伸びるチーズが伸びる〜



続きを読む

中東の旅ヨルダン編 ホテル朝食と死海

20060909breakfastinthehotel.jpg


 アンマンでは、友人の会社でとってもらったホテルに滞在しています。最初は5スターを紹介してもらったのですが、お金が無いからランク下げてくれとお願いして、今のホテルにしました。それでも十分満足できるホテルです。インターネットも無線LANが無料なので、日本から持って来たiBookで更新ができています。そんなホテルの朝食はブッフェ形式です。
 奥の皿のレモンの上に見えるのが、Foul(フール)です。豆の煮込みですが、玉ねぎのみじん切りやスライスした青唐辛子をトッピングして、レモンとオリーブオイルをかけて食べます。ホブス(アラビックパン)ですくいながら食べます。手前の皿の向こう側の白い柔かそうなのがフェッタチーズです。中東ではよく出て来るように思えます。手前側の右下のペーストが大好物のホンモス、ひよこ豆とタヒニという胡麻ペーストを合わせたものです。これもパンですくって食べます。

 昨日は、午後から友人の仕事場に行くついでに死海に行ってきました。何だかんだで観光してます。死海は海より低いところに位置しています。アンマンから約1,200〜1,300m標高が低いらしいです。死海と漢字で書くと不吉に見えますが、全くそんな雰囲気はありません。しかし、湖の向こうの山を越えたら、そこはもうイスラエルです。争いがあった所であることは間違いないのです。ちなみに女性の方は、死海の塩や泥でご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか!?
 マリオット・リゾートのビーチに出ました。ビーチよりプールに大勢の人がいました。私もプールにいたきれいな女の子たちの所に飛び込みたかったのですが、ごつい友人と一緒に仲良くカフェでジュースを飲んで帰りました。どんなゴツさかはそのうち紹介するかもしれません。

死海の写真はこちらです↓



続きを読む

2006年9月 9日

中東の旅ヨルダン編 Maklubehとペトラ

20060908maklubeh01.jpg


 ヨルダン二日目、やはり独身レシピらしく料理の写真から!これはMaklubeh(Makloubeh:マクルーバ)とよばれるヨルダン料理です。羊や鶏肉とブロッコリー、じゃが芋、玉ねぎ、茄子とサフランライスをヨーグルトをかけて食べます。上に載っているのはナンのようなもの。他には、レンティルスープ(レンズ豆のスープ)、アラビックメッザ(メッツァ)と呼ばれるアペタイザーの盛り合わせ。ホブスというアラビックパンを撮影するのを忘れてました。

 今日は、ペトラという遺跡に行って来ました。ペトラはインディージョーンズのモデルにもなった所です。もっともはっきりとした形をもっている高さ50mもあるエルカズネと呼ばれる神殿と、なかなかカメラでは表現できない風景が印象的でした。しばし、3,000年前に想いを馳せてみました。


20060908maklubeh02.jpg
冠っているナンを取るとこんな感じ。


ペトラの写真はこちら↓
20060908s-lenthil.jpg
レンティルスープ


20060908mezza.jpg
アラビックメッザ



続きを読む

2006年9月 8日

中東の旅ヨルダン編 シートにお尻が・・・そしてアラビア料理でない!?

20060907chickengrill.jpg


 おはようございます。いよいよ出発した中東の旅、昨日無事にヨルダンの首都アンマンに到着しました。
 中部国際空港発のエミレーツ便でドバイへ向かうため、まずは新幹線にて名古屋へ。腹が減っては戦はできぬとばかり、とりあえず名鉄名古屋駅できしめんを立ち食うべく4番ホームの讃岐うどん屋に入る。うどん屋やんか!と思いつつもきしめんを頼んで食べました。そして、中部国際空港、別名セントレア!?でチェックイン。どうもインコグニートのメンバーもいました。楽器ケースにインコグニートって書いてありました。ブログを検索したらやっぱり。東京JAZZ 2006というイベントで来日していたようです。行きたかった・・・

 Anyway!空港でレッドアイを2杯飲んでからいざドバイへgo!
 飛行機に乗ったら突然、Que Guappa!(アラビア語ではありませんが・・・)と言いたくなる程に可愛いSweedish Iranian(スウェーデン国籍のイラン人)のクルーに恋をしそうになりました。隣に彼女が座り込んで仲良く話をしていたのですが、上司のアテンダントから連れ去られて行きました。そこからは中々話す機会を作れず、1時間も早くドバイに到着。テクニカルトークがまだまだ未熟です(TT)

 ドバイからアンマンへ行く際にもエミレーツ航空を利用。そこで珍事が!通路側の席だったのですが、窓側の隣にもの凄い巨漢が来ました。恐らく200kg前後あるのではないでしょうか!?通路を普通に歩けないようで、体を横にして歩いてきました。え〜隣かよ〜!と思っている私の心知らずか、のっそのっそとやって来ました。そして、人生初の光景を目の当たりにしました!座席にお尻が入らない・・・今回はマイルを使ってビジネスクラスにしたので、それなりに広いはず。しかし、それでもお尻が入らない。もちろんベルトも締まりません。その人は大量の汗を掻きながら、既にジョギングをしているような粗い息をしていました。そして、クルーのお姉さんに、座れないよ。どうしよう!?ファーストクラス空いてないの!?と尋ねました。すると空席をチェックしたクルーから金額をプラスしたら乗れますけど移ります!?と言われて、移って行きました。いったい空いていなかったらどうしたんだよ???
 そんなこともあったためか、その便は機材の故障でなんとキャンセルになりました。5時間待ってようやく別の機体で出発。ついにアンマン空港に到着しました。

 アンマンは思ったより土漠が多く、一面の景色は茶色です。しかし、緑も結構あって、UAEやカタールと違い林や森も目にすることができます。写真撮り忘れました。空港からtaxiに乗って40分、アンマン市街地に到着。ホテルにチェックインしました。
 夜は、2年ぶりに会うレバノン人の友人とヨルダン人の奥さんと奥さんの両親と兄弟姉妹夫婦達と食事に。アラビア料理を期待していたら、どうもそうではなくウエスターンな料理のお店でした。最近アンマンで人気のレストランだそうです。ヨルダンではレストランでビールも飲めるようです。ヨルダンはキリスト教徒も割といることも影響しているのか、湾岸諸国より自由な雰囲気があります。私は、生ビールとマッシュルームのスープ、そして、チキンのグリルをチョイス。完全にアラビア料理ではありませんでした。(^^i)
 それと食事中、皆既月食を見ました。そこでも写真を撮らず・・・下の月の写真は、今朝の写真です。

 長々と駄文を連ねた理由は、ヨルダンぽい写真を撮れなかったからです。お許し下さい。今日は、これからインディージョーンズのモデルともなったペトラの遺跡に行ってきます。ヨルダンでは観光らしい観光はこれだけかもしれません。今日はちゃんと写真を撮ろうと思っています。そして、短い文章にします!


20060907ammanbuildings.jpg
ホテルからの風景。それほど絵にならない・・・


20060908morningmoon.jpg
既に皆既月食が終わったアンマンの月



2006年9月 6日

長芋の味噌汁そして出発

20060905s-misosoup.jpg


 出発当日にパスポートの更新ができるというギリギリ男。ようやく荷造りも済んで、これから出発です。しばらく味噌汁も飲めないので、味噌汁作りました。


<材料>
 長芋、オクラ、玉ねぎ、人参、長ねぎ、分葱、カイワレ、生姜、煮干し出汁、
 豆腐、塩、砂糖、酒、醤油、味噌


 さ〜てこれから出発です。バジルとひよこ豆は同じマンションの友人カップルにお願いしました。現地から更新できたら面白いんですけどね。挑戦してみます!
 まずは、最初の訪問地のヨルダンへ!では行って来ます!!



パンチェッタの紫蘇風味炒め

20060905panccettaitame.jpg


 なかなかパンチェッタを食べ終わらないパンチェッタ。あやうくPW(パンチェッタウィーク)に突入しそうな程、1kgは時間が掛かります。残りは禁じ手のカレーに入れる作戦をしてしまいました。折角のハーブの風味が・・・

 Anyway!残り野菜をそれぞれ入れて、強引に紫蘇風味の炒め物にしました。しかし、意外に美味しくできました。最初はパスタにしようと思ったのですが、この量にパスタでは多いと思い、パスタは抜きにしました。その代わりというか、カイワレも入れてしまいました。さ〜て荷造りをさっさとしなければいけません。


<材料>
 パンチェッタ、青紫蘇、ドライトマト、茄子、エリンギ、にんにく、
 赤唐辛子、カイワレ、塩、胡椒



続きを読む

2006年9月 5日

桃の湯剥き

20060904peach01.jpg


 冷蔵庫整理のため、怒濤の更新!
 桃=大好物です。値段が下がって来たので、先週に買っておきました。ようやく熟してきましたので、食べました。今回は、こなみのきまぐれ日記のこなみさんのところで初めて知った湯剥きに挑戦しました。以前から桃を剥く時に、スムーズにできなく、表面を凹ませたり傷つかせることが多かったのですが、これは楽ちん。熱湯に通して、冷水に入れて、少し包丁で切れ目を入れたらつるりです。湯剥きナイス!
 しかし!!問題が・・・その後、きれいに種が取れない・・・・均等に実を切れない。う〜ん何かいい方法無いのでしょうか!?


20060904peach02.jpg
特に不揃いのやつはその場で食べました(^^i)


<参考URL>
 こなみのきまぐれ日記さん:桃の湯剥きが出ているエントリー



2006年9月 4日

パンチェッタとゴーヤーと長いものアーリオ・オーリオ

20060904goryarpannagaimo.jpg


 やっぱりゴーヤーは美味しいのです。擦ってカレーに入れるのはNGですが、炒めればやっぱりナイス!折角のパンチェッタの風味を活かすべく、にんにくとオリーブオイルを使って炒めました。だからアーリオ・オーリオ。プチトマトとふわっと炒めた卵を入れてみました。以前作った、ゴーヤーとトマトのオイスター炒めと似ています。
 味としては、ゴーヤーチャンプルーがやっぱりゴーヤーにマッチしている気がします。それは鰹節とゴーヤーの相性が良いからかもしれません。ということから考えると、もしかしたらアンチョビを少し入れたらいいのでは!?と思いました。帰国してから挑戦してみます。冷蔵庫がんばって整理中!(昨日、野菜を買ってしまいましたが・・・)


<材料>
 パンチェッタ、ゴーヤー、長いも、プチトマト、卵、にんにく、オリーブオイル、
 塩、胡椒



続きを読む

朝湯豆腐

20060904yudoufu.jpg


 何だか朝湯と豆腐みたいです。暑い夏は冷奴が大半でしたが、温かい豆腐の方がお腹にはいいはず。朝からやさし目の湯豆腐です。いつもお酒で鍛えているので、たまには休暇を胃に与えないとまずいです。今日も自家製レモンポン酢で食べました。分葱と生姜と青紫蘇と何とも体に良さそうな薬味も入れて、何だかヘルシーなったという気がしますが多分勘違い。


<材料>
 豆腐、長ねぎ、人参、エリンギ、昆布、

<レモンポン酢ダレ>
 レモン、みりん、醤油、分葱、生姜、青紫蘇



野菜たっぷり四川風ラーメン(中華三昧)

20060903n-shisenfuu.jpg


 久々のインスタントラーメン。中華三昧の四川風味噌味。学生時代、中華三昧は高級品でした。ノンフライ麺がとても印象的でした。時間がある時のインスタントラーメンは、野菜炒めラーメンの如く、沢山の野菜入りです!
 ところで味噌ラーメンの作り方、どちら派ですか!?

  A:スープはスープで味噌を溶いて先に入れ、麺を入れ、最後に野菜をのせる
  B:炒めた野菜に味噌とスープを入れて少し茹で、麺を入れた器にそそぐ

 私は、味噌ラーメンだけはB派です。



2006年9月 3日

パンチェッタと網焼き野菜の塩胡椒オンリー

20060903panccetaveggril.jpg


 本当は、温泉卵を絡めて食べようと思った一品。温泉卵作りに失敗しました(TT)しかも、野菜を買ってしまったし、網焼きは意外と時間がかかるし・・・今ひとつ。しかし、パンチェッタは焼いただけだけど美味い!温泉卵と絡めていたらもっと良かったのに残念。しかも、まだまだ500gは残っています。


<材料>
 パンチェッタ、ゴーヤー、プチトマト、茄子、かぼちゃ、人参、長いも
 エリンギ、キャベツ、塩、胡椒


20060903basil.jpg
バジルも元気に成長中!



韓流ビールつまみ カムジャジョン

20060902kamujajyon.jpg


 じゃが芋料理でよく韓国の人から作ってもらった料理が、カムジャジョンです。カムジャタンはお聞きになったことがある方も多いと思います。カムジャ=じゃが芋、ジョン=チヂミ(お好み焼き)の意味だそうです。したがって、カムジャジョンはじゃが芋のチヂミということです。
 これはじゃが芋を擦るだけなんですが、表面はカリッとして、中はもっちりとしています。ホントはもう少しきつね色に焼いた方が良かったと思っています。ビールのおつまみにお薦めです!本来はコチュジャンを使ってタレを作るんですが、なかったので豆板醤を使ったタレにしました。それと青唐辛子はタレに入れるのか、チヂミの中に入れるのか、忘れました。


<材料>
 じゃが芋、分葱、青唐辛子、ごま油

<タレ>
 醤油、コチュジャン(豆板醤+酒+砂糖で代用)、長ねぎみじん切り、生姜、
 にんにく、お好みで酢



続きを読む

2006年9月 2日

ポテサラ研究隊 第3弾

20060902potesarakenkyuu.jpg


 はりきって冷蔵庫整理しないと終わりません。連続更新です。
 実家から米を送ってもらった時に、一緒に同封されていたじゃが芋を使って、ポテトサラダにしました。もちろんポテサラ研究です(^^)左からA、B、Cとすると味付けは次ぎの通りです。

 A:砂糖、塩、マヨネーズ、粒マスタード、白ワイン
 B:砂糖、塩、マヨネーズ、和芥子(からし)
 C:砂糖、塩、マヨネーズ、粒マスタード

 さて、結果はというとAはワインを入れた分、とてもいい香りが立ちます。ただ、その分、マヨネーズを使わずに味つけしてもいい気がしました。Bは一番なじんでいる気がしました。しかし、粉芥子を使った方がいいのではないかと思いました。Cはワインを入れたAと比べると香りがありませんが、その分マヨネーズとマスタードをより味わえる気がしました。う〜んそれぞれ特長がありますね。ただ、マスタードは粒マスタードで良かったのでしょうか???



福蘭の餃子

20060901fukurangyouza.jpg


 サザンの歌にもなっているキラー通りにある中華料理屋さんですが、先輩方が美味いから行こうということで行ってみました。本当は冷蔵庫整理をしなければいけないのに・・・でもここはいつも混んでいる人気店です。結構期待して行きました。

 揚げ餃子がラードと一緒にやって来ます。相当食いしん坊の私ですが、これは辛い。20代半ばには親指程度の小振りの餃子ながら50〜60個食べれた大食漢の私が、箸が進みませんでした。シュウマイの方があっさりしていていいです。後から出て来たタンメンが妙にあっさり美味しく感じます。

 ここの餃子は、多分好き嫌いが分かれる餃子です。ただ、にんにくがたっぷり効いていて翌日は元気に目覚めると先輩方は絶賛です。しかし、私の得意分野ではありません。基本的に揚げ餃子は大好物ではない。揚げたのならむしろサモサとかの方が好み。水餃子か焼き餃子ならバクバク食べられるんですけどね。でも一度福蘭に行ってみて下さい。はまる人ははまってますよ〜


20060901fukuranshuumai.jpg



ズッキーニとパセリのパスタ

20060901p-zuccininasupasley.jpg


 朝から時々にんにく入りのパスタを食べる男。電車に乗ったら迷惑です(^^i)アーリオ・オーリオ(にんにくとオリーブオイル)で、ズッキーニと茄子と玉ねぎを軽く炒めたものをパセリをたっぷり散らして風味をつけたパスタです。元気が出ますよ!


<材料>
 ズッキーニ、パセリ、茄子、玉ねぎ、にんにく、赤唐辛子、塩、胡椒、
 スパゲッティーニ、オリーブオイル


<作り方>
 1.オリーブオイルにみじん切りしたにんにくと種を抜いた赤唐辛子を入れて、
  じっくり香りを移します。
 2.パスタの茹で上がりのタイミングに合わせて、野菜を入れて、塩を一つまみ
  入れて、炒め過ぎないように軽く炒めます。
 3.茹で上がったパスタをフライパンに入れ、手早く混ぜながら、茹で汁を
  スプーンで少しずつ入れ、さらに手早く混ぜます。
 4.塩、胡椒をして味をつけ、最後にみじん切りしたパセリを加えて混ぜたら、
  フィニート!



2006年9月 1日

パンチェッタのスープ

20060901s-panccetta.jpg


 来週から2週間ほど中東に行きます。ドバイ経由でヨルダン、カタールに行って来ます。そのため、冷蔵庫整理開始。一番悩んだのは熟成2週間程度のパンチェッタ。先日の停電のようなことがあった場合、帰国したらグレるどころか、ばぶお家一の悪になっている可能性があるので、さっさと食べてしまうことにしました。
 じゃが芋、人参、玉ねぎと一緒にパンチェッタをじっくり弱火で煮ました。パンチェッタから塩分が出るので殆ど塩を追加する必要無しでした。パンチェッタの旨味といろんなハーブがほんのり香ります。野菜の甘みもしっかり出てました。にんにくを入れても良かったかもしれません。


<材料>
 パンチェッタ(塩豚)、じゃが芋、人参、玉ねぎ、オクラ、白ワイン、塩、胡椒



続きを読む



 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages


Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

独身レシピ検索

 


Info.

記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。
リンクフリーです。


カテゴリー



買い物 & PR
















ブログランキング・にほんブログ村へ