« タッブーレ風パセリのサラダ | メイン | タコとニンニクの玄米ごはん »

塩豚とレンズ豆の煮込み過ぎー塩豚レシピ

20060324shiobutalentil.jpg


 けっ、毎日料理が上手くできたら、プロになってるよ!ふんっ。だって煮込みなんだからよく煮込んだんだよ。そしたら、豆が無くなって・・・ドロドロになって・・・モツ煮込みみたいになって・・・・(ToT)
 あ〜最近失敗ばかりです。昨晩というか本日未明に、今晩作ろうと思っていた塩豚とレンズ豆の煮込みを突然作りたくなって、作ってしまいました。夜中に突然カレーを作ったり、スープを作りたくなることがあるんですよね〜。しかも、わざわざ夜中に作っておいて失敗してるんじゃ世話ないです。ホントに・・・
 料理は難しいとつくづく思います。今回は、もっと豆の形が残って、色が黒くなる料理をイメージしていたのですが、全然違いました。これは赤レンズ豆を使ったからかもしれません。今度は緑レンズ豆で試してみたいと思っています。しかし、明らかに煮込み過ぎ、というか豆を入れるタイミングが早過ぎました。豚肉はよく煮たら柔らかくなるのではないかと、1時間以上煮込んでしまいました。豆を入れる前によく煮込んでおけばよかったです。
 味はタイムとマジョラムとクローブがとてもよく効いていて、我ながらなかなかのでき。でも、見た目がこれではいけません。
 今回は煮込み過ぎで中東でよく見掛けるレンティルスープのようになってしまいました。まあ、改良点もわかったし、レンティルスープの作り方もわかったからOKです!でも残ったタイムとかマジョラムはどうすればいいのか。ハーブのレシピなんて知りません・・・これも困った。


*追記
  再挑戦して今度は成功しました!「塩豚とレンズ豆の煮込み


材料
 塩豚:200〜300g、レンズ豆:300g、玉ねぎ:1/2、にんにく:1粒、人参:1/2、
 トマト:1個、タイム(Thyme):2〜3本、マジョラム(Marjram):2〜3本、
 ローレル(Laurel):2枚、クローブ(Clove):小さじ1、鶏スープ:適量、
 オリーブオイル:適量、塩:適量、胡椒:適量



作り方
 1 塩豚は塩抜きをしておきます。
 2 オリーブオイルににんにくと塩抜きした塩豚を入れて炒めます。
 3 塩豚の表面がカリッと表面がしてきたら、みじん切りした玉ねぎとサイコロに切った
  人参、ローレル、トマトを入れて焦げないように炒めます。
 4 全体に火が通ったら鶏スープを加え、タイムとマジョラム、クローブを入れて肉が
  柔らかくなるまで煮ます。柔らかく煮るのだったら1時間以上は煮込んだ方がいいと
  思います。
 5 塩豚が柔らかくなったら水で洗ったレンズ豆を入れて、豆が柔らかくなるまで煮て
  下さい。くれぐれも煮過ぎないように!煮過ぎると豆が消えます。
 6 味は塩豚の塩気によって、必要であれば塩を足して下さい。あとは胡椒で!
  完成!!


上手な塩豚はこちらでチェックして下さい。
 アンオフィシャルナ不動前Blogさん:セロリもいいですね。豆の形がちゃんと残っています。
 ECOKITCHENさん:いろいろ詳しく載っていて勉強になります。



ブログランキング・にほんブログ村へ


<独身レシピ TOPページへ>





コメント

ε=ε=ε=ε=ε=(o゜ー゜)o
ばぶおさ~ん
とっても美味しそうですぅ♪
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
煮込み過ぎちゃたのねぇ(^^;
でも、2つのお料理の調理方法が
ばぶおさ~ん判ったみたいだから
ラッキーd(*⌒▽⌒*)bニャ♪

タイムとかマジョラムはどうすればいいのか。
>(ヽ・∀・)アヒャ?(o_ _)o ドテッ!
簡単になら。。。
(^◇^;)こんな感じ↓
タイムは、ホイル焼き(魚・鶏)
などに使ってみては。。。

マジョラムは、豚肉・トマトソースと相性が良いのでポークソテーとかトマトソースのパスタなどに
使ってみちょ♪

女将さ〜ん!
いつもアドバイスありがとうございます。助かりますm(__)m
バジルやコリアンダーとかはよく使うのですが、タイムやマジョラムとなると、ほぼ使わないんですよ〜。
さっそくアドバイス通りマジョラムを塩豚に使ってみました。後ほどエントリー作ります。
ありがとうございます!

コメントを投稿




Copyright (c) 2006 - 2009 独身レシピ. All rights reserved.

プロフィール

ばぶお(BABUO) babuo03.jpg

*ヘルニアの痛みと長い付き合いになりそうです。

独身レシピ検索

 


カテゴリー



買い物 & PR















Info.

一行コメントでも大歓迎です。記事の新旧問わずお気軽にコメント・アドバイス頂けるとうれしいです。リンクが複数あるコメントはスパム対策のため自動的に保留されるように設定されております。不適切と思われるコメント・TBは削除させて頂くことがあります。
本文と写真の著作権は独身レシピにあります。リンクフリーですが、写真や文章の無断転用転載はお断り申し上げます。






Powered by Movable Type 4.261 made on Mac