« ゴーヤーツナサラダ タイ風バージョン | メイン | 朝ベジスープ »

南インド風海老カリー

20060801c-shurimp.jpg


 これは一昨日の晩ご飯。ココナッツミルクが残っていたので、カリーを作りました。しかし、今回も煮沸させ過ぎてしまい。ミルクが分離してしまいました。本当はもっとクリーミーになるはずなんですけどね。それと冷蔵庫の調子が悪ったからか、特売だった手羽元で作ろうと思っていたのですが、賞味期限が来る前に匂いが出てしまったので、急遽冷凍の海老に変更しました。ご飯はこの所のレギュラーの玄米。


 中東に在住時、南インドからの出稼ぎの多い国に居ました。そのため、南インド料理のお店も多く、スタッフも南インド出身者が多かったので、南インドのカリーに親しみがあります。日本では北インド料理のお店が多いですが、この所、東京でも南インド料理のお店が増えてきました。南インドのカリーの特長は、ココナッツミルクを使ってあったり、カリーリーフを使ったり、割とサラッとしたカリーが多いことでしょうか。ナンではなく米を使ったカリーも多いです。それでも南インド料理はとても多様で、例えば東側のタミル・ナドゥ州は米食中心でミールスというバナナの葉の上に何種類もの野菜を中心としたカリーを載せた定食が有名です。西側のケララ州はポロタ(パロタ?私にはポロタと聞こえるのですが)という小麦粉を強く練ったものを層状にして焼き上げた弾力のあるパンが中心になるのです。タミル・ナドゥの北のアーンドラ・プラデーシュ州のハイデラバードは、ビリヤーニと呼ばれるインドの炊き込みご飯が有名だとインド人が言ってました。このビリヤーニもとても美味しいのです。兎に角暑くなって来ると辛いものを食べたくなりますね。


<材料>
 むき海老、玉ねぎ、トマト、にんにく、生姜、青唐辛子、コリアンダー(生)、
 酢、塩、胡椒、サラダ油、ローリエ、シナモンスティック、マスタードシード、
 カリーリーフ、クミンシード、クローブ、赤唐辛子、カルダモン、ターメリック
 ココナッツミルク



<作り方>
 1)ローリエ、シナモンスティック、マスタードシード、クミンシード、サラダ油を
  鍋に入れパチパチと弾けるまで弱火で加熱します。

 2)にんにくと生姜をそれぞれみじん切りか擦り下ろしにして、青唐辛子を輪切り
  にして、コリアンダーの根っこはみじん切りにして投入します。

 3)香りが立って来たら、玉ねぎとカリーリーフを投入して炒めます。

 4)玉ねぎが茶色に色づいて来たら、海老を入れて炒めます。海老は予め背わたを
  取って置きます。

 5)赤唐辛子、カルダモン、ターメリック、胡椒のパウダー系のスパイスを投入して
  よく混ぜます。

 6)スパイスが混ざったら、生トマトかトマト缶を崩したものを入れて炒めます。

 7)トマトがよくなじんだら、水をを加えて沸騰させます。

 8)沸騰したらココナッツミルクを加えて、その後沸騰させないようにして30分程
  煮込みます。沸騰するとココナッツミルクが分離してしまいます。今回は、
  油断して沸騰させてしまいました。失敗(TT)

 9)酢を入れて、塩で味を整えます。チキンカリーの時には酢を入れるのですが、
  海老カリーで入れてもいいのかな〜??

 10)味が整ったらコリアンダーのみじん切りを入れて完成!


 もうちょっと赤くなる予定だったんですけどね。ターメリックが多かったかもしれません。スパイスはあるものだけを使えばいいと思います。何種類か欠けてても全く問題ないと思います。スパイスもスーパーで売っているものでOK!でも辛いから大人味ですね。お子さんのいらっしゃるお家ではちょっと辛いと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 南インド風海老カリー:

» 今日のごはん from 共通テーマ
今日食べたごはん、レストランでおいしかったメニュー、思い出の一品、ふと食べたくなったものを書いてください。 [詳しくはこちら]

コメント

ばぶおさんはPW(ピリ辛週間(笑))ですか?
我が家も次はPW突入です(^-^)
夏は辛いのがおいしいですよね♪
本格的なカリーで美味しそうですね!
エビとココナッツミルク大好物なんです。
ところで、カリーリーフって見たこと無いんですが
これが入ると入らないとではやっぱり違いますか??

今日はとてもよいお勉強になりました。今までインドのカレーはココナツミルクは入れないと信じていたのですが、場所によっては入れるんですね。こちらでも南インド料理は少ないです。偶々かも知れませんが、南の方が辛いような気がします。

ん~!おいしそう~!
海老だいすきです。これくらい食べ応えのありそうなの入れると美味しいんだろうな~。先日のカレーもそうでしたが、トマトが入るのですね。
↑のコメント見て思ったのですが、インドのカレーはココナツミルク入れないほうが多いのですか?私は逆に入るものだと…。まだまだ勉強不足な私です。今度ばぶおさんのレシピに近い形でつくってみようと思います!

ちなみに来週あたり、ホワイトカレーに挑戦しますよ!

aiさん!

何だかホントPW的な食事が多いです。PWやっておけば良かったかもしれません(^^)
カリーリーフ(またはカレーリーフ)は、私もフレッシュなものはまだ使ったことがないのですが、入れると香りがとてもよくなります。甘いといっていいのかカリーの匂いのするハーブです。南インド料理では欠かせないハーブと言われているようです。最近では極一部のホームセンターで苗を見かけることもあるそうです。
簡単に手に入るものは、大津屋スパイスの乾燥カレーリーフです。

chiblitsさん!

少しはお役に立てたようで嬉しいです。
北の方はココナッツは使わずに、ミルクなどを使っているようです。こってりしている印象があります。
南は北よりはあっさりとしているカリーが多いかと思います。南はココナッツが採れるということもあるのではないかと思います。
近年IT産業の隆盛で、南インドのハイデラバード辺りからアメリカに渡っている人々も多いかと思います。間もなく南インド料理店もアメリカで増えて来るのではないかと思います。

さぁなさん!

私はトマトを入れるカリーが好きなんですよね。
インドでも入れたり入れなかったり、それぞれのレシピで違うようですよ。
北インドはココナッツミルクは殆ど入れないはずです。日本では北インドのインド料理店が多かったと思います。東京では南インド料理のお店がこのところ急速に増えています。

ホワイトカレーは、今週マーケティングキャンペーンを媒体を使って一斉にやってましたね。
個人的には、色があまり黄色くならないスパイスを加えると美味しくなるのではないかと思っています。

こんばんわ
レシピブログのトップから着ました
海老にココナッツって合うんですよね~
でもスパイスの調合が本格的ですね。

kiyuyuさん!

こんにちは。コメントありがとうございます!
ココナッツが入った海老カレーやフィッシュカレー、大好物です。
スパイスの調合は、インド人の友人からもらったレシピなどを参考にしています!!

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac