« 夜ライスヌードル | メイン | カボチャの生姜煮 »

パンチェッタとキャベツとドライトマトの朝パスタ

20060728p-drytomatocabbe.jpg


 昨日の朝パスタ。今回は1kgを仕込んだパンチェッタがいい頃合いになったので、まずはパスタにしました。前の晩から塩抜きしておきました。後はキャベツとドライトマトというシンプルな組み合せ。アーリオ・オーリオで味つけしました。もう少し緑が鮮やかだと彩り的にはGoodでした。イタリアンパセリをふっても良かったかもしれません。味は、パンチェッタの旨味とにんにくの香りがキャベツとパスタによく絡みます。キャベツは歯ごたえもOK!ドライトマトの甘酸っぱさがアクセントになっています。なかなかナイス!
 パスタは、今回もバリラ。使ったのはBavette(バヴェッテ)というリングイーネのようなパスタです。バリラもなかなか美味しいですね。


20060728barillabavette.jpg
BarillaのBavette

<材料>
 パンチェッタ、キャベツ、ドライトマト、にんにく、赤唐辛子、塩、胡椒、
 白ワイン、エクストラバージンオリーブオイル、パスタ(バヴェッテ)



<作り方>
 1)パンチェッタは、表面を洗って水につけ塩抜きしておきます。
  ドライトマトは熱湯で戻しておきます。

 2)オリーブオイルをたっぷり入れて、にんにくのスライスまたは
  みじん切りを弱火で炒め、香りを移します。

 3)唐辛子を投入して辛さをオイルに移します。

 4)1×1×3cm位に切ったパンチェッタを入れて炒めます。
  (パンチェッタから脂と塩気が出るので全体の油分の調整が必要です。
  パンチェッタを別の鍋で炒めてもいいかもしれません。)

 5)ドライトマトとキャベツを入れ軽く炒めます。

 6)ドライトマトの戻し汁少々と白ワインを加え、よくパンを振って
  混ぜます。今回は白ワインがなかったので、日本酒にしました。

 7)塩、胡椒をして味を整えます。

 8)パスタの茹で上がりとキャベツのシャキシャキ感を維持することを考えて、
  タイミングを計ります。パンの温度は急には下がらないので、キャベツは
  まだ堅い位で一旦火を止めて茹で上がりを待つなど考えながら作業を
  進めました。

 9)茹で上がりのパスタを加えて、茹で汁を少し加えてよく混ぜます。

 10)皿に盛ったらフィニート!

*作り方をちょっと変えました。試行錯誤しております。
 パスタ、一見簡単に見えますが美味しく作るのは難しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac