« 鶏皮と青菜の豆鼓炒め | メイン | 蜂蜜カボチャ »

エキサイティングカラーの朝パスタ

20060726p-excitingcolor.jpg


 これがエキサイティングなの!?という感じですが、イカ墨を練り込んだ黒と赤が何となくエキサイティングかなと思った訳です。トマトソースは、バジリコを使ったシンプルなものです。卵はふんわりゆるく焼いて取り置いておいて、最後に加えました。ただ、卵に味をつけなかったのが失敗でした。軽く塩味にして、パスタソースの塩気と繋がるようにした方がもっと美味しいのではないかと思いました。卵がぽつんとしてしまいソースとの一体感が損なわれてしまっていました。イタリアンパセリは何となく緑が欲しいかなと思って加えました。
 
 
<材料>
 トマト缶、バジリコ、にんにく、玉ねぎ、卵、イタリアンパセリ、塩、胡椒
 赤唐辛子、イカ墨練り込みパスタ、オリーブオイル



<作り方>
 1 オリーブオイルににんにくのみじん切りを入れ、弱火で香りを移します。
 2 種を抜いた赤唐辛子を加えます。今回は少し辛めにしたかったので、
  輪切りして入れました。
 3 にんにくの香りが十分移ったら、焦げる前に玉ねぎのみじん切りを加えて
  炒めます。私は玉ねぎを入れると甘みが出るのですが、トマトが弱くなる気が
  するので、いつも少なめにします。
 4 ほぐしたトマトとバジリコとローレルを加えて、一旦強火でボコボコとさせて
  白ワインを加え、もう少しボコボコさせます。アルコールが飛んだ頃合いに
  火を弱くして、20分くらい煮込みます。
 5 塩、胡椒をして味を整えます。
 6 別のフライパンで卵をゆる過ぎる位に速攻でかき混ぜて一旦取り置きます。
 7 パスタがアルデンテの少し手前に茹だったら、トマトソースの入ったパンに
  加えて、少しゆで汁を加えて手早く混ぜます。
 8 卵を加えて数回混ぜたら、お皿に盛ります。
 9 彩りでイタリアンパセリを載せてフィニート!
  



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメント

これだと歯が汚れないのでいいですよね。でもやはりイカ墨ソースよりは風味が少ないのでしょうか?食べたことがないので・・・。
イカ墨パスタはず~っと食べたいと思いつつ延ばし延ばし・・・。

いつも思いますが、自分の作ったお料理に対して、「ここがこうだったら・・・」と振り返っているのが本当にステキです。私ももう少し、食材とちゃんと向き合おう!って思います。忙しいからって「食べられればいい」とはなりたくないもんです。と1人反省・・・

美味しそうです!
イカ墨パスタってイカの風味全くしませんよね。イタリアンのレストランで食べた時もイカの風味は全くしませんでした。(なんかこれ前書いたような)
パスタと卵っていう組み合わせ、本当のイタリアンにあるんですよね。私のイタリア料理の本にあります。まだ作った事はありませんけど。

さぁなさん!

このパスタは確かにイカ墨ソースの時のように、お歯黒を楽しむことはできません。パスタは若干甘め、若干コクがある感じ。ほんの僅かですが・・・

もともと自炊を本格化する上で、勝手ながらブログを通していろいろ皆さんに教えて頂ければと思って、振り返りやそんな表現をしている所が多いと思います(^^)
自分で料理をすることで、調理法の意味を知ったり、少しレストランで工夫していたり、手間を想像することができるようになったかもしれません。

chiblitsさん!

前回もそうお書きになってましたよ〜(^^)
イタリアンでもこの組み合わせはあるんですか。
興味があります!
私のこのパスタは、卵とソースにもっと一体感が出ればナイスでした!!

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac